全国屈指の人気スポット「諏訪大社四社」を巡る旅に行こう!

  • 長野県諏訪地方にある「諏訪大社」は、諏訪湖の周辺に四箇所のお宮をもつ神社。全国から多くの方々が訪れ、7年に一度天下の大祭「御柱祭」が行われることでもご存知の方も多いのでは?諏訪地方に訪れたならば、ぜひ立ち寄りたいスポットです。最近では、諏訪大社四社を巡る御朱印集めも人気となっています。今回は諏訪大社四社を巡る旅に行ってきました!

諏訪大社四社巡りの旅スタート!

94359:諏訪大社四社巡りの旅スタート!

撮影/橋詰 真紀

こんにちは。
旅ライターの橋詰真紀です。
「御朱印ガールになるぞ!」と決意してから早2年。
未だ私の御朱印帳は、長野市の善光寺さんだけという残念な結果になっております。
諏訪大社四社すべてを巡ると、なんと4つも御朱印を頂けるとのことで御利益を頂くためにしっかりお参りを。

諏訪大社について

94057:諏訪大社について

撮影/橋詰 真紀

信濃國一之宮。
神位は正一位。
諏訪湖の周辺に、上社(本宮・前宮)と下社(秋宮・春宮)二社、四か所に鎮座しています。
「そういえば全国の色々な所に諏訪神社ってあるよね?」そうなんです!ここは全国各地にある、諏訪神社総本社なのです。
位の高い神社で国内にある最も古い神社の一つとされています。
昔から「お諏訪さま」「諏訪大明神」と呼ばれ親しまれてきました。

諏訪大社上社本宮

94360:諏訪大社上社本宮

撮影/橋詰 真紀

四社参りはどこから巡っても良いとの事で、車で5分中央道諏訪インターチェンジから最も近い諏訪大社上社本宮からスタート。
中央線構造線上に位置し、断層の上には伊勢神宮・豊川稲荷・天河大弁財天社・分杭峠などもあり、最近ではご利益はもちろんパワーももらえると言われ注目を集めています。

諏訪大社上社本宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 諏訪大社上社本宮
住所 長野県諏訪市中洲1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://suwataisha.or.jp/honmiya.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お浄めの手水舎が温泉「明神湯」

94361:お浄めの手水舎が温泉「明神湯」

撮影/橋詰 真紀

3月とはいえ、まだまだ寒い長野県。
水でお浄めしたら「手が冷たーーい!」なんて思っていたら温泉が!なんと手水舎は水が出ているところ以外にも「明神湯」という温泉が出ているのです。
温泉が豊富な諏訪地方ならではですね。

御神体は守屋山

94363:御神体は守屋山

撮影/橋詰 真紀

案内図を見ると、「神体山」と書かれています。
上社本宮の御神体は守屋山が御神体山そのもの。
どうやら古代の神社には社殿がなかったとの事。
山は中部地方で唯一の原生林です。
そして社殿の四隅に御柱(おんばしら)が建てまつられています。
ところで御柱祭ってどんなお祭りなの?

「御柱祭」とは?

94528:「御柱祭」とは?

提供/諏訪大社

長野県諏訪地方で7年に一度寅と申の年に行われる「御柱祭」。
樹齢150年を超えるモミの大木を人力で曳く「山出し」坂を下る「木落し」川を渡る「川越し」が行われ、最後に諏訪大社に建てまつられます。
山の中から、選ばれた16本のモミの木だけが御柱に。
御柱は4本づつ本宮・前宮・秋宮・春宮に奉納されます。
特に最も迫力があるものが「木落し」で、氏子を乗せたまま、10トンを超える御柱を最大傾斜35度、距離100mの木落し坂から一気に落とす光景は圧巻です。
テレビなどでご覧になった方も多いのでは?

94529:

提供/諏訪大社

本宮一之御柱

94362:本宮一之御柱

撮影/橋詰 真紀

本宮一之御柱。
「おお~っ!立派。
しかも大きい。」長さ約17m、直径約1m、重さ約10トンもある巨木です。
人の大きさと比べると、この御柱がどれだけ大きなものか分かりますね。

94366:

撮影/橋詰 真紀

本宮二之御柱は、珍しいハート形の石灯篭の前にあります。
本宮には4本の御柱がまつられていて、一、二は見つけやすいですが三、四は御神体のある山側にあるため、ちょっと見つかりにくいかも?御柱がどこにあるのか探してみるのも楽しいですよ。

94374:

撮影/橋詰 真紀

拝殿前にてお参り。
諏訪大社上社本宮は、本殿を持たない諏訪造りという独持の様式。
貴重な建造物が数多く残っていて、多くが国の重要文化財に指定されています。

上社前宮へ

94371:上社前宮へ

撮影/橋詰 真紀

次に上社前宮へ。
本宮から前宮までは2キロ弱。
車だと5分程度。
徒歩で20分程。
諏訪大社の中でここが唯一、本殿があります。
他と比べると観光客も少なめで決して派手な印象ではありませんが、全体的に素朴で落ち着いた感じで諏訪信仰発祥の地とも伝えられています。

94378:

撮影/橋詰 真紀

前宮は高台に位置し、名水「水眼」の清流も。

94376:

撮影/橋詰 真紀

諏訪大社上社前宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 諏訪大社上社前宮
住所 長野県茅野市宮川2030
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://suwataisha.or.jp/honmiya018.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

上社本宮と前宮の御朱印

94377:上社本宮と前宮の御朱印

撮影/橋詰 真紀

御朱印を頂きました!ああ、なんて達筆なんでしょう。
ありがたいです。
御朱印料は一つ500円。

諏訪大社下社秋宮へ

94379:諏訪大社下社秋宮へ

撮影/橋詰 真紀

諏訪大社上社前宮から車で走る事30分程。
中山道と甲州街道の分岐点に位置する、下諏訪町の諏訪大社秋宮へ。
こちらも地元はもちろん、観光客の方々にも人気で土日は特に混み合います。

諏訪大社下社秋宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 諏訪大社下社秋宮
住所 長野県諏訪郡下諏訪町5828
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://suwataisha.or.jp/akimiya.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

御神木の「根入りの杉」

94381:御神木の「根入りの杉」

撮影/橋詰 真紀

鳥居をくぐって正面にある大きな木は「根入りの杉」。
樹齢はなんと約800年の御神木です。
夜中になるとイビキをかいて眠るといい、この葉を煎じて子供に飲ませると夜泣きが止まるとも伝えられています。

神楽殿

94382:神楽殿

撮影/橋詰 真紀

神楽殿のしめ縄がものすごーーーく立派!このしめ縄は長さは約7.5メートル重さはなんと約900kg!両脇にある青銅製の狛犬は170cmもあり日本最大です。

幣拝殿

94474:幣拝殿

撮影/橋詰 真紀

秋宮にも本殿がなくご神体は「一位の木」。

宿場町の面影を残す「下諏訪宿」

94386:宿場町の面影を残す「下諏訪宿」

撮影/橋詰 真紀

下社秋宮周辺は、中山道と甲州街道合流地点で宿場町の面影を残す町並みです。
江戸時代には中山道唯一の温泉宿場として賑わいました。
この周辺をじっくりと散策してみるのも楽しい。

下諏訪温泉発祥の地「綿の湯」

94387:下諏訪温泉発祥の地「綿の湯」

撮影/橋詰 真紀

諏訪大社御祭神の建御名方神(たけみなかたのかみ)の妃神である八坂刀売神(やさかとめのかみ)が、日頃使っていたお化粧用の湯を綿に浸し「湯玉」にして下社の地にお持ちになるとそこから温泉が湧き出し、それが下諏訪温泉の始まりと伝えられています。

94388:

撮影/橋詰 真紀

綿の湯には「湯玉」のモニュメントが置かれています。
湯玉は石で作られていてその下からは温泉が噴出しています。
この神聖なお湯にやましいものが入ると神の怒りに触れて湯口が濁ってしまうと言います。
早速手を入れてみると「よかった~濁らない!」もしも、濁ってしまってもたちまち汚れをすすいでくれると言われています。
この石は温泉の上で、クルクル回っていてとても不思議な感じで楽しいので、ぜひ手を入れてみてくださいね。
もしも、あなたにやましいことがあると?!

綿の湯跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 綿の湯跡
住所 長野県諏訪郡下諏訪町立町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shimosuwa.com/this-is-nice-place/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

下社春宮

94389:下社春宮

撮影/橋詰 真紀

下社秋宮から西へ1km。
下社春宮へ。
秋宮からも徒歩で行ける距離です。

94390:

撮影/橋詰 真紀

建築彫刻が素晴らしい。
江戸時代の幣拝殿の彫刻は、国の重要文化財に指定されています。
春宮は杉の木を御神木とされています。

下社春宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 下社春宮
住所 長野県諏訪郡下諏訪町大門193
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://suwataisha.or.jp/harumiya.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆる〜い表情で人気急上昇中!「万治の石仏」

94391:ゆる〜い表情で人気急上昇中!「万治の石仏」

撮影/橋詰 真紀

春宮から徒歩5分ほどにある「万治の石仏」。
誕生の由来はその昔諏訪高島藩主の名により下社春宮に遺石の大鳥居を奉納しようとした際、石工がこの地にあった大きな石にノミを打ち入れると石から血が流れ出たとのこと。
驚いた石工はその不思議な石に阿弥陀様を刻み霊を納めながら建立したのだそう。

あの岡本太郎氏がこの地に立ち寄った時に、この石仏を絶賛したことで全国的にも有名になりました。
最近は、このゆる~い雰囲気の石仏の人気が急上昇中。

万治の石仏の住所・アクセスや営業時間など

名称 万治の石仏
住所 長野県諏訪郡下諏訪町社
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shimosuwaonsen.jp/item/53/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

下社秋宮と春宮で御朱印を頂く

94394:下社秋宮と春宮で御朱印を頂く

撮影/橋詰 真紀

下社秋宮と春宮の御朱印もありがたく頂き、これで4か所すべてゲット!今回の旅で私の宝物となりました。
御朱印集めにはまる方々のお気持ちが良くわかりました。
※日付が違うのは、あらかじめご用意頂いたためです。

94451:

撮影/橋詰 真紀

「オラに元気を分けてくれ!」ポーズで自然溢れる諏訪大社から心も体も浄めて頂き、たくさんのパワーをもらいました。
山や木など自然を神として崇めた古代の人々の思いが、歴史を感じさせるような旅となりました。

今回の旅で訪れたスポット

94476:今回の旅で訪れたスポット

google map

諏訪大社上社から下社までは離れているため、車で最も効率よく回るのは下記のルートがおススメです。

1.諏訪大社上社本宮(中央道諏訪インターチェンジから車で5分。
最寄り駅JR中央本線茅野駅からタクシーで約10分。)

2.諏訪大社上社前宮(上社本宮から車で5分。
徒歩20分程)

3.諏訪大社下社秋宮(上社本宮から車でおよそ30分弱。
JR中央本線下諏訪駅から徒歩10分程)

4.綿の湯跡

5.諏訪大社下社春宮(下社秋宮から約1キロ)

6.万治の石仏(春宮境内から行けます。)

自然溢れる長野県諏訪大社に行こう!

94452:自然溢れる長野県諏訪大社に行こう!

撮影/橋詰 真紀

諏訪大社には今回ご紹介できませんでしたが、この他にもまだまだ神話に彩られた不思議なスポットや見どころがいっぱいです。
さあ、あなたも自然溢れる諏訪大社に出かけてみてはいかがでしょうか?