ディズニーリゾートで落とし物!そんなときはこうしよう!

ディズニーリゾートで楽しく遊んで、家に帰ると「あれ?持っていったはずの物がない!」そんなこともあったり、パーク内で「なくしものをしちゃった…」そんな出来事を経験したことがある方もいるのではないでしょうか?ディズニーリゾートはとても広いですが、忘れ物やなくしたものがあるときはどうしたらよいのかを知りましょう♪実はここまで夢の国なのか!と思うことばかりなんです。ぜひ最後までお付き合いください。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

パーク内で落とし物に気が付いたら

ディズニーリゾートでは落とし物に関して手厚いサポートをしてくれます。
落としてしまったから、なくしてしまったからといっても諦めるのはまだ早い!

もしなくしたり落としてしまったときのフローをご紹介します。

パーク内で落とし物を預かっているスポットへ足を運ぼう

ディズニーランド、ディズニーシーどちらのパークも共に、遺失物を預かっているスポットがあります。
遺失物の他にもサービスを行っているスポットなので、今までに足を運んだことのあることもあるなんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実際に落とし物や忘れ物などをすると、焦って場所が分からなくなってしまったり、頭が真っ白になってしまったりと、意外と冷静に対処できないものです。

そんなときにここで紹介する情報を思い出して、「そういえば落とし物を預かっているところがあるって言ってたなぁ…」と思い出して、足を運んでみましょう。

パークごとに場所をご紹介します。

ディズニーランドで落とし物をしたら「メインストリート・ハウス」へ!

ディズニーランドで忘れ物や落とし物に気が付かたら、「メインストリート・ハウス」へ行きましょう。
場所はとても分かりやすいです。

ワールドバザールにある総合情報サービス施設となっていますので、ワールドバザールの入り口にあります。
「ワールドバザールの入り口ってどこ?」と思いますよね。
場所は、エントランスを入ってワールドバザールの方に歩いていきましょう。

ワールドバザールに入らず、アーケードまできたらすぐ左にあるのがメインストリート・ハウスです。
そこに詩を運んだ時に届いていればそこで受け取ることができますが、もし届いていないときは、遺失届を書いて、見つかったら連絡をもらえるというような流れになります。

遺失物の取り扱い以外にも、私たちがパークで困った時に助けてくれるサービスがたくさんありますが、ここでは落とし物についての記事なので、割愛しますね。

ディズニーシーで落とし物をしたら「ゲストリレーション」

ディズニーシーにも、遺失物を預かっているスポットがあります。
それが、ディズニーシー・プラザにある「ゲストリレーション」。
東京ディズニーシーの情報を私たちに提供してくれるサービス施設になっていて、ディズニーランド同様私たちがパークで楽しめるようなサービスを提供しています。

遺失物に関しての手続きやフローは、先ほどご紹介したディズニーランドの方法と同じです。
こちらの場所は、エントランスの並びにありますので、場所はとても分かりやすい位置にあります。

もし分からなくなってしまったときは、エントランスを入って後ろを向いて、そのままもう1つあるエントランスに向けて目線を送っていくと、途中でゲストリレーションの入り口が目に入ります。

もしものときは、こちらへ足を運びましょう。

パークを出てから落とし物に気が付いたときは?

パークの中で落とし物や忘れ物に気が付くだけではありませんよね。
パークを出てから気が付くこともたくさんあります。
そんなときはどうしたらよいのかも知っておきましょう。

ディズニーランドでは「イーストゲート・レセプション」へ!

東京ディズニーランドの情報を私たちに届けてくれるパーク外の窓口として活用されています。
様々な用途にご利用いただけるパーク外のサービス施設ですので、遺失物以外にもたくさんのサービスがありました。

表現が過去形になっているのは、サービス内容に変更があったからです。
実は、2017年4月1日から、イーストゲート・レセプションでの取り扱いサービスに変更があります。
ですので、新しい情報を頭に入れておいてくださいね。
取扱内容は少し詳しく記載しておきます。

1.前売り券の販売/券種変更/年間パスポートの作成/年間パスポート引換券の販売

2.遺失物の取り扱い

この2つに絞ってサービスを展開していますので、遺失物に関しては今まで通りサービスを提供しています。
ここで受け取れる場合は受け取れますし、もし届いていない場合は遺失届を出す形は変わりません。

営業時間は開園1時間前から閉園30分後と幅広い時間帯に対応しています。
パークを出て気が付いたときはぜひ活用してください。

※2017年4月1日より、 開園1時間前~閉園30分前 に変更いたします。

ディズニーシーでは「東京ディズニーシー・インフォメーション」へ

ディズニーシーを出てから気が付いた時には、ディズニーリゾートラインの駅である、東京ディズニーシー・ステーションの中にある、「東京ディズニーシー・インフォメーション」へ足を運びましょう。

こちらは2017年4月1日以降も提供するサービスは変わっていませんので、ご安心くださいね。
営業時間は開園1時間前から閉園30分後と、ディズニーランドと変わりません。

家に帰ってから気が付いた!そんな時はどうする?

電話で問い合わせしよう☆

家に帰ってきてから気が付くこともありますよね。
私はこのパターンが多いです。
パークそれぞれに電話番号がありますので、心当たりのパークに電話で問い合わせをしてみましょう。

1.東京ディズニーランド遺失物センターは、

047-305-3062 受付時間:10:00~19:00

2.東京ディズニーシー遺失物センターは、

047-305-3063 受付時間:10:00~19:00

受付時間がパークの営業時間とリンクしていないので、気を付けましょう。

手元に戻ってくる可能性を知っておきましょう

携帯電話(スマホ)が遺失物センターに届いたときの注意事項

携帯電話の落とし物はパーク内でもかなり多いのが現状です。
アトラクションから降りるときなどにポケットから落としてしまうことが…。
鳴らしてみればキャストさんが出てくれると思ったら実はそれは間違い!

遺失物センターに届いたあと、携帯電話は電源をオフにします。
それは、データがなくなったなどのトラブル防止の観点から。
ですので、なくして電源が入っていないときには遺失物センターに届いている可能性が高いと考えましょう。

まずは遺失物センターに足を運んでみることが大切です。

実際に戻ってくるのか心配…

実際に戻ってくるのか心配になりますよね。
パーク内には親切な心を持ったゲストの方がほとんどなのですが、中にはそのまま持っていってしまうというような、心ない方もいるのが現状です。

ですので、すべてが戻ってくるというお約束はできません。
戻ってくる可能性を高くするには、「できるだけ早く問い合わせる」「遺失届を書く」「どこでなくしたのかを思い出す」この3つをまずは行いましょう。

これをすることで、手元に返ってくる可能性があがります。

特徴を詳しく伝えましょう

みなさんご存知のとおり、パークには毎日たくさんのゲストの方が足を運びます。
同じものを持っていたり、似たような商品を持っているということもあります。
特に市販薬などは種類がかぶることもありますので、特徴を細かく伝えるようにしましょう。

キャストさんもどんどん特徴を聞いてくれますので、できるだけ答えるようにしてみましょう。

可能であれば本人が問い合わせをしましょう

これは私の体験談でもあるのですが、一緒に行った子が忘れ物に気が付いたのですが、その子は海外出張で電話をすることが難しい状況にありました。
その代わりに私が電話をして問い合わせをしたのですが、キャストから「似たような落とし物が届いているのですが、もう少し特徴を詳しく聞かせてもらえますか?」とのことでした。

もちろん特徴は聞いていましたが、似ている落とし物が3つあるとのことでさらに質問が。
私はそれ以上答えられず、手元に返ってくるまでに時間がかかってしまってので、これが本人だったらもっと早く手元に返ってきたのだと思います。

このような経験から、本人が問い合わせることが大切ということをお伝えしておきます。

家に帰ってから見つかった場合は取りに行くの?

家に帰ってから見つかった場合は、普通郵便でポストに投函可能なものであれば郵送代無料。
その他は着払いでの対応になります。
さすがにここは私たちが負担しましょう。

家に届くと、お手紙が一緒に入っていました。
またパークでお待ちしていますという気持ちがとっても伝わってくる素敵なお手紙でした。

落とし物の対応もディズニーならでは 感動話♪

パークに忘れたダッフィーのぬいぐるみの帰宅

これは私の友人からのお話。
ダッフィーのぬいぐるみをレストランに忘れてきてしまったそうです。
しばらくして手に持っていないことに気が付き、遺失物センターに足を運んだものの、その日は届いていないとのことで、帰宅することになりました。

その翌日、遺失物センターから電話があって「見つかりました」とのことでした。
近日中にパークに行けなかったので、家に配送してもらうつもりでしたが、その時の一言がとってもディズニーらしくて素敵だなと思いました。

それは、「ダッフィーが箱の中で苦しくなってしまうかもしれませんが、それでもよろしければお家まで帰れるように致しますが、どうしますか?」と言っていただけたそうです。

こんなに素敵なお話、みなさんにも知ってもらいたくてお伝えしました。
こんなに素敵なお話を聞いたら、ディズニーがもっと好きになってしまいますよね。

落とし物に気が付いたら、すぐに対応しましょう

パーク内で落とし物をしたときのフローをお伝えしましたが、気が付いたときによって違いがあります。
どこで気が付いたとしても、とにかく早くキャストさんに声をかけたり、遺失物センターに足を運ぶなど、早急に対応しましょう。

夢の国なので、きっとみなさんの手元に戻ってくると信じて…

photo by PIXTA , iStock and so on.