【数週間/1ヶ月/半年/1年】留学費用がわかる!人気の留学先候補と期間別のまとめ

これから留学を、と考えている方、または、具体的に決まっていないけど、情報を集めておきたいという方、一番気になることと言ったら、やはり費用面ではないでしょうか?日本の生活のようにはいかないので、不安に思ったり、または途中で諦めてしまったり。そんな方に、留学先、期間別でどれくらいの費用がかかるのかをご案内いたします。具体的にわかれば安心。そして今後の参考にしていただけたら幸いです。

アメリカ留学の場合

アメリカの人気留学都市、その1 ニューヨーク

アメリカの人気留学都市、その1 ニューヨーク

image by iStockphoto

アメリカ、世界の最大都市、ニューヨーク。
観光だけでなく、その魅力にはまって留学する人も多数います。
英語学習のためという方はもちろん、音楽、アートなどの芸術を学ぶために、ここに留学する人も大変多いです。
ここで何を学ぶにしても、まず語学力をつけることが大切。
学校も語学学校、大学、カレッジと、選択の幅もたくさんあります。
刺激的な毎日を送りたい、というのをお望みなら、ここニューヨークはピッタリの留学先。
でも大都会で、個人個人が自立している街柄は、一見冷たく感じてしまうかもしれません。
そして物価は、いうまでもなく高いのが現実。
まず、この街がとにかく大好きでたまらない、という方にはぜひお勧めします。
そんな方なら、充実したニューヨークライフを過ごせるはず。

アメリカの人気留学都市、その2 ロスアンゼルス

アメリカの人気留学都市、その2 ロスアンゼルス

image by iStockphoto / 84676971

ロスアンゼルスも人気の留学都市。
世界中からの観光客も訪れる、気候も温暖で、明るい、そして大都会でありながら、おおらかな都市が、ロスアンゼルス。
日本の東と西が違うように、アメリカも、西と東、そして南部に行くと、見える景色も、様子も全く違った印象になります。
たくさんの観光地と、おしゃれなカフェやレストラン、そしてスタイリッシュなお店もたくさん。
と、こちらも誘惑が多そうな街。
でも魅力はいっぱいです。
ニューヨークに次いで、アメリカの憧れ都市なのではないでしょうか?

都会が好きだけど、忙しい雰囲気の街は苦手、寒すぎるのはちょっと、という方にはこちらがいいかも。
明るく燦々と照る太陽の日差しを浴びて、のんびり、だけど都会を感じたいという方にはぴったりの街。

アメリカの人気留学都市、その3 ボストン

アメリカの人気留学都市、その3 ボストン

image by iStockphoto

ボストンは住みやすさで人気の都市です。
もちろん観光客もたくさん訪れるほどの、見所がたくさんある街ですが、前者のニューヨークやロスのような大都会モードではなく、もうちょっと落ち着いた、サイズもほどほどで、住むには動きが取りやすい街。
街並みも大変美しく、ゆったりとしています。
有名大学がたくさんあることから学生人口も多く、たくさんの留学生が世界中から集まっています。
でも日本人留学生の数を比較すると、ニューヨークに比べたらずっと少ない方。
なので、集中して語学の上達に勤しむことができると思います。
ほどほどに都会で、決して飽きることなく生活できる街、ボストン。
行ってみると意外にはまってしまう街になりそう。

アメリカの人気留学都市、その4 ハワイ

アメリカの人気留学都市、その4 ハワイ

image by iStockphoto / 79570941

言わずと知れた、人気観光スポットでもある、ハワイ。
ここの魅力にはまって留学する人も多いですね。
私も初めてハワイに行った時に、なぜ、みんながハワイに魅了されるか納得してしまいました。
美しい景色と、気候、空気、雰囲気、全て現実離れしてような日々を送れるハワイアンを、羨ましく思ったものです。
ここでは、語学はもちろん、観光、エステ、リラクゼーションなど様々な美容に関することも学べる、特に女性に人気の都市。
それだけに、観光客以外にも日本人留学生の数も多いです。
日本語ばかり使ってしまわないように、うまくオン、とオフを調節しながら生活していかないと、せっかくの本来の目的を、見失ってしまうことにもなりかねないので、その点は注意をしながら、生活するようにしましょう。

アメリカ留学の費用

アメリカ留学、短期1ヶ月未満場合は?

アメリカ留学、短期1ヶ月未満場合は?

image by iStockphoto

短期留学の場合、まずは渡航費。
場所と時期によってかなり変動しますが、8万円から15万円ぐらいに。
比較的安く済ませたいなら、1月か2月、または4月から6月出発がいいでしょう。
変動しやすい料金はマメにサイトなどでチェックしておくといいですね。
保険は1ヶ月でしたら300ドルぐらいが相場。

そして学費は、語学学校でしたら、1ヶ月1000ドル、プラス教材費が400ドルぐらい。
学校によっても変わります。

滞在費は、ホームステイで大体850から900ドルが相場。
原則2食付きで、ランチは家によって作ってくれることもあります。
朝食はセルフで冷蔵庫にあるものを食べて出かけてね、という感じです。

そして、短期留学でも、いろいろなところに観光に行ったり、新しくできた友人と遊びに行ったりしたいもの。
お小遣いとして1000ドルぐらいはあったほうが安心。

アメリカ留学、半年の場合は?

アメリカ留学、半年の場合は?

image by iStockphoto

半年は単純に6倍ですね。
語学学校で6000ドル以上、ホームステイに5300ドル以上。
保険に500〜700ドル。
そのほか、半年分の身近なものの生活費などもかかってくるので、個人差がありますが、月に400ドルぐらいは見ておいた方が良いでしょう。
そして半年になると、行動力も出てきて、出かけたり交際費もかさむもの。
外食代、小旅行もせっかくだから行ってみたいとなると、5000ドル以上は用意しておいたほうが無難。
レストランではチップがかかるので、意外に細かいお金も飛んで行っていまします。
細かいところは細かく節約。
例えば、公共交通機関を使うのはもちろんのこと、たくさん歩くことです。
街ももっと知ることができるし、お金を使わなくても楽しい発見がたくさんあります。

アメリカ留学、1年の場合は?

アメリカ留学、1年の場合は?

image by iStockphoto

1年の滞在だと、ざっくり35000ドルから40000ドルはかかります。
語学学校は1ヶ月1000ドルぐらいと比較的リーズナブルですが、大学入学となると、私立、公立によっても学費の違いがありますが、もっと高額になります。
保険も1年の滞在なら、なるべく保証の大きいものがお勧め。

また、ホームステイ以外での滞在、例えばアパートを借りたりすると、都市によってもかなり差が出ますが、ニューヨークでしたら、家賃も最低1200ドルぐらいに。
安い場所だと、治安の面で心配になりますし、心配しながら生活するくらいなら、少し高くても安心を重視したほうが良いと言えます。
生活しながら節約術を学んでいけそうですね。
もちろん、ホームステイは現地の人の生活の様子を体験できるので、とてもいい経験になります。
ルームシェアも同様のことが言えますね。
ただルームシェアは、時によってはトラブルになることもありうるので、シェアする人のことをよく知ることが必要。

カナダ留学の場合

カナダの人気留学都市、その1 トロント

カナダの人気留学都市、その1 トロント

image by iStockphoto / 70459487

トロントはカナダ第一の都市で、自由でおおらかなカナダでは、毎年たくさんの移民を受け入れていて、特にここトロントに集中しています。
アジアやヨーロッパ、中南米など、たくさんの国からやってきた人たちが開いたコミュニティーが所々にあり、アメリカに次いで、まさに人種のるつぼ。
なので、より広い世界の文化を学べるとともに、個人を尊重した考え方ができるようになるところです。

留学生の数も年々増え、語学学校はもちろん、有名大学もあり、より専門的なことを学びに来る学生でいっぱい。
こんなグローバルな雰囲気の中で、英語を学べるなんて、なんて素晴らしい経験、と自信を持って言えるほど、私自身もトロントに留学していました。
英語を学ぶ環境はよく整っていると言えます。

カナダの人気留学都市、その2 バンクーバー

カナダの人気留学都市、その2 バンクーバー

image by iStockphoto / 71200979

バンクーバーも、カナダの中で大変人気のある留学先。
アジア人の人口も多く、ちょっと安心感があるのかも。
街のサイズもちょうどよく、活動しやすい大きさ。
トロントと比べて、気候も温暖。
雪はあまり降りませんが、雨が少し多いかも。
それでもジメジメした日本の梅雨のような鬱陶しさはありません。

語学学校の数も多く、学生は学校を選びやすいのがポイント。
日本人が多いので、情報交換もしやすく、馴染みやすい都市と言えると思います。
ワーキングホリデーとしても仕事も割と見つけやすい都市。
トロントのような大きすぎる街よりも、ちょっと小さめの、居心地の良さを求めるのならここがおすすめ。
とは言っても、カナダの中でも家賃が高騰中の人気都市。
以外に生活費がかかります。

カナダ留学費用

カナダ留学、1ヶ月未満の短期

カナダ留学、1ヶ月未満の短期

image by iStockphoto

カナダドルは変動がありますが、1カナダドルで、大体85円として計算してみましょう。
まず渡航費に1000〜16000カナダドル。
これも時期によって変動。
トロントの方が、日本から遠いので、大体1300〜1600カナダドルはかかります。
そして学費が1000カナダドル、教材費500カナダドル。
ホームステイが800〜900カナダドルで、内容はアメリカと程同じです。
そして、お小遣いは1000カナダドルぐらいで考えておくといいでしょう。
短期間でも充実した日々を送るためには、ある程度余裕を持っておくと何かと安心です。

カナダ留学、半年の場合

カナダ留学、半年の場合

image by iStockphoto

半年間なら、学費で6000カナダドル、ホームステイが5400カナダドル。
お小遣いに6000カナダドル。
半年間の間に、ルームシェアにすれば、また費用も違ってきます。
一概にどちらが安いとはいいきれません。
ホームステイは一見高い感じもしますが、食事がついているので意外にお得だったりします。
自立すると、食事代は自分で節約できる利点もありますね。
ワーキングホリデーで行く方だったら、仕事を見つける機会もありそう。
3ヶ月ぐらいすぎると、そろそろ生活にもなれて、ますます楽しくなってきます。

カナダ留学、一年場合

カナダ留学、一年場合

image by iStockphoto

1年の場合は、学費で12000カナダドル、ホームステイが10800カナダドル。
アパートやルームシェアだと金額は変わりますが、アパート代が月に約600〜900カナダドル、ルームシェアだともう少しコストダウンになります。
アパートにはほとんどの場合光熱費も込みなのが嬉しいポイント。
ただ、自分でなんでも揃えなければならないので、割高にはなります。
でも海外生活を満喫したい、と思っている方にはチャレンジしてもらいたいものです。
アパート探しも英語の勉強になりますよ。

そしてお小遣いは月600カナダドルぐらいから。
自分で節約したり、小旅行など思いっきり使う時のために準備は必要ですね。

オーストラリア留学の場合

オーストラリアの人気留学都市、その1  シドニー

オーストラリアの人気留学都市、その1  シドニー

image by iStockphoto

オーストラリアは、その壮大で美しい自然が魅力的の国。
その魅力に引き込まれて、留学先として日本からもたくさんの人が訪れています。
特にここへは、ワーキングを利用してくる方が多いですね。
爽やかな気候と住みやすさ、比較的仕事も探しやすい点が人気の秘密でしょう。
一番人気は大都市、シドニー。
治安も良く、住み心地の良さはオーストラリアの中でも1、2を争う素敵な街。
語学学校も市内にいたくさんあるので、選択も多く、ワーキングホリデーとしても人気の都市。
気に入ってしまって長く滞在する方も。

オーストラリアの人気留学都市、その2 ケアンズ

オーストラリアの人気留学都市、その2 ケアンズ

image by iStockphoto / 52737544

観光やワーキングホリデーが多い都市、ケアンズ。
マリンスポーツなどのアクティビティーも盛なのが人気の秘密。
英語を学びながら、日常から離れた生活をしてみたいという方が多く訪れる街。
日本人にもとても人気があるので、たくさんの留学生を見かけるかも。
それゆえに、語学学校の数も豊富。
勉強だけではなく、アクティビティなども充実している学校が多いのが特徴。
それでも、チョイスがたくさんある分、学校はきちんと選びたいもの。
長期で留学をする場合は、特にコースの選択肢が充実していること、レベル分けがしっかりされていることなどに注目をして学校を選んだほうがいいいですね。
特にワーキングホリデーでお仕事をしたいという方は、英語力が仕事の幅を広げられる鍵になります。

オーストラリアの人気留学都市、その3  メルボルン

オーストラリアの人気留学都市、その3  メルボルン

image by iStockphoto

歴史を感じる美しい建物と、街の至るところに公園を目にすることができる、自然がとても美しい都市、メルボルン。
オーストラリアで2番目に大きい都市で、市内にあるたくさんの公園が、人々を癒してくれる素晴らしい環境。
温暖な気候で、日本のように四季があるので、長く滞在しながら、四季を感じたい方にお勧め。
住みやすいということで、ここも留学生が多い都市。
語学学校もたくさんあり、学ぶ環境はとても充実しています。
全豪オープンテニスでもおなじみの都市でもありますね。

オーストラリア留学、1ヶ月未満の場合

オーストラリア留学、1ヶ月未満の場合

image by iStockphoto

オーストラリアドルは、1ドル85円として計算すると、航空券に1000オーストラリアドル。
こちらも時期によっては変動するので、自分のスケジュールと予算に合うかよく調べるといいですね。
語学学校の学費が平均1300オーストラリアドル、教材費が300ドル。
ホームステイは900〜1000ドルぐらいで、内容は他の国と一緒で2食つきが一般的。
そのほかが、ランチ代、交際費などのお小遣いで、1200ドルはあると安心。

オーストラリア留学、半年の場合

オーストラリア留学、半年の場合

image by iStockphoto

こちらも渡航費、1000オーストラリアドル、学費が、半年で8800ドル。
ただし、ワーキングホリデーなどで、フルタイムのクラスを取れない時は月に500ドルぐらいになります。
ホームステイが半年で、5400ドル。
アパートなど自立すると場所によっても家賃は変わりますが、シドニーが最も高く、月に1100ドル以上から、ケアンズだと750ドルぐらいからと少し安くなります。
どの国でも大都会に行くと家賃はかなり高めです。
そしてお小遣いは、生活費を含めて7000ドルぐらいあるといいでしょう。
半年の滞在では、オーストラリア留学の目的として人気の、ワーキングホリデーを利用して、少しはお小遣いをためることができるかも。

オーストラリア留学、1年の場合

オーストラリア留学、1年の場合

image by iStockphoto / 56355980

そして一年の滞在。
例えば、しっかり英語も学んで、仕事もして、そして楽しく遊ぶ、ワーキングホリデーの1年でしたら、渡航費が、1000ドル、学費が、7000〜8000ドル、アパート、シェアハウスなどの滞在費が、12000ドル、お小遣いで9000〜12000ドルぐらい。
そしてバイト代で月500〜1000ドルと、働けるだけ働けば、その分自分の自由に使うことができますね。
英語力を磨いて、実りある、いい仕事につけることを目標に、英語学習を頑張ってみましょう。

最近人気の留学先

人気の留学先、フィリピン

人気の留学先、フィリピン

image by iStockphoto

最近留学先として最も注目を浴びているところといったら、フィリピンでしょう。
特にセブ島は大変人気があり、毎年その数は増え続けています。
理由は何と言っても費用が安く済むこと。
美しい自然の中で学べる英語、しかもプライベートレッスンを取っても、他の海外留学に比べて圧倒的に安いのです。
集中的に英語を学びたい、できるだけコストをかけたくない、という方にはお勧め。
なので、英語プラス、海外のライフスタイルを肌で感じながら勉強したい、という方には好みもあると思うので、自分の目的、日程を考えてみる必要あり。

フィリピン留学、短期の場合

フィリピン留学、短期の場合

image by iStockphoto

フィリピン留学は、特に社会人や女性に人気があり、滞在も3週間から1ヶ月という方が多いようです。
では、実際どれくらいの金額になるのでしょう。
まず、渡航費で4〜6万円、学費と宿泊代、食事代が込みで、15〜19万円。
クラスはグループレッスン、人気のプライベートレッスンのクラスもあり、どのクラスを取るかによって金額が変わります。
北米、オーストラリアの学校で、プライベートレッスンを取るとなると料金的にもかなり高くなるので、その点はかなり英語に集中できる嬉しいポイント。
そして宿泊代は、食事代込みで、1〜4人部屋と、部屋の種類によってこちらも変わります。
その他、現地でかかる光熱費などの諸経費が30000〜40000円ほど。
プラスお小遣い。

最近は語学学校の数も増えてきたので、比較検討も、さらにしやすくなりました。
安さだけではなく、カリキュラムや、自分の希望しているレッスンスタイルを受講できるかなど、エージェントと相談した方がいいですね。

留学で意外ににかかる出費は?

つい無駄使いしてしまうもの

つい無駄使いしてしまうもの

image by iStockphoto

わかっていても意外と知らないうちにお金が飛んでしまうものです。
私の経験から、なんとなくつい使ってしまうものを挙げるとすれば、お茶代でしょうか。
いたるところにカフェが点在している現在、つい勉強のつもりで立ち寄ったり、友達とおしゃべりしたりと、毎日というほど、どこかにいっていたような気がします。

例えば、スターバックスへ行けば、コーヒー代で約250円ぐらい。
日本のスタバよりかなり安いですが、メニューによっては割高なものも。
でも、地元のコーヒーショップや、ホットドッグなどを売っているスタンドを探ってみると、1ドルで買えたりとかなりリーズナブルなことも。
お天気がいい日は、リーズナブルなコーヒーを買って、公園でくつろぐのもいいですよ。
(スタバではWifiが使えるところが魅力ですが。)

意外と値段が高いもの、安いもの

日本は、世界の中でも物価が高い方の国ですが、海外で生活してみて、逆に日本の方が安いと思うものが意外にあります。
まず、トイレットペーパーやティシュペーパーなどの紙類。
日本よりかなり高く、しかも日本ほど種類がありません。

それから文房具も高い印象を受けました。
実用性重視で、可愛らしいデザインのものはあまり見かけません。
そして、シンプルな割にクオリティーがイマイチというものが、残念ながらたくさん。
特にノートなどの紙類です。
日本の紙の技術は素晴らしい!と感心してしまったのを思い出します。
いくつかノートは持っていった方がいいかも。

逆に安いものは、食べ物、特にフルーツは結構安く買えます。
大味で日本のような繊細さはないですが、袋詰めにされていないので、バナナが1本から買えたりと、一人暮らしには嬉しい。
スーパーマーケットはその国の様子を伺うのに、便利でとても楽しいところでもあります。

節約ポイント

節約ポイント

image by iStockphoto

毎日の生活の中で出費はかさむものですが、いくつか節約できるポイントも。
まずは街を知るためにも、たくさん歩いてよく街を知ること。
私は学校まで約30分を歩いて通いました。
毎日見る風景でも、ちょっとした違いを感じたり、空気が違う町並みを歩いているだけで楽しいものです。
交通費の節約にもなりますね。
そして季節によっては、いたるところでマーケットが開かれていたり、フリーのイベントが盛りだくさん。
無料でたくさんのことが意外に楽しめるものです。
週末はイベントを探して出かけて見ましょう。

また勉強は図書館で。
例えばニューヨークの公立図書館など、建物を見に行くだけでも価値のあるような美しい図書館が、海外にはたくさんあるのです。
そんな充実した環境の中で勉強してみると、意外にはかどります。
学生気分を満喫できますよ。

様々な保険も入っておくと安心

様々な保険も入っておくと安心

image by iStockphoto

保険も海外滞在には大事な要素。
保険会社によって様々な料金、保証プランがあり、料金設定も違いますが、大体の相場であげてみます。
まず、短期留学でしたら、20000円ぐらいから、半年で60000〜80000円、一年間でしたら、110000〜120000円ぐらいが平均。
病気などの治療費や、持ち物などの保険がつくのもあります。
もちろん自分で選べますし、もっと安いのもありますが、安いほど保証も少なくなります。
いつどこで何が起こるかわからないというリスクを考えて、特に長く滞在する場合は、慎重に比較検討してみるといいでしょう。
歯科検診など、出発前に健康診断も忘れずに。

そして、薬など、いつも使っているものは、日本から持って行った方が無難。
例えば、同じブランドの頭痛薬だとしても日本人には強く感じてしまうかも。

費用がかかるからこそ選択は慎重に

留学といっても、行く国、目的、期間によっての費用の違いがお分かりいただけたかと思います。
短期でも、長期でも、海外留学は人生の一大決心。
じっくり選んで、本当に納得した形で行けることが何より大切。
ステキな体験ができるといいですね。
photo by iStock