愛憎渦巻くスペクタクル王朝・ムガル帝国の歴史が面白すぎる!

16世紀初頭から19世紀半ばまで、300年強も永らえた大帝国・ムガル帝国。インドを基盤としながらも、実はそのルーツは中央アジア・ウズベキスタン付近にあったことをご存知でしょうか。そしてこの王朝、必ずと言っていいほど後継者争いが起き、多くの血が流れたんですよ。一方、深い愛で結ばれた王と王妃がいたことでも有名です。まるで昼ドラのスケールが大きくなったようなドラマティックな展開が、歴史上で起きていました。今回はそんなムガル帝国の歴史についてご紹介したいと思います。

ムガル帝国、そのルーツ

ムガル帝国、そのルーツ

image by iStockphoto / 91567021

ムガル帝国は、1526年から1858年まで続いたイスラム王朝です。

北インドを拠点に、全盛期にはインドの南端を除くほぼ全土を支配しました。

そのルーツの根本はモンゴル帝国にあると言われています。

モンゴル帝国の末裔で、1370年から1507年までイラン付近に存在したイスラム系のティムール朝が、ムガル帝国の始祖・バーブルの出身なんですよ。

バーブルの父はティムール朝の王族の血を引き、母はモンゴル帝国の始祖チンギス・ハンの二男の血を引いているんです。

つまり、超がつくほどの名門の家系なんですね。

ムガル帝国の「ムガル」とは、ペルシア語でモンゴルを指す「ムグール(モゴール)」が転じて「ムガル」となったそうです。

つまり、ムガル帝国=モンゴル帝国ということになるのですが、当のムガル帝国自体は自身でそうは名乗っていなかったんですよ。

彼らは、あくまで自分たちはティムール朝の流れを汲む者たちだと思っていたんだそうです。

ムガル帝国の建国まで

ムガル帝国の建国まで

image by iStockphoto

ムガル帝国の始祖・バーブルは、中央アジアのウズベキスタンの都市・フェルガナの領主の子として生まれました。

しかし自分の領地を奪われてしまい、1504年には現アフガニスタンの首都であるカブールへと移動し、ここを征服して拠点とします。

アフガニスタンはイランやパキスタン、中央アジアに囲まれた国ですので、少し移動してきたということになりますね。

カブールを征服したバーブルは、弟たちに他の主要都市を任せると、周辺の民族を征服・懐柔しながら支配下に置いていきました。

そして、かつての領地だった中央アジアを奪い返すのが困難であるのを悟ると、すぐさま目標を北インド方面へ転換し、当時その付近に勢力を張っていたローディー朝を倒したのでした。

これが1526年に起きたパーニーパットの戦いです。

建国のきっかけ・パーニーパットの戦い

1526年、北インドにありローディー朝の首都だったデリーの北・パーニーパットで、バーブル率いる軍1万2000とローディー朝軍10万が激突しました。

圧倒的な兵力差に加え、ローディー朝軍には1,000を数える戦象部隊がいたため、数字上ではローディー朝が勝つかに見えましたが、バーブルには秘策がありました。

それが、銃火器(鉄砲や大砲)です。

これらは大航海時代に伴ってインドへと進出してきたポルトガルによって、この地にもたらされていました。

銃火器を駆使した戦法によって、バーブルはローディー朝の大軍を粉砕します。

荷車を連結して並べ、その隙間から象や騎馬主体の相手を狙い撃ちしたんですよ。

これでは数に勝るローディー朝もたまりません。

ちなみにこの戦いの経過、とても似たものが日本でも起きていました。

織田信長が武田勝頼を破った長篠の戦いでは、信長が鉄砲を導入して当時最強をうたわれた武田軍を打ち破ったんですよね。

やはり、鉄砲の導入というのはとても大きかったということがわかります。

そしてこの戦いの勝利により、ローディー朝は滅亡に追いやられ、バーブルはデリーともうひとつの大都市アーグラを制圧し、以後1858年まで332年も続く大帝国・ムガル帝国が創設されたのです。

パーニーパットは、インドの桶狭間!?

パーニーパットはデリーの北にある交通の要衝でした。

1526年の戦いの後も、1556年には3代目のムガル皇帝アクバルがヒンドゥー系のスール朝に大勝利を収めた戦場となりました。

1761年には、ムガル帝国はすでに弱体化していましたが、アフガン系のドウッラーニー朝とデカン高原に勢力を伸ばしてきたマラーター同盟との戦場にもなったんですよ。

このように、歴史の転換点となったパーニーパットは、日本で言えば織田信長が今川義元を討ち破った桶狭間か、天下分け目の戦いの場となった関ヶ原か…そんなイメージが浮かびます。

呪われたダイヤ「コ・イ・ヌール」

さて、バーブルが制圧したアーグラには、かつて世界最大を誇り、世界最古のダイヤモンドと言われる「コ・イ・ヌール」がありました。

これについては、バーブルが後に記した回想録「バーブル・ナーマ」に記載があります。

ペルシア語で「光の山」を意味する「クーヘ・ヌール」にその名の由来を持つコ・イ・ヌールは、呪いの宝石とも言われていました。

というのも、持ち主が暗殺されたり、奪い合いによって血なまぐさい戦いが起きたりしたためです。

ところがこれは持ち主が男性であったときのみで、女性が所有したときにはそうした争いは起きなかったそうなんですよ。

そのため、ムガル帝国の後にインド支配に及んだイギリスのヴィクトリア女王に献上されると、ロンドン塔に展示されるようになりました。

ムガル帝国の始祖・バーブルとは?

では、ここでムガル帝国を建国したバーブルについて少しご紹介しますね。

ティムール朝とモンゴル帝国の末裔として中央アジアに生まれたバーブルは、前述の通り、故郷を追われて北インドへと流れてきます。

そして、1526年のパーニーパットの戦いでローディー朝を破り、ムガル帝国を建国しました。

ローディー朝の首都でもあったデリーを手に入れると、バーブルは積極的に版図拡大に乗り出しました。

ところが間もなく病に倒れてしまい、帝国の基盤をしっかり固められないまま1530年に亡くなってしまったのです。

バーブルの人となり

バーブルは母語であるチャガタイ・トルコ語(今は死語)の他、ペルシア語やアラビア語にも堪能な知識人であり、部下に対しては公正・寛容な人物でした。

その聡明さは、彼が自分の波乱の人生について記した回想録「バーブル・ナーマ」からも読み取れます。

これは後世でもとても評価が高い著作なんですよ。

一方、宴席で初めて口にしたワインに溺れてしまい、禁酒に苦しむ率直な思いを吐露したりもしており、人間味ある人物だということもわかります。

そして愛情深い父親であり、息子の2代皇帝フマーユーンを大事にしていました。

フマーユーンが任地へ赴く際には付き添い(これって過保護だと思いませんか?)、晩年、彼が病気になると自分の命を捧げて回復を祈ったりもしています。

この結果、フマーユーンは回復しましたが、バーブル自身は間もなく亡くなってしまったんです。

帝国の崩壊と再建

帝国の崩壊と再建

image by iStockphoto

バーブルが1530年に亡くなると、息子のフマーユーンが即位しましたが、ムガル帝国はいまだ不安定でした。

すると、1540年に北インドのアフガン系部族であるスール朝が勢いを増し、なんとムガル帝国はこれに負けてしまったのです。

フマーユーンはデリーから追われた上に弟たちからも離反され、放浪を余儀なくされました。

そして、イランのサファヴィー朝へと亡命することとなったのです。

ここで一度、ムガル帝国は崩壊しました。

しかし、1555年、スール朝の内紛に乗じてフマーユーンは帰国し、戦いに勝利を収めて王座を回復します。

ところがここでも悲劇が起きます。

この翌年、フマーユーンは階段から転げ落ちるという不慮の事故により亡くなってしまったのでした。

その後を継いだのは、わずか13歳の3代皇帝・アクバル。

まだ幼い彼でしたが、後に「大帝」と称されるほどの名君になるのでした。

歴史ロマンに満ちたフマーユーン廟

父バーブルに似て教養豊かだったというフマーユーンですが、ちょっとパーティーピープルなところもあったそうです。

政治上で大事な決断をしなくてはならないときに宴会を優先させてしまったこともあるんだそうですよ。

そんなフマーユーンが国を追われ、イランのサファヴィー朝に亡命していた時のこと。

彼は後の妻となるハミーダ・バーヌー・ベーグムと運命の出会いをしました。

当時フマーユーン33歳、ハミーダはなんと14歳。

しかしフマーユーンは彼女に熱烈に求婚し、めでたく2人は結婚。
生まれたのが3代皇帝・アクバルです。

ところがフマーユーンは階段から転落死してしまいました。

夫の死を悼み、ハミーダが建てたのが世界遺産にもなっている「フマーユーン廟」です。

この廟は、実は世界屈指の白亜の美麗建築「タージ・マハル」のモデルとなっているんだそうですよ。

ペルシア人だったハミーダとの結婚により、繊細で優美なペルシア文化がインドに流れ込んだ結果が、この建物です。

実はフマーユーン廟は、ムガル帝国の終焉の場ともなりました。

19世紀末、インド大反乱によって反乱軍の頭領として担ぎ出された最後の皇帝バハードゥル・シャー2世が、イギリス軍に敗北し逃げ込んだ場所がここだったのです。

彼はビルマに流刑となり、この時点でムガル帝国が滅亡となったのでした。

アクバルの目覚め

アクバルの目覚め

image by iStockphoto

1556年にフマーユーンが事故死すると、13歳のアクバルが即位しました。

アクバルはまだ若く、フマーユーンが倒したスール朝の残党もまだ活動していたため、情勢は不安定なままでした。

すると、またも帝国は危機に陥ります。

スール朝に仕えていた名将・ヘームーによって、デリーとアーグラが占領されてしまったのです。

再び帝国崩壊の危機が訪れたわけですが、アクバルと宰相バイラム・ハーンはここですぐさま反撃を開始しました。

1556年、第2次パーニーパットの戦いにおいて、アクバルはヘームーを撃破したのです。

この時の戦況も、第1次パーニーパットの戦いと似ていました。

ムガル帝国軍2万に対し、ヘームー軍は10万以上の大軍を擁していたのです。

当初はヘームーが優勢でしたが、彼の眼に矢が刺さったのをきっかけに形勢が逆転しました。

そしてヘームーは捕らえられて処刑され、デリーとアーグラは奪還されたのです。

名君アクバルの誕生

名君アクバルの誕生

image by iStockphoto

デリーとアーグラは回復されましたが、青年となったアクバルと力をつけすぎた宰相バイラム・ハーンとの間には対立が多くなりました。

そこでアクバルは彼を追放し、自らの手で政治を行うようになります。

アクバル自身はイスラム教スンニ(スンナ)派を信仰していましたが、彼は様々な階層や民族から人材を登用し、宗教に対しても寛容な態度を取りました。

イスラム教にはスンニ派とシーア派があるんですが、その違いについてはここでは省きます。
ただ、違いがありしばしば対立してしまうということは覚えておいてくださいね。

アクバルが登用した人材は、シーア派やペルシア人、アラブ人、地元のヒンドゥー教徒であったラージプート族など多岐に及びました。

特に彼はラージプート族との関係を重視し、ラージプート出身の女性を妃にして融和を図っています。

ムガル帝国自体は中央アジアからやって来たいわば外様ですから、周辺の地元民族との関係を重視していこうというのがアクバルの考えだったわけですね。

アクバルの政策:宗教への寛容

アクバルの政策:宗教への寛容

image by iStockphoto

前述の項目とつながってきますが、アクバルは民族や階層の垣根を取り払った他、宗教にも寛容でした。

そのため、彼の元にはイスラム教徒だけでなく、ジャイナ教、ヒンドゥー教、キリスト教、ゾロアスター教など様々な宗教の人々が集い、議論を重ねたそうです。

他宗教を認めるというのは、名君であるうえで最も必要な要素ですよね。

そして、アクバルはジズヤという人頭税を廃止しました。

人頭税とは国民一人について課される税金ですが、イスラム教国において非イスラム教徒に対して課されたのがジズヤなんですよ。

インドではヒンドゥー教が多数派でしたから、彼らとの融和を第一に考えた上での政策だったというわけです。

行政改革と領土拡大

行政改革と領土拡大

image by iStockphoto

アクバルはマンサブダール制という軍人官僚制を導入し整備しました。

これは、段階に応じた官位と俸禄を与え、与えられた軍人はこの禄に応じた騎兵と騎馬を自分で養うというものです。

このようにして、ムガル帝国における官僚制度と軍人制度が両立して整っていきました。

このマンサブダール制を活用し、アクバルは北インドにおける覇権を確立します。

そして東はベンガル、バングラデシュ付近から、南はインド南部のデカン高原付近までその勢力を拡大していったのでした。

彼が築いた帝国の基盤は、息子の4代皇帝ジャハーンギールへと受け継がれます。

ここから、ムガル帝国は最盛期に突入していくこととなるのです。

大帝アクバルとは?

父フマーユーンが追われて帝国が一時壊滅していた時期に、アクバルは生まれました。

そのため、幼い頃は教育を受けられずにいたそうですが、亡命先のサファヴィー朝などでペルシア文化に触れ、芸術や学問に深い理解を持つ人物だったそうです。

彼が残した名言は、まさに彼が名君だったことを示していますよ。

「君主の最も崇高な資質は、あやまちを許すことである」

これが如実に表れたのが、宰相バイラム・ハーンへの態度でした。

アクバルと対立し追放されたバイラム・ハーンは反乱を起こしましたが、アクバルは彼の降伏と謝罪を受け入れています。

それどころが、地方太守や自身の私的顧問などの座まで提示したんですよ。

バイラム・ハーンはその後別の人物に暗殺されてしまいますが、アクバルは残された彼の妻を自分の妃にして大切にし、彼の息子を引き取って自分の子と同様に育てました。

その息子はムガル帝国で大臣となり、帝国を支える原動力となっています。

また、後継となったジャハーンギールが一度は彼に対して反旗を翻した際も、その謝罪を受け入れて後継者としています。

本当に、器が大きい人物だったんですね。

彼こそ大帝と呼ばれるにふさわしい皇帝でした。

ちなみに、彼の治世(1556年~1605年)は、日本では桶狭間の戦い(1560年)から江戸幕府の成立(1603年)に重なっています。

比較する際には参考にしてみて下さいね。

ムガル帝国の全盛

ムガル帝国の全盛

image by iStockphoto

アクバルの後を継いだ4代ジャハーンギール、5代シャー・ジャハーン、6代アウラングゼーブにかけての時代が、ムガル帝国の全盛期となります。

ジャハーンギール時代は地方勢力がまだ強く苦戦しますが、次のシャー・ジャハーン時代には都をアーグラからデリーへと移し、デカン高原で領土を広げていきました。

また、この頃にインド・イスラーム文化が全盛を迎えます。

これはイスラム教がヒンドゥー文化と融合してでき上がった独自の文化で、イスラム教の細密画を起源にし、インドの絵画文化を取り入れたムガル絵画などがその代表的なものです。

こうした文化の粋が、次でご紹介する「タージ・マハル」なんですよ。

一方、ペルシア語・トルコ語とインドの口語が混じって成立したウルドゥー語もこの頃が起源です。

この言葉は今もインドやその周辺諸国で使われていますよ。

タージ・マハルと愛の物語

5代皇帝シャー・ジャハーンは、妃ムムターズ・マハルを寵愛し、14人もの子供をもうけました。

愛が深いあまりに、彼女を戦場にまで伴ったそうです。

ところが、1631年、ムムターズは産褥で亡くなってしまいました。

シャー・ジャハーンは悲しみのあまりあっという間に白髪となり、華美を避けるようになり、政治への関心まで薄れていってしまったそうです。

そして翌年、彼は最愛の妃の墓廟「タージ・マハル」の建設に取り掛かりました。

建設に20年もの時間を費やし、完成したタージ・マハルは、まさに白亜と言うにふさわしい建物だったのです。

白大理石に宝石をちりばめたこの廟は輝きを放ち、壁一面に繊細な植物文様が彫り込まれています。

一辺が57mの土台の上に廟が載っており、その中央のドームの高さは58mにも達し、その周りには高さ42mの塔が4つも建てられているんですよ。

この他にも広い前庭や巨大な楼門もあり、お墓というスケールを超えています。

シャー・ジャハーンは、このタージ・マハルと川を挟んで向かい合う形で自身の黒大理石の廟を建てることを計画していたとも言われています。

しかし、晩年になって起きた息子たちの後継者争いにより、彼自身が息子のアウラングゼーブによって廃され、アーグラ城へ幽閉されてしまったのです。

幽閉された皇帝は、城の窓からタージ・マハルを眺めて暮らしました。

そして死後、タージ・マハルへと運ばれて、最愛の妃の隣に葬られたということです。

ムガル帝国全盛に差す翳り

ムガル帝国全盛に差す翳り

image by iStockphoto

5代シャー・ジャハーンの後、1658年に即位したのが、6代アウラングゼーブです。

彼の皇位継承については、兄弟間の血みどろの紛争がありました。

アウラングゼーブは他の3人の兄弟を殺し、父を幽閉して即位したのです。

強権的なアウラングゼーブは、精力的に領土の拡大に取り組み、デカン高原までを掌握して帝国の版図を最大にまで広げました。

これによってムガル帝国の全盛期が実現しますが、その直後にすぐに帝国は翳りを見せていくのです。

その理由は、アウラングゼーブが敬虔なイスラム教徒だったためなんですよ。

彼は熱心にイスラム教を信仰するあまり、これまで帝国がずっと保ってきた宗教融和政策を180度転換してしまいました。

ジズヤを復活して他宗教への圧力を強め、シャリーアというイスラム法による統治を導入したのです。

それだけではなく、ヒンドゥー教寺院をイスラム教のモスクへ建て替えたり、他宗教の寺院を破壊してしまったりしました。

こうした他宗教への弾圧にも近い態度には、地元の民族勢力から不満の声が挙がることとなりました。

デカン高原のヒンドゥー勢力であるマラーター王国や、北西インド・パンジャブ地方を拠点にしていたシク教徒らはアウラングゼーブに対して反乱を起こします。

戦闘は泥沼化してしまい、結果としてムガル帝国の国力低下へとつながっていくこととなってしまいました。

1707年、アウラングゼーブが没すると、やはりその息子たちの間で後継者争いが勃発します。

アウラングゼーブの宗教不寛容によって地方勢力の不満がたまり、帝国の内外が不安定化していきました。

長引く戦いは帝国の国庫にも大きなダメージとなりましたし、その後150年かけて帝国はゆるやかに衰退していくこととなったのです。

加えて、アウラングゼーブは祖父や父などとは違い、文化面に関心を持たず、保護もしませんでした。

そのため、花開いたインド・イスラーム文化とムガル宮廷文化もしぼんでしまうこととなったのです。

イスラムにすべてを捧げたアウラングゼーブ

5代皇帝シャー・ジャハーンを父に、タージ・マハルに葬られたムムターズ・マハルを母に持つアウラングゼーブは、今までのムガル皇帝とは違い、祈りや断食を重んじ、質素な生活を徹底していました。

そんなふうに敬虔なイスラム教徒であったために、自分の信仰を他者へと押し付けてしまったのです

これが、皇帝となった後のジズヤ復活などの宗教不寛容政策へとつながってしまいます。

融和路線を歩む兄とは激しく対立し、兄を「背教者」とまで呼んだ彼は、後に兄弟すべてを殺して即位します。

父シャー・ジャハーンが兄を自分より愛しているのを知っていた彼は、父を幽閉した後も恨みの手紙を書き送ったり、自分が殺した兄の首を送りつけたりもしたんですよ。

ある意味、愛情に飢えていたのかもしれませんが、これはやりすぎかなあと思いますよね。

しかし、晩年になると、「自分は臨機応変に統治する才能を欠き、民の幸せも気にかけなかった」と自分のやり方を後悔しています。

元々自分に厳しく他人に寛大な面があり、カリスマ性を持っていたそうで、だからこそ治世の前~中盤は帝国の全盛期を保てたのでしょうね。

「生きた聖者」、「宗教にすべてを捧げたムガル王」と呼ばれたアウラングゼーブは、死後はとても質素な墓に葬られました。

揺らぐ帝国、転げ落ちる衰退への道

揺らぐ帝国、転げ落ちる衰退への道

image by iStockphoto

アウラングゼーブの死後、ムガル皇帝たちには多くの困難が待ち受けていました。

アウラングゼーブの宗教不寛容政策に不満を持ったシク教徒とのシク戦争や、デカン高原の地方領主たちによるマラーター同盟とのマラーター戦争などが起きたほか、イランやアフガニスタン方面からの侵略も受けたのです。

それに加えて、イギリスやオランダの東インド会社が徐々に食い込んできました。

特に、1757年、ベンガル太守とのプラッシーの戦いに勝利したイギリスは、インドでの支配権を強めていきます。

地方政権はイギリスに従属した「藩王国」となり、インドはどんどん植民地化されていきました。

そして1803年に起きた第2次マラーター戦争でデリーは占領され、ここもイギリスの保護下となってしまったのです。

デリー自体はイギリスの保護によって商業の中心となり繁栄しましたが、以前とは比べ物にならないほど小さくなってしまったムガル帝国は、イギリスから保護を受けて年金を受給するまでになってしまいました。

ムガル帝国の政権内部も乱れたままでした。

多くの皇帝の擁立と廃位が繰り返され、大半の廃位された皇帝たちには不幸な末路が待っていたのです。

形骸化した帝国には、もはや挽回する力は残されていませんでした。

帝国の落日

帝国の落日

image by iStockphoto

ムガル帝国という看板だけが残され、実情は空っぽとなってしまったムガル帝国。

その末期の1857年、インド大反乱が起きました。

イギリスの植民地支配に対する民族反乱で、イギリス東インド会社のインド人傭兵(シパーヒー/セポイ)の蜂起をきっかけに、全国に波及していったのです。

ムガル帝国最後の皇帝バハードゥル・シャー2世は、皇帝という看板だけのために反乱軍の最高指導者として担ぎ出されました。

しかし元々指導者となる覚悟もなく、彼は降伏してしまい、イギリス軍に捕らわれます。

そして1858年に廃位となり、一族と共にビルマへと追放されてしまいました。

これをもってムガル帝国は300年を超える長い歴史に幕を下ろしたのです。

その後のインドではさらにイギリスの支配が強まり、1877年にはヴィクトリア女王を皇帝とするインド帝国が成立し、ムガル帝国の影は消え去っていくこととなりました。

光と影があるからこそ興味深い歴史

ムガル帝国の長い歴史を見ていくと、全盛期の無敵ぶりと衰退期の弱さが対照的に浮かび上がります。
栄えた者はいつか衰える運命ですが、それがはっきりとわかるのもこの国の特徴だと思います。
また、愛憎劇という言葉がこれほど似合う王朝も他にないのではないでしょうか。
もちろん、歴史的にも多くの転換点に立ち会った王朝ですが、皇帝とその周辺の人々に目を向けてみると、もっと面白いストーリーが見えてくると思いますよ。
photo by iStock