地元民が伝授!宮城観光の完璧ガイド。温泉からグルメ、モデルコースまで網羅

国内旅行をしてみると、日本にも本当に素敵なところがたくさんあるな、ということを再発見しますよね。地域によって違う習慣、グルメ、景色など、たくさんのものに触れると、その街がより身近に感じられたりするものです。今回は東北の玄関口、宮城の観光地についてご紹介いたします。すぐにでも行ってみたくなるような、そして楽しい思い出に残るような旅のプランを、温泉、グルメを含めて詳しくご案内いたします。

観光の前に知りたい!宮城県ってどんな所?

宮城はどこにあるの? 主な都市は?

宮城はどこにあるの? 主な都市は?

image by PIXTA / 22005175

宮城県は、東北のちょうど真ん中に位置しています。
太平洋に面していることから、新鮮な海の幸を提供する大きな漁港、そして山沿いには豊富な積雪、質の良い雪でスキーを楽しめたり、各地にある温泉地は、地元民や観光客を癒してくれます。
どの季節に訪れても、その季節の特徴をより感じられる、とても美しいところなのです。
また、交通の便もよく、気軽に行けるところも人気の要素の一つ。

主な都市は、まず宮城の中心、仙台市。
人口100万人で年ごとに活気を増している、東北最大の都市。
ほどほどに大きく何より住みやすいというのが、仙台で生まれ育った私の感想。
居心地は最高ですよ。
そして、観光地としても有名なのが、日本三景の一つ、松島。
美しい島々の情景を見て、心を癒していただきたい場所。
牡蠣が何と言っても有名ですね。
そして松島の隣にある塩釜は、歴史を感じる街。
魚介も美味しく、有名寿司店がたくさんあります。
さらに桜が美しい船岡、柴田町は春に訪れるなら是非行っていただいきたいところ。
など、どこも仙台市内から車や電車で30分圏内の便利さ。

気候は?冬は寒いの?観光におすすめの時期は?

気候は?冬は寒いの?観光におすすめの時期は?

image by PIXTA / 21944137

東北の6県の中では比較的温暖な宮城県。
それでも東北らしく、やはり冬は寒く長いです。
そして宮城の中でも、温泉街のある鳴子や遠刈田などは積雪も多く、真っ白になった情景が、冬の名物史となっています。
仙台は意外と思われると思いますが、雪があまり降らないので、冬でも移動もあまり心配いりません。
反対に夏は蒸し暑い関東に比べると、かなり快適。
30℃を超える暑さの時もよくありますが、夕方、夜にかけては涼しくなり、エアコンをつけなくても気持ちよく眠れますよ。

観光におすすめの時期は、好みにもよりますが、春から夏にかけてが最も快適でしょう。
夏祭りもエンジョイしたいならこの時期。
そして雪、温泉、露天風呂を体験したいのなら冬もいいですよ。

移動時間はどれくらい?新幹線は?バスはある?

移動時間はどれくらい?新幹線は?バスはある?

image by PIXTA / 23615724

宮城まで来るのに便利な交通手段は、まず新幹線。
東京からでしたら、一番早くて、わずか1時間半という距離。
宮城も近くなりました。
各駅停車でも2時間ほどです。
時間を節約したい方はこちらが一番便利と言えます。
そして、東京からは高速バスも運行していて、こちらは6時間ほどかかります。
時間がかかりますが、料金は3000円ぐらいからと、交通費を節約したい方には嬉しい安さ。
バス会社によって料金設定も様々なので、チェックしてみましょう。
行きと帰りを新幹線、バスとどちらも利用してみてもいいですね。

宮城観光のモデルコースは?

松島を中心とした1泊2 日の場合

松島を中心とした1泊2 日の場合

image by PIXTA / 26545480

では、松島を楽しむモデルコースをご紹介します。
まず仙台に着いたら、市内をぐるっと観光してみましょう。
お昼近くに到着だったら、まずは仙台名物「牛タン」をランチに。
駅前には牛タンストリートという、仙台で有名な牛タン屋さんが一挙に集まっているエリアがあります。
ここで、まずは仙台の味を感じてください。
その後、「るーぷる仙台」というちょっとクラッシックな装いの観光バスがあるので、それに乗って市内を観光。
仙台城址、瑞鳳殿、大崎八幡宮など巡って仙台駅に戻ってきます。
そして夕方になったら松島に移動しましょう。
仙台駅から、JR仙石線で約20分で松島に。
ホテルに着いたら温泉に浸かって、美味しい夕食、そして松島の美しい夜景を堪能し、旅の疲れを癒しましょう。

2日目は、松島市内観光。
遊覧船が出ているので、それに乗って島巡り。
ユニークな形をした島々を、間近でみながらの遊覧は楽しいですよ。
その後は歩いて瑞巌寺、福浦橋、円通院などを散策。
それから大高森展望台もお忘れなく。
松島湾のにある高峰で、山頂から美しい松島湾を見渡せます。
夕暮れ時が特に美しく、幻想的な日本の美の風景を堪能できます。
目に焼き付いて、いつまでも心に深く残るような眺めです。
その後、仙台駅に戻って駅ナカのショッピングエリア、「エスパル」でお土産を買ったり、レストランで、帰りの新幹線まで休憩タイム。
ここには宮城の食材を使ったレストランがたくさん。
お買い物も満喫できる、地元民も大好きなスポット。

仙台を中心とした1泊2 日の場合

仙台を中心とした1泊2 日の場合

image by PIXTA / 22106238

もう一つの旅コース、仙台を中心をした旅をお紹介。
こちらも、まずは仙台駅の牛タンレストランで、ランチ。
お昼時は混み合っていることもありますが、まず仙台に来たらこの味を堪能していただきたいです。
そして市内観光、主にダウンタウンの街並みを散策しましょう。
クリスロードというアーケード街があり、これは地元民にもとても馴染み深いアーケード。
両脇にはカフェ、レストランを始め、デパート、お土産やさん、ショップなどが並んでいます。
ただ歩いているだけでも地元民にとっては日常ですが、観光客から見れば面白いスポットかも。
ここをずっと歩き続けると、定禅寺通りにでます。
春から夏にかけては特に緑が美しく、冬には「光のペイジェント」というライトアップイベントがあり、毎年たくさんの観光客が訪れています。
仙台のオアシス的な存在のこの通り。
大きなケヤキ並木の下をお散歩してみましょう。
市内散策ができたら、バスに乗って宿泊先、秋保温泉へ。
秋保温泉のホテルでは、ほとんどの宿で駅から送迎してくれるのでとても便利です。
予約の際に確認してみましょう。
仙台駅から約30分で温泉へ。
ここで、ゆっくり疲れをとって露天風呂、食事を楽しんでください。

2日目は、チェックアウト後、仙台駅に戻ったら、先ほどもご案内した「るーぷる仙台」に乗って市内の観光名所をチェックしましょう。
地元の人も利用できるバスですが、仙台の有名観光地を巡りながら走ってくれるので、大変便利。
運転手さんも、それぞれのおすすめスポットとともに、歴史などさりげなく紹介してくれるので、まるで観光バスの気分。
地元民でも知らなかった情報を話してくれます。
そして仙台駅に戻って来たら、駅ナカでお土産ショッピング。
新幹線の中で食べたいお弁当の種類も豊富で、もちろん味も最高の品々が揃っています。

宮城を満喫する2泊3日の場合

宮城を満喫する2泊3日の場合

image by PIXTA / 8645164

2白3日で宮城の旅を満喫してみましょう。
まず、1日目、仙台駅に到着したら、仙台市内観光へ。
「るーぷる仙台」で市内観光名所巡り。
おすすめは仙台城址、歴史に興味があったら瑞鳳殿。
仙台城址では、伊達政宗像がそびえ立つ高台から仙台の景色が一望でき、そして伊達政宗が眠る霊園、瑞鳳殿では、きらびやかで、細部まで手の込んだ建物を見学。
まさに伊達(だて)な作り。
その後、仙台のダウンタウンをショッピングしながら散策、そして、仙台市内のホテルに宿泊。
駅前付近や、レストラン、飲み屋街がある「国分町」というエリアにも、たくさんのリゾート系からリーズナブルなホテルまで様々あります。
夕食は、その国分町で、仙台の味を堪能しましょう。
ここにも牛タン、寿司、宮城の豊富な食材を使ったレストランがたくさん。
後ほどいくつかご紹介するので、ご参考に。

2日目は早めの昼食をとったら、ちょっと足を伸ばして遠刈田温泉へ。
仙台からバスで1時間ほど。
ここの魅力は温泉はもちろんのこと、美しい大自然。
夏には輝く緑を、冬には真っ白に染まった大地、山々。
本当に癒されるリゾートです。
のんびり至福と時を過ごしてください。

3日目は仙台に戻ってから、松島観光へ。
遊覧船に乗って島巡りをしたら、瑞巌寺、円通院を見学して、高森展望台で絶景を鑑賞。
冬だったら松島で牡蠣を堪能、そのほか美味しい魚介類も味わえます。
もしくは遊覧船の塩釜に止まるコースに乗って、塩釜のお寿司を味わうのも。
その後仙台に戻って、最後のお土産ショッピングとカフェでリラックスした後、帰路へ。

観光で行きたい、宮城の代表的な都市は?

宮城観光の中心になる「仙台」

宮城観光の中心になる「仙台」

image by PIXTA / 18154486

宮城第一の都市、仙台。
この街に生まれ育った私から仙台をアピールさせていただくと、まず、とても住みやすいということです。
ほどほどに都会であり、小さすぎず、所々に見所もあり、食べ物も魚、野菜と豊富にあるところでしょうか。
夏には七夕祭り、初秋にはジャズフェスティバル、冬にはライトアップなどが定着したイベント。
スポーツも盛んで、野球は楽天イーグルスの本拠地、サッカーはベガルタ仙台。
観戦ツアーに仙台を訪れる方もたくさんいます。
確かに冬は長く寒いのですが、雪も少なく、冬に来ても十分楽しめますよ。
そして、牛タン、ずんだの他にも美味しいローカルフードもたくさん。
もっと魅力を知ってもらいたい街が仙台なのです。

日本三景の一つ「松島」

日本三景の一つ「松島」

image by PIXTA / 28086616

宮城の観光では外せないのがここ松島。
日本三景の一つである松島が、歴史を超えて残してくれた美しい情景は、初めてみたら、きっとその優美さに圧倒されることでしょう。
仙台から約20分という距離は、訪れやすい便利な点。
そしてたくさんの歴史的に貴重な寺院もあり、季節を通じて見せてくれる光景も大変美しいのです。
秋の紅葉シーズンの円通院のライトアップは、特に見応えあり。
そして冬の松島も、個人的にはとても美しいと思っています。
雪をかぶった島々と寺院の眺めは寒さも忘れてしまうほどの優美さ。
冬は特に牡蠣のシーズンなので、これを一緒に楽しみに来てみてください。

昔ながらの温泉地「鳴子」

昔ながらの温泉地「鳴子」

image by PIXTA / 26182018

仙台から、北に車で2時間弱のところにあるのが鳴子。
温泉地として長い歴史があり、昔から湯治場としても、たくさんの人が体の治療にきているということが、この温泉の水質と効果を示していると言えると思います。
懐かしくなるような趣のある佇まいは、なんとなくノスタルジーな気分にもさせてくれる温泉。
近くには鳴子峡があり、こちらは特に秋の紅葉シーズンにはたくさんの観光客が訪れる場所。
そして、ここ鳴子はこけしの発祥の地であり「鳴子こけし」と言われるブランドこけしが。
ここでは職人がこけし製作をしている様子を見学できたり、自分で絵付けすることもできます。
旅の思い出になりそう。

鮮魚介と塩釜神社が有名な「塩釜」

鮮魚介と塩釜神社が有名な「塩釜」

image by PIXTA / 9885457

松島の隣街が塩釜。
ここは歴史的にも有名な塩釜神社があり、パワースポットとしても有名。
地元の人には身近な存在で、毎年お正月には、たくさんの人が初詣の参拝に訪れます。
境内へは、長い階段を登っていきますが、その高台から塩釜の美し景色が一望でき、お天気がいい日はキラキラと輝く海が眩しいくらい。
春は桜が美しく、毎年この桜を見におとずれる人も。
季節を通じて行事が催されていますが、現在境内は修復工事中。
でも、季節の行事は通年通り行われています。
そしてここ塩釜は大きな漁港があることから、新鮮な魚介を提供するお寿司屋さんが大変な人気。
週末のランチタイムはかなり混み合いますが、宮城の魚介の本当の美味しさを知っていただくには是非食べていただきたいです。

また、塩釜には有名な酒蔵があり、「浦霞」を作っている佐浦酒造には酒ギャラリーがあり、きき酒や、日本酒から梅酒まで試飲することができます。
日本酒好きならここも訪れてほしい場所。

桜が美しい「船岡」

桜が美しい「船岡」

image by PIXTA / 21943882

仙台からJR線で南に約20分のところにあるのが船岡。
ここは何と言っても春の桜で有名。
それが「一目千本桜」で、白石川沿いに植えられた桜の街道が両川沿に広がる景色が、圧倒的な迫力と美しさを放っています。
まさに目を奪われる光景に感動してしまいます。
この桜の時期は、目の前を走る電車も少しゆっくりと運行して、乗客に桜を楽しんでもらう演出も。
お花見シーズンには屋形船も運行。
また夜はライトアップされて、明かりが幻想的な眺めを作ってくれます。
宮城のお花見シーズンは毎年4月上旬から中旬にかけて。
この期間に宮城に訪れるなら是非プランに入れてほしい場所。

宮城の温泉地はどこにある?

仙台のオアシス的な温泉「秋保温泉」

仙台のオアシス的な温泉「秋保温泉」

image by PIXTA / 23660040

仙台駅から車で約30でついてしまう仙台の温泉地、秋保温泉。
便利さから、仙台、宮城の観光の際には気軽に寄れるところが人気です。
宿泊だけでなく、日帰りで訪れる地元民も、観光客もいるので、ホテルでは入浴、ランチをセットにした日帰りプランを用意しているところも。
宿泊でも旅館、ホテルの選択もたくさんあり、ニーズによってお気に入りのところをきっと見つけられるはず。
ここには国指定名勝の「秋保大滝」があり、遊歩道を歩きながら、間近に滝の流れを鑑賞することが。
マイナスイオンを感じますよ。
こちらも、秋は美しく染まった紅葉を観れることで、仙台の紅葉スポットとしても有名。

ノスタルジックな「鳴子温泉」

1000年もの歴史がある宮城の温泉地、鳴子温泉。
訪れるとどこか懐かしい雰囲気のある街並み。
昔から奥州三名湯の一つとして知られています。
温泉の種類も宿によって違うほど、様々な泉質のお湯が楽しめます。
本当の温泉好きなら是非訪れて、湯めぐりしてほしい場所。
近くには、約20分ごとに15mもの高さまで熱湯を吹き上げる間けつ泉もあり、ものすごい勢いで吹き出している様子を見ることができます。
また、鳴子峡も有名観光スポット。
ここから眺めることができる、紅葉した山々の景色は圧巻です。
温泉と自然の美しさを満喫しに鳴子へも是非足を伸ばしてみましょう。

風光明媚な「松島温泉」

風光明媚な「松島温泉」

image by PIXTA / 14639097

観光地として全国的に有名な松島。
ここで温泉の営業が始まったのは2008年。
以来、一層観光地としての魅力も増し、国内外からたくさんの人が訪れるようになりました。
ここの温泉の魅力は、何と言ってもホテルの露天風呂からの眺めです。
それぞれのホテルから、美しい松島の景色を見ながら入浴できること。
夕暮れの日が沈む様子、月の明かりに照らされた松島湾、そして日中の光り輝いた湾の景色など、景色を堪能するために何度でも入りたくなる、そんな素敵な温泉。

リゾートな「遠刈田温泉」

リゾートな「遠刈田温泉」

image by PIXTA / 19314583

宮城の蔵王町にあるのが遠刈田温泉。
蔵王にはお勧めしたいい観光スポットだたくさん。
まず、冬にはスキーリゾートとしても、その豊富な積雪と雪質で有名です。
そして蔵王の「御釜」も人気。
運がいいと、美しいエメラルド色の湖面を見ることができます。
ここは、標高の高さから天気が変わりやすく、なかなか綺麗な姿を見ることができないので、見れた方は本当にラッキーです。
そのほか、静かで美しい「長老湖」は、息を潜めたくなるような、静けさを感じられる美しい湖。
四季折々の景色を堪能いただきたいです。

こんな素晴らしい絶景ポイントがたくさんある遠刈田温泉も、宮城に来たらぜひ旅のアイテナリーに入れていただきたい場所。
古くは湯治場であったこの温泉地は、広大で美しい自然と、温泉を同時にに味わうことができます。
ここ遠刈田温泉へは、レンタカーを借りてドライブしながら巡ってみるのもいいでしょう。
さらに蔵王、遠刈田温泉に魅力を感じられます。

宮城観光で泊まりたい温泉旅館はここ!

「秋保温泉」で家族連れならここ「秋保温泉ホテル瑞鳳」

秋保温泉にある大型温泉ホテルの一つ、「ホテル瑞鳳」家族でもくつろげる、ゆったりとした客室、豊富な湯量の大きな温泉、もちろん露天風呂も、さらにはサウナ、ジャグジーまであります。
温泉で疲れを癒したら、夕食はお勧めのバイキング。
和洋中の料理が楽しめるので、それぞれの好みで、お子様にも十分にお食事を楽しんでいただけるサービスが人気です。

「秋保温泉」でカップルのデートに使えるのはここ「茶寮宗園」

カップルだったら、こんな感じの落ち着いた温泉旅館はいかがですか?ここ「茶寮宗園」は、約8000坪もある、整えられた庭園が宿泊客の目を楽しませてくれます。
純和風の数寄屋造の、大変落ち着いた時を過ごせる旅館。
有名庭師が手がけたという庭園は四季を通じて楽しめます。
ゆっくりとおさんぽしてみたくなりますよ。
そして、ここの素敵な空間で、宮城の食材をふんだんに使った懐石料理を堪能してみましょう。

「鳴子温泉」で家族連れならここ「鳴子温泉 湯本 吉祥」

鳴子温泉の中で一番新しい温泉ホテルが、「湯本吉祥」です。
訪れた方が全て満足して帰れるような、行き届いたサービスが魅力。
広々とした客室はご家族でもくつろげます。
そしてこのホテルには4つの貸切風呂が。
これも家族連れには嬉しいですね。
夕食は、テーブルに出される会席と、バイキングのセミバイキングスタイル。
バイキングのカジュアルさと、会席の美しく盛られたお料理と、どちらも楽しめるのはここならでは。
そしてキッズバイキングのコーナーもあるので家族全員が心から楽しめるホテル。

「鳴子温泉」でカップルのデートに使えるのはここ「湯ノ謌 吟の庄」

静けさの中で、ゆったりとした温泉ステイを満喫したいのなら、ここ「湯ノ謌吟の庄」です。
見晴らしがとてもいい高台に建っているホテルなので、ここから鳴子の街が一望できます。
シンプルな和モダンの作りの客室は、清潔感もあり、食事も、料理長が選び抜いた食材で、丁寧につくられた旬の味を堪能できます。
もちろん、評判の鳴子のお湯で体も心も癒されますよ。
カップルで訪れるには、ちょうどいい規模のホテル。

「松島温泉」で家族連れならここ「ホテル壮観」

「ホテル壮観」は、松島の中でも大規模温泉ホテル。
ご家族で宿泊しても安心な施設が充実しています。
大浴場にはベビーバス、ベビーベッド、そして夕食のバイキングでもお子様にも人気のドリンクバー、お子様用のプレートも準備されています。
もちろん大人も、和洋中から選べる様々な料理に舌鼓。
露天風呂「月あかりの湯」からは美しい月を眺めながら入浴できます。
女性にはエステもあり、至れり尽くせり、の満足サービスを、ここなら受けることができそう。

「松島温泉」でカップルのデートに使えるのはここ「ホテル松島一の坊」

ここ「松島一の坊」のお風呂は特に人気。
朝日、夕暮れ、星空と美しい景色を目の前にした露天風呂でくつろぎの時間を過ごせます。
また、フィンランドで始まった、ロウリュウサウナという疲労回復、美肌に効果のあるサウナをはじめ、岩塩岩盤浴も楽しめるのがポイント。
本格和食や鉄板焼きを楽しめる夕食や、朝食バッフェも好評。
採りたての野菜で作ったフレッシュジュースや、焼きたてフレンチトーストが特に人気です。
温泉で癒され、食事でさらに元気をつけられそう。

「遠刈田温泉」で家族連れならここ「さんさ亭」

フロントには、アンティークなライトなどインテリアも素敵なロビー。
ラウンジで飲むコーヒーの味をまた引き立ててくれます。
そして落ち着いた和室の客室では、のんびりしたひと時を過ごせそう。
もちろん遠刈田温泉の湯を満喫できる、広くのびのびとした露天風呂も。
蔵王連峰の美しい姿が朝、夕と美しい姿を見せてくれます。
食事は海の幸、山の幸を堪能。
特に野菜は蔵王産のものを中心に作られています。
蔵王産の野菜は宮城でも美味しいと評判です。

「遠刈田温泉」でカップルのデートに使えるのはここ「オーベルジュ 別邸 山風木 」

こだわりの懐石料理が自慢の宿、「オーベルジュ 別邸 山風木 」は落ち着いた雰囲気と、上質なこだわりの時間をすごしたい方にお勧めです。
客室もリラックスできる、モダンな和室。
夕食は厳選された地元の食材を使った、目にも嬉しいお料理と、30種類以上のお酒が楽しめます。
時間を取ってゆっくりといただきたいですね。
お風呂も、ホテルの名前の通り、山、風、木を感じる美しい開放的な作り。
おしゃれなホテルが多い遠刈田温泉の中でも、評判も上々。

宮城観光に来たら食べてほしいグルメはこれ!

その1 やっぱり牛タン

仙台といえば牛タン。
最近は、全国でもこの仙台の味を楽しめるところがあるようですが、まず仙台に来たのなら、本場の牛タンを味わってみてください。
これは仙台でも人気の「牛タン司」の牛タン。
肉厚で食べ応え十分。
テールスープ、麦ご飯と一緒に味わってください。
仙台には、牛タンレストランが点在しています。
駅前の牛タンストリート、レストラン、飲み屋が密集している繁華街、国分町には、牛タン発祥の「太助」もあります。

その2 冬に来るなら、せり鍋

仙台の冬のグルメとして人気も定着して来た、せり鍋。
冬に取れる「せり」をふんだんに使い、鴨肉などから取った出汁で作るとてもシンプルな鍋。
具材もせり、鴨、など最小限のもので素材の本来の美味しさを味わえる、とてもヘルシーな鍋。
仙台市内の居酒屋、日本料理のお店で提供されています。
たくさん食べても罪悪感のない?体にも嬉しい健康的な鍋で、仙台の冬の味を満喫してください。

その3 こちらも仙台発祥、冷やし中華

あまり知られていないようですが、実は冷やし中華も仙台発祥グルメです。
ここ「東洋軒」で初めて出されたと言われています。
具沢山の冷やし中華は、ここの名物。
味もオリジナルだけあって美味しいですよ。
夏のイメージの冷やし中華ですが、仙台ならほぼ、年中食べられます。
一度食べてみてほしい味です。

いよいよ宮城観光も終わり…もらって喜ばれる宮城のお土産は?

その1 やっぱり定番、「萩の月」

仙台のスイーツのお土産といったら「萩の月」でしょう。
仙台に行くといったら、リクエストされるくらい、牛タンと並んで人気のお土産といえます。
やわらかふわふわのスポンジに、しっかりとした味のカスタードが隙間なく入っていて、食べ応えあり。
シンプルなのですが、一度食べたら忘れられない味かも。
まだ「萩の月」デビューしていない方がいたら、ぜひお土産にしてみてください。

その2 柔らか「抹茶クリーム大福」

仙台の喜久水庵で買える、「抹茶クリーム大福」は柔らかなお餅に包まれた、あんこと抹茶クリームが絶妙の味。
個人的にも大好きな味で、一つでは足りないくらい。
喜久水庵は仙台の老舗のお茶屋さんで、あのずんだ餅、ずんだシェークもこのお店で売られています。
ずんだシェークはお土産にできないけれど、この大福はできますよ。
抹茶クリームの他に、ずんだ生クリーム大福、ほうじ茶生クリームなどもあります。
色々買って味くらべしてみては?

その3 根強い人気「仙台長なす漬け」

長く地元民にも愛されている定番的漬物が、仙台長なす漬け。
特徴としては、控えめな塩加減、そしてなす独特の苦味もあまり感じない食べやすい味。
ついつい手が伸びてしまう味なのです。
お茶受けや、お酒のつまみのも最高の一品。
もちろん、ご飯のおかずにも。
甘いのが苦手という方のお土産にも最適です。

宮城の観光で、のんびりゆったり体験を

宮城は、大自然に囲まれたのんびりした穏やかなところです。
都会の喧騒から離れて、心の洗濯をするには、ここはぴったり、くつろぎの温泉と、美味しい海の幸、山の幸を満喫できる癒しの場。
1泊からでも気軽に来れる場所。
ぜひ実際に来て診て、宮城を体験してくださいね。
photo by PIXTA