東京ディズニーシーのアトラクション「マジックランプシアター」の魅力

ディズニーシーで大人気のアトラクション「マジックランプシアター」は、人気者「ジーニー」が巻き起こす奇想天外なマジックショー!さらにジーニーだけではなく、アラビアの偉大なマジシャン(?)が驚きのマジックを私たちに披露してくれるのです。今回はその見どころをご紹介。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

「マジックランプシアター」ってどんなアトラクション?

「アラビアンコースト」にあるシアタータイプのアトラクションで、映画『アラジン』でおなじみ「ジーニー」が登場します。

映画にも登場する「フレンド・ライク・ミー」の音楽と共にジーニーがノリノリでマジックを披露。

ハチャメチャで愉快なジーニーが巻き起こすコミカルなマジックショーで、楽しいひとときをゲスト達は過ごすことができますよ♪

ここからはその見どころを細かくご紹介していきます。

「マジックランプシアター」のバックグラウンドストーリー

「マジックランプシアター」はジーニーが登場するものの、映画『アラジン』とは違う別の物語があります。

その物語を聞けるタイミングは、スタンバイ(待ち列)を過ぎ、館内に入ってまず案内される「ウェイティングルーム」の時。

部屋の真ん中に大きな籠があり、コブラの「ベキート」が顔を出しています。
このベキートが案内役として、バックグラウンドストーリーを話してくれますよ。

ここでかいつまんでストーリーをご紹介!

アラビアのマジシャン「シャバーン」は召使いの「アシーム」を連れ、各地をマジックで巡業していました。

ある時、アシームが魔法のランプを見つけます。
そのランプをこすってみると「魔人ジーニー」が出現!

ジーニーの魔法で3つの願いを叶えてくれるという話をきいたシャバーンは、アシームからランプを奪い「世界一偉大なマジシャンに変身」という願いを頼みます。

ジーニーの魔法のおかげで下手くそだったマジックが上達しショーは大成功。
けれど3つの願いを全部叶えてしまった後にはシャバーンの人気は落ち、反対にジーニーの人気が急上昇。

嫉妬したシャバーンはジーニーをランプに戻し、ランプごと鍵付きの箱に閉じこめてしまったのです。

アシームはジーニーを開放してあげようと、箱の鍵を探し回ります。

ゲスト達はちょうどアシームが鍵を探しているところから参加。

アシームと一緒に鍵探し

ゲスト達がシアター内に入り、キャストによるショー開始アナウンスが流れるまでの数分間、アシームと一緒に鍵探しをする時間があります。

「皆さんこのくらいの鍵見ませんでしたか?椅子の下も探してみてください」とアシームが客席あたりをウロウロまわっていきます。

その時に「この鍵は違う?」と家の鍵やおもちゃの鍵などを差し出すと、アドリブでアシームが応えてくれますよ。

わずか数分という短い時間なので、前の席あたりまでしかアシームは来ません。
前の席に座った時は一度お試しあれ。

ただし悪ノリしてアシームを困らせたりはしないようにしましょうね。

手作りの鍵を持参するゲストも!?

コアなファンの中には、なんと自作の鍵をもってくる人もいます。

この努力にアシームは一体どんな反応を示してくれるのか気になるところですね。

本物そっくりに作ることができたら箱が開くかもしれませんよ?

3D映像とキャストパフォーマンスによる臨場感たっぷりのライブショー

シアタースクリーンにジーニーが映し出され、スクリーンの前ではキャストが実際にパフォーマンスを披露。

さらに3D映像により迫力と臨場感のあるショーが堪能できるのです。
映像に合わせてアシームが動き、映画と生ライブを一度に鑑賞しているような面白い融合が楽しめますよ♪

映像のほかドキドキワクワクする特殊効果もあり、最後まで飽きずにエンジョイできます。

どんな話が飛び出すかな!?毎回違うシャバーンのアドリブが面白い

ショー毎にアドリブをはさんでくれるのもマジックランプシアターの魅力のひとつ。

シャバーンが初登場するオープニングでは、最近流行っているお笑いネタから時事ネタ、その時パークで開催されているイベント絡みのジョークまで、アドリブをきかせてゲストを楽しませてくれます。

何度行っても楽しめるところが人気の理由。

さらに一生懸命に頑張る少年キャラがたまらないとアシームのコアなファンもいます。

定番のマジックショーも披露

ジーニーによるスクリーンマジックのほか、ステージの上では実際に定番マジックもしっかり披露してくれます。

コミカルにマジックは進んでいき、シアター内では驚く声や笑い声が響きます。
子供たちも本格的なマジックに大喜び♪

さらにショータイム中に「皆さん3、2、1と数えてね」というゲストが参加できる場面もありますので、元気良く掛け声をかけてあげてくださいね。

声の大きさ次第でシャバーンのやる気も上がるかも?

シャバーンに当てられたいゲストは前の席を狙え!

ショータイム中には、シャバーンやアシームにゲストが声を掛けられる場面があります。
ぜひともシャバーンたちにいじって欲しい!という方は前の座席を狙いましょう。

1番前の席から3列目までが声を掛けられやすいです。
前方の席を狙うためには「ベキート」のいるウェイティングルームから準備をスタートさせなければなりません。

シアタールームに繋がる扉が入口の反対側にあるカーテンの後ろに隠されています。
ベキートによる話が終わるとすぐにシアタールームへ案内されますので、それまでにこのカーテン付近にいましょう。

シアター内に入って左側が前方席、右側が後方席になります。

ただ前方3列は少し頭を上げての鑑賞になりますので、顔の位置を真っ直ぐにして鑑賞したい場合は少し列を遅らせて進みましょう。

待ち時間はどのくらい?空いているのは夜

平日の待ち時間は平均15~30分、混雑時には1時間前後という具合になります。
ファストパス対象アトラクションですので、混雑時にはこちらのシステムを利用しましょう。

ただし平日の空いている時はファストパスが発券されず、スタンバイのみになることがあります。

ショーの時間はウェイティングルームでのプレショーも含めると約23分。
ディズニーリゾート内には他にもいくつかシアタータイプのアトラクションがありますが、マジックランプシアターは比較的長め。

シアター内は約320名収容でき、規模としては大きいですが、その分回転率が下がります。
ライド系のアトラクションと違って、列は少しずつ進みません。
次回公演がスタートするまで待っているというイメージですね。

少しでも並ぶ時間を短縮させたい場合は、夜に行くといいでしょう。
シアターがある「アラビアンコースト」は、パーク内の奥に位置するため夜になるとゲストが減る傾向に。

ライトアップされ、幻想的なアラビアンナイトも楽しめて一石二鳥♪

隠れミッキーならぬ隠れジーニー!?

パーク内には至る所に「隠れミッキー」が散りばめられており、これを見つけるのもディズニーを楽しむ醍醐味ですよね。

もちろんマジックランプシアターにも隠れミッキーが潜んでいますよ。
しかもミッキーだけではなく、なんとジーニーまで隠れているのです!楽しみが2倍ですね♪

隠れジーニーの場所をちょこっとだけご紹介します。

タペストリーに隠れジーニー

「ベキート」のいるウェイティングルームに入る前に通るキューライン(待ち列)には、シャバーンが描かれたタペストリーがたくさん飾られています。

そしてその中のひとつに「INCREDIBLE」と書かれたゾウとシャバーンのタペストリーがあります。
左端をよく見てみると、隠れジーニーが!

この隠れジーニーが最も有名ですね。

壁の隠れジーニー

そのほか建物の壁をよく見てみると至る所に隠れジーニーが!

壁だけではなく、ポスターやプロップス(装飾)にも隠れていますので、待っている間探してみてはいかがでしょう。

【番外編】シャバーン&アシームがアトラクションから飛び出した!?「カスバ・マジックトリート」

こちらはアトラクション外で行われるショーですが、シャバーンとアシームが登場するので一緒にご紹介します。

ディズニーランド・シーでは「アトモスフィア」通称「アトモス」が開催されます。
アトモスとは、パークを盛り上げる小規模のショーのことで、よく道端で見かける大道芸のイメージに近いです。

ハロウィンイベント限定のアトモス「カスバ・マジックトリート」では、シャバーンやアシームがアドリブを交えたマジックショーをコミカルに披露。

さらに映画『アラジン』に登場するヴィランズ(悪役)のジャファーも登場します。

ステージの上よりもゲストとの距離が近く、より一層一体感のある楽しいショーを繰り広げてくれますよ。
ハロウィンに遊びに来た際は、マジックランプシアターと共にぜひこちらもお見逃しなく!

夜の鑑賞がおすすめ♪

ディズニーシーにはスリル系ライド以外にも「マジックランプシアター」のように、アドリブが楽しいアトラクションがまだまだたくさんあります♪毎回セリフが変わるので何度行っても楽しめる、まさに生きたマジックショー。
ぜひマジックの真骨頂である夜に行ってみてください。
今宵もジーニーの魔法に酔いしれて、楽しいマジックのひとときを。
photo by PIXTA , iStock and so on.