留学中に英語力ってどれくらいアップできる?【期間別】英語力の伸び方解説

留学に行ったらどれくらいの期間で英語がペラペラになる?短期間の留学でも英語力はつく?やはり、留学期間が長いほど英語力は伸びますが、留学中にどれだけ勉強できるか、英語を話す環境があるかで英語の伸び方が変わってくるのも事実。この記事では実際の留学経験をもとに、短期から長期留学まで、期間ごとにどの程度の英語力がつくのかを解説します。

英語の伸び方は人それぞれ

英語力の伸び方はひとりひとり違います。
1か月程度の留学で英語を流ちょうに話せるようになる人もいれば、1年かかる人も。
留学に行って、同じ期間同じコースに通ったとしても、英語力の伸び方は人によって様々。
また、留学前に英語に触れる機会があったかや、英語に関する知識があるかでも留学中の英語力の伸びは変わってきます。

留学経験者イコール英語が喋れると思われがちですが、海外に長い期間住んでいても英語が全然しゃべれない方もいますし、逆に1年の留学でとってもナチュラルな英語をしゃべれるようになる方もいます。
英語力の伸びはどれだけ英語をしゃべる機会があるかや、どれだけ勉強するかによって変わってきますよ。

1-2週間の短期留学の場合どれくらい英語力はつくの?

 1-2週間の短期留学の場合どれくらい英語力はつくの?

image by iStockphoto

高校生や大学生など、長期の休みを利用して1-2週間ほど留学する方もいるのではないでしょうか。
留学期間が1-2週間の場合、やはり英語力がすぐにつくということは難しいかもしれません。
このような短期間の留学の場合、英語で質問されていることが分かる、簡単な会話の受け答えができる程度の英語力はつくでしょう。

語学学校に行く場合、文法の説明も英語ですし、質問をする際も先生に英語で聞かなければなりません。
このような英語しかしゃべれない状況に置かれるというのは、とっても大事。
短期留学の場合、勇気を出して英語でしゃべってみて、英語に慣れるということに重点を置くと良いかもしれません。
留学期間中の1-2週間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
留学が終わるころに少しでも先生の言っていることや、生活の中での英語が分かるようになったら、英語をマスターする第一歩になるでしょう。

自分の英語力を知ろう

自分の英語力を知ろう

image by iStockphoto

私が一番最初に留学を経験したときは、2週間ほどの短期留学。
英語は得意なほうだったのですが、実際英語圏で生活をしてみると、自分の英語の伝わらなさ、語彙力のなさを痛感しました。
しかし、留学したことで、自分の現在の英語力を知る良い機会になりました。

留学に来ている人の中には、自分の英語力を過信しすぎで、間違った英語を直そうとしない方もいます。
それでは英語力も伸びませんし、間違った英語をずっと使い続けることになってしまいます。
留学中は自分の英語を正す良い機会。
いっぱい間違えて、いっぱい学びましょう。

1-2週間の留学でのおススメ勉強法

1-2週間の留学でのおススメ勉強法

image by iStockphoto / 88391701

1-2週間の短期間の場合、英語をしゃべる楽しさ、英語が伝わる嬉しさを実感できれば良いですね。
最初のうちは、英語が伝わらなくて嫌だなとか、恥ずかしいなと思ってしまうかもしれませんが、何度も繰り返しチャレンジすることが大事。
語学学校でも頑張って友達を作って英語をどんどん話してみましょう。
話す機会を多く持つことで、スピーキング力は格段にアップしますよ。

3-4か月の留学でどれくらいの英語力がつく?

3-4か月の留学でどれくらいの英語力がつく?

image by iStockphoto

ワーキングホリデーでの滞在や、社会人の方の留学で最も多いのが3-4か月の留学。
日本人の場合、平均的にPre Intermediate (中級下レベル)からスタートする方が多いです。
中級レベルとは、すでに英語の知識があり、間違いがありながらも自分の意見を話せる程度の英語力があるレベル。

3-4か月の留学の後には、長文での英語を理解することができ、オーストラリアでのアルバイトができるほどになるでしょう。
また、住んでいる環境にも慣れてくるので、あまりストレスを感じずに留学生活が送れる時期でもあります。
ですが、この中級レベルから上級レベルに行くのが結構大変。
この中級レベルでの学習の間にどれだけ勉強できるかで英語力の伸びは大幅に変わってきますよ。

英語力が伸び悩む時期だからこそ頑張って勉強しよう

英語力が伸び悩む時期だからこそ頑張って勉強しよう

image by iStockphoto

中級レベルのクラスは、なんとなく留学生同士お互いに理解しあえてしまうので、長くいれば長くいるほどその環境に慣れてしまうことも。
その環境に慣れてしまうと、英語が話せているという感覚に陥りやすくなり、英語の勉強をしなくなる人が多くなってきます。
ただここでもうひと踏ん張りすれば、3-4か月の間でも上級のクラスに入ることができるので、周りに流されず、勉強を続けましょう。

3-4か月の留学でのおススメ勉強法

3-4か月の留学でのおススメ勉強法

image by iStockphoto

3-4か月の留学の場合、基本的な英語の文法や文章の表現方法は分かってくると思います。
より自分の英語をブラッシュアップするためには、使える単語を増やしましょう。
知っている単語の量が増えることで、英語の表現の幅を大きく広げることが可能。
英語には同じ意味の単語がたくさんあります。
多くの単語を使いこなせることで、文章を書く際にも会話の際にも役立ちますよ。

1年の留学ではどれくらい英語力が上がる?

1年の留学ではどれくらい英語力が上がる?

image by iStockphoto

1年間の留学をする場合、英語の勉強だけでなく、専門学校に行ったり、アルバイトやボランティアなどをする方も多いと思います。
専門学校に行くための語彙力も増え、アルバイトやボランティア活動から、実際の会話の中で使う英語も学ぶことができます。

ですが、専門学校や大学に入れるIELTSや、語学学校の英語の試験に受かっていても、英語を流ちょうにしゃべれないという人がいるというのも事実。
1年間の語学留学で、しっかり勉強をすれば、1年後にはネイティブな人の言っていることが分かり、専門的な分野での英語を理解し、自分でも意見を言えるくらいの英語力がつくでしょう。

どんどん上のレベルを目指そう

どんどん上のレベルを目指そう

image by iStockphoto

1年という長い期間の海外生活期間があれば、英語の勉強次第で十分に英語力をつけることができます。
私の友人にも、最初にオーストラリアに来た時にはHelloとThank Youぐらいしか分からなかったのに、1年の滞在を終えて帰るころには、アルバイト先で問題なくオーダーを取れるほどの英語力をつけた人もいます。

中級程度の英語で満足してしまって、勉強をストップさせてしまう人もいますが、留学期間中は英語力を伸ばすことに集中して、勉強してみてください。
上級のクラスに行けば行くほど、まわりの留学生も英語を流ちょうに話す人が多くなってくるので、そのような環境に置かれることで、自分の英語力も上がっていきます。
1年後には自信を持って英語をしゃべれますと言えるほどの英語力がつくでしょう。

1年の留学でのおススメ勉強法

1年の留学でのおススメ勉強法

image by iStockphoto

1年目の留学は自分の英語の基礎を作ることになります。
語学学校の勉強だけでなく、英語の小説なんかにも挑戦してみるといいですね。
本を読むことで、英語で理論的に考えることを学べますし、多くの単語、表現方法に出会えます。
また、今後専門学校や大学進学を目指す方は、自分の専門分野で使うような英語も勉強しておくと、本科に行った際に勉強が少し楽になりますよ。

3年の留学ではどれくらいの英語力がつく?

3年の留学ではどれくらいの英語力がつく?

image by iStockphoto

実際に私自信5年ほどの留学経験を通して、ネイティブな方と対等にお話ができると実感し始めたのは3年目以降でした。
英語力の伸びは本当に人それぞれですが、私の周りの友人たちも、3年以上英語圏で暮らしている人たちは、現地で仕事をしている人も多く、やはり英語力はネイティブスピーカーと問題なくコミュニケーションが取れるほどです。

海外で仕事を探す場合、また日本に帰国後、翻訳や通訳など専門的な英語にかかわる仕事をする際にも、3年以上の海外の経験があると有利かもしれません。

ネイティブな人が話すように英語を話そう

ネイティブな人が話すように英語を話そう

image by iStockphoto

私たち日本人にとって、英語は第2言語であるため、ただ言葉を並べてしゃべりがちになったり、教科書通りの英語になってしまったりしますよね。
それではやはり相手には伝わりにくんです。
最初は少し恥ずかしいですが、自分が思うよりもオーバーなリアクションで、大きく口を開けて、大きな声で話す。
悲しい話をしている時は悲しい表情で、うれしい話をしている時は笑顔で話す。
それだけで英語の伝わり方は違ってきます。

そして、使う英語の表現もできるだけネイティブな人が使うような表現に変えてみてください。
例えば、お元気ですかと聞くときもHow are you?だけでなく、How’s it going?やHow have you been?など、話す相手によって変えてみましょう。
いろんな表現方法で自分の気持ちを伝えられるようになれると英語をネイティブな人と同じように話せるようになりますよ。

3年間の留学でのおススメ勉強法

3年間の留学でのおススメ勉強法

image by iStockphoto

3年ほど留学していると、専門学校の勉強や大学の勉強が忙しく、英語の勉強は忘れがちになってきます。
ですが、3年経っても知らない単語はいっぱいありますし、現地のテレビを見ていても、ついていけない場合もあります。
私自身も5年ほどの留学を終えていますが、日々新しい英語を学んでいます。
知らなかった表現方法や、スラング、国によって違う単語など、英語の勉強に終わりはなさそうです。

英語力をアップできるかどうかは自分次第

留学をする人によってどれくらい英語力を上げたいのかや留学目的も様々だと思います。
ですが、英語力があることに越したことはないですよね?英語を学ぶのに学歴も年齢も関係ありません。
もちろん長く留学すればより高い英語力をつけられますが、どんな人でも頑張った分だけ英語力はアップできちゃうんです♪
photo by iStock