神戸の芸術があふれる「兵庫県立美術館「芸術の館」」は必見!アート好きにはたまらない展示がたっぷり

広い面積の中に、たくさんの魅力あふれるスポットが詰まった兵庫県。都会らしい雰囲気の神戸はもちろんのこと、少し足を伸ばせば日本三大古湯のひとつ「有馬温泉」も。冬の城崎は美味しいカニも有名で、関西でも指折りのスキー場もいっぱい。そんな兵庫県の中でも、神戸のおしゃれに関する歴史について知ることができるスポットなのが、「兵庫県立美術館「芸術の館」」です。今回はそんな「兵庫県立美術館「芸術の館」」について、神戸生まれの筆者がお伝えします。

兵庫県立美術館「芸術の館」とは?

兵庫県立美術館「芸術の館」とは?

image by PIXTA / 12463014

「兵庫県立美術館「芸術の館」」は、2002年に開館した美術館。
「阪神・淡路大震災」後に開発された「HAT神戸」に建っていて、「芸術の館」というニックネームで親しまれています。
海の目の前という立地から、「なぎさ公園」と併せて設計され、建物自体もまるで芸術作品のような複雑な造り。
7000点以上の絵画や彫刻などが楽しめます。

兵庫県立美術館「芸術の館」の観覧料金や開館時間は?

兵庫県立美術館「芸術の館」の観覧料金や開館時間は?

image by PIXTA / 2205015

「兵庫県立美術館「芸術の館」」の開館時間は、10:00から18:00。
また、特別展が行われている金曜日と土曜日は、10:00から20:00の夜間開館も行われているので、ゆったり作品を鑑賞することができますね。
常設展の観覧料金は大人510円、特別展は展覧会ごとに異なります。
常設展と特別展をセットで鑑賞したい場合は、お得な割引券もありますよ。

兵庫県立美術館「芸術の館」の住所・アクセスや営業時間など

名称 兵庫県立美術館「芸術の館」
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1−1
営業時間・開場時間 10:00−18:00(特別展開催中の金・土曜は20:00まで) 月曜休館
利用料金や入場料 常設展:大人510円 65歳以上255円 大学生410円 高校生260円(特別展は別途)
参考サイト http://www.artm.pref.hyogo.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

兵庫県立美術館「芸術の館」へのアクセス

兵庫県立美術館「芸術の館」へのアクセス

image by PIXTA / 5593765

「兵庫県立美術館「芸術の館」」は、神戸東部の新都心「HAT神戸」に位置しているため、市内各所からアクセスしやすい立地となっています。
JRなら「灘」駅から徒歩10分、阪神電車なら「岩屋」駅から徒歩8分、阪急電車なら「王子公園」駅から徒歩20分。
また、三宮からなら、「兵庫県立美術館「芸術の館」」の目の前に停まるバスも運行しています。

建物の建築はなんとあの人!

建物の建築はなんとあの人!

image by PIXTA / 16949164

「兵庫県立美術館「芸術の館」」のユニークな建物は、日本を代表する有名建築家である、安藤忠雄氏による設計。
美術品を展示するだけの美術館にとどまらず、さまざまな芸術が融合できる空間として造られました。
吹き抜けのエントランス、自然光が降り注ぐガラス張りの回廊、海を見下ろす大階段など、歩いているだけで気持ち良い気分になれますよ。

分館もある広大な美術館!

「兵庫県立美術館「芸術の館」」は分館として、芸術活動の交流の場として利用されている「原田の森ギャラリー」や、グラフィックデザイナーの横尾忠則氏の作品を集めた「横尾忠則現代美術館」が設置されています。
それらを合わせるととても広大な美術館になりますね。
どれも近くに位置していますので、3館巡ってどっぷり芸術に浸るのもおすすめです。

横尾忠則現代美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 横尾忠則現代美術館
住所 兵庫県神戸市灘区原田通3丁目8−30
営業時間・開場時間 10:00−18:00(展覧会開催中の金・土曜は20:00まで) 月曜休館
利用料金や入場料 一般700円 大学生550円 高校生・65歳以上350円 中学生以下無料
参考サイト http://www.ytmoca.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

魅力的な展示がいっぱい

「兵庫県立美術館「芸術の館」」では、7000点以上の豊富な作品を楽しむことができますよ!国内外の近代彫刻と近代版画をはじめ、兵庫県ゆかりの美術と現代美術という4つの柱を中心として、誰でも親しみやすいよう展示が行われています。
岸田劉生や前田寛治、ロダンやゴーギャン、アンディ・ウォーホルやピカソといった有名芸術家たちの作品がたっぷりです!

イベントもさまざま開催されています

通常の展示以外にも、「兵庫県立美術館「芸術の館」」では楽しいイベントがさまざま開催されています。
地元出身の写真家の特集や動く彫刻としてのモビール特集、アウトサイダーアートやポンペイの壁画特集など、芸術好きにもたまらないコアな特別展も。
毎年趣向を凝らした特別展があるので、定期的にチェックしておきたいですね。

なぎさ公園の散策もおすすめ

なぎさ公園の散策もおすすめ

image by PIXTA / 5641586

「兵庫県立美術館「芸術の館」」のすぐ目の前は海!「なぎさ公園」として整備され、遊具やステージ、3on3のコートなども設置されています。
地元市民の憩いの場や、子どもたちの遊び場としても親しまれているスポットです。
海沿いは「ハーバーウォーク プロムナード」があるので、海を眺めながらゆったり散策するのも素敵。

なぎさ公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 なぎさ公園
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目4−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/harbor/kankou/park/park-3.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

兵庫県立美術館「芸術の館」周辺のランチなら

「兵庫県立美術館「芸術の館」」でじっくり芸術に浸ったら、美味しいランチはいかがでしょうか?「HAT神戸」には魅力的なお店がずらり揃っていますが、例えば「洋食 SAEKI 」なら、こだわりのデミグラスソースを使った、親しみやすい洋食が楽しめます。
肉汁たっぷりの「ヘレビーフカツ」は食べる価値ありの一品です。

洋食 SAEKIの住所・アクセスや営業時間など

名称 洋食 SAEKI
住所 兵庫県神戸市灘区岩屋北町5丁目2−13 SIハイツ岩屋 1F
営業時間・開場時間 11:00−15:00, 17:00−21:00 月曜,第1・第3火曜定休
利用料金や入場料 ヘレビーフカツ 1,380円
参考サイト https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280103/28041503/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

兵庫県立美術館「芸術の館」と併せて巡りたいスポット

兵庫県立美術館「芸術の館」と併せて巡りたいスポット

image by PIXTA / 2202795

「HAT神戸」には魅力的なスポットがさまざまありますが、「兵庫県立美術館「芸術の館」」のすぐそばにある、「人と防災未来センター」は、ぜひ足を運んでみてください。
ここは「阪神・淡路大震災」を経験した神戸だからこその歴史を生かして、減災や防災の拠点となるよう創設されたスポット。
災害の怖さとともに、自分の身を守る方法も学ぶことができますよ。

人と防災未来センターの住所・アクセスや営業時間など

名称 人と防災未来センター
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5−2
営業時間・開場時間 9:30−17:30(金・土は19:00まで) 月曜休館
利用料金や入場料 大人600円 大学生400円 高校生300円 小中学生無料
参考サイト http://www.dri.ne.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神戸芸術の拠点となるアート空間

いかがでしたでしょうか。
「兵庫県立美術館「芸術の館」」は、その建物自体も芸術的でアーティスティック。
展示ももちろん魅力たっぷりで、国内外の有名芸術家の作品を堪能することができるスポットです。
心も体もアートに浸れる空間は、アート好きでなくともぜひ訪れて欲しいスポットですよ!兵庫県を訪れた際は、「兵庫県立美術館「芸術の館」」をぜひ楽しんでみてくださいね。
photo by PIXTA