たくさんある!無料で利用できるオーストラリアの無料留学エージェント

留学やワーキングホリデーを決意しても、ひとりで全ての手続きをしたり現地の生活をスタートさせるのは不安、しかし留学エージェントを使うにもそこまでの予算を捻り出すことは難しい…。そうして次第に高くなっていく費用を稼ぐためにどんどん渡航日程が遠ざかり、モチベーションも下がってしまうということになってしまわないよう、今回はオーストラリアでお勧めできる無料の留学エージェントをご紹介していきたいと思います。

オーストラリア留学・ワーキングホリデーの魅力

オーストラリア留学・ワーキングホリデーの魅力

image by iStockphoto

留学エージェントを具体的にお勧めしていく前に、まずはオーストラリア留学・ワーキングホリデーの魅力についてお話していきたいと思います。

フレンドリーな人が多い親日国家

オーストラリア国民は広大な大陸のようにおおらかな人が多く、とてもフレンドリーな人が多いため、右も左も分からない状態のあなたを温かく受け入れてくれることでしょう。
また、オーストラリアは日本語学習者が多いことでも有名であり、至るところにレベルはまちまちですが、日本語に馴染みのある人がいます。
メルボルンなどの都市ではいくつも日本語学校があるほどなんですよ。

また、多国籍国家というだけはあり、英語が堪能でない外国人に対する認識が非常に寛大です。
留学やワーキングホリデーをする上でも「英語を間違えるのが恥ずかしくて離せない…」という陥りがちなストレスからも、解放されることが出来ます。

世界中に友達が出来る

上記でもお話しましたが、オーストラリアは多国籍国家であり、そして様々な国から留学生やワーキングホリデーメイカーたちが集まる国でもありますから、世界中にネットワークが広がります。

オーストラリアに経験を積みに来ているのですから、最大限メリットを活用しなければ勿体無いですよ!

ヨーロッパやアジア、アフリカなど世界のあちらこちらから集まった人たちと関わり合い、自分の視野を広げ、そして旅行に行く際にはどこへ行っても友達がいるなんて、素敵ですよね。

治安が良い

治安が良いとは言っても、もちろん日本基準で考えてはいけません。
なにしろ日本は世界でもトップ水準の治安の良さを誇る国なのです。
現に私も、自分が留学やワーキングホリデーをしていた際には色々な国の人から日本の安全性についてうんと説かれました。
主には鞄から少し目を離しても大丈夫なところや、夜女性一人で歩いていても安全なところなどですね。

オーストラリアでは、当然日本人女性が一人きりで出歩くことは推奨されませんし、鞄は肌身離さず持っているべきでしょう。
しかし、自ら危ないことをしない限り危険に巻き込まれるということも非常に少ない、安全性の高い国でもあります。
銃社会でもありませんし、比較的安心して過ごすことが出来ます。

就職活動に有利

海外留学・ワーキングホリデーをするということは、将来の可能性を広げるということでもあります。
海外渡航をするにあたり、決して切り離せないのが帰国後の進路。
オーストラリアではフレンドリーな人たちと英語を使って話す機会がたくさんあり語学力の向上にはうってつけですし、日本人にとってオーストラリアは渡航先として非常に馴染みのあるメジャーな国ですから、履歴書映えすることも間違いなしですよ!

オーストラリアの主な渡航先

オーストラリアの主な渡航先

image by iStockphoto

さて、オーストラリアに渡航することが決まっても、実際のところ大陸が大きすぎてどこに行けばいいのか決まらない…ということもあるでしょう。
以下で渡航先として有名な都市をご紹介したいと思います。

都会に住みたいなら「シドニー」

言わずもがな知れた、ニュー・サウス・ウェールズ州の都市。
学校も多く、仕事やアルバイトをする場合は仕事の種類も豊富にあるため、渡航先として非常に有名です。
ただ、メジャーな都市であるということはその分日本人も集まりやすいですから、完全な英語環境に入りたいという方は物足りないこともあるかもしれませんね。

カフェ文化の街「メルボルン」

メルボルンはビクトリア州に位置し、オーストラリアの中でも特に歴史の豊かなヨーロッパの雰囲気に近い都市。
特にそのカフェ文化は世界的に知れ渡っているため、あちらこちらにお洒落なコーヒーショップがあります。

学校も多く、シティジョブを見付けたい場合はうってつけの都市です。
私はワーキングホリデーの2年間をメルボルンで過ごしましたが、ずっとカフェでバリスタの仕事をしていました。
比較的すぐに仕事の見つかる場所だと思っています。

アウトドアアクティビティを楽しめる「ケアンズ」

上記2件はオーストラリアの中で大都会と言ってもいいほどの大きな都市だと思いますが、こちらのケアンズはクイーンズランド州にある、こじんまりとした可愛らしい街。
しかしスキューバダイビングやスカイダイビングなど、アウトドアアクティビティなどを満喫したい方にはお勧めです。

オーストラリアの魅力が詰まった「パース」

「世界で一番孤立した都市」と表現される西オーストラリア州の都市。
どういうことかと言うと、一番近い大都市がアデレードなのですが、そのアデレードまで2,000キロメートル以上あるのです。
しかし自然が多く、少し遠くまで足を伸ばすだけでオーストラリアらしい壮大な景色を見ることが出来ます。
語学学校よりも大学などが多いイメージで、日本人はオーストラリアにしては非常に少ないです。

私が留学をしたのは、このパース。
穏やかな雰囲気で遊ぶ場所もそれなりにはありますが決して多いとは言えないため、勉強だけに集中出来た思い出があります。

都会過ぎず田舎過ぎずの程好い街「アデレード」

南オーストラリア州にある、小さな都市。
どこかイギリスのような雰囲気を纏った街で、都会過ぎず、田舎過ぎずという忙しさであるため勉強には最適の街です。
大学や専門学校など、幅広い選択肢から選べるのも嬉しいですよね。
ワーキングホリデーにしても、街中にはレストランやカフェがたくさんありますから、レジュメを配り歩くのにも非常に便利です。

現地の生活を経験出来る「タスマニア」

「オーストラリアの雰囲気を味わい尽くしたい!」という方にぜひお勧めしたい渡航先が、タスマニア州。
有名な都市はホバートとローンセストンになります。
まさに車社会で、居住している日本人も少なく周囲には綺麗な森林や海が。
折角の渡航ですから、日本では絶対に出来ない貴重な経験をしたいという方は、タスマニア好きになること間違いありません。

まだまだあるオーストラリアの都市「その他」

もちろん、オーストラリアは広大な敷地を持つ大陸国家ですから、他にもメジャーな都市はたくさんあります。
首都であるキャンベラや、ワーキングホリデーで渡航者の多いダーウィン、のんびりと過ごせるブリスベンなど。
真ん中まで行くとかの有名な観光地、エアーズロック(ウルル)まであり、オーストラリアへ来るのなら勉強も仕事も良いですが、色々な場所を訪れてみたいものですね。

無料エージェントとは何か?

無料エージェントとは何か?

image by iStockphoto

海外の留学・ワーキングホリデーを取り扱っているエージェントには、有料と無料の2種類があります。
有料エージェントは渡航者が代行手数料を支払って出来るだけ手続きなどの負担を軽くしてくれる場所。
対して無料エージェントは渡航者からでなく提携している学校などから手数料をもらって運営しているため、渡航者がそれを支払う必要はなく、最大限に渡航者に掛かる負担を減らしたもののことを言います。
近年では後者も大分多くなってきていますね。

両者対応のクオリティに大きな差はありませんが、無料エージェントを利用した場合、ビザ取得や現地での生活へのアドバイスなどはあることもありますが、実際の手続きは渡航者自身でしなければいけないことがほとんどです。

しかし折角の海外生活、経験として出来る限りのことは自分でしたいという方も多いのではないでしょうか? そんな方にはうってつけのシステムですよね。

オーストラリアの無料エージェント

オーストラリアの無料エージェント

image by iStockphoto

オーストラリアに渡航する日本人は非常に多く、それはつまりその分サポート体制も整っているとも言えます。
中でも近年飛躍的に増加傾向にあるのが“無料エージェント”。
以下では具体的なエージェント紹介をしていきたいと思います。

オーストラリア全土をカバーする「AIC」

AIC(オーストラリアンインフォメーションセンター)は、オーストラリア国内に何店舗も支店のある無料留学エージェント。
ワーキングホリデーおよび留学のための説明会から、個人カウンセリング、そしてなんとメールでもカウンセリングをしてくれます。
メールであれば必ず翌営業日に返信があるという丁寧な対応に、渡航日までに不安や悩みが解消されていることは間違いなしですよ。

サポート内容も実に充実しています。
私は有料ですがエージェントを通して留学したこともあります。
とは言えやはり最初は誰でも不安なもの。
しかしこのAICでは、到着後に担当者から直接メールがもらえるため、信頼度は抜群です。

オーストラリアの情報てんこもり!「Lady Go To Australia」

情報は多ければ多いほど、その分選択肢も広がるため心強い味方になってくれます。
やはり海外で一人生活をスタートさせるのですから、それなりの準備や自分を守るための知識なども必要になってくるわけです。

そんなときにお勧めしたいのが「Lady Go To Australia」。
ウェブサイト上に更新され続ける膨大な量の情報は、間違いなくオーストラリア生活の助けとなってくれることでしょう。
インターンシップやショートコースなどの情報も続々と上がってきますよ。

ビザ申請は自分ですることとなりますが、プラスで費用を支払えば代行もしてくれます。
また、現地携帯電話会社の正規代理店でもあるため、日本出国前に生活必需品、携帯電話を契約していくことも可能です。

サポートも勉強も旅行も何でもお任せ「iae留学ネット」

オーストラリア国内では有名な無料留学エージェント、「iae留学ネット」。
シドニー、メルボルン、パース、ブリスベンにオフィスがあります。
ビザ相談やカウンセリングなど、その他無料エージェントと謳われる会社と同じサポートが受けられるだけでなく、それにプラスして旅行代理店としても運営しているため(MY TOUR LINK)、オーストラリア滞在中に小旅行に行きたいという方にもお勧め。
また、定期的に専門学校や大学を集めたエキスポなども開催していますから、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

ストレスフリーな海外生活を

海外渡航に不安や悩み、疑問は付き物です。
しかし現地に頼れる人がいるというだけで、考えはまるで変わってくるものですよ。
折角の貴重な体験ですから、余計なことに気を囚われず、心の底から「楽しかった」と言えるような海外生活を送りたいものですね。
photo by iStock