千葉行ったら訪れたい! パワースポット決定版15選

今や旅行の定番観光スポットとして紹介されることも多くなった「パワースポット」。日本全国に存在するスポットたちは自然、歴史的名所などさまざまな形で残っており、来る者に癒し・元気を与えてくれる貴重な存在となっています。今回はそんなパワースポットから「千葉県」にあるパワースポットの紹介です。

東京から車で約1時間・千葉県

 

東京から車で約1時間・千葉県

image by iStockphoto

東京から車で約1時間の距離にある千葉県。
観光地としては「東京ディズニーリゾート」や「鴨川シーワールド」といったエンターテインメントスポットが人気で、絶景が残るスポットでは「房総半島」や「鋸山」が大きな見どころとなっています。

#1 漁師からの信仰を集めた「円福寺」

 


JR銚子駅からバスで10分。
弘仁年間(810年 – 824年)に創建されたと伝わり、地元では「飯沼観音」や「観音様」の名で親しまれる寺院。
本尊として祀られている「十一面観音」はかつて利根川河口から漁師によって引き上げられたもので、漁師はそれをいいことが起こる兆しと喜んで祀ったとのこと。
そのことから寺院は漁師からの信仰を集めた寺院としても知られています。

#2 自分の行くべき道を示してくれる「猿田神社」

 


自分の進むべき道がわからないときは「猿田神社」を訪れましょう。
総武本線・猿田駅から徒歩5分のこの神社は「垂仁天皇25年」の創建と伝わる神社で、「日本の一番東」にある神社。
「道開きの神」の神である「猿田彦神」を祀ることから、自分の進むべき道がわからないときに訪れると道を示してくれると言われています。
その他には妻である「天細女命」も祀り、芸能・縁結びのご利益もあるとのこと。

#3 人や物の発展・安産祈願に「麻賀多神社」

 

View this post on Instagram

With cats 39/03/17 China, JPN

A post shared by Tomomi (@tmmkto) on


こちらの「麻賀多神社」はJR佐倉駅から徒歩15分。
印波国(現在の千葉県成田市などに相当する)の初代国造(世襲で国を治めた豪族)・伊都許利命が、霊夢(神のお告げが現れる夢のこと)に従い杉の下から7個の玉、1枚の鏡を掘り出したことが歴史の始まり。
ここに祀られている「稚産霊尊」は若い人・幼い人を育てる御神徳があるとされ、人や物の発展、安産祈願などにご利益があるとされています。

#4 仕事で出世したいなら訪れよう「飯香岡八幡宮」

 

View this post on Instagram

#神社 を背に鳥居のところまで 砂浜だったらしいです

A post shared by 🌈SUNNYSIDE🔰 (@_________sunnyside_________) on


これから仕事で大きな成功を収めたい方はぜひ「飯香岡八幡宮(いいがおかはちまんぐう)」を訪れましょう。
白鳳3年(675年)創建と伝わるこのスポットは、八幡宿駅から徒歩で5分のスポット。
上総国(現在の千葉県中部に相当する)の神社の神様を祀っており、奈良時代には武家の神様、平安時代には源頼朝が出世祈願の訪れたとのこと。

#5 100日に及ぶ荒行で有名「法華経寺」

 


京成本線「京成中山駅」から徒歩10分の場所にある寺院「法華経寺」。
創建は文応元年(1260年)鎌倉時代の仏教僧・日蓮聖人が開いたとされており、祀られた「江戸三大鬼子母神(きしもじん)」の1つ「中山鬼子母神」は古くから子授けの神として信仰されています。
また荒行があることでも知られ、11月1日から2月10日まで続く100日修行を終えた僧のみに「祈祷」の秘法が伝えられるとのこと。

#6 安産のご利益と紅葉の名所「小松寺」

 

View this post on Instagram

小松寺 #小松寺 #千葉県南房総市 #紅葉

A post shared by 三上美季 (@miki.mikami) on


小松寺(こまつじ)はJR内房線「千倉駅」からタクシーで10分。
飛鳥時代から奈良時代の呪術者「役小角(えんのおづの)」が建てた草庵(草ぶきの小さな家)が歴史の始まりで、718年(養老2年)に「巨松山檀特寺」として創建。
子宝・安産にご利益があるとされており、その他では房総で有名な紅葉スポットとしても有名。
見どころを迎える時期にはライトアップも開催しています。

#7 強力な勝負運を自分のものに「香取神宮」

 


物事を制するときの力が欲しい時に訪れたいのが「香取神宮」。
JR成田線「佐原駅」タクシーで10分のこの神宮は「初代神武天皇18年」と創建とされる「関東地域全体の守護神」であり、千葉県最強の霊力を持つパワースポット。
勝負の神「経津主大神」が祀られていることから主なご利益は勝負運とされており、競争の激しい仕事をする人、成長するために力が欲しい時に訪れると良いとされています。

#8 幅広い縁を引き寄せよう「縁結び大社」

 

View this post on Instagram

#🎀 とある大きな不動尊様の一角にあるちょっとかわいい雰囲気の#縁結び大社 ❤ 順番に神様を巡って祈願していくのです。 最後まで巡り終えないと手に入らないお守りもいただきました✨ ご祈祷もしていただいて、背筋シャキーン❗ なにを具体的に願ったかは内緒ですが…❤ ここのご利益は、悪縁を絶ち、心を癒し、真の良縁を結んでくださるそうです😌 意中の人がいても、真の良縁じゃなければ逆に離れちゃうそうですよ😉 行く人は心してどうぞ💕 #puttitrip#祈り#願い#神社仏閣#お寺#寺#愛染明王 #happy#smile#temple #こころのケア #癒し旅

A post shared by Maiko (@mainyan222) on


写真はJR「大網駅」からタクシーで約8分の「愛染神社」にある「縁結び大社」。
縁結びの神様と言われる「愛染明王神」を祀っていることから「縁結び」に関するご利益が得られるとされており、その範囲は「良縁成就、恋愛成就、結婚成就」など。
また縁結びのほかには「悪縁を断ち切る」力も持っているとされているため、悪縁を洗い流すのも良いでしょう。

#9 心霊とバスフィッシングの名所「雄蛇ヶ池」

 


写真は千葉県東金市にある人工池「雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)」。
女性のすすり泣く声や笑い声が聞こえると言われる「心霊スポット」として知られており、1981年には「オオマリコケムシ」と呼ばれる生物が大量発生したことも。
現在はバスフィッシングの名所としても知られるようになり、池の周りに設けられた遊歩道から見る池の光景、春のサクラを楽しむこともできます。

#10 春を告げる名物祭が有名「櫻木神社」

 

View this post on Instagram

#櫻木神社 #神社 #桜 #cherryblossom

A post shared by @ aycop on


東武野田線「野田市駅」から徒歩約12分の神社。
嘉祥4年(851年)に藤原嗣良によって創建されたと伝わる野田市最古の神社で、国生みの神様とされる「伊邪那岐」と「伊邪那美」がご祭神。
毎年2月に開催される「御武射祭」は春の訪れを告げる神社の名物祭で、鏑矢(かぶらや)で妖魔を射ることにより無病息災・五穀豊饒を祈願。

#11 海の守り神として信仰を集めた「浪切不動院」

 


朱色の外観が立つこのパワースポットは、JR総武本線「成東駅」から徒歩7分の小高い丘の上に建つ「浪切不動院」。
漂流した船が寺の灯を頼りに難を逃れたという話が残されており、海の守り神として信仰を集めてきました。
朱色の本堂は市の指定文化財に指定されており、家内安全・商売繁盛・事業繁栄など幅広いご利益が得られるとされています。

#12 関東三弁天の1つ「東海寺」

 


写真は大同2年(807年)に空海が嵯峨天皇の勅願により創建したと伝わる「東海寺」。
寛永寺弁天堂(東京都台東区)、江島神社(神奈川県藤沢市)と並ぶ「関東三弁天」の1つと言われています。
毎月1日、15日、巳の日に行われる「月例祈祷」ではお供えされた玉子を加持祈祷、その後参拝者にふるまわれる名物行事(108つまで)。
アクセスはJR「我孫子駅」からバス「あけぼの山公園入口」終点で下車、徒歩10分。

#13 寝転ぶお釈迦様がいる「常楽山萬徳寺」

 


横に寝転がった存在感あるお釈迦様の姿。
ここは館山市にある「常楽山萬徳寺」で、境内に安置されている体長16m、重さ30トンを誇る世界最大級の青銅お釈迦様。
参拝する際はお釈迦様の真ん中で合掌し、その後台座を中心に右に3回回り、足の部分で祈りするとよいとのこと。
足腰にご利益があるとされる「仏足護符」もぜひチェックしてみると良いでしょう。

#14 中山競馬場内にある「ターフィー神社」


balloonshop_kaori (引用元:Instagram)

かわいらしい馬のモニュメントが飾られた写真の神社。
こちらは千葉県船橋市の「中山競馬場」内、スタンド1階25番柱近くにある「ターフィー神社」で、さい銭箱に外れた馬券を入れると供養してくれると言われています。
ここで外れ券を供養し、次に当てられるように祈ってみましょう。
また競馬場内には「南無馬頭観世音菩薩」もあるため、競馬観戦の際はこちらも訪れてみては。

#15 子授けや文化財の名物祭が有名「玉前神社」


otama0358 (引用元:Instagram)

縁結び・子授けのご利益を得たいときはJR外房線「上総一之宮駅」徒歩8分の「玉前神社(たまさきじんじゃ)」を訪れてみては。
海の女神「玉依姫命」を祀っているこの神社は母性を崇拝・守護するとして知られ、女性としての生き方を見つける際に訪れても良いでしょう。
また毎年9月13日に開催される例祭「上総十二社祭り」は千葉県の無形民俗文化財に指定されており、裸男たちがみこしを担いで疾走する光景が名物。

千葉観光時にはご利益を授かりに

 

仕事運や勝ち運、縁結びといったご利益が得られる定番スポット、競馬場内にあるスポットとさまざまある千葉のパワースポット。
千葉観光時にはぜひこうしたスポットでご利益を受けに訪れてみては。
photo by iStock