近江の厳島、パワースポット「白髭神社」に行ってきた!

参拝に来ていた女子お二人に「何処からいらしたんですか?」と声をかけると、「大阪から。」と。

本殿の横の駐車場に止まっている車のNoプレートを見ても、他府県の車が。そして、若いペアや、女子グループが多いですか。本殿に手を合わせているペアの方、何のお願いかな?

琵琶湖に浮かぶ白髭神社の鳥居が「滋賀のパワースポット」と紹介されることが多くなり、参拝の方も増えました。

この鳥居、「近江の厳島」と呼ばれることも。遠くにかすむ沖島、その向こうに湖東の山と街並みを望み、穏やかなマザーレイク琵琶湖の水面にキリッと建つ鳥居。それを見るだけでパワーをもらえそうな気がしますね。

白髭神社がある滋賀県高島市は、琵琶湖の西岸・湖西と呼ばれる、豊かな自然や遺跡・古い営みが残された地域です。

滋賀県高島市鵜川、高島市の入口にあるこの白髭神社に、パワーの秘密を探しに行きましょう。

出発はJR近江高島駅

94456:出発はJR近江高島駅

撮影:榊

最寄りの駅は、JR湖西線近江高島駅です。
改札を出ると、正面に大きなガリバーの像が目に入ります。

こんにちは。
案内するのは、榊 始(iti)と妻です。

20年前に、大阪から旧・朽木村、現・高島市朽木小川の集落に移住してきました。

写真のガリバーの下に小さく写っているのが妻。

合併前に、ガリバーの冒険にちなんだチャレンジ精神のあるまちづくりを目指して、この像とガリバー青少年旅行村(レクレーション施設)が作られたそうです。

駅から白髭神社には徒歩で30分ぐらいでしょうか。
タクシーも利用可。
後で紹介する乙女ヶ池を通って古い町並を抜けると国道161号に出ます。
ここからは琵琶湖を眺めながらの散策。

近江高島駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 近江高島駅
住所 滋賀県高島市勝野大門2245−5
営業時間・開場時間 5:00−25:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0611212
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

やってきました近江の厳島、白髭神社

94457:やってきました近江の厳島、白髭神社

撮影:榊

琵琶湖を眺めながらカーブを廻ると目の前に、湖上に浮かぶ鳥居が現れますよ。

同じ高島市内ですが、朽木地区に住む私たちは家から車で1時間近くかけて近江高島駅横を通過して白髭さんに向かいます。

京阪神から車で来られる方は、京都東インターから湖西バイパスに入り、そのまま国道161号に続くのでしばらく走ると、左手に白髭神社駐車場に到着します。

白髭神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 白髭神社
住所 滋賀県高島市鵜川215
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shirahigejinja.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

近江の厳島、琵琶湖に浮かぶ鳥居

94458:近江の厳島、琵琶湖に浮かぶ鳥居

撮影:榊

神社境内と鳥居との間には国道161号が走ります。
以前は江若鉄道の線路もこの間を走っていたそうですよ。

国道を渡って鳥居近くまで見に行く方も多いのですが、湖岸との間には横断歩道もありません。
国道161号、交通量が多いので、湖岸に渡る方はくれぐれも車に注意を!

湖中大鳥居の住所・アクセスや営業時間など

名称 湖中大鳥居
住所 滋賀県高島市鵜川215
営業時間・開場時間 鳥居ライトアップ:土日の日没から2時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shirahigejinja.com/kotyuutorii.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白髭神社でお参りしましょう

白髭神社は全国にある白髭神社の総本山にあたるそうです。
また、滋賀県では最も古い神社だとも言われています。

ご祭神は猿田彦命とされていますが、もともとは比良山の神だという説も。

#1 本殿の横、まずは手を清めます

94459:本殿の横、まずは手を清めます

撮影:榊

観光の皆さん、湖上の鳥居に夢中なのですが、できれば先にお参りをすませましょう。

#2 白髭神社の拝殿前でお参り

94460:白髭神社の拝殿前でお参り

撮影:榊

湖西地域の氏神様的存在でもあり、地元の方は、「白髭さん」と呼んで、お正月の初詣はもちろん、厄除けなどの祈願もされています。
本殿前に車を停車して車の交通安全祈願をしていただくことも。

私たちも何回か厄払いや、車の安全祈願などをお願いしました。

いよいよパワーの源に近づきますよ

古代、日本人の信仰は、山や巨岩などの自然が対象であった、と言われます。
社が出来る前は、本殿裏の森の中にある古墳や巨岩が、信仰の対象だったのではないでしょうか。

#3 森の中、パワーストーン「磐座」が鎮座

94461:森の中、パワーストーン「磐座」が鎮座

撮影:榊

本殿の横の階段を上がり、いくつかの小さなお宮さんの間を通り抜けると、森の中に周囲を縄で張られた「磐座(いわざ)」と呼ばれる大きな三角柱の巨岩が。

この周囲は古墳がたくさんあるそうで、この岩も古墳の一部だったのでは、と言われています。

#4 古墳を覆う社、ここが本当のパワーの秘密?

94462:古墳を覆う社、ここが本当のパワーの秘密?

撮影:榊

「磐座」の横に小さな社「岩戸社」が。
ここは古墳の石室を守るように祀られています。

振り返ってみると、岩戸社からまっすぐ琵琶湖に向かって伸びる一直線状に、本殿そして湖に浮かぶ鳥居と並んでいるようにも思います。

そう思ってみると、この静かな森の空間には秘められたパワーの源がみなぎっているようにも感じられますよ。

琵琶湖から望めていた?鵜川四十八体石仏群

94463:琵琶湖から望めていた?鵜川四十八体石仏群

撮影:榊

白髭神社から国道161号沿いに近江高島駅方面に向かって歩いて約10分(車で約5分)、山手に上がる小道(旧西近江路)を登っていくと、「四十八体石仏群」に出会うことが出来ます。

48体あった石仏のうち13体が大津市のお寺に移され、2体は行方不明(盗まれたそうです)となっており、今は一ケ所に33体が集められて琵琶湖に向かって鎮座しています。

周囲は段々状に石垣が組まれ、そこに木々が生い茂っていますが、以前は田んぼか畑ではと思われます。
昔は、坐像は山肌にゆったりと配置され、湖上からも望めていたのでは、とその情景を連想させられます。

ここも白髭神社のパワーの源の一つではないでしょうか。

鵜川四十八体石仏群の住所・アクセスや営業時間など

名称 鵜川四十八体石仏群
住所 滋賀県高島市鵜川
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.takashima-kanko.jp/spot/takashima/440.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

琵琶湖の入江、大溝城の外掘であった乙女ヶ池

94464:琵琶湖の入江、大溝城の外掘であった乙女ヶ池

撮影:榊

JR近江高島駅から高島市民病院の駐車場を抜けると乙女ヶ池にすぐ到着します。

乙女ヶ池は、万葉の時代、「香取の海」と呼ばれたそうで、湖畔には万葉集の歌碑が立てられています。

この池に架けられている木製の太鼓橋は、まるで江戸時代にさかのぼっているように感じられ、映画やテレビの場面にもよく使われているようですよ。

暖かくなってくると、散歩や魚釣りを楽しむ方もチラホラ。

乙女ヶ池の住所・アクセスや営業時間など

名称 乙女ヶ池
住所 滋賀県高島市勝野打下
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.takashima-kanko.jp/spot/takashima/531.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

二万国の城下町、大溝藩高島

高島地域は大溝藩の城下町であった処です。

戦国時代の一時期、京極高次が城主となり、浅井三姉妹の次女「初」が住んだところでもあります。

#5 城下町の風情を残したビレッジ

94466:城下町の風情を残したビレッジ

撮影:榊

近江高島駅から徒歩10分の旧街道沿いにある、古い商家など大溝の城下町の風情をそのままに整備された「ビレッジ」。
ギャラリーやガラス工房や染め物工房にお食事処などが軒を連ねています。

高島びれっじの住所・アクセスや営業時間など

名称 高島びれっじ
住所 滋賀県高島市勝野1400
営業時間・開場時間 店舗・施設による
利用料金や入場料 店舗・施設による
参考サイト http://village.shiga-saku.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 食事やお茶タイムはビレッジで

94467:食事やお茶タイムはビレッジで

撮影:榊

今日は「ワニカフェ」でパスタ定食をいただきます。
季節のスープと地元の食材を使ったパスタで満腹に。

ここでは時間があれば、ガラス工房や染め物工房での体験も楽しめます。

高島ワニカフェの住所・アクセスや営業時間など

名称 高島ワニカフェ
住所 滋賀県高島市勝野1401 びれっじ6号館
営業時間・開場時間 [火-木]11:30−17:30 [金-日]11:30−21:00 月曜定休
利用料金や入場料 パスタコース 1,780円
参考サイト http://www.wanicafe.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 お土産に地酒・萩乃露をゲット

94468:お土産に地酒・萩乃露をゲット

撮影:榊

湖西地域は、比良山系からの冷たくて清らかな水が豊富にあるため、造り酒屋がたくさんあります。

「萩乃露」は湖西の代表的な地酒の一つです。

湖西のお酒はまったり濃厚な味のものが多く、この「萩乃露」もその一つ。
地元でも愛されているお酒・酒蔵ですよ。

今日は、畑の棚田で作られたお米で作った「里山」をゲットしました。

萩乃露酒造の住所・アクセスや営業時間など

名称 萩乃露酒造
住所 滋賀県高島市勝野1387−1
営業時間・開場時間 8:30−17:00 土日祝定休
利用料金や入場料 純米吟醸 里山 720ml 1,300円
参考サイト http://www.haginotsuyu.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

棚田日本百選に入る「畑の棚田」

94469:棚田日本百選に入る「畑の棚田」

撮影:榊

高島市には、「日本百選」と言われる景観がたくさんあります。

この「畑の棚田」もその一つ。
時間があれば、足を延ばしてはいかがでしょう。

車で近江高島駅から20分余り(コミュニティバスでも同)で畑の停留所に到着します。

蛇谷ヶ峰の麓、見上げるような斜面に棚田が並んでいます。

田植え・稲刈りの季節には、棚田オーナーの方々が京阪神から集まり、自然の中の一日を楽しまれるようですよ。

畑の棚田の住所・アクセスや営業時間など

名称 畑の棚田
住所 滋賀県高島市畑
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.takashima-kanko.jp/spot/takashima/551.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いにしえの世界を垣間見る高島の旅

歴史の町高島、古くは現皇室の祖と言われる継体天皇(在位507年から531年)の生誕の地とも言われます。
古墳や古くからの社寺・庭園もある高島市。

パワースポットとしての白髭神社はいにしえの世界への入口にあたるのかも。

そんな思いを抱きながら湖西・高島の旅を楽しみませんか。