絶景たくさん!山形のパワースポット決定版20選

日本全国に存在し、今や一般的な存在となっているパワースポット。現在は観光のメインスポットにもなっており、ご利益を得たり自然を楽しんだり、さまざまな形で訪れるものに楽しみを提供してくれます。今回はそのパワースポットから、山形県にあるパワースポットを見てみましょう。

観光資源に恵まれた山形県

観光資源に恵まれた山形県

image by iStockphoto

東北地方南西部・日本海に面する山形県は、全市町村に温泉が湧く観光資源に恵まれた県として知られ、温泉では「肘折温泉」や「蔵王温泉」、歴史的史跡では「山形城」などが見どころ。
またグルメではラーメンが有名で、その消費量は日本一とも言われています。

雪が積もる光景は必見「羽黒山五重塔」

月山・湯殿山(ゆどのさん)と並ぶ「出羽三山(でわさんざん)」の羽黒山にある五重塔。
平安時代の承平年間(931年 – 938年)に平将門によって創建と伝えられており、現在の塔は文中年間(約600年前)に羽黒山の別当「武藤政」によって再建されたもの。
塔の高さは29mと言われており、冬場には雪が積もった光景を撮影しに来る人々が訪れるとされています。

羽黒山五重塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 羽黒山五重塔
住所 山形県鶴岡市羽黒町手向7
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dewasanzan.jp/publics/index/71/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

悪縁切りのパワースポット「山寺立石寺」

JR山寺駅から徒歩7分の「蔵王国定公園」内にあり、貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされる寺院。
パワースポットは「華蔵院(けそういん)」と呼ばれる永正16年(1519年)に造られた柱間一尺五寸(現在の約45.45cm)の塔で、ここが悪縁切りのパワースポット。
境内でも特に強力なパワーがあるとされており、全国で最も小さい三重塔があります。

山寺立石寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 山寺立石寺
住所 山形県山形市山寺4456−1
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 入山料:大人300円 中人200円 小人100円
参考サイト http://rissyakuji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

願い牛で子宝祈願「湯殿山神社」

こちらは鶴岡市にある「湯殿山神社」の分社。
パワースポットは平成2年(1990年)の御大典を記念して造られた「願い牛」で子宝に恵まれたい夫婦、体に悪い部分を抱える人が撫でるとご利益が得られるとされています。
その他には「おもかる石」 もあり、自分の想像する願いを浮かべながら石を持ち上げ、石を軽く感じれば願いが叶うというもの。

里之宮 湯殿山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 里之宮 湯殿山神社
住所 山形県山形市旅篭町3丁目4−6
営業時間・開場時間 授与所:8:30−17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dewasanzan.jp/publics/index/52/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山の地主神・農耕の神を祀る「山寺日枝神社」

JR「山寺」駅から徒歩約8分、貞観2年(860年)創建と伝わる神社で、慈覚大師円仁(じかくたいしえんにん)が近江国(現在の滋賀県に相当する)坂本の日吉大社(ひえたいしゃ)から分霊を勧請したのが始まり。
山の地主神・農耕を司る神を祀っており、主なご利益は家内安全・産業振興など。
ご神体である大銀杏は市指定天然記念物に指定された貴重なもので、昭和47年(1972年)の暴風によって折られながら現在も生き延びています。

山寺日枝神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 山寺日枝神社
住所 山形県山形市大字山寺4449−4
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://hie348.wixsite.com/yamaderahiejinja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

全国唯一の作試し神事が有名「鳥海月山両所宮」

北山形駅から徒歩10分の鳥海月山両所宮(ちょうかいがっさんりょうしょのみや)は康平6年(1063年)創建の寺院。
鳥海山両所神社に安倍貞任討伐勝利を祈願した源頼義が、勝利の報賽(ほうさい、祈願成就のお礼として神仏に参拝すること)として創建したのが始まり。
市指定有形文化財に指定された「本殿、随神門、城輪神社社殿」や市の無形文化財になった全国唯一の作試し神事「ごくだめし」が有名。

鳥海月山両所宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 鳥海月山両所宮
住所 山形県山形市宮町3丁目8−41
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/cgi-bin/search/search.cgi?panel=detail&d01=883
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

東北唯一の官幣大社「月山神社」

こちらは湯殿山(ゆどのさん)、羽黒山と並ぶ「出羽三山(でわさんざん)」にある「月山」。
その山頂(標高 1,984m)に鎮座する「月山神社」は推古天皇元年(593年)創建と伝わる神社で、明治時代までは東北唯一の官幣大社(かんぺいたいしゃ、官(朝廷、国)から幣帛(神前の供物)・幣帛料を支弁される神社)とされてきました。
現在は水を司る農業神・航海・漁澇(ぎょろう、魚類や貝類を捕る人々)の神として信仰を集めています。

月山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 月山神社
住所 山形県西村山郡 西川町月山沢
営業時間・開場時間 開山期間:7/1−9/15
利用料金や入場料 祓料:500円
参考サイト http://www.dewasanzan.jp/publics/index/27/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3羽のウサギを見つけ出そう「山形熊野大社」

山形鉄道フラワー長井線・宮内駅から徒歩10分の「山形熊野大社」は、熊野三山(和歌山)、熊野皇大神社(長野県)と並ぶ「日本三熊野」の1つ。
本殿裏に隠し彫りされているウサギを3羽見つけられると願い事・幸せのご利益があると言われています。
探す際は2羽までは手引書をもらって探せますが、3羽目の場所は人に聞くとご利益を得られないとされているため、自力で頑張って見つけ出してみましょう。

山形熊野大社の住所・アクセスや営業時間など

名称 山形熊野大社
住所 山形県南陽市宮内3476−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kumano-taisha.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山岳信仰の場として知られる「湯殿山神社」

image by PIXTA / 30803887

これは「出羽三山(でわさんざん)」の1つ「湯殿山」中腹にある神社。
古くから山岳信仰の場として知られる神社で、現在もこの地に多くの修験者が訪れると言われています。
本宮参拝時は厳しいしきたりが存在し、写真撮影・土足厳禁のためご注意を。
本宮に祀られているご神体の岩は温泉が湧き出ることで知られ、ここで力を分けてもらっても良いでしょう。

湯殿山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 湯殿山神社
住所 山形県鶴岡市田麦俣六十里山7
営業時間・開場時間 8:30−16:00(5月−11月上旬)
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://www.dewasanzan.jp/publics/index/52/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

樹齢1,400年以上「山五十川の玉杉」

JR・あつみ温泉駅からバスで約30分の「山五十川熊野神社」境内にある、樹齢1,400年以上と伝わる巨木。
サイズは根元の周囲22m、目通り幹囲10m、高さ約36mを誇り、半球状の樹冠を持つことから「玉杉」の名が付けられました。
現在も新緑を咲かせる「山五十川のシンボル」とされており、昭和26年(1951年)には国指定天然記念物に指定されています。

山五十川の玉杉の住所・アクセスや営業時間など

名称 山五十川の玉杉
住所 山梨県鶴岡市山五十川字碓井266
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tsuruokakanko.com/cate/p0191.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

開運招福・家内和合のご利益「荘内神社」

JR羽越本線「鶴岡駅」からバスで約5分の「鶴岡市役所」近く。
明治10年(1877年)に庄内藩主・酒井家をご祭神として祀る形で創建され、主なご利益は開運招福、家内和合、産業繁栄など。
毎年8月の「荘内大祭」は神社の創建記念として始まった神社の名物祭で、3日間にわたり伝統芸能の奉納、大名行列、例大祭が行われます。

荘内神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 荘内神社
住所 山形県鶴岡市馬場町4−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jinjahan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芭蕉の群生地がある「鴫の谷地沼」

写真の鴫の谷地沼(しぎのやちぬま)は、蔵王温泉への入口にある湖。
ここには水芭蕉の群生地がある散歩道(周囲1.2Km)があり水芭蕉が5月上旬まで、5月中旬からのレンゲツツジ、秋は紅葉と季節によってさまざまな顔が見られる造り。
散歩道は1周約1時間で回ることができると言われているため、ゆっくりした散歩に行ってみては。

鴫の谷地沼の住所・アクセスや営業時間など

名称 鴫の谷地沼
住所 山形県上山市小倉大森山1980
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000152071/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

冬だけ見られる絶景「蔵王の樹氷」

こちらは冬だけ見られる蔵王の樹氷。
気象条件などが合わさって構成されるこの芸術的光景は世界的に評価が高く、ライトアップされたときの幻想的と言われる雰囲気も見ておきたい。
ナイトクルーザー号に乗ってライトアップされた樹氷を楽しむ「樹氷幻想回廊ツアー」、ナイトスキーを楽しめる蔵王温泉スキー場「蔵王樹氷祭り」も。

蔵王の樹氷の住所・アクセスや営業時間など

名称 蔵王の樹氷
住所 山形県上山市蔵王
営業時間・開場時間 樹氷ライトアップ:17:00−21:00(12/23−3/5)
利用料金や入場料 樹氷幻想回廊ツアー:大人3,800円 子供3,100円
参考サイト http://zaoropeway.co.jp/zao/winter/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

約1,200年前に発見された「玉簾の滝」

酒田駅から車で35分の「玉簾の滝(たますだれのたき)」は、約1,200年前に弘法大師が発見したと伝わる県随一の滝。
高さ63m、幅5mの滝はかつて修験道場としても使用された場所で、現在はマイナスイオンたっぷりのパワースポットに。
4月28日〜5月5日、8月11日〜18日には滝のライトアップもあり、日中とは違う姿も見られるようになっています。

玉簾の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 玉簾の滝
住所 山形県酒田市升田52−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=297
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

勝負運を得たいときに「上杉神社」

山形新幹線・米沢駅から徒歩約20分の「松が岬公園」中央に位置する神社。
上杉謙信を祀る神社として明治4年(1871年)に創建、大正8年(1919年)の大火で境内が全焼しますが大正12年(1923年)に再建。
現在は「開運招福・諸願成就」のご利益が得られるパワースポットとされており、謙信から勝負に勝つ運を得たいときに行ってみては。

上杉神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 上杉神社
住所 山形県米沢市丸の内1-4-13
営業時間・開場時間 6:00−17:00(冬季は7:00から)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=1390
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大樽川渓谷にある滝「白布大滝」

米沢駅からバスで50分の「大樽川渓谷」にある滝。
落差30m、幅約5mの滝では水量の多さ、豪快な眺めが楽しめ、初夏の雪解けの頃には水量増加により迫力が増すことも。
秋の時期には色づいた紅葉との組み合わせも楽しめるようになっており、近くには温泉の永遠の繁栄を祈願して享保14年(1729年)に建立された「白布西国三十三観音」もあります。

白布大滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 白布大滝
住所 山形県米沢市関
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=267
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

四季によって変わる自然を見つめる「空気神社」

西村山郡にあるアウトドア施設「Asahi自然観」内の空気神社。
神社に置かれた5m四方のステンレス板が本殿となっており、そこには四季によって変わる自然の姿を映し出すようになっています。
例祭は世界環境デーである6月5日とその日に近い土日に行われる「空気まつり」で、巫女の舞や本殿の地下室限定公開を実施。
ちなみに冬季は神社を閉鎖しているため、行く際はご注意を。

空気神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 空気神社
住所 山形県西村山郡朝日町白倉 Asahi自然観
営業時間・開場時間 24時間(冬季閉鎖)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shizenkan.jp/air_shrine.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

開山1300年を迎えた「若松観音」

若松観音は和銅元年(708年)に行基菩薩が開山した霊場で、平成20年(2008年)に開山1300年を迎えたスポット。
長く「縁結び」観音として知られ、中には住職と握手したあと良縁に結ばれたという女性もいるとのこと。
毎月第1日曜日(4月~12月)には「縁結び祈願祭」を開催中で、その他旧正月7日に行われる「鬼やらい」、毎月17日の護摩供養もあります。

若松観音の住所・アクセスや営業時間など

名称 若松観音
住所 山形県天童市山元2205−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.wakamatu-kannon.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

流鏑馬は無形民俗文化財「寒河江八幡宮」

寒河江駅から徒歩10分の山形県寒河江市にある「寒河江八幡宮(さがえはちまんぐう)」。
寛治7年(1093年)創建と伝わるこの神社は通称「寒河江の馬走り」と呼ばれる神事があり、これは「山形県指定無形民俗文化財」に指定される名物。
また安産祈願も行っており、ここでは流鏑馬で階中(すべての的を射抜く)したいた騎手に贈る反物が腹帯として授与されます。

寒河江八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 寒河江八幡宮
住所 山形県寒河江市八幡町5−70
営業時間・開場時間 参集殿:9:00−16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sagae-hachimangu.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

受験シーズンに訪れたい「亀岡文殊」

高畠駅から車で10分の「大聖寺」は、安倍文殊院(奈良県桜井市)・切戸文殊(京都府宮津市)と並ぶ「日本三文殊」に数えられる通称「亀岡文殊」と呼ばれる寺院。
合格祈願、願望成就にご利益があるとされており、受験シーズン前には「受験合格米」祈祷式を実施。
祈祷式で使われる米は県内スーパーなどで数量限定で販売しているため、合格を強く願う際はチェックしてみては。

大聖寺(亀岡文殊)の住所・アクセスや営業時間など

名称 大聖寺(亀岡文殊)
住所 山形県東置賜郡高畠町亀岡4028−1
営業時間・開場時間 7:00−16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/mailmag/series/manpo/kameoka.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山岳信仰の中心「鳥海山大物忌神社」

吹浦駅から徒歩で5分の「鳥海山大物忌神社(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)」は、景行天皇から欽明天皇年間に創建と伝わる神社。
鳥海山をご神体とした山岳信仰の中心とされており、活火山である鳥海山では噴火時に朝廷からの奉幣(神前にお祓いに使う幣(ぬさ)をたてまつる)により鎮祭が行われたことも。
山頂本殿から口ノ宮までの境内は平成20年(2008年)に国の史跡に指定されています。

鳥海山大物忌神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 鳥海山大物忌神社
住所 山形県飽海郡遊佐町吹浦
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www9.plala.or.jp/thoukai/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旅行の際に訪れてリフレッシュ

山形県のパワースポットは滝や歴史的史跡、生命力を感じさせる大杉などさまざま。
旅行などで山形を訪れた際は、ぜひパワースポットでリフレッシュしてみては。
photo by PIXTA and iStock