地元民が伝授!名古屋の観光完璧ガイド

日本列島のちょうど真ん中あたりにある愛知県の首都である名古屋市は、中部地区の政治・経済や文化の中心となっています。交通網も地下鉄が充実していて移動しやすい地域です。名古屋駅前一帯をはじめ栄地区には地下街がとても発展していて、地下街を今のように発展させたのは名古屋がはじまりだそうです。ここ数年名古屋駅前はビル開発が進んでいてビルラッシュと話題になっていて買い物や飲食も楽しみ甲斐があり、食文化も”名古屋めし”と知られていて独特でユニーク。話題のテーマパーク・レゴランドがオープンしたり、複合施設や新ビルが増えたりと発展しつつも歴史や文化を感じる風情ある街並みも残されている観光都市です。

名古屋観光の前に知っておこう!

名古屋観光の前に知っておこう!

image by PIXTA / 29790934

名古屋への、また名古屋へ行ってからの交通手段や宿泊、お土産はどんなものが良いのかを案内します。

名古屋の観光ってなにをするの?

名古屋の観光ってなにをするの?

image by PIXTA / 27228064

名古屋は名古屋駅前界隈は新しいビルが増え食事やショッピングが便利。
名古屋城にも行っていただきたいです、季節によりいろんな景観が楽しめます。
動植物園も広くて歩きごたえがあり楽しいですし、港区には水族館やテーマパークや食べるだけでなく作って楽しめる複合施設もできたのでファミリーで楽しめます。

名古屋の主要観光地へのアクセス手段は?

名古屋の主要観光地へのアクセス手段は?

image by PIXTA / 17803562

他の地区から名古屋駅までは夜行バスも出てますが、JR東海の新幹線が一番手っ取り早い手段。
名古屋駅からは名古屋鉄道や名古市営地下鉄が主で、その他にレゴランドがある港界隈へはあおなみ線(名古屋臨海高速鉄道)、また地下鉄終点の藤が丘から愛・地球博記念公園など東部地区へは愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)もあり各方面へ行きやすいです。

1. ドニチエコきっぷ

名古屋市内をあちこち回るならば名古屋市営地下鉄と市バスの1日乗車券がお得。
通常は地下鉄・市バス全線一日乗車券は850円、市バス一日乗車券は600円。
土日と8日(名古屋市の市章が丸八だから)に限りドニチエコきっぷが販売され、地下鉄・市バス全線一日乗車券が600で購入できます。
地下鉄は1乗車最低料金が200円、市バスは1乗車210円なので名古屋市内2~3か所以上行くならば確実にお得。
またエコきっぷを対象の名古屋市の施設窓口で見せれば入場料がわずかではありますが割引になります。
(詳しくは名古屋市交通局HP)

ドニチエコきっぷの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドニチエコきっぷ
住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目14−15 交通局サービスセンター
営業時間・開場時間 土・日・休日・8日
利用料金や入場料 大人600円 小児300円
参考サイト https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/TICKET/TRP0000310.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. 名古屋観光ルートバス”メーグル”

月曜日と年末年始以外の日に運行している名古屋観光ルートバス”メーグル”は名古屋駅からノリタケの森~トヨタ産業技術記念館~名古屋城~徳川園~文化のみち~市政資料館~テレビ塔~栄を走っています。
ドニチエコきっぷでの利用可能なのでちょうどこのエリアを回りたいときには便利。

名古屋観光ルートバス メーグルの住所・アクセスや営業時間など

名称 名古屋観光ルートバス メーグル
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−1 名古屋駅バスターミナル11番のりば
営業時間・開場時間 9:30−17:00 月曜運休
利用料金や入場料 メーグル1DAYチケット:大人500円 小児250円
参考サイト http://www.nagoya-info.jp/routebus/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. あおなみ線

3. あおなみ線

image by PIXTA / 3179019

名古屋駅から、レゴランドのある港区方面へ行くのにあおなみ線を利用します。
あおなみ線(名古屋臨海高速鉄道)は少し高台を走るので眺めが良いです。
あおなみ旅情という公式ソングもあります。

あおなみ線の住所・アクセスや営業時間など

名称 あおなみ線
住所 愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目 金城ふ頭駅
営業時間・開場時間 5:30−24:00
利用料金や入場料 名古屋駅〜金城ふ頭 350円
参考サイト http://www.aonamiline.co.jp/cgi/index.asp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

名古屋のグルメといえば?

やっぱり名古屋めし!でしょうかねぇ。
ひつまぶしに鉄板ナポリタン、味噌カツ、味噌煮込みうどん、あんかけスパ、小倉トースト、手羽先など…。
最近は人気のお店は名古屋以外の県外にも進出していることもあり、違う地域でも食べられる物もあるようですが、やはり発祥地で食べてみてください。
そして名古屋めしとはちょっと違いますが、スイーツ好きな私としては名古屋発の名古屋でしか買えないスイーツなどもお勧めがあり、特にかわいくて人気なのが名古屋コーチン卵を使用したプリンのぴよりん。
下記の「名古屋観光で買いたいお土産はこれ!」の中で記載します。

そして、駅前の人気のモールや話題のお店はとくに関東からのお客さんにはめずらしくはない知っているお店が多いかと思いますが、そういう東京から来たお店でも名古屋限定の名古屋でしか食べれないメニューのあるお店もあるのでそんなのを選んでみるとよいかも。

名古屋観光のモデルコースはこう!

名古屋観光のモデルコースはこう!

image by PIXTA / 21889747

ここ数年、名古屋では新しいモールや食べたり遊んだりできる施設が増えています。
興味やその時の目的に合わせて楽しんでみてください。

名古屋駅前の新ビルやモールにはどちらかというと名古屋の人向けな感じで東京や大阪方面から名古屋初登場というお店が多いですが、そんな中で名古屋限定メニューというのもありますのでチェックしてみてください。

1. 食べ歩き&ショッピング

食べ歩きやショッピングなら、まずは新しいビルが増えている名古屋駅前でショッピングや食事を。
そして栄方面へ出て地下街やちょっとレトロな雰囲気の大須商店街で食べ歩きもおもしろいですよ。

秋にはここ数年「名古屋めし博覧会」を開催しているので、ちょうどその時期ならばお得に名古屋めしが食べれます。
たいてい10月から11月あたりの1か月ぐらい開催予定。
名古屋めし博覧会チケットを持ってなくても普通に支払えば食べれますが、もしも開催中ならばチケットを買って食べ歩きしたほうがお得に食べれます。

名古屋めし博覧会の住所・アクセスや営業時間など

名称 名古屋めし博覧会
住所 愛知県名古屋市中区ほか 参加店舗
営業時間・開場時間 2017年10月1日〜11月19日
利用料金や入場料 チケット(2枚綴り) 1,240円〜
参考サイト http://www.nagoyameshi-expo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. お城や文化施設などを見て楽しむ

2. お城や文化施設などを見て楽しむ

image by PIXTA / 2182373

まずは名古屋城へ。
時期により景観も違ってきます、春ならばちょうど桜のお花見、その後は藤もよいし秋の紅葉もお勧め。
そしてぜひともイケメンと噂の名古屋おもてなし武将隊にも会ってほしいです。
全国の武将隊が増えていますが、名古屋おもてなし武将隊が火付け役のようなもの、見た感じのカッコ良さだけでなくお話もとても楽しく素敵。

すぐおとなりには名城公園があり2017年4月複合施設”トナリノ”もオープンしました。
徳川美術館や文化のみち、市政資料館をめぐるなら一日乗車券や名古屋観光ルートバス”メーグル”を利用するとよいと思います。

名城公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 名城公園
住所 愛知県名古屋市北区名城1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000004993.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. レゴランドの名古屋城

レゴランドには名古屋ということでレゴブロックで造った名古屋城もあり、なかなかの出来栄え、リアルです。

レゴランド・ジャパンの住所・アクセスや営業時間など

名称 レゴランド・ジャパン
住所 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
営業時間・開場時間 10:00−17:00(時期・曜日によって異なる)
利用料金や入場料 1DAYパスポート 大人6,900円 子供5,300円
参考サイト https://www.legoland.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日帰りの場合

どこか気になるスポットをお城や動植物園、テーマパークなどから一つ決めて、そこで楽しんでから名古屋駅前界隈または栄でショッピングしたり名古屋めしを食べる。
名古屋駅に立ち寄るならば、ちょっと他ではなかなか無いジャンボマネキン”ナナちゃん人形”と記念撮影なんてのもお勧め。

1. 名古屋城や徳川園

歴史やお城に興味のある方、また名古屋おもてなし武将隊に会ってみたいなって方ならば、名古屋城へ行ってみて。
名古屋城では春は桜まつり、夏は名古屋城夏まつり、菊花展など季節ごとにいろんなイベントを開催しています。
本丸御殿復元で公開されている竹林豹虎図はすばらしく見ごたえありますので、ぜひ行く機会があればご覧ください。
日本画史上最大の画派「狩野派」の絵師たちより描かれたもので国の重要文化財の指定を受けているそうです。

土日祝日には武将隊の演武があり、こちらも迫力あり生で見ると感動しますし、おしゃべりも楽しくいい思い出になると思いますので、お勧め(ただし屋外での演武なので雨の時には中止になることもあります。)名古屋城内で何か食べるならば、名古屋のきしめんや八丁味噌肉まん、またおやつには金シャチ焼きを食べてみて。

時間にゆとりあれば、文化のみちや徳川園へもいってみてください。
文化のみちは春の桜の時期が一番人気の時期でSNSでもよく見かけます、桜の写真を撮りたい人にはとくにおすすめ。
徳川園は江戸時代の主だった大名庭園と同じ様式の池泉回遊式の日本庭園で、日本の四季の移り変わりの美しさを見ることができ、すぐお隣には徳川美術館があります。

徳川園の住所・アクセスや営業時間など

名称 徳川園
住所 愛知県名古屋市東区徳川町1001
営業時間・開場時間 9:30−17:30 月曜休園
利用料金や入場料 一般300円 中学生以下無料
参考サイト https://www.tokugawaen.aichi.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. 金シャチソフト

金シャチ焼は金シャチ焼本舗さくらの商品。
名古屋城で焼いていることもあるので、運がよければ焼きたてが食べれるかも。
お土産用は袋入りや箱入りがあり、名古屋城ではソフトクリームを添えた金シャチソフトもお勧め。

金シャチ焼本舗さくら 名古屋城敷地内売店の住所・アクセスや営業時間など

名称 金シャチ焼本舗さくら 名古屋城敷地内売店
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1 名古屋城敷地内
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 金シャチサンデー 420円
参考サイト http://www.kinshachiyaki.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. あおなみ線で金城ふ頭へ

名古屋駅からあおなみ線で約24分の金城ふ頭へ。
お子様が一緒ならば話題の「レゴランド」、また「メイカーズ・ピア」という複合施設も同じエリアにあります。
メイカーズピアは食べたり買い物したりできるのですが、ただ食べるだけでなく自分で作って食べるという体験型のお店もあり、体験型施設のならぶ ”フォレストタウン”・広場と噴水のまわりにレストランがある”セントラルパーク”・小物雑貨やアクセサリーなどのお店のある”アップタウン”という3つのゾーンで成り立っていて子供も大人もファミリーで楽しめます。
(体験については予約が必要なお店もあるので事前にお店のホームページをチェックする必要あり。)

メイカーズ・ピアの住所・アクセスや営業時間など

名称 メイカーズ・ピア
住所 愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目7−1
営業時間・開場時間 ショッピング:10:00−19:00 レストラン:11:00−21:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.makerspier.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4. 名古屋東山動植物園

image by PIXTA / 30758979

80周年の「東山動植物園」へ。
”体験!仰天!東山!”というキャッチフレーズで、生物多様性の大切さを感じながら、これからも生き物に関わりみんなと一緒に動植物園をつくっていきたいという気持ちでさまざまなイベントも開催中。

公営なので入場料も動物園・植物園両方見れて大人500円、広いので動物園と植物園両方まわるとけっこう歩きごたえもありますよ。
動物園から入るか、植物園から入るかで最寄り駅が1駅違ってきます。
動物園ならば名古屋市営地下鉄・東山線の東山公園下車、植物園なら星ヶ丘下車となります。

人気のイケメンゴリラ・シャバーニやコアラ、キリンが人気。
東山動物園ではライオンがかなり近くで見れます。
なんとなくダッフィーと顔のデザインが似た感じの種類のくまさんマレーグマもいるよ。

植物園は約7000種の植物があり、日本庭園や春の桜回廊がお勧め。

東山動植物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 東山動植物園
住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3−70
営業時間・開場時間 9:00−16:50 月曜休園
利用料金や入場料 大人500円 中学生以下無料
参考サイト http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5. 動物園のコアラアイス

動物園内にあるカフェZOOASIS(ゾアシス)では金シャチきしめんやコアラアイスなど名古屋ならではのメニューもあるよ。
コアライスはかわいくて美味しい。
またドーナツボールパークのレモンをギュっと絞って食べる丸いドーナルボールもおすすめのおやつ。

ZOOASISの住所・アクセスや営業時間など

名称 ZOOASIS
住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70 東山動植物園内
営業時間・開場時間 9:00−16:50
利用料金や入場料 コアラアイス 450円
参考サイト http://www.higashiyama-palette.jp/shop/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6.名古屋駅にいるナナちゃん人形

名古屋名物、巨大マネキンの”ナナちゃん人形”。
名古屋駅前の旧名鉄百貨店セブン館が今はメンズ館になってますが、その前あたりに立っています。
セブン館があった時に付いた名前でセブンをもじってのナナちゃん。
ナナちゃんは名鉄百貨店の広報部員で何も着ていない時もありますが、その時々に応じて衣装が変わり例えば和風ファッションで名古屋まつりをPRしたり、クリスマスにはサンタさんファッションになったり、時には映画の主役に仮装したりとさまざまなコスチュームに着替えます。

大きくて目立つので待ち合わせ場所にもなっていますし、皆さんよく記念撮影をしています。
ナナちゃんの身長は6m10cmでスイス出身。
足も長くとてもスリムなので何を着ても似合っちゃう。
大人が軽々ナナちゃんの下をくぐりぬけれるほどジャンボなマネキンさん。
名鉄百貨店本店の公式HPにナナちゃん紹介ページがあり今まで何年間ものナナちゃんのいろんなファッションが見れます。

ナナちゃん人形の住所・アクセスや営業時間など

名称 ナナちゃん人形
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.e-meitetsu.com/mds/f_nana/about_nana/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7.街中の憩いの場

街中にあって、お買い物の途中に立ち寄れる憩いの場がありますので二つご紹介。
地下鉄の駅で1駅ほどの位置にありますので、お天気がよければお散歩がてら歩いても行ける距離感。
歩くのが好きな方や苦にならない方ならばとくに春や秋の程よい陽気のころならちょうど心地良いウォーキングにもなります。
下記の二つです。

8. ノリタケの森

最寄りの駅は名古屋市営地下鉄・東山線の亀島駅、名古屋駅から1駅なので歩いても15分ほど。
「ノリタケの森」は洋食器の”ノリタケ”の都心の中の憩いの施設。

赤レンガの建物がありそのまわり一帯には木々や花が植えてあり、ベンチも置いてあるのでちょっとした癒しの場でもあります。
四季に応じてさまざまな光景が見られワークショップやマルシェも開催されます。

ノリタケの森の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノリタケの森
住所 愛知県名古屋市西区則武新町3丁目1−36
営業時間・開場時間 10:00−18:00 月曜定休
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.noritake.co.jp/mori/look/craft/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9. 久屋大通り庭園フラリエ

フラリエは最寄りの駅は名古屋市営地下鉄・名城線の矢場町。
栄地下街、三越やラシック、パルコなどで買い物途中にフラっと立ち寄れる場所で、色とりどりの花がいつもかわいらしくほっとできるスペース。
レトロな雰囲気で若者に人気の大須商店街も徒歩エリア。

「フラリエ」は、「ふらり」+「フラワー」+「アトリエ」の造語だそうで、「ふらりと立ち寄れる花いっぱいのアトリエ」。

レストランとカフェもあり、私からはカフェのタルトがおすすめ。
オリジナリティ豊かなフルーティなタルトが四季に応じていろいろと登場します。

久屋大通庭園フラリエの住所・アクセスや営業時間など

名称 久屋大通庭園フラリエ
住所 愛知県名古屋市中区大須四丁目4−1
営業時間・開場時間 9:00−17:30
利用料金や入場料 入園無料
参考サイト http://www.flarie.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10. フラリエ併設のカフェ

フラリエカフェ店内はゆったりとした雰囲気。
サンドウィッチやタルトが美味しいですよ。
モーニングや夜カフェメニューもあります。

フラリエカフェの住所・アクセスや営業時間など

名称 フラリエカフェ
住所 愛知県名古屋市中区大須四丁目4−1
営業時間・開場時間 9:00−18:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 季節のタルト 480円〜
参考サイト http://www.flarie.jp/aboutus/others
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1泊2日の場合

1泊2日ならば、1日は興味深い場所や気になるテーマパークなど観光施設を決めてその目的地へ行き、もう一日はショッピング&名古屋めし食べ歩きを楽しむってプランはどうでしょうか?

2泊3日の場合

2泊3日ならば、ゆったりとゆとりのプランを計画できそう。
3日のうち中一日は少し足をのばして名古屋市外郊外に行ってみるのが良いかと思います。
例えば、愛・地球博記念公園へ。
もしも飛行機を利用するならば、その前後に中部国際空港・セントレアのある常滑で、やきもの散歩道を歩いてみるのもお勧め。

名古屋観光で行きたい観光スポットはここ!

おすすめの観光スポットいろいろ。

1. 名古屋城

桜の時期や秋の紅葉もよいし、そのほかの季節もその時期に応じてイベントも開催しています。
全国各地お城の武将隊発足の火付け役ともなった名古屋おもてなし武将隊の演武も見ごたえありお勧め。

名古屋城の住所・アクセスや営業時間など

名称 名古屋城
住所 愛知県名古屋市中区本丸1−1
営業時間・開場時間 9:00−16:30
利用料金や入場料 大人500円 中学生以下無料
参考サイト http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. 東山動植物園

80周年でさまざまなイベントを開催中。
広い敷地で木々や花も多く、見がいあり、歩きごたえもあります。
動物園&植物園の両方見れて大人500円とお得。

3. 名古屋駅前

ショッピングや食事、お土産の購入には名古屋駅前ならば新幹線駅からも直結で便利。
宿泊も名古屋駅前界隈ならばいろんな場所への移動にもグッド。

そして、日本一高い場所にあるというスタバが名古屋駅前のJRゲートタワー15階にあり眺めがとてもよいので気になる方は行ってみて。
席数は店内100席、テラス席62席で名古屋を見渡せます。

スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店の住所・アクセスや営業時間など

名称 スターバックスコーヒー 名古屋JRゲートタワー店
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー 15F
営業時間・開場時間 7:00−22:00
利用料金や入場料 スターバックスラテ 330円〜
参考サイト http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=2064
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5. ひつまぶしの里茶漬け

このひつまぶし茶漬け、なかなかいい味。
ひつまぶしのうなぎは乾燥タイプでなく、ソフトタイプでうなぎだけ別で真空パックみたいな感じでパッキングされていて、わさびや三つ葉は別包装で乾燥タイプになっていてわさびが程よくピリって効いてさらさらっと食べやすくてグッド。
消費期限も長めだし軽いのでお土産に最適。

長登屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 長登屋
住所 愛知県北名古屋市高田東の川12
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 ひつまぶしの里茶漬け(4袋入) 1,080円
参考サイト http://www.nagatoya-gift.com/satochaduke/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6. 味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどんといえばやっぱり山本屋。
本当はお店で熱々を食べてもらいたいところですが、お土産用も販売しているのでおうちで作ってみて。
山本屋の味噌煮込みは麺が独特の食感。
麺が固めというかなんとなく芯がのこっているような食感で、笑い話で初めて食べた他の地方の人がお店の人にちょっとこの麺半煮えだからつくりなおしてーと言ったとか…確かにそんな感じの食感の麺が特徴。
八丁味噌のこくのある味がとくに寒い時期には体あたたまります。

山本屋総本家 本家の住所・アクセスや営業時間など

名称 山本屋総本家 本家
住所 愛知県名古屋市中区栄3-12-19
営業時間・開場時間 11:00−15:00, 17:00−22:00(土日祝は通し営業) 水曜定休
利用料金や入場料 生煮込うどん 734円
参考サイト http://yamamotoya.co.jp/day/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7. 大須ういろのウイロバー

”ういろ”は、もちもち感がちょっと独特なもちもち食感なので、好き嫌いがあるかもしれませんが指摘にはおすすめ。
おもちが好きな人ならばけっこう好きかも。
しかもこのウイロバーが見た目もアイスみたいでかわいい!ので人気です。

グランドキヨスク名古屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 グランドキヨスク名古屋
住所 愛知県名古屋市中区大須2-18-42
営業時間・開場時間 6:15−22:00
利用料金や入場料 ウイロバー(5個入) 540円
参考サイト http://www.osu-uiro.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8. きしめんパイ

青柳総本家のきしめんパイ。
実際にきしめんを使用しているわけではなく、形が平ぺったい麺のきしめんのイメージのパイ。
サクサクっと食べやすく軽い食感。

青柳総本家 大須本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 青柳総本家 大須本店
住所 愛知県名古屋市中区大須2-18-50
営業時間・開場時間 10:00−18:30 水曜定休
利用料金や入場料 きしめんパイ(10本入) 486円〜
参考サイト http://www.aoyagiuirou.co.jp/okashi/p-kishimen.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9. なごやコーチン卵を使用したプリンの”ぴよりん”

JR東海のフード部門プロデュースの「カフェ・ジャンシアーヌ」で販売しているダントツ人気のなごやコーチン卵を使用したプリン、”ぴよりん”。
とくに夏場は長時間持ち歩くのは無理ですが名古屋駅のコンコースにあるお店なので新幹線で帰る間際に寄ってみるのが良いと思います。
カフェでイートインも可能。

テイクアウトももちろんOKですが、かなりやわらかタイプのプリンでデリケートなので持ち帰る道中気を付けないと崩れやすいです。
通常は普通の黄色いぴよりんがいますが、季節により春は桜や抹茶味、ハロウィーンにはかぼちゃのぴよりんなどが登場します。

カフェジャンシアーヌにはぴよりん以外にも季節に応じたケーキが種類豊富です。
春は桜風味の春らしい商品がいくつか登場するし、名古屋ならではの八丁味噌を使用した”なごやかロール”も甘味を抑えた大人向けな風味。

カフェ・ジャンシアーヌ JR名古屋駅店の住所・アクセスや営業時間など

名称 カフェ・ジャンシアーヌ JR名古屋駅店
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1−1−4
営業時間・開場時間 7:00−22:00
利用料金や入場料 ぴよりん 320円
参考サイト https://www.jrt-food-service.co.jp/piyorin/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10. 金シャチ焼

有限会社金シャチ焼本舗さくらの”金シャチ焼”。
金シャチの形のカステラまんじゅうです。
名古屋城へ行けば焼いているところが見れるし、焼きたてが食べれます。
名古屋城では粒あん以外にチョコクリームやカスタードクリームがあり、その他にソフトクリームにサクサンボを添えた金シャチソフトもお勧め!もしも名古屋城へ行くならば食べてみて。
お土産用には3個入りや6個があります。

金シャチ焼本舗さくら 名古屋城敷地内売店の住所・アクセスや営業時間など

名称 金シャチ焼本舗さくら 名古屋城敷地内売店
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1 名古屋城敷地内
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 つぶあん金シャチ焼(6個入) 840円
参考サイト http://www.kinshachiyaki.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11. 名古屋ふらんす

「名古屋ふらんす」、和のおもちとフランス焼き菓子ガトーのコラボです。
もちもちとふんわり両方の食感が味わえて人気の商品。
”サロン・ド・テ 名古屋ふらんす”というお店が愛知県三好市にありお店ではイートインでランチやケーキセットなどが楽しめます。
おみやげの名古屋フランスはショコラ&抹茶の2種類入って1箱、名古屋駅内キヨスクや高速道路サービスエリアにて販売しています。

サロン・ド・テ 名古屋ふらんす 本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 サロン・ド・テ 名古屋ふらんす 本店
住所 愛知県みよし市明知町立山15-1
営業時間・開場時間 8:30−19:30
利用料金や入場料 名古屋ふらんす(6個入) 695円〜
参考サイト http://www.nagoyafrance.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12. 名古屋ふらんすの小倉&マーガリン

名古屋ふらんすの名古屋ならではの小倉&マーガリン、名古屋の喫茶店で人気メニュー小倉トーストのイメージですね。
デリシャスならぬでらシャスって表現がユニーク。

中部国際空港、名古屋駅キオスク、サービスエリアなどのおみやげショップで購入できます。

JR名古屋駅 グランドショップの住所・アクセスや営業時間など

名称 JR名古屋駅 グランドショップ
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1−1−4 JR名古屋駅構内
営業時間・開場時間 6:15−22:00
利用料金や入場料 名古屋ふらんす「小倉&マーガリン」 (6個入) 695円〜
参考サイト http://www.nagoyafrance.co.jp/ogura
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13. ご当地ベア

全国各地で販売している(株)藤二誠のご当地ベア。
名古屋にはシャチホコベア、小倉トーストベア、ういろベアがいます。
ういろは実際にはいろいろな味が出ているのでういろベアは3色売っています。
大きさはそれぞれに大・小あり。

なごみゃの住所・アクセスや営業時間など

名称 なごみゃ
住所 愛知県名古屋市中村区椿町6−9 エスカ地下街
営業時間・開場時間 10:00−20:30
利用料金や入場料 名古屋ういろうベア(S) 2,160円
参考サイト http://www.fujisey.co.jp/gotouchibear/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14. 名古屋限定ポストカード

名古屋駅前「KITTE名古屋」の一階にある名古屋中央郵便局で販売している名古屋限定ポストカードやマスキングテープ。
名古屋めしやシャチホコがかわいらしく描かれていてユニーク。
お土産として購入するのも良いけど、旅の便りとして名古屋中央郵便局から投函してもオシャレかも。

KITTE名古屋 名古屋中央郵便局の住所・アクセスや営業時間など

名称 KITTE名古屋 名古屋中央郵便局
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−1 JPタワー名古屋
営業時間・開場時間 9:00−19:00
利用料金や入場料 ポストカード 154円 マスキングテープ 380円
参考サイト https://jptower-kittenagoya.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

名古屋観光で泊まりたいホテルはここ!

1. 名古屋JRゲートタワーホテル

2017年オープンの「名古屋JRゲートタワーホテル」。
名古屋駅直結でアクセスグッド!最新の設備でゆったり空間でフィットネス利用も可能。
西側部屋は新幹線が行き交う風景が見れるのでお子様が一緒のファミリーや列車好きにもおすすめ。

「レゴランド®・ジャパン」のオフィシャルパートナーホテルで、宿泊者限定で1デーパスポートをホテルで購入できます。

名古屋JRゲートタワーホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 名古屋JRゲートタワーホテル
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊7,400円〜(2名利用時)
参考サイト http://www.ngh-associa.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. The Gatehouse

めちゃめちゃオシャレな雰囲気の「The Gatehouse」人気フレンチレストランがゲートタワーホテルに入っています。
食事だけでも一度行ってみたい感じ。

The Gatehouseの住所・アクセスや営業時間など

名称 The Gatehouse
住所 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目11−27
営業時間・開場時間 6:30−23:00
利用料金や入場料 ランチ1,600円〜 ディナー5,000円〜
参考サイト http://thegatehouse.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. 三井ガーデンホテル名古屋プレミア

2016年オープンの名古屋の街並みが一望できるとても長めのよいホテル。
パノラマ眺望が楽しめるビューバスツインという部屋はバスルームからもグッドビューが楽しめてしまうプレミアムホテル。
愛知県産の野菜や名古屋コーチンなどご当地素材をふんだんに使用した朝食もグッド!

三井ガーデンホテル名古屋プレミアの住所・アクセスや営業時間など

名称 三井ガーデンホテル名古屋プレミア
住所 愛知県名古屋市中村区名駅4-11-27
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊6,600円〜(2名利用時)
参考サイト https://www.gardenhotels.co.jp/nagoya-premier/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4. 名古屋東急ホテル

ヨーロピアンテイストな高級感漂う名古屋東急ホテル。
名古屋駅から名古屋市営地下鉄で2駅目の栄から約5分。
ホテル内にはもちろん和洋、中華など食事も程よく楽しめますが、栄エリアなので、まわり一帯には地下街や三越などデパ-ト、飲食店も多く便利。

名古屋東急ホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 名古屋東急ホテル
住所 愛知県名古屋市中区栄4-6-8
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊9,000円〜
参考サイト http://www.nagoya-h.tokyuhotels.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さいごに

さていかがでしょうか?名古屋観光してみたくなりましたでしょうか?

テレビや雑誌で見る名古屋めし、本場の名古屋へ食べに来て。
毎年10月には名古屋まつりが開催され、にぎわいます。
聞くだけ読むだけでは良さがわからないので、機会あればぜひとも一度足を運んでみてください。

photo by PIXTA