大阪交野に遺された巨石の謎とは!?「磐船神社」探訪記

「食いだおれの街」「オバチャンが元気な街」として広く認知されている大阪府ですが、その名所についてはあまり知られていないようです。京都のすぐ側に位置し、海にも面していることから「天下の台所」とも呼ばれていたこの地には、実は多くの歴史的な名所があります。大阪府大阪生まれ、大阪の名所にはちょっとばかりうるさい私が今回向かうのは、交野市にある「磐船神社」。この場所に遺された巨石を訪ねてみました。
94291:

撮影/賀川奈 伸雄

はじめまして、関西のさまざまな絶景スポット巡りをしている観光&グルメライターの賀川奈伸雄と申します。
行きたくてもなかなか行くことのできない、さまざまな秘境やレアスポットをどんどん紹介していきますので、よろしくお願い致します。

さて、今回ご紹介するのは、大阪府交野市の「磐船神社」。
この神社の何がすごいのかといいますと、「石」がすごいのです。

タクシーに乗って磐船神社へ出発!

94292:タクシーに乗って磐船神社へ出発!

撮影/賀川奈 伸雄

まずは京阪電車に乗り、京阪交野線「私市(きさいち)駅」へ行きます。
京阪本線から交野線へは「枚方市」駅でしか乗り換えができないので、この線に馴染みのない方はご注意を。
94294:

撮影/賀川奈 伸雄

そして着きました私市駅。
三角形の屋根がまるで山小屋のようですね。

「大阪府民の森」というトレッキングスポットのすぐそばだからでしょうか、ザックを背負った観光客の姿をちらほら見かけました。

94315:

撮影/賀川奈 伸雄

磐船神社はここから車で10分程度。
駅にある通話料無料の呼び出し電話からタクシー会社へ連絡できます。
帰りのことを考え、この電話から呼び出せる会社の電話番号をスマホで調べてメモしておきましょう。

一応、徒歩で行けないこともありませんが、危険な車道を歩くことになるのでおすすめしません。
時間もかなりかかってしまいます。

星田交通株式会社:072-8911-160

日本タクシー株式会社:072-827-5151

大阪トンボ交通株式会社:072-844-0818

94316:

撮影/賀川奈 伸雄

呼び出しから15分後、タクシーが到着。
木々の覆い茂った林道を十分程走り続け、お目当ての磐船神社へと到着です。
石で有名な神社ということで、鳥居も石でできていました。

京阪電車 私市駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 京阪電車 私市駅
住所 大阪府交野市私市山手3丁目6−32
営業時間・開場時間 5:00−25:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.keihan.co.jp/traffic/station/stationinfo/210.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

入口そばの歌詠み石があなたをお出迎え

94317:入口そばの歌詠み石があなたをお出迎え

撮影/賀川奈 伸雄

鳥居をくぐって右手に、何やら文字の書かれた大きな石が…。
いったいなんと書いてあるのでしょうか。

94318:

撮影/賀川奈 伸雄

解説によれば、右の石板には「梶を無み 乗りて遁れん世ならねば 岩船山も甲斐なかりけり 伴林六郎」と書かれているそうです。
(左の石板に関する解説は無し)

この伴林六郎とは、幕末の時代に勤王志士として活躍した国学者、伴林光平のこと。
光平は和歌の才があり、その分野においてすぐれた業績を遺しましたが、文久三年(1863年)、幕府軍に反抗の姿勢を見せた天狗党に協力していたとして、斬首刑に処されてしまったのです。

この巨石に埋め込まれたこの歌は、光平がこの近くの磐船まで逃れようとしたものの、寸前で捕縛されてしまった際に詠んだものであるとのこと。
どこか物悲しさが伝わってきますね。

94319:

撮影/賀川奈 伸雄

それから数十年後の明治二十四年(1891年)、この地を訪れた明治天皇が光平の最期に心を痛め、従四位に叙任。
更に時代を経ること昭和62(1987年)、光平の才と人柄を慕う有志の方々の手によって、この石板が埋め込まれたとのことです。

みごとに苔生したこの大きな岩には、さまざまな人の思いが込められているのですね。

その正体は神様の船?「磐船」

94320:その正体は神様の船?「磐船」

撮影/賀川奈 伸雄

鳥居をくぐって左手に行ったところにあるのが、この神社の名前の由来ともなっている「磐船」です。
その大きさは、今にも拝殿を押しつぶしてしまいそうなほど。

94321:

撮影/賀川奈 伸雄

私の身長(171cm)と比べていただければ、その巨大さがよりはっきりとご理解いただけるかと思います。
それでいて、見えている部分はこの巨石のごく一部でしかなく、その全長は奥深くまで続いているようでした。

この巨大な石はどこからやってきたのでしょう。
「日本書紀」や「古事記」によれば、天照大神の孫神である天照国照彦天火明奇玉神饒速日尊((あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)が高天原から河内国哮ヶ峯(たけるがみね)に降臨した際、大きな磐船に乗ってきたとされています。

この神社では、この巨石こそがまさしくその磐船であると考えており、そのことから御神体として祀っているのだそうです。

94316:

撮影/賀川奈 伸雄

伝説の虚実はともかく、こうした大きな石や山を祀る風習は日本のみならず、世界中にあるようです。
イギリスのストーンヘンジやチベットの聖地カイラス山などがよく知られています。
日本でもっとも有名な山、富士山もその1つです。

94322:

撮影/賀川奈 伸雄

かつて人間というのは、特殊な形をしていたり、驚くほど巨大である自然の造形物、あるいはそれを利用して作られた建築物にある種の「畏れ(おそれ)」を抱き、そこに神が宿ると考えていました。
この磐船神社も、そうした自然信仰の一形態と見ることができるのかもしれませんね。

磐船神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 磐船神社
住所 大阪府交野市私市9丁目19−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.osk.3web.ne.jp/~iw082125/index-j.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

巨石を見た後は「おじいさんの古時計」でブランチを

94323:巨石を見た後は「おじいさんの古時計」でブランチを

撮影/賀川奈 伸雄

このみごとな巨石を堪能した後は、この神社のもう一つの特徴である「岩窟めぐり」を体験したいと考えていたのですが、同行者がいなかったためできませんでした。

実際に岩窟の中を昇り降りしながら進んでいくこのイベントは危険と隣り合わせのため、拝観には非常に厳しいルールが設けられているのです。

94324:

撮影/賀川奈 伸雄

仕方がないので、少し早めにすぐ近くのログハウスレストラン「おじいさんの古時計」で休憩することに。

94325:

撮影/賀川奈 伸雄

その名のごとく、たくさんの時計たちがコチコチと音を奏でる店内はとっても落ち着いた雰囲気。
ランチメニューである「ブランチ」は柔らかなパンと新鮮なサラダ、とろふわのオムレツがとってもおいしかったです。

おじいさんの古時計の住所・アクセスや営業時間など

名称 おじいさんの古時計
住所 大阪府交野市私市9丁目18−10
営業時間・開場時間 11:00−17:00 木・金曜定休
利用料金や入場料 ブランチ 950円
参考サイト http://www.gf-clock.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

もう一つの癒しスポット「大阪市立大学理学部付属植物園」

94326:もう一つの癒しスポット「大阪市立大学理学部付属植物園」

撮影/賀川奈 伸雄

自然豊かな私市の地には、他にも観光スポットがたくさんあります。

中でも人気なのが、私市駅から徒歩わずか5分のところにある「大阪市立大学理学部付属植物園」。
大阪市立大学理学部が研究のために多数の植物を栽培しているこの施設、入場料(500円)を払うことで一般人も見学が可能となっています。

94327:

撮影/賀川奈 伸雄

まだまだ雪解けの季節ではなかったため、私が訪れたときは少々さびしい雰囲気でしたが、それでもローズマリーのようなかわいらしい花を満足ゆくまで見ることができました。
職員の方から聞いたのですが、3月後半から4月の間は桜をはじめとする春の植物たちがきれいな花を咲かせてくれるようです。

園内はかなり広く、ぶらぶらと気ままに散歩するといった楽しみ方も可能。
太陽まで届きそうなトチノキ林の中をのんびり歩くというのも、雰囲気たっぷりでいいものですよ。

大阪市立大学理学部付属植物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 大阪市立大学理学部付属植物園
住所 大阪府交野市私市2000
営業時間・開場時間 9:30−16:30 月曜休園
利用料金や入場料 大人350円 中学生以下無料
参考サイト http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/botan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

磐船神社で巨石パワーを実感しよう

この巨大な磐船のインパクトは、直接目で見なければ存分に実感することができないでしょう。
大阪や京都、兵庫など関西にご在住の方は、お休みを利用して是非一度足を運んでみてください。

お昼ごはんはこの記事で紹介した「おじいさんの古時計」で召し上がるのもいいですが、お弁当を持参するのもなかなか趣がありますね。

磐船神社へはバスを使って行く方法もありますが、本数が朝と夕方の2本しかなく、しかも平日はバスが出ていません。
先ほど申し上げた通り徒歩で行くのは危ないので、タクシーを使った移動がおすすめです。