観光する前に知っておきたい!日本最古の官寺「四天王寺」の歴史と見どころ

「四天王寺」をご存知ですか?かの有名な飛鳥時代の摂政であった聖徳太子にとてもゆかりのある寺院でもあり、本格的な日本で最古の仏教寺院と言われています。由緒正しく格式高い寺院は、京都や奈良にあるだけではないのです!四天王寺は、東京ドーム約2.3個分の敷地に建つとても立派な寺院。今回は、寺院の名前が地名そのままに反映されている大阪市天王寺区四天王寺にある聖徳太子が建立した七大寺の一つとされる「四天王寺」の歴史と見どころについて詳しくご紹介していきます。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

四天王寺とは

日本最古の官寺であり、独自の宗派

日本最古の官寺であり、独自の宗派

image by PIXTA / 17735646

日本最古の官寺と言われている四天王寺は、593年(推古天皇元年)に創建されたと伝えられています。
聖徳太子が建立したといわれている七大寺(法隆寺・広隆寺・法起寺・中宮寺・橘寺・葛木寺・四天王寺)の一つ。
山号は荒陵山(あらはかさん)、別名は、荒陵(あらはか)寺・天王寺・難波大寺(なにわだいじ)・御津寺(みとでら)・堀江寺(ほりえでら)とも言われています。
そして、大陸から日本に仏教が伝来し、当時の権力者であり聖徳太子の叔父でもある蘇我馬子(そがのうまこ)が建立したとされる法興寺(現在の飛鳥寺)と並んで、本格的な仏教寺院としては四天王寺は、日本最古と言われています。

また、四天王寺は独自の宗派で「和宗」の総本山とされています。
創建当時は、日本には宗派というものが存在していませんでした。
奈良時代になると、当時の都である平城京を中心に栄えた南都六宗(法相宗・倶舎宗・三論宗・成実宗・華厳宗・律宗)のいづれにも四天王寺は属せずに、この南都六宗の別格本山とされていました。
平安時代になると、日本仏教の2大勢力である天台宗・真言宗と深く関係していきます。
特に、最澄を始祖とする天台宗は、聖徳太子が重要視した法華経を重んじていたこともあり、四天王寺は天台宗に属していくことになります。
その後も長く戦前まで四天王寺は天台宗に属していきますが、1946年(昭和21年)に天台宗から独立します。
そして、日本仏教の祖と言われている聖徳太子が建立した寺院として、四天王寺の教えを多くの人々に広めるべく、1949年(昭和24年)聖徳太子が作ったと言われている『十七條憲法』の「和を以って貴しとなす」の「和」から「和宗」の総本山となりました。

四天王寺の歴史

『日本書記』の記載と由来

『日本書記』の記載と由来

image by PIXTA / 11135053

『日本書紀』は、593年(推古天皇元年)に”是歲、始造四天王寺於難波荒陵”とあり、「この年、始めて四天王寺を難波の荒陵の地に造り始めた」と記載が残っています。
これが、四天王寺の創建と伝えられています。

四天王寺は、そもそも聖徳太子が戦勝を四天王に祈願したことが始まりと伝えられています。
当時、第31代用明天皇が病気で亡くなり、皇位継承争いが起こります。
そこに2大有力豪族であった神道派の物部守屋(もののべもりや)と仏教派の蘇我馬子(そがのうまこ)を巻き込み、武力衝突に発展してしまいました。
この二人は、それぞれ当時の政治を担う大臣(おおおみ)と大連(おおむらじ)である親の代から対立をしていました。
天皇の外戚でもあった蘇我馬子は、自営に参加した氏族や皇族たちとともに、物部守屋を孤立化させていき、守屋の自宅である渋川(現在の大阪府布施市)を攻め込みます。
しかし、物部氏は代々天皇家に仕えたきた軍事氏族でしたので、戦のプロでもあり、三度戦って三度とも蘇我馬子の連合軍を退けたといわれています。
この物部守屋との戦に、当時14歳であった聖徳太子も参戦していました。
蘇我馬子ら味方が不利なのを察し、聖徳太子は白膠木(ヌルデ)で四天王の像を彫り、それを自身の頭に縛り付け「もしこの物部氏との戦いに勝利したならば、四天王を安置する寺を建てよう」と祈願したと伝えられいます。
祈願したことによってなのか、この戦いに蘇我馬子の連合軍は勝利を納めることになります。
そして、聖徳太子は約束通り難波に四天王寺を建立したのがこの寺院の由来とされています。

平安時代以降の四天王寺

平安時代になると、日本仏教の始祖として聖徳太子は多くの人々に信仰されます。
そのため四天王寺も太子信仰の聖地となりました。
また、四天王寺の西門が、西方極楽浄土の入り口であるという浄土信仰の聖地とも言われるようになり、多くの信者を集めることとなります。
現在も四天王寺に残されている聖徳太子の自筆とされている『四天王寺縁起』(国宝)もこうした信仰を集める大きな要因にもなりました。
(実際は、平安時代中期の書写と言われています。)

平安時代末期には、当時の上皇・法皇が四天王寺を度々訪れることもあり、四天王寺は隆盛を極めたました。
鎌倉時代後期には、南朝政権を樹立した後醍醐天皇においては、「四天王寺縁起」を自筆で書写し巻末に手印まで捺しました。
これは「後醍醐天皇宸翰本縁起」(国宝)として四天王寺に保存されています。
また、仏教の宗派として有名な天台宗の開祖最澄や真言宗の開祖空海、浄土真宗の開祖親鸞、時宗の開祖一遍なども、四天王寺に一定の期間篭って祈願したと伝えられています。
とても由緒ある寺院なのです。

とても由緒ある寺院ですが、しかし四天王寺は、法隆寺のように多くの貴重な美術工芸品はありません。
平安時代以降、度重なる災害にあってしまい流失や焼亡、そして再建を繰り返してきたからです。
記録に残っているだけでも836年(承和2年)の落雷、960年(天徳4年)の火災、1576年(天正4年)には、織田信長による石山本願寺攻めの兵火によって焼失、1614年(慶長19年)の大坂冬の陣でも焼失してしまいます。
その後も1801年(享和元年)の落雷により焼失、1812年(文化9年)に再建されるのど、何度も焼失と再建をくり返してきました。

近代以降の四天王寺

近代になると、四天王寺は明治政府による神仏分離令やそれに伴う廃仏毀釈により、所属していた神社が離されたり、寺領を失ったりと厳しい状況となってしまいます。
しかし、聖徳太子ゆかりの寺として、厚い庶民信仰は続いており、諸行事などは以前と変わらず続けられました。

昭和になると1934年(昭和9年)京阪神地方を中心として甚大な被害をもたらした室戸台風によって五重塔が倒壊し、金堂は破損、仁王門も壊滅され、四天王寺の境内全域が大変な被害を受けてしまいます。
1940年(昭和15年)に五重塔は再建されますが、今度は1945円(昭和20年)の大阪大空襲により、境内のほぼすべてが灰となってしまいました。

四天王寺は、様々な人の信仰によち1963年(昭和38年)には、飛鳥建築の様式を再現した中心伽藍が再建され、1979年(昭和54年)には経堂・絵堂など以前と同じように境内が再興されていきました。
このように創建から何度も焼失・再建とを繰り返している寺院は他に例を見ません。
そして、四天王寺は和宗の総本山として、聖徳太子の日本仏教の精神を引き継ぎ現代も人々の信仰を集めています。
また、四天王寺は寺院のみでなく、中高一貫教育の仏教系学校法人四天王寺学園を経営したり、社会福祉法人四天王寺福祉事業団を経営し、社会福祉活動などを行っています。

『四天王寺式伽藍配置』と見どころ

日本最古の建築様式!

日本最古の建築様式!

image by PIXTA / 10448106

伽藍とは、寺院の主要な建物群の総称です。
四天王寺は、『四天王寺式伽藍配置』と呼ばれる寺院建築の代表的かつ日本最古と呼ばれる伽藍配置様式で建てられています。
四天王寺が全国的に有名になった要因の一つでもあります。

四天王寺の伽藍配置は、一直線上に南大門・中門・塔・金堂・講堂が並んで建てられ、これらを回廊で囲んでいます。
7世紀初頭などに建てられた古代の寺院では、この伽藍配置を採用したものが中国や朝鮮本当などから多く伝わってきています。

中門(なかもん)

中門(なかもん)

image by PIXTA / 14222185

中門は、別名仁王門とも呼ばれています。
単層・入母屋造。
脇に仁王像(密迹金剛力士・那羅延金剛力士)が安置されています。
仁王像は、明治から昭和にかけての大仏師である松久朋琳の作で、像高は約5.3m・重さ約1tもあり、奈良の東大寺に安置されている仁王像に続いて、全国で2番目に大きい仁王像となっています。
現在ある中門は、1963年(昭和38年)に建てられ、創建当初の様式を再現したものとなっています。
この中門は、常時閉まっているので、残念ながらこの門を通りことはできません。

五重塔(ごじゅうのとう)

五重塔(ごじゅうのとう)

image by PIXTA / 9564899

現在四天王寺に建つ五重塔は、創建から8代目。
1959年(昭和34年)に再建されたものです。
屋根は、本瓦葺きで塔の高さは約39.2m、特徴としては相輪と呼ばれる五重塔の屋根から天に向かって突き出ている金属の輪の部分が、約12.3mと長く、塔全体の3分の1にもなります。
鉄筋コンクリート製ですが、飛鳥時代の建築様式を復元しており、とても荘厳な塔となっています。

この五重塔の内部には、一階には、日本画家山下摩起氏による南に釈迦三尊像・北に弥勒三尊像・東に薬師三尊像・西に阿弥陀三尊像の壁画が描かれています。
最上階には、仏舎利が納められています。
四天王寺を創建する際に、聖徳太子が礎石心柱に仏舎利(お釈迦様の遺骨)と六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上のこと)になぞらえて自身の毛髪6本を納めたと伝えられています。
これは、六道利救といって上記の6つの世界で、生死を繰り返す迷う世界からの脱却を祈願したと言われています。
このことから、この五重塔は別名「六道利救の塔」とも呼ばれています。

この五重塔は、内部拝観が可能で最上階まで登ることができます。
小さな窓からは、大阪市内を一望することができますよ。

金堂(こんどう)

金堂(こんどう)

image by PIXTA / 9458380

四天王寺の金堂も昭和の時代に再建されており、1961年(昭和36年)再建。
東アジアの伝統的屋根形式である入母屋造。
また、屋根は、上段と下段に分かれるように段差をつける錣屋根(しころやね)でつくられています。
外観は法隆寺金堂にとても似ています。

金堂内の中央には、四天王寺本尊である救世観音菩薩像(ぐぜかんのんぼさつぞう)が安置されています。
本尊左に舎利塔・右に六重塔・そして、四方を四天王像が安置されています。
守護しています。
堂内の周囲には、有名な日本画家である中村岳陵氏によるお釈迦様の一生を描いた仏伝図「仏伝図」が描かれています。
この壁画は、とても美しく素晴らしいのでご興味ある方はぜひ足を運んでみて下さいね。

講堂(こうどう)

講堂(こうどう)

image by PIXTA / 2649264

講堂は、聖徳太子がお経を講義された場所と言われています。
単層、入母屋造で、屋根は錣屋根(しころやね)。
講堂内は、夏堂(げどう)・冬堂(とうどう)に分かれています。
夏堂には、来世で極楽に導くとされる阿弥陀如来坐像が安置され、冬堂には、現世で人々の苦しみや悩みを救うとされる十一面観音立像が安置されています。
現世と来世に渡り、人々の苦しみを救って極楽に導くという願いが込められていると言われています。
また、堂内には玄奘三蔵のエピソードを描いた壁画もあります。

回廊

回廊

image by PIXTA / 23265714

回廊は、中門と講堂を繋いでおり、柱はコンクリート製です。
この柱は法隆寺などにもあるエンタシスの柱となっています。
この柱は、中央部より少し下が太くなっており、下から見た際に柱がまっすぐに見える視覚効果を考えて作られたと言われています。
が、よく見るとエンタシスの柱になっていることがわかります。
有名な法隆寺の柱より、エンタシスの柱として解り易い造りになっているので、ぜひ下から眺めてこの視覚効果を実感してみて下さい。

その他の見どころ

聖霊院(しょうりょういん)

聖霊院(しょうりょういん)

image by PIXTA / 23286583

聖霊院は、別名太子堂とも呼ばれており、聖徳太子を祀っています。
太子信仰の中心となっている場所でもあります。
聖霊院は、細長く手前に見える建物が前殿と呼ばれ・奥にある丸い建物が奥殿と呼ばれており、どちらも木造建築となっています。

前殿は、1954年(昭和29年)の建立。
こちらも金堂と同じく東アジアの伝統的屋根形式の入母屋造・平瓦と丸瓦を交互の組み合わせの本瓦葺で妻入りの建物となっています。
前殿には、聖徳太子孝養像(聖徳太子16歳の像)と、南無仏太子像((聖徳太子2歳の像)が祀られており、どちらも秘仏で通常私たちが見ることは出来ません。
奥殿は、1979年(昭和54年)に建立され、法隆寺の夢殿と大変似ていますが、法隆寺の夢殿は八角形に対して四天王寺の建物は円形なので少し違いますね。
奥殿には、聖徳太子摂政像(聖徳太子49歳の像)が祀られています。
毎年2月22日には、太子の知恵にあやかろうと、2歳前後の子供連れ家族がたくさんお参りに来る「太子二歳まいり」がおこなわれています。

六時礼賛堂

六時礼賛堂

image by PIXTA / 5155301

六時礼賛堂は、中心伽藍の背後にあります。
このお堂には、薬師如来坐像と四天王像が祀ってあり重要文化財に指定されています。
六時礼讃というのは、1日を6分割に分けて6分割ごと勤行(読経・礼拝・念仏)などをおこなうことを言います。
そして、これらを行う場所が六時礼讃堂です。
このお堂は、納骨や供養が行われる中心道場であり、また、大法要もここで行われます。
観光としてだけでなく、寺院としても大変重要なお堂と言えます。

また、入口には、賓頭盧尊者像(びんずるそんしゃ)やおもかる地蔵が祀られ、独特の信仰を集めています。
賓頭盧尊者像は、古来より撫仏として多くの人々の信仰を集めており、病気や痛いところがある人は、病気や痛い部分と賓頭盧尊者像の同じ部分を撫でて、その撫でた手で自分の体の悪いところを撫でるとその病が平癒すると言われています。
また、おもかる地蔵は、お地蔵さまの前で自分の願い事を祈念して、その後にお地蔵さまを台とともに持ち上げてみます。
持ち上げた時に軽ければその願い事は叶い、逆に重いとまだ叶わない時期であると言われています。

石鳥居

石鳥居

image by PIXTA / 16753093

四天王寺の中心伽藍の西側にある西大門を過ぎてそのまた外に立つのが石鳥居。
この石鳥居は、重要文化財で日本で2番目に古い石鳥居と言われています。

1294年(永仁2年)に四天王寺の別当(役職の一つ)となった忍性という僧侶が、木造鳥居であったものを石造に作り替えたと言われています。
石鳥居に掛けられている扁額は、1326年(嘉暦元年)の鋳造と伝えられており、「釈迦如来転法輪処当極楽土東門中心」と書かれています。
これは、「 釈迦如来が説法する場所であり、極楽の東門です。」という意味。
そして、扁額は箕(みの)の形を真似ており、全ての願いをすくい取り漏らさないという阿彌陀如来の本願を表しているとされています。
寺院であるのに鳥居とは、少し不思議に思う方も多いと思いますが、日本独自の神仏習合の名残だと言われています。
また、 もともとインドでは、古来から鳥居は聖地結界のとしての意味合いを持っており、日本のように神社にのみ作られたわけではなかったので、日本最古の官寺/と言われている四天王寺にあってもおかしくはないですね。

 

石舞台

石舞台

image by PIXTA / 362414

四天王寺の亀の池の中央に位置するのが、「日本三舞台」の一つと言われている「四天王寺の石舞台」です。
重要文化財に指定されており、住吉大社の石舞台・厳島神社の平舞台と共に大変有名。
1615年から1624年の間に作られたと言われています。

この石舞台では、聖徳太子の命日と言われている4月22日に行われる聖霊会の際に雅楽が催されます。
四天王寺の石舞台で催されるこの雅楽は、平安時代から伝わる「三方楽所」(さんぽうがくそ)の一つ「天王寺楽所」(てんのうじがくそ)というものです。
この雅楽は、大変古い形態を残した貴重なものとつたえられているので、興味のある方は一度聴いてみてはいかがでしょうか?

四天王寺の楽しみ方

四天王寺の七不思議

四天王寺の七不思議

image by PIXTA / 11239481

寺社仏閣には、様々な七不思議が存在します。
この四天王寺にも七不思議があるのをご存知でしょうか?

1. ”西門の石鳥居は極楽浄土の東門の中心。

これは、先に述べた石鳥居の扁額に書かれている「釈迦如来転法輪所当極楽土東門中心」のことです。
古来より四天王寺の西門の石鳥居は、極楽の東門にあたると信じられてきたのですね。

2. ”石鳥居の下にあるぽんぽん石に耳を当てると亡くなった先祖の声が聞こえる。

石鳥居の外側に左右それぞれに立石があります。
そして側面に四角い穴があいており、それを掌で叩くと“ポンポン”と音がすることから「ぽんぽん石」と呼ばれています。
この石の穴に耳を当てると先祖の声が聞こえると言われています。

3. ”五重塔の三面大黒天鬼瓦”

五重宝塔一層目の北西角にある瓦には、正面に大黒天・左に毘沙門天・右に弁才天を彫ったものがあり、その瓦の三天はどの方角からみても顔が見えると言われています。

4. ”金堂にある西の井戸は竜の浮かび出て底なしの井戸。

この井戸は、かなり深いので覗く際は、少し勇気が必要ですが、覗いてみると確かに下に竜が見えます。
現代のインドは、昔天竺と呼ばれていましたが、この井戸はその天竺にあった無熱池に通じていたと言われており、この天竺の池を守る青竜が西の井戸に棲むと言われています。
この井戸の竜の正体は、井戸の上を見上げるとわかりますよ。

5. ”北引導鐘の音はあの世まで響く”

北鐘堂の鐘は、とても良い響きの音がすると言われており、この鐘を撞くとあの世まで素晴らしい音が響き渡り、極楽にいる先祖たちの心が和むと言われています。

6. ”左甚五郎作、猫の門の「眠り猫」は元日の朝に三聲鳴く”

これは聖霊院にある「猫の門」の上に彫られている猫が、元旦の朝のみだけ鳴くと伝えられていることが由来です。
江戸時代の名匠・左甚五郎の作と言われています。
この四天王寺の猫は、有名な日光東照宮にある「眠り猫」と対とされ、日光東照宮の猫は大晦日に、四天王寺の猫は元旦に鳴きあったと言われています。
残念なことに左甚五郎作の猫は、大阪大空襲の際に焼失してしまい、現在の猫は昭和に復元されたものです。
聖霊院には、「虎の門」と「猫の門」があり、虎は、悪しきものが入ってこないように睨みを利かして番をしており、猫は経堂にある大切なお経をネズミがかじらないように番をしていると言われています。

7. ”太子殿前にある二股竹”

この太子殿の前にあったと言われる二股竹は、根から二股でになっておりいつまでも離れない縁結びの竹として縁起が良くおみくじを結ぶと良いと伝えられいます。
残念ながら、現在は二股竹は存在しません。

以上が一番有名な四天王寺の七不思議です。
興味のある方は、一つずつ確認して参詣してみてはいかがでしょうか。

御朱印

最近、若い女性を中心してとても人気のある御朱印。
当然、四天王寺でもいただくことができます。
四天王寺の御朱印は、「納経所」ですべての種類の御朱印をいただくことができます。
その数なんと16種類!

・新西国観音霊場

・近畿三十六不動尊霊場

・河内飛鳥古寺霊場

・聖徳太子御遺跡めぐり

・神仏百五十霊場

・おおさか十三佛霊場

・法然上人二十五霊場

・西国薬師四十九霊場

・大阪七福神霊場

・なにわ七幸めぐり

・摂津国八十八霊場

・摂津三十三観音霊場

・西山国師十六霊場

・役行者めぐり

・四国八十八ヶ所霊場(番外)

・西国三十三観音霊場(番外)

その他にも御詠歌や庚申堂などの御朱印もあるそうなので、大変な種類がありますね。
どの御朱印かを迷われる方は、「納経所」にいる方に訪ねるのも良いかも知れませんね。
御朱印には、日本仏法最初という印がありますよ。

骨董市

四天王寺では、毎月21日・22日と縁日が行われます。
一般的に骨董市と言われています。
21日は空海こと弘法大師の月命日で「お大師さん」と多くの寺院で骨董市が行われますが、四天王寺でも、聖徳太子を弘法大師は尊んでおられてので、大師会(だいしえ)として骨董市が江戸時代よりおこなわれていました。

また、22日は聖徳太子の月命日であり、「太子忌」(たいしき)と言われる縁日が行われます。
21日・22日ともに四天王寺の中心伽藍をは無料となり、五重塔にある最上階回廊も開放されます。
22日は、 絵堂も無料となりますので、骨董市を楽しむだけでなく四天王寺の大部分が無料で参詣できます。

骨董市は、朝8時から夕方16時まで開催されており、どちらかというと21日は初日なので品揃えが多い気がします。
逆に22日は、品数は少なくなっていますが、出店している方も荷物を少なくして帰りたいのか、値引き交渉や21日より値下げをしてくれることが多い気がします。
見ているだけでもとても楽しいのでぜひ、一度足を運んでみて下さい。

 

お守り

四天王寺には、他の寺社仏閣にはない少し変わったお守りがあります。
まず「御乳守」(みむねまもり)です。
四天王寺の「布袋堂」には、乳布袋尊さまという仏さまが安置されており、この仏さまは女性の胸やお乳に関するあらゆる悩みから救って下さると言われています。
この布袋堂から2017年の2月からが「御乳守」(みむねまもり)が授与されるようになりました。
このお守りは、とても珍しい形をしており、なんとブラジャーのパットのようなハート型が2枚セットで実際にブラジャーの中にパットとして入れることが可能です。
肌身離さず持っていたいとうい信者の方の声から生まれたお守り。
女性特有病気・乳がん・乳腺炎・産後の母乳の出が悪い方や逆に断乳をする方など女性の胸の悩み全般にご加護がある言われています。
お値段は700円で授与されます。

そして、もう一つは「四天王のお守り」です。
四天王寺という名称で親しまれている寺院ですが、四天王のお守りはありませんでした。
そこで、昨年、持国天・増長天・広目天・多聞天がナツメ材の長方形の木材の4面それぞれに全身の彫刻が施され、新たにお守りとして授与されることになりました。
お守りの底面には、手作業でにる「四天王寺」の焼き印が入っており、とても繊細で手の込んだお守りです。
まさに四天王寺の名前に相応しいお守りでお値段は1500円。
程よい大きさでいつも身につけられると好評です。

四天王寺の受付時間・アクセス

四天王寺の受付時間・アクセス

image by PIXTA / 17299866

住所:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18

問い合わせ先: 06-6771-0066

受付時間:お堂・中心伽藍・庭園 8:30 ~ 16:30(4月〜9月)8:30 ~ 16:00(10月〜3月)六時堂8:30 ~ 18:00(毎月21日と22日の骨董市は、時間がかわりますでのお問い合わせ下さいね。)

拝観料:中心伽藍と庭園は、それぞれ大人300円、高校生大学生200円。
宝物館大人500円・高校生大学生300円(障害者割引や団体割引あり)

電車でのアクセス:環状線天王寺駅 からは北へ徒歩12 分。
地下鉄御堂筋線・谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅からは南へ徒歩5 分。
近鉄南大阪線阿部野橋駅からは北へ徒歩14 分。

車でのアクセス:環状線方面からは、阪神高速道路14 号松原線夕陽ケ丘出口から約6分。
松原方面からは、阪神高速道路14 号松原線文の里出口から約10 分。

駐車場:四天王寺の南大門に隣接した場所に無人タイムズがあります。
最大34台駐車可能。
料金は変動している可能性もあるので、ご確認下さい。

     

大阪にある日本最古の官寺である四天王寺へ!

いかがでしたでしょうか?四天王寺の歴史から見どころ、七不思議や四天王寺の楽しみ方など幅広くご紹介させていただきました。
聖徳太子に縁のある格式高い寺院という面だけでなく、おもかる地蔵や七不思議、骨董市など沢山の魅力溢れる寺院となっています。
興味のある方は、ぜひ大阪にある天王寺を訪れてみてはいかがでしょうか?
photo by PIXTA