横浜に行ったら訪れよう! パワースポット決定版13選

疲れたときや人生の分岐点を迎えたとき、見えない力をくれるパワースポット。現在では一般的な存在となったパワースポットは「旅行の観光スポット」として紹介されることも多く、観光を楽しみながらパワーをもらえる注目スポットとなっています。今回は日本全国に存在する「パワースポット」から、横浜のパワースポットを見ていきましょう。

日本を代表する港町・横浜

日本を代表する港町・横浜

image by iStockphoto

横浜と言えば1859年(安政6年)に開港した「横浜港」で有名な港町。
観光の面では本場の中華を堪能できる「横浜中華街」をはじめ「赤レンガ倉庫」、「みなとみらい」など絶景の有名スポットがあり、日本を代表する観光地として多くの観光客が訪れています。

中華街の中心にある「関帝廟」

1つ目は有数の観光スポット「横浜中華街」にある「関帝廟(かんていびょう)」。
赤と金色の門が名印のこのスポットは風水上で好立地とされる中華街の中心にあり、商売繁盛や悪運・悪縁断ち切りにご利益があると言われています。
参拝時は5本500円の線香を買い、香炉の1番から5番まで順番に線香を供えるようになっているため覚えておきましょう。

関帝廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 関帝廟
住所 神奈川県横浜市山下町140
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 線香 500円
参考サイト http://www.yokohama-kanteibyo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋愛成就のパワースポット「横浜媽祖廟」

2つ目も「横浜中華街」にある横浜媽祖廟(よこはままそびょう)。
2006年(平成18年に、横浜開港150周年記念として山下小公園となりに創建されたスポットで、北宋時代の人物・林氏の娘「媽祖」と縁結びの神様「月下老人」を祀る「恋愛成就のパワースポット」として知られています。
縁結びのお守りはきんちゃく型の外観、ピンク色のデザインが人気で、線香の煙にくぐらせ3回お守りを回すと最大のご利益が得られるとのこと。

横浜媽祖廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜媽祖廟
住所 神奈川県横浜市中区山下町136
営業時間・開場時間 9:00−19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yokohama-masobyo.jp/jp/index.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

航海安全も縁結びも引き寄せる「元町厳島神社」

横浜では中華街の近くにも有名なパワースポットが存在します。
写真の「元町厳島神社」は元町商店街の裏通り「元町クラフトマンシップ・ストリート」にある神社で、横浜が港町であることから「航海安全」や「商売繁盛」が有名なご利益。
その他にも「合格祈願」や「縁結び」など、多様なご利益が得られると言われており、子どもの合格を願う家族や良縁を引き寄せたい女性の支持を集めているとのこと。

元町厳島神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 元町厳島神社
住所 神奈川県横浜市中区元町5丁目208
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=255&cd=1203008
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サッカー神社の別名を持つ「師岡熊野神社」

東横線「大倉山駅」から徒歩10分の「師岡熊野神社(もろおかくまのじんじゃ)」。
神亀元年(724年)創建と伝わるこの神社では勝負運・仕事運が特に有名と言われており、社紋の「ヤタガラス」がサッカー日本代表のシンボルマークと同じであることから「サッカー神社」の別名も存在。
お守りにもサッカー関連のものがあるため、サッカーファンや勝負に勝つ勇気を授かりたい方は訪れてみては。

師岡熊野神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 師岡熊野神社
住所 神奈川県横浜市港北区師岡町1137
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kumanojinja.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

津波から人々を守った「富岡八幡宮」

写真は京急本線・京急富岡駅より徒歩約15分の場所にある「富岡八幡宮」は、建久年間(1190年~1199年)に源頼朝が創建した別名「ハマのえびす様」と呼ばれるスポット。
1311年に関東南部を襲った「応長の大津波」時には周辺を守り切ったとされており、そこから「波除八幡」の別名も。
東京都江東区にある「富岡八幡宮」はここの分社で、商売の神様として信仰されていました。

富岡八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 富岡八幡宮
住所 神奈川県横浜市金沢区富岡東4丁目5−41
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tomioka80000goo.org/index2.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

江戸時代に処刑された人々の墓がある「法亀山願成寺」

写真は京急本線・戸部駅から徒歩10分の「法亀山願成寺(がんじょうじ)」。
創建が16世紀頃と伝わる寺院で、亀の導きによって清水が湧き出る泉が見つかったことから名前がついたとされています。
寺院内には江戸時代の外国人殺傷事件で処刑された人々の墓があり、中でも「鎌倉事件(1864年)」の清水清次・間宮一、「フランス水兵殺害事件(1866年)」の鳶の小亀が有名。

法亀山願成寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 法亀山願成寺
住所 神奈川県横浜市西区西戸部町3丁目290
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/miryoku/sozoro/sozoro11.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

初詣スポットにも挙げられる「成田山横浜別院」

JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩10分の「成田山横浜別院延命院」は、明治3年(1870年)と伝わる「成田山新勝寺(千葉県成田市)」の別院。
横浜の発展に貢献した「高島嘉右衛門」の協力で新勝寺より分霊を勧請、普門院(現南区西中町)境内に遥拝所(ようはいじょ、遠く離れた所から神仏を拝む場所)を設立したのが始まりとされています。
厄除・方難・家内安全・商売繁盛などのご利益があるとされ、初詣スポットして参拝する人も多数。

成田山横浜別院の住所・アクセスや営業時間など

名称 成田山横浜別院
住所 神奈川県横浜市西区宮崎町30
営業時間・開場時間 7:00−17:00 (1・15・28日の縁日は6:00−18:00)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://yokohamanaritasan.com/top/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ネズミを回して縁結びのご利益「戸部杉山神社」

京急本線「戸部駅」から徒歩約7分の「戸部杉山神社」は、伝白雉3年(652年)創建と伝わる旧戸部村の鎮守とされた神社。
パワースポットと言われているのが2002年(平成14年)に創建1350年を記念して建立された「狛ネズミ」で、男性はオス、女性はメスの狛ネズミを回転させてお参りすると「縁結び」のご利益が得られると言われています。

戸部杉山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 戸部杉山神社
住所 神奈川県横浜市西区中央1丁目13−1
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.facebook.com/tobesugiyamajinja/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶景も楽しめるパワー・デートスポット「伊勢山皇大神宮」

JR・地下鉄「桜木町駅」から徒歩10分。
横浜の総鎮守・関東のお伊勢さまとして知られており、祀る神が「天照大御神」であることから「横浜屈指のパワースポット」との声も。
ご利益も商売繁昌、交通安全、家内安全と多様で、小高い丘の上にあることから「ランドマークタワー」などが見えるデートスポットとしての人気も高いと言われています。

伊勢山皇大神宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊勢山皇大神宮
住所 神奈川県横浜市西区宮崎町64
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.iseyama.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お釈迦様の誕生を祝う祭りを開催「境木地蔵」

写真は横浜市保土ケ谷区にある「境木地蔵(さかいぎじぞう)」。
万治2年(1659年)に創建されたと伝わる仏堂で、ここに祀られた地蔵菩薩は地元の村民が地蔵堂(かつては良翁寺の境内にあった)を作り安置していたもの。
お釈迦(しゃか)様の誕生日にあたる毎年4月8日は「花まつり」が開催され、甘茶やお菓子がふるまわれます。

境木地蔵尊の住所・アクセスや営業時間など

名称 境木地蔵尊
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区境木本町2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.yokohama.lg.jp/hodogaya/midokoro/hitomati/imai.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

梵鐘は国の重要文化財「東漸寺」

東漸寺(とうぜんじ)は、JR根岸線・京浜東北線「新杉田駅」から徒歩2分の場所にある寺院。
正安3年(1301年)に北条宗長によって建立され、永仁6年(1298年)に鋳物師・物部国光(もののべのくにみつ)によって造られた梵鐘は高さ約124.7cm、口径70.6cmある国の重要文化財。
毎月28日には「写経のつどい」を行っており、こちらはだれでも参加可能。

東漸寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 東漸寺
住所 神奈川県横浜市磯子区杉田1丁目9−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.yokohama.lg.jp/isogo/isogo/nenpyo/touzen.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

目の前を電車が通る「遍照院」

JR「新子安駅(しんこやすえき)」から徒歩5分の「遍照院(へんじょういん)」。
長禄2年(長禄2年)創建と伝わる寺院で、現在の現在の本堂は昭和31年(1956年)に再建されたもの。
境内の前を「京急本線」の電車が走ることで知られ、そのことから「踏切寺」の別名で呼ばれることも。
写真撮影をするには絶好のスポットでもあり、実際に電車撮影しに来る人もいるとのこと。

遍照院の住所・アクセスや営業時間など

名称 遍照院
住所 神奈川県横浜市神奈川区子安通3丁目382
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8D%E7%85%A7%E9%99%A2_(%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コンサートのような盆踊りが名物「總持寺」

總持寺(そうじじ)はJR京浜東北線「鶴見駅」から徒歩10分の場所にある寺院。
奈良時代に創建と伝わる寺院で、1898年(明治31年)の火災消失のあと1911年(明治44年)に現在地に移転。
有名人の墓所がある寺院でも知られ、代表的な人物では昭和の大スター「石原裕次郎」など。
毎年夏に行われる「み霊祭り盆踊り大会」はコンサート会場のように盛り上がる名物祭で、遠方から訪れる人も多いと言われています。

總持寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 總持寺
住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2−1−1
営業時間・開場時間 10:00−16:30
利用料金や入場料 諸堂拝観:400円
参考サイト http://www.sojiji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

観光もスポット巡りも楽しもう

横浜にあるパワースポットは有名スポット内にあるスポット、絶景や珍しい盆踊りが楽しめるスポットなどさまざま。
横浜へ行った際は観光をしながら、さまざまなスポット巡りも楽しんでみては。
photo by iStock