1人でディズニーリゾートを楽しむときのコツって何?

ディズニーリゾートと言えば、友達や家族、そしてカップルで楽しむところと思っている方がほとんどだと思います。今までパークで遊んでいて、「この人は1人で来ているのかな?」と感じた経験、きっとありますよね?

実は、ディズニーリゾートは1人でパークに行っても楽しめるようにたくさんの工夫がされています。1人ではいろいろ大変なことがありそうですが、実ははまってしまうと1人だからこそ思いっきり楽しめることもたくさんあるんですよ。

その方法をご紹介します♪

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

1人で行くメリットはこれだ!

自由に動ける

ディズニーに友達など複数人で行くと、アトラクションや食事、トイレなど、周りに合わせないといけないことがありますよね。
それが違った発券をするきっかけにもなって面白いのですが、窮屈になるときもありますよね。

1人で行くとパークに行く時間から中での時間尾使い方まで、自分の好きなようにスケジュールを立てることができます。

もちろん複数人でわいわいと楽しむのももちろんですが、1人で遊ぶ快適さを知ってしまうとはまってしまいますよ。

キャラクターを独り占めできる

ディズニーランドとディズニーシーには、キャラクターグリーティングといって、キャラクターと触れ合えるスポットがあります。
そこでは、順番待ちをして自分の番が来たら思う存分キャラクターと一緒にいられます。

1人で行くと、キャラクターを独り占めすることができます。
誰かと行くとどうしてもキャラクターがみんなを喜ばせようとするのでどうしても自分だけを見ていてもらうのは難しいです。

ですが、1人で行くと自分だけを見ていてくれるので、キャラクター通の方はぜひこの魅力を体感しましょう♪

キャラクターグリーティングはここ!

1人でキャラクターを独占できるキャラクターグリーティングですが、常にあるスポットをここでご紹介しておきます。

【東京ディズニーランド】

ミッキーの家とミート・ミッキー(ミッキー)

【東京ディズニーシー】

ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ミッキー、ミニー、グーフィー)

“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック(ドナルド)

ヴィレッジ・グリーティングプレイス(ダッフィー)

アリエルのグリーティンググロット(アリエル)

こんなにあるんですよ。
2020年にオープンする新しいエリアにもキャラクターグリーティングを作ると発表がありました。
今から楽しみですね。

1人でアトラクションを楽しむコツを知ろう

座ってのんびりできるアトラクションは人目が気にならない

1人で初めてパークに行って遊ぶ時は、どうしてもまわりの目が気になってしまうこともあります。
1人でディズニーを楽しむ初心者の方は、座ってのんびりできるアトラクションに入りましょう。

例を挙げると、ディズニーランドであれば「ミッキーのフィルハーマジック」、ディズニーシーならば「マジックランプシアター」など。
この2つのアトラクションに共通して言えることは、目の前のスクリーンやキャストさんを見るタイプのもの。

つまり、みんなの視線がそこに向かうので、1人で来ていても気がつきにくいんです。
そして、1回のアトラクション時間も15分程度と長いので、のんびりアトラクションを楽しむことができます。

シアタータイプのアトラクションをご紹介

実際にシアタータイプのアトラクションはなにがあるのかを簡単にご紹介します。

【東京ディズニーランド】

ミッキーのフィルハーマジック→3Dメガネをかけて楽しみます。

カントリーベア・シアター→熊のみんなが歌う歌が素敵です。

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”→スティッチ好きにはたまりません。

スティッチ・エンカウンター→スティッチにターゲットにされるかも!?気が抜けないアトラクション。

【東京ディズニーシー】

マジックランプシアター→ジーニーの魔法を楽しめるショーが癖になります。

タートル・トーク→亀のクラッシュとお話ができるので、質問を考えていきましょう。

このようなラインナップ。
どれも座って楽しめるタイプですので、ぜひ楽しみましょう。

シングルライダーを活用しよう♪

ディズニーリゾートのアトラクションには、「シングルライダー」という1人のゲストが優先的にアトラクションに乗れる仕組みがあります。
なぜ1人で遊んでいるゲストが優先になるのか気になりますよね?

例えば4人が1列に座るアトラクションに3人組が座ったとします。
1つ空席ができますよね。
その空席を利用したのがシングルライダー。
1人でパークを楽しんでいるゲストの方に、の空席を有効活用してもらうということからこの制度は始まりました。

すべてのアトラクションがシングルライダー対象ではないことと、日によってはシングルライダーを行っていないときもあります。
スタンバイ列のキャストさんに確認するようにしてください。

シングルライダーを使って時間を有効活用して、どんどんアトラクションを楽しみましょう♪

レストランを1人で楽しむコツ

手軽に済ますならワゴンのグルメ♪

1人でいるとレストランに入るのも気が引ける…そんなときはワゴンのグルメを楽しみましょう♪私は1人でパークに行ったときにワゴンのグルメを制覇する目標を立てていました。

レストランに入らなくてもお腹がいっぱいになるので、食べ歩きをしながらパーク内をがんがん歩いて自由に楽しめます。

やっぱりゆっくり食事をしたい!そんなときは…

1人で遊んでいてもやっぱり休憩も兼ねてレストランで食事をしたい時ってありますよね。
そんなときは人が多くて少しがやがやしているレストランがおすすめ。

ディズニーシーにあるマゼランズやSSコロンビア号のレストランなど、少しおしゃれなレストランは人の目が気になりやすいレストランでもあります。
その分、人が多くて少しにぎやかなレストランは、他の人の目が気になりにくいです。

人が多くてにぎやかなレストランはパーク内にたくさんあるので、ご自身の雰囲気に合ったレストランをチョイスして、1人様を楽しみましょう♪

1人で行くときに心構えしておきたいこと

待ち時間を充実させましょう

アトラクションを1人で楽しむためには、どうしても避けられないのが待ち時間。
まわりはみんなでわいわいしていますが、自分は1人で待たないといけません。
その時間だけはどうしてもさびしくなりますので、待ち時間を充実させることを考えましょう。

私の場合はひたすらポップコーンを食べるようにしています。
アトラクションのスタンバイ時間が長くなると感じたら、スタンバイに入る前にポップコーンを買っておきます。
それをとにかくひたすら食べる…。
意外と飽きません。

おして、次にどう動くかを考えながらスタンバイします。
時間の有効活用にもなりますし、特にどのお土産を買おうか迷っている時はリーフレットを見ているだけでもとっても楽しいですよ。

ぜひ参考にしてください。

ショーの待ち時間は要注意

ショーを待つときは、同じ場所から長時間動けないことも多く、忍耐が必要になります。
そんな時に知っておくことや、準備しておくことをご紹介します。

まずトイレを済ませておくこと。
待ち時間にトイレに行きたくなるとかなり辛いです。
私は冷や汗をかいた経験があります。

そして、夏は炎天下で待つことになりますので、場所を取る前に冷たい飲み物やアイスなどを買っておきましょう。
食べながら待つことで時間が過ぎるのが少し早く感じます。
熱中症対策にもなります。

冬は反対に寒くなるので、スープなどの温かい飲み物を手に待ち時間を過ごしましょう。
そうすることで少しだけ快適に時間を過ごすことができますよ、

1人でショーを待つのは大変なの?

1人でショーを待つのは準備さえしていればそこまで大変ではありません。
ですが、ここまでの説明の中で「準備をして場所を取りましょう」とお伝えしています。
その理由を知っておくとより準備の大切さを実感できます。

ショーを待つ場合は、シートや荷物だけにしないようにするのがルール。
つまり、シートや荷物を置いたら、必ず1人がその場にいなければなりません。
ですので、1人でショーを待つ場合には自分がその場にいないといけないんです。

なので、準備をしてから場所を取らないと身動きの取れない状態になりますので、過酷な状況の中で待つことも。
私は夏に場所取りだけを焦ってしまったために、飲み物なしで約2時間待った経験があります。

今考えるとよく熱中症にならなかったと思います。
みなさんには快適に待ち時間を過ごして頂きたいので、ぜひ参考にしてください。

無理をしないで楽しむ☆

普段みんなでパークにいる時にはできないことを1人では楽しめるので、どうしてもテンションがあがってしまう気持ちはよくわかります。
ですが、体調を悪くしてしまうと1人で来ている分フォローしてくれる人がいないので大変な思いをしてしまいます。

帰りの運転や電車の乗り換えもすべて自分でしなければなりませんので、身体に無理がかからないようにしっかりペース配分して楽しむことが大切です。

1人でディズニーを楽しむコツを知ればもっと楽しめる♪

ディズニーリゾートを独りで楽しむコツをご紹介してきましたが、今まで着目していなかったこともあったと思います。
なかなか1人で行くのは勇気のいることですが、実はとっても楽しい1人インパ。

1人で楽しむ方法がわかると、1人ディズニーにはまること間違いなし!夢の国で素敵な時間を、自分のために存分につかってくださいね。

photo by PIXTA , iStock and so on.