【留学経験者が教える】オーストラリア留学でおすすめの都市6選

オーストラリアに留学する!と言っても、オーストラリアには魅力的な都市がいっぱい。長く滞在する都市だからこそ慎重に選びたいですよね。この記事では私自身のオーストラリアでの生活を通して、留学するのにいいなと思った6つの都市をご紹介します。

#1 アートとおしゃれを楽しめる街 メルボルン

アートとおしゃれを楽しめる街 メルボルン

image by iStockphoto

メルボルンはオーストラリア第2の都市。
緑豊かな中にも都会的な雰囲気のあるステキな場所です。
アートやファッションの街としても有名で、美術館やショッピングスポットもたくさん。
アートやデザインを学びたい人はもちろん、ファッションを楽しみながら留学したいという方にとってもおススメの留学先ですよ。

勉強するのに適した環境がある

勉強するのに適した環境がある

image by iStockphoto

メルボルンはオーストラリア第2の都市ということもあって、都心部では人も多く、窮屈に感じることも。
ですが、少し郊外に出ると、とても静かで、緑あふれる光景が広がります。
図書館も都心部だけで3つほどありますし、どのエリアに住んでも必ずと言っていいほど図書館や勉強できるスペースがあります。

世界一住みやすい都市6年連続1位の街

世界一住みやすい都市6年連続1位の街

image by iStockphoto

メルボルンは2016年度の世界一住みやすい都市に選ばれ、6年連続での1位を獲得しています。
実際に生活してみても、不便なことはほとんどなく、快適に過ごせる街で、今でも私の1番のお気に入りの街。
公共交通機関も充実していて、電車、トラム、バスを使えばどこにでも行くことが可能。
また、ビーチや公園、ガーデンなどリラックスできる場所もたくさんあるので、勉強に疲れたら是非立ち寄ってみてください。
きっと勉強の疲れを癒すことができますよ。

多くのカフェやショップがある

多くのカフェやショップがある

image by iStockphoto

勉強にやっぱりカフェインは欠かせませんよね♪カフェの街メルボルン。
都心部には数え切れないほどのカフェがあって、個性豊かなカフェに出会えるという魅力も。
コーヒー好きなら毎日違うカフェに行って飲み比べるのもいいですね。
内装からコーヒーの焙煎方法までそれぞれのカフェで違うので、お気に入りの場所を見つけられるでしょう。

また、メルボルンには大きなショッピングセンターも多くあるのですが、大通りからちょっと外れたところや、郊外には、ハンドメイドの雑貨や洋服を置いてあるショップもたくさん。
ウィンドウショッピングも楽しめますし、帰国の際のお土産も個性的なものが選べますよ。

#2 留学と観光を楽しみたいなら ゴールドコースト

留学と観光を楽しみたいなら ゴールドコースト

image by iStockphoto

せっかくオーストラリアに滞在するのなら観光も楽しみたいですよね。
ゴールドコーストには自然を楽しめるナショナルパーク(自然公園)やビーチ、テーマパークまで楽しめる場所がいっぱい。
勉強だけでなく、オーストラリアでの滞在を楽しみたい方におススメ。

1年を通して過ごしやすい気候

1年を通して過ごしやすい気候

image by iStockphoto

オーストラリアは日本と季節が逆で8月頃はがオーストラリアでは冬に当たります。
ゴールドコーストは比較的1年を通して温暖で、冬でも最低気温は10-15℃前後。
年間の平均気温は21℃と、とっても過ごしやすいんです。

多くの観光名所がある

多くの観光名所がある

image by iStockphoto

ゴールドコーストは観光地としても有名。
シーワールドのような水族館と遊園地が一緒になったようなテーマパークから、コアラを抱っこできる動物園など、滞在期間中に楽しめる場所がいっぱい。
ほかの都市に行くことなくオーストラリアを楽しめる都市と言えます。

ゴールドコーストからフェリーで行けるモートン島もおススメ。
島全体がリゾート施設のようになっていて、シュノーケリングや、砂丘下りなどのアクティビティを楽しめます。
そして一番の目玉が野生イルカへの餌やり。
夜になると野生のイルカたちがビーチに集まってきて、お魚を自分の手からあげられるんです!こんな経験はあまりできるところはないので、ゴールドコースト留学の際にはぜひ行ってみては。

美しいビーチに囲まれた生活ができる

美しいビーチに囲まれた生活ができる

image by iStockphoto

ビーチ沿いの街で暮らすのって憧れますよね。
冬の時期は泳ぐことはできませんが、海もとってもきれいですし、白い砂浜が続いている海岸をお散歩するだけでも気持ちがリフレッシュできます。
リゾート気分を味わいながら留学生活が送れますよ。

#3 のんびりでもしっかり勉強したい方におススメ アデレード

のんびりでもしっかり勉強したい方におススメ アデレード

image by iStockphoto

こぢんまりした街だけれど、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができるアデレード。
日本人にはあまり馴染みのない街なので、留学中は日本語を話したくないという方にもおススメの留学先です。

日本人が少ない

日本人が少ない

image by iStockphoto

アデレード留学の魅力はなんといっても日本人の少なさ。
やはり、留学、観光ともに人気なのはシドニーやゴールドコーストなど知名度のある所になりますよね。
アデレードはあまり知られていない都市なので、日本人が少ない環境で学べるというメリットが。
もちろん日本人の数は0ではないですが、他の主要都市に比べたらぐっと少なくなります。
留学中は英語しか話したくないという方にとっては良い環境があります。

小さい街でも住みやすい

小さい街でも住みやすい

image by iStockphoto

アデレードの街は少し小さいと感じるかもしれませんが、小さい街の中にも必要なものがそろっているので、住みにくいと感じることはありません。
また、交通費や家賃もほかの都市と比べると少し安いという留学生に優しい街です。

穴場な観光地がある

穴場な観光地がある

image by iStockphoto

アデレードからフェリーで行くことのできるカンガルー島。
この島では様々な野生の動物ににも出会えることはもちろん、野生のアシカ(アザラシ)に驚くほど近い距離まで接近できるんです!

もうひとつのおススメはアデレード市内から少し離れたところにあるハーンドルフというドイツ村。
アデレード留学の際は訪れてみてください。
とってもかわいい街並みとステキなカフェが並び、絵本の中にいるような感覚に浸れますよ。

#4 留学先として人気 ケアンズ

留学先として人気 ケアンズ

image by iStockphoto

ケアンズは日本から行ける最も近い都市。
ゴールドコーストと同じクイーンズランド州に位置します。
日本人にも人気の留学先なので、日本人留学生の比率は高くなりますが、海外に初めて行く方や、留学初心者の方にはおススメです。

日本から直行便で行くことができる

日本から直行便で行くことができる

image by iStockphoto

海外旅行に行く際も、留学に行く際も、飛行機で乗り継ぎがある場合って少し不安になりますよね。
ケアンズは日本からの直行便が出ており、乗り継ぎを気にすることなく渡航できます。
日本からの飛行時間も約7時間30分。
もし夜の便なら寝ている間に着いちゃいますね。

良くも悪くも日本人が多い

良くも悪くも日本人が多い

image by iStockphoto

留学でやはり気になるのが日本人の多さ。
せっかく英語を学びに来ているのだから日本人は少ないほうがいいですよね。
ですが、初めての留学の場合、だれも日本人がいないところに行くのは少し難易度が高すぎたり。
そんな方にはケアンズ留学がおススメ。
現地にある留学エージェントのオフィスも数多くあるので、何かあったときは日本語で相談できますし、日本語が通じる病院や、ツアー会社なども充実しているので安心して滞在ができますよ。

#5 オーストラリアならではの生活をしながら留学したいなら パース

オーストラリアならではの生活をしながら留学したいなら パース

image by iStockphoto

パースはオーストラリア第4の都市。
他の主要都市ほどのにぎやかさはありませんが、オー外ラリア留学の魅力のひとつでもあるゆったりのんびりした留学生活が送れます。
また、日本人留学生にもあまり知られていない場所なので、多国籍の留学生や、現地の方との交流の場も増やせるでしょう。

寒いのが苦手な人におススメの留学先

寒いのが苦手な人におススメの留学先

image by iStockphoto

パースはメルボルンと並ぶほど、住みやすい街と言われています。
美しいビーチときれいな公園やガーデンに囲まれた街。
また、年間を通して温暖なのも住みやすい理由のひとつです。
勉強するのに気候はとっても大事。
寒すぎたり、暑すぎたりすると、あまり勉強に集中できなかったりしますよね。
パースの年間平均気温は25℃前後。
夏の間はオーストラリアならではのバーベキューを楽しむのに最適ですし、1年を通して暖かいパースでの生活は居心地よくなること間違いなしです。

勉強に集中しやすい環境がある

パースは、大きな都市でありながらも、日本人にはあまり知られていない留学先なので、日本人が少ない環境で、英語をしっかり勉強したい人にはおススメ。
また、パースの郊外や離島には観光名所がありますが、都心部は落ち着いた雰囲気ですし、お天気がいい日が多いので、外でのんびり読書なんかも楽しめますよ。

#6 オーストラリアと言えばやっぱり シドニー

オーストラリアと言えばやっぱり シドニー

image by iStockphoto

留学先として人気のある都市シドニー。
オーストラリアの都市と聞いて一番に思い浮かぶ場所ではないでしょうか。
都会的な環境で学びたいのならおススメの留学先。
大都市ならではの生活が味わえますし、多くの学校があるので、自分の希望に合った学校選びができます。

学校を選ぶ際に多くの選択肢がある

学校を選ぶ際に多くの選択肢がある

image by iStockphoto

シドニーを留学先として選ぶメリットは、様々な学校の中から好きなコースを選ぶことができるということ。
多くの学校があるので、学校のクオリティも高めですし、妥協することなく自分の希望に合った学校選びができるでしょう。
また、日本語の情報サイトも充実しているので、仕事や住まいを探すのに困ることはありません。

アルバイトの時給も高いけれど、物価も高い

アルバイトの時給も高いけれど、物価も高い

image by iStockphoto

シドニーの物価の高さはオーストラリア国内でも随一。
部屋を借りる場合、都市部でオウンルーム(1人部屋)を借りようと思うと、1カ月で10万円ほど。
ルームシェアでも5万円はかかります。
ただ、大都市なので、仕事を探す場合も、日本人経営のところが多いので仕事を見つけやすいというメリットはあります。
また、オーストラリアはアルバイトの時給も結構高めなので、アルバイト先が見つかれば余裕を持った生活ができるかもしれません。

お気に入りの場所を見つけてステキな留学生活を

気候も街の雰囲気も都市ごとにまったく違うオーストラリア。
行きたい学校がある場所を選ぶのもいいですが、自分の性格や、留学中にどんな生活をしたいかなど、自分に合った留学先の街を見つけるのも大切。
自分好みの場所で留学できれば、より充実した留学生活を送れますよ♪
photo by iStock