【駿河湾の見どころ凝縮】日本一の深海、駿河湾をぐるっと一周

静岡県の駿河湾は2016年11月、京都府の宮津湾 / 伊根湾とともに「世界でもっとも美しい湾クラブ」への正式加盟が承認されました。このクラブはフランスに本拠を置くNGOで「湾」の自然環境保全と、湾とともに暮らす人々の生活様式の継承および観光振興を目的としており、モン・サン=ミシェル湾(フランス)やバントリー湾(アイルランド)、サンフランシスコ湾(米国)など世界25か国の41湾が加盟しています。今回は静岡県民にとって身近な存在でありながら謎だらけの深海・駿河湾を東から西へ巡ってみます。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

富士山から駿河湾、その高度差はなんと6,000m以上! 

富士山から駿河湾、その高度差はなんと6,000m以上! 

image by PIXTA / 6387041

駿河湾は東側を石廊崎から伊豆半島西海岸-富士海岸に、西側を静岡平野や有度(うど)山、高草山、牧之原台地、静岡県最南端の御前崎に囲まれ南側で太平洋に開く、深さ2,500mを超える日本一深い湾です。
つまり静岡県には日本一高い成層火山と日本一深い湾が同時に存在していることになり、その高度差は6,000m以上にも達します。

陸地に近い海で水深1,000mを超える深海はこの駿河湾と伊豆半島をはさんで東側の相模湾(最深部1,500m)、そしてフォッサマグナ帯北端に位置する富山湾(最深部1,200m+)の3つのみ。
とくに駿河湾にはふたつのプレート(岩板)の境界が通るため、東側には海底火山・陸上火山の集合体(伊豆半島)が、西側には太古の時代の海底だった部分が激しい地殻変動で隆起して南アルプスなどの巨大山脈が形成されるという、まったく異なる地質構造を持つのも顕著な特徴です(山かっこは分野別の見どころ)。

駿河湾の住所・アクセスや営業時間など

名称 駿河湾
住所 静岡県 駿河湾
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-410/surugabay/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

冬の季節風と波浪の彫刻、波勝赤壁

冬の季節風と波浪の彫刻、波勝赤壁<地質景観>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_23762895_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 23762895

野猿の餌付けで有名な波勝崎(はがちざき)から北の雲見崎(烏帽子山)にかけては、伊豆半島でもっとも高さのある海食崖の連続するダイナミックな風景が最大の見どころ。
とくに「波勝赤壁(はがちせきへき)」と呼ばれる風化した石英安山岩の大絶壁にはだれもが圧倒されることまちがいなし。

伊豆西海岸にはこのような海食地形(堂ヶ島、浮島[ふとう]、黄金崎[こがねざき]など)が多いことも特徴ですが、これは駿河湾を北上する海流や冬の季節風(地元の漁師さんが「オオニシ」と呼ぶ暴風)による波浪が作り上げた自然の彫刻なのです。

波勝崎と波勝赤壁

堂ヶ島港から「千貫門クルーズ」乗船、約50分。

波勝崎と波勝赤壁の住所・アクセスや営業時間など

名称 波勝崎と波勝赤壁
住所 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2910−2 (堂ヶ島港)
営業時間・開場時間 千貫門クルーズ:10:30−14:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 大人2,300円 子供1,150円
参考サイト http://www.izudougasima-yuransen.com/route/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダイバーを魅了する美しい海底世界

ダイバーを魅了する美しい海底世界<海洋生物>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_23404233_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 23404233

駿河湾には太平洋を北上する黒潮の一部が枝分かれして流れこみ、この黒潮に乗って多岐に富む種類の海洋生物や魚類がやってきます。
夏の伊豆西海岸では漁港内でもソラスズメダイなど色鮮やかな色の熱帯魚が観察できます。

また伊豆西海岸最北端の大瀬崎(おせざき)をはじめ、安良里(あらり)や田子(たご)の沖合はダイビングスポットとしても人気があり、1年を通じて多くのダイバーたちでにぎわいます。
大瀬崎からさらに東奥は内浦湾と呼ばれる典型的なリアス式海岸(沈降海岸)で、サンゴの仲間ミドリイシの日本最北限の群落地でもあります。

大瀬崎の住所・アクセスや営業時間など

名称 大瀬崎
住所 静岡県沼津市西浦江梨
営業時間・開場時間 サービスによる
利用料金や入場料 サービスによる
参考サイト https://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/kakuka/kankou/kankou/asobu/diving.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

駿河湾名物タカアシガニ

駿河湾名物タカアシガニ<駿河湾の恵み>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_7381446_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 7381446

日本一の深海・駿河湾の恵みとくると、タカアシガニに代表される深海魚料理ではないでしょうか。
タカアシガニは世界最大のカニと言われ、大物になると体長3m以上にまで成長します(通常、料理として提供されるのは1.3mほどの大きさのもの。
あまりに大きいと大味になるからです)。

駿河湾のタカアシガニ水揚げで有名なのが、伊豆半島西海岸の戸田(へだ)漁港。
戸田港はいわゆる「きんちゃく港」ですが、伊豆半島西海岸には戸田のほかに大瀬崎、安良里なども同様の「きんちゃく港」として知られています。
これらの入江はすべて駿河湾を北上する黒潮と、冬に吹き荒れる西寄りの季節風によって海食崖が侵食され、その岩石が北へと運ばれ堆積した砂嘴によって形成されたもの。
この北へ伸びる砂嘴がついには閉じてしまって淡水池となってしまったのが、戸田港の北、井田(いた)地区にある「明神池」です。

戸田漁業協同組合直売所の住所・アクセスや営業時間など

名称 戸田漁業協同組合直売所
住所 静岡県沼津市戸田523−9
営業時間・開場時間 8:00−17:00 水曜定休
利用料金や入場料 タカアシガニ 1匹 8,000円〜
参考サイト http://hedagyokyo.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沼津港深海水族館

沼津港深海水族館は2011年、駿河湾に生息する深海生物を中心に展示する施設として開館しました。

水族館は駿河湾の深海生物にとどまらず、世界ではじめて冷凍保存されたシーラカンスを展示していることでも知られています。
現在、駿河湾で捕獲されたメンダコというひじょうに珍しい深海ダコが常設展示され、グロテスクな姿のダイオウグソクムシも子どもたちの人気者です。

水族館に隣接する沼津港は静岡県で2番目に水揚げ量の多い漁港。
新鮮な駿河湾の幸が堪能できる飲食店街「港八十三番地」や「沼津みなと新鮮館」も併設されています。

沼津港深海水族館

JR東海道本線「沼津駅」南口から「沼津港循環」または「沼津港・びゅうお」行きバス、「沼津港」下車、すぐ。

通常営業時間 10:00 – 18:00

年中無休(保守点検臨時休業あり)

入館料 大人(高校生以上、65歳以上は100円引き) 1,600円 子ども(小・中学生)800円 幼児(4才以上)400円

Phone 055-954-0606(平日10:00 – 18:00) / Fax 055-954-0607

沼津港深海水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称 沼津港深海水族館
住所 静岡県沼津市千本港町83
営業時間・開場時間 10:00–18:00
利用料金や入場料 大人1,600円 子ども800円 幼児400円
参考サイト http://www.numazu-deepsea.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

富士川河川敷の桜えび干し

富士川河川敷の桜えび干し<駿河湾の恵み>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_22623411_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 22623411

富士川は日本三大急流のひとつ。
もし駿河湾の海水をすべて抜いてしまったら、富士川河口すぐ沖からグランドキャニオンのようなとてつもない大峡谷が口を開けて見えるはずです。
急峻な海底地形のために、富士川河口には三角州がほとんど発達していません。

このような深海の駿河湾の恵みのひとつが、桜えびです。
毎年、桜えび漁の季節を迎えると、水揚げされたばかりの桜えびが富士川河川敷の天日干し場へ運ばれて敷き詰められます。
富士山を背景に鮮やかなピンク色に染まる光景は駿河湾の海の幸を代表する被写体にもなっています。

富士川河川敷の桜えび干し(富士川緑地公園南)

JR東海道新幹線「新富士」駅からタクシーで約25分。

清水区 清水区役所 蒲原支所 地域振興係

Phone 054-385-7730 / Fax 054-385-7999

富士川緑地公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 富士川緑地公園
住所 静岡県富士市五貫島八左右衛門島750
営業時間・開場時間 7:00頃−14:00頃 (3月下旬−6月上旬, 10月下旬−12月下旬)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.shizuoka.jp/294_000019.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

薩埵峠と駿河湾

薩埵峠と駿河湾<歴史景観>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_21869945_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 21869945

静岡市の由比 – 興津間に位置する薩埵(さった)峠は浮世絵師・歌川広重の「東海道五十三次之内由井 薩埵嶺」にも描かれた街道中もっとも美しいと言われる古くからの景勝地で、「東海の親不知」と呼ばれた難所でもありました。
現在はJR東海道本線、東名高速道路、国道1号線が並行して走る交通の要所です。

峠山頂からの眺めは広重の時代とかなり様変わりしましたが、富士山と駿河湾、伊豆半島の絶景はいまも変わらず旅人の目を楽しませてくれます。

薩埵峠

JR東海道本線「由比」駅から徒歩約1時間(興津側までは約2時間30分)。

静岡市総務局 広報課 報道広報係

Phone 054-221-1021 / Fax 054-252-2675

薩埵峠の住所・アクセスや営業時間など

名称 薩埵峠
住所 静岡県静岡市清水区由比西倉澤937−13
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.shizuoka.jp/000_001369.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

三保の砂嘴と駿河湾

三保の砂嘴と駿河湾<歴史 / 地質景観>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_9925343_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 9925343

駿河湾西側にこぶしを振り上げたように突き出す三保半島も伊豆西海岸沿岸の北東方向に発達した砂嘴とおなじく、海流に削られた有度山東斜面の岩石や安倍川から大量に流入した土砂が北東方向へ運ばれて堆積した砂嘴の半島です。

この三保半島にある「三保松原」は約7kmにわたって樹齢数百年のクロマツ林がつづく、古来より絵画や和歌に詠まれた絶景の地。
2013年6月に富士山が世界文化遺産に正式登録されたとき、この「三保松原」も構成資産として認められたことは記憶に新しいところです。

三保半島の内側は波静かな良港となり、この地の利を活かした清水港は神戸港、長崎港とともに「日本三大美港」に数えられ、またクルーズ客船や大型帆船が寄港する国際貿易港としても知られています。

国指定名勝 三保松原

JR東海道本線「清水」駅西口からバス「三保山の手線」で「三保松原入口」下車、「神の道」を通って松原へ(徒歩約12分)。

静岡観光コンベンション協会 清水事務所

Phone 054-388-9181 / Fax 054-388-9182

三保松原の住所・アクセスや営業時間など

名称 三保松原
住所 静岡県静岡市清水区三保
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shizuoka-citypromotion.jp/mihonomatsubara/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大昔は海の底だった大崩海岸

大昔は海の底だった大崩海岸<地質景観>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_20867356_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 20867356

静岡市南部を過ぎると目の前に山が立ちはだかり、そのまま駿河湾に100m以上もある絶壁となって落ちこんでいます。
ここが通称「大崩海岸」と呼ばれる海岸で、焼津市浜当目(はまとうめ)まで約4kmにわたって荒々しい断崖絶壁がつづきます。

大崩海岸はその名のとおり交通の難所で、断崖の中腹を走る県道もたびたび大雨による崩落や地滑りで寸断されたりしました。

大崩海岸を作っている岩石層は約1,500万年前の海底火山の噴出物。
太平洋側ではきわめて珍しいとされるアルカリ玄武岩が「枕状溶岩(ピローラーバ)」というかたちで露頭しています。
枕状溶岩は噴出後に海水で急激に冷やされて枕状に割れて形成される溶岩で、大崩海岸のある花沢山一帯がかつては海底だったことを示しています。
ここから望む対岸の伊豆半島に昇る朝陽、そして富士山はまさに絶景のひと言。

大崩海岸

JR東海道本線「焼津」駅からタクシーで約20分。

焼津市役所産業振興部 観光課

Phone 054-626-2155 / Fax 054-626-6267

大崩海岸の住所・アクセスや営業時間など

名称 大崩海岸
住所 静岡県焼津市小浜
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.city.yaizu.lg.jp/kanko/info/1-2-4.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

焼津港と「焼津さかなセンター」

焼津港と「焼津さかなセンター」<駿河湾の恵み>” class=”pixta-auto” onerror=”this.src=’https://wondertrip.jp/img/p/pixta_22036972_M.jpg’;” /></p>
<p class=image by PIXTA / 22036972

最後は静岡県を代表する漁港、焼津で駿河湾の恵みをたっぷりいただきましょう。
焼津漁港は北側の焼津 / 新港地区と南側の小川(こがわ)漁港とに分かれ、焼津漁港ではマグロやカツオ、小川漁港ではアジやイワシの水揚げが盛ん。
そして焼津・新港地区は遠洋漁業基地としても全国的にその名を知られています。

焼津漁港で水揚げされたばかりの新鮮な海の幸を楽しむには、「焼津さかなセンター」へ。
食事だけでなくお茶や干物、うなぎにかつお節など静岡特産のおみやげや加工品がなんでも揃っていておすすめです。

焼津さかなセンター(株式会社焼津水産振興センター)

JR東海道本線「焼津」駅南口から焼津市自主運行バスで「さかなセンター」下車。

営業時間 9:00 – 17:00

休業日 元日、設備点検臨時休業日あり

駐車場 600台

Phone 0120-82-1137

焼津さかなセンターの住所・アクセスや営業時間など

名称 焼津さかなセンター
住所 静岡県焼津市八楠4丁目13−7
営業時間・開場時間 9:00–17:00
利用料金や入場料 まぐろ丼 1,100円
参考サイト http://www.sakana-center.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

時間があれば深層水ミュージアムも

焼津市にはさかなセンターのほかにも駿河湾海洋深層水について学べる体験型施設「深層水ミュージアム(Phone 054-620-5782)」もあります。
静岡県とくるとどうしても富士山にばかり注目が集まりがちになりますが、その富士山とも深い関係のある駿河湾もどうぞお忘れなく。

photo by PIXTA