【留学前に英語は勉強しておくべき?】経験者が教える、留学の準備に必要なこと

事前の準備であなたの留学生活が変わるかも?何事も事前の準備って大切ですよね。渡航前に準備をしていく留学と、しない留学では、大きな違いが出てくることも。もちろん英語の勉強は留学先に行ってからでもできますし、現地での生活を通して文化を知ることもできます。ですが、事前に少しでも多くの知識があると、トラブルも回避できますし、留学をより楽しむことができますよ。

留学準備は何をしたらいいの?

留学準備は何をしたらいいの?

image by iStockphoto

留学に行くには、いつ行くのがいいのか、どの国が自分の留学に向いているのか。
留学前の不安や疑問はたくさんありますよね。
人それぞれ留学の目的や、学びたいことは異なりますし、事前にしっかりプランを立てておけば、自分に合った留学ができます。

留学相談に行ってみる

留学相談に行ってみる

image by iStockphoto

留学には興味があるけれど、何から始めたらよいのか分からない。
そんな時は大学内で行われている留学相談や、留学エージェントが開催している留学相談に行くのがおススメ。
留学のプロが教えてくれる情報は本物ですし、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。
自分にはなかったアイデアなども得られるので、そこから自分のやりたいことや、学びたいことが見つかるかもしれませんよ。

留学経験者に話を聞く

留学で一番知りたい情報を持っているのは、実際留学に行ったことのある方かもしれません。
もし自分の周りに留学に行ったことのある人がいたら、是非話を聞きに行ってみてください。
学校のリアルな状況や、留学中の生活についてのお話なんかも聞けるかもしれません。
留学生として滞在した人にしか分からないようなこともあるので、話を聞く価値ありです。

行きたい学校、学びたいことを明確にしておく

行きたい学校、学びたいことを明確にしておく

image by iStockphoto

留学に行くには多くのお金もかかりますし、休学や休職していく場合、限られた時間の中で英語力を伸ばしたいですよね。
ですので、留学に行く前に自分が何を学びたいのか、どのようなスキルを伸ばしたいのかなどを明確にしておくことをおススメします。

高い留学費用を払ったのに、思ったように学べなかったなんてことがないように、留学先の学校が自分にあったものなのか見極めておくのも大切です。
例えば、スピーキングの力を伸ばしたかったら、発音に特化したコースもありますし、放課後の会話クラスなどのアクティビティが充実している学校を選ぶこともできます。

留学前に計画を立てておくことで、無駄な時間とお金を使わずに留学生活を充実させることができます。
留学中に自分のやりたいことが変わるなんてことも良くありますが、まず、最初のプランはしっかり立てておくとよいでしょう。

滞在先の情報を集めておく

滞在先の情報を集めておく

image by iStockphoto / 89039579

留学先が決まったら、現地の情報をゲットしておきましょう。
旅行ガイドブックや、携帯電話の地図アプリなどを使用して学校の場所や、ホームステイ先、駅の場所などを把握しておくと、留学初日にも安心して行動できます。
行く場所によっては、日本語の情報サイトがある場合もありますので、ウェブサイトをチェックしてみるのもいいかもしれません。
滞在先の情報が得られますよ。

滞在先の天候をチェックしておく

滞在先の天候をチェックしておく

image by iStockphoto

留学する時期の滞在先の天候もチェックしておくと良いですよ。
オセアニアなど、日本とは逆の気候の場合もありますし、私自信も、滞在先の気温が思っていたよりも低く、寒い思いをしたことがあります。
また、実際の気温と体感温度が異なることもありますし、薄手のパーカーなどは一枚はおるのに便利なので、持っていくと重宝しますよ。

滞在先の文化について調べてみる

滞在先の文化について調べてみる

image by iStockphoto

国によって、文化や国民性は様々。
日本でやっていることが、その国ではタブーなんてこともあります。
例えば、オーストラリアでは屋外での飲酒は禁止されていますし、シンガポールではごみのポイ捨てで罰金なんてことも。

また、英語圏の多くは、コミュニケーションをとっても重視していて、スーパーやコンビニなどでもあいさつ代わりにHow are you?と聞かれることも多いですし、バスを待っている間に話しかけられたりすることもあり、驚くかもしれません。
また、異なった文化の人々が多く共存している都市もありますので、それぞれの文化、バックグラウンドを尊重して暮らすのも大切です。

留学生活に必要なものをそろえる

留学生活に必要なものをそろえる

image by iStockphoto

短期滞在の場合、生活に必要なものを現地でそろえようと思うと、結構時間がなかったり、土地勘がなく、どこに何が売っているか分からい場合も。
日本と違って、トラベルサイズのような小さなものもなかったりするので、旅行用の歯磨きセットや、シャンプーなど日本から持っていったほうが良い場合もあります。

長期滞在の場合は、現地でいろいろ調達するのも良いかと思いますが、海外では売っていないようなものもありますので、自分の生活に必要なものはリストアップしておくといいかもしれません。
滞在中に日本から送ってもらうことも可能ですが、余分なお金もかかりますし、届くまでに時間もかかるので、持っていったほうが良いと思うものは、忘れずに書き留めておくと良いですよ。

留学前に英語は勉強しておくべき?

留学前に英語は勉強しておくべき?

image by iStockphoto

英語力をアップさせるための留学の場合も、大学や専門学校で専門知識を伸ばすための留学の場合も、英語力は必要不可欠。
もちろん留学先での生活や学校での学びから英語力をつけられますが、留学前に英語力を少しでも伸ばしておけば、留学中の生活にも困らないですし、より上のランクのクラスに入ることもできます。
そこで、留学前におススメの英語勉強法をご紹介します。

英語で書かれた本を読む

英語で書かれた本を読む

image by iStockphoto

英語を勉強する参考書などを読むのもいいですが、参考書は堅苦しくなりがちですし、文法や英語のルールなどに勉強の焦点があてられがち。
もちろん基礎知識としてそのようなルールを学ぶのも必要ですが、それだけでは勉強がつまらなくなってしまいますよね。

そこでおススメなのが、英語の小説や雑誌を読むこと。
英語の小説に日本語訳がついているものや、コミックなんかは読みやすいのでおススメ。
英語の雑誌の場合、TIMEやEnglish Journalは環境問題からエンターテイメントまで幅広く扱っているので、英語学習におススメです。

英語の本を読むことで、実際の英語の使われ方や、言い回しを知ることができます。
英語の勉強は毎日の積み重ねが大事☆毎日5-10ページでも読み進めていくことができれば、日々の英語力アップにつながりますよ。

英会話スクールに通う

英会話スクールに通う

image by iStockphoto

英語を話すのって、ちょっと恥ずかしかったりしますよね。
ですが、留学中は学校ではもちろん、電車に乗るときや、スーパーで買い物をするときなど生活の中でも英語を話さなければなりません。
ですので、留学前に少しでも英語にしゃべることに慣れておくと、留学生活でストレスを軽減できます。

英会話スクールでは、英語を話すということに重点が置かれるので、留学前に通っておくといいかもしれません。
先生もネイティブの英語話者ですし、英語での質問の仕方や、レストランでの注文の仕方など、生活に使える英語を学べます。

英語を勉強できるアプリを入れる

英語を勉強できるアプリを入れる

image by iStockphoto

留学前に少しでも英語力を上げておきたいけれど、予算はあまりないという方におススメなのがスマートフォンに入れられる英語のアプリ。
無料のものもたくさんあって、日々の会話に使える表現を教えてくれるものから、ゲーム感覚で学べるものまで様々。
空き時間などに勉強できるのも魅力。
通勤、通学中や、夜寝る前の少しの時間でも勉強ができます。

映画(洋画)を見る

映画(洋画)を見る

image by iStockphoto

海外の映画を見るのも英語勉強法のひとつ。
最初は自分の好きな映画から始めて、慣れてきたらドキュメンタリーなどにも挑戦してみましょう。
より多くの英語表現を学べます。

おススメの映画の見方は、英語音声+英語字幕で見ること。
英語音声と日本語字幕で見ると、字幕ばかりを目で追ってしまって、あまり音声が入ってこなかったりしますよね。
英語音声+英語字幕で映画を見れば、音声で何を言っているかを字幕から確認できますし、字幕で出ている分からない単語を書き留めることもできます。
まずは英語音声と日本語字幕で見て、ストーリーを理解してから、英語の音声と字幕にすれば、より多くの単語を拾えるようになります。

アジア留学も視野に入れる

アジア留学も視野に入れる

image by iStockphoto

最近よく耳にするアジア留学。
フィリピンやインド、シンガポールなど、アジアでも英語を話す国って結構ありますよね。
日本から近いだけでなく、留学費用を抑えられるというメリットも。

留学生の中には、格安のアジア留学を2-3か月ほど経験した後、オーストラリアやニュージーランドなどの国に留学するという人もいます。
アジアでの留学は英語力を伸ばすのに役立ちますが、ほとんどの国では英語が母語ではなく、第2言語である場合が多いため、初級から中級くらいまでの英語学習には適していますが、上級者の方は物足りないと感じてしまうかも。
ですので、ネイティブな英語を習得したい方は、アジア留学後に英語を第一言語として話す国での留学を計画すれば、留学費も抑えられ、より長い期間の留学が可能です。

駅などで迷っている外国人の方に話しかけてみる

駅などで迷っている外国人の方に話しかけてみる

image by iStockphoto

ちょっと勇気がいる方法かもしれませんが、駅や観光地などで困っている外国人の方に話しかけてみるのも自分の英語を試す良い機会です。
英語での道案内って、結構大変。
ですが、自分の英語が伝わると、とっても嬉しい気持ちになりますし、自信が持てますよ。

留学前の準備をしっかりして留学期間を有効に♪

留学前に少しでも英語に慣れておくことで、留学生活を楽しく過ごせます。
また、現地での情報を収集したり、留学前の準備を入念にしておけば、留学生活で困るようなシチュエーションを減らすことも。
しっかり準備をして、留学中は英語の勉強に集中できるようにしておけるといいですね。
photo by iStock