スペイン観光なら次はここ!「レオン」で見たい絶景10選

スペイン北西部にあるレオン州の県都です。古くはローマ軍団第6軍団によって建設され、第7軍団が長くキャンプを張り、後にレオン王国の歴史をたどります。1983年カスティーリャと合併しカスティーリャ・イ・レオン州となり、その中でレオン県の自治が行われています。13万人を超える人口があり、キリスト教会関連の建築記念物が多いのです。レオンでの絶景10選を紹介します。

青い空にそびえる威厳あるレオン大聖堂

青い空にそびえる威厳あるレオン大聖堂

image by iStockphoto

カトリック教会のレオン大聖堂です。
フランス古典的ゴシック様式を伝えていてサンタ・マリア・デ・レグラとも呼ばれます。
19世紀に行われた修復工事中に基礎にはローマ軍団第7軍団の大規模な浴場の遺構が発見されているのです。
最初にオルドーニョ2世が王宮を建てたのですが、死後そこに葬られベネディクト会派によって教会が維持されるようになりました。
フェルナンド1世は聖母マリアに捧げられるロマネスク様式を用いて再建をしています。

レオン大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 レオン大聖堂
名称(英語) Catedral de León
住所 Plaza Regla, s/n, 24003 León
営業時間・開場時間 9:30−13:30, 16:00−19:00(冬期) 9:30−13:30, 16:00−20:00(夏期)
利用料金や入場料 大聖堂6ユーロ 博物館5ユーロ
参考サイト http://www.catedraldeleon.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美しいサンタマリアデゼゴビア大聖堂

美しいサンタマリアデゼゴビア大聖堂

image by iStockphoto / 87667961

カスティーヤレオンのゼゴビアにあるサンタマリアゼゴビア大聖堂です。
ゴシック建築様式を伝えていて1985年にゼゴビア旧市街とローマ水道橋の名のもとに世界遺産に登録されています。
薄い橙色のレンガでできていて夜間に照明を浴びると金色に輝いて見えます。
大聖堂の貴婦人とも呼ばれるこの教会内部はステンドグラスや彫刻がすばらしいですね。
1525年から250年の歳月をかけて建設されているのです。

サンタマリア・デ・ゼゴビア大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタマリア・デ・ゼゴビア大聖堂
名称(英語) Catedral de Segovia
住所 Plaza Mayor, s/n, 40001 Segovia
営業時間・開場時間 9:30−18:30(日曜は13:15から,冬期は17:30まで)
利用料金や入場料 3ユーロ, 塔5ユーロ
参考サイト http://www.turismodesegovia.com/que-ver/monumentos/catedral/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レオン王家の代々の王が眠るサンイシドロ教会

レオン王家の代々の王が眠るサンイシドロ教会

image by iStockphoto

レオンのセント・ドミンゴ広場から北方面に伸びる道を行くと出てきますよ。
この教会は代々のレオン王家の霊廟があります。
入り口が一般向けのものと、ライオンの贖罪用の入り口があります。
この巡礼を最後にする人はその入り口から入るのですね。
ロマネスク様式の傑作と言われて内部の造りが素晴らしいですが、霊廟の天井画は最も人気のあるところです。
王の石棺が並ぶ部屋もあり、歴史の重厚さを実感します。

サン・イシドロ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・イシドロ教会
名称(英語) Basílica de San Isidoro
住所 Plaza San Isidoro, 4, 24003 León
営業時間・開場時間 10:00−14:00, 16:00−19:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://www.museosanisidorodeleon.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夜間の照明が映えて趣のあるマヨ―ル広場

夜間の照明が映えて趣のあるマヨ―ル広場

image by iStockphoto

スペインのどの街にもあるマヨ―ル広場、大広場という意味ですね。
旧市街の東側にあって旧市庁舎の3階建ての建物がとても美しいです。
夜の照明を受けるとなおさらに静寂さとムードがありますね。
レストランのテラスでは昼間の喧騒もどこへやら、パラソルの下でテーブルと椅子たちが夜の帳を静かに過ごしています。
どこかの貴婦人がお1人でワインを注文しているのでしょうか。

マヨ―ル広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 マヨ―ル広場
名称(英語) Plaza Mayor
住所 Plaza Mayor, 24003 León
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitaleon.com/plaza-mayor
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マヨ―ル広場にあるテアトロ・フアン・ブラボー劇場

カスティーリャレオンのセゴビアにあるマヨ―ル広場に面したテアトロ・フアン・ブラボー劇場です。
1918年10月から営業されている劇場ですね。
1階にカフェがあり、とても人気のあるお店ですよ。
パエリヤやローストチキン、軽食もパスタやドリンク類が安く飲食できますよ。
何といっても静かで落ち着ける場所です。
昼間は広場に訪れる人が多いので店内の座席がいいかもしれませんね。

フアン・ブラボー劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称 フアン・ブラボー劇場
名称(英語) Teatro Juan Bravo
住所 Plaza Mayor, 6, 40001 Segovia
営業時間・開場時間 公演による
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://www.teatrojuanbravo.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白い屋根のアスンシオン大聖堂

白い屋根のアスンシオン大聖堂

image by iStockphoto

とても美しい大聖堂です。
荘厳なイメージの礼拝堂はもちろんのこと建物内部にはニカラグアの芸術家の作品やアンディ・ウォーホールなど現代美術と宗教芸術をふんだん見ることができます。
さらに屋根に登って見る景色が素晴らしいのですよ。
屋根の構造物がすべて白亜の漆喰で整備されていて、まるでそらの雲の上から地上を見下ろしているかのような錯覚に陥ります。

ゴシック建築様式の大聖堂内のアトリウム

ゴシック建築様式の大聖堂内のアトリウム

image by iStockphoto

カスティーヤレオンにあるゴシック建築様式のカトリック信仰を勧める大聖堂のアトリウムです。
高い天井から真っすぐに垂れ下がっているかのような花崗岩の柱はとても繊細で、側面から太陽光を浴びることで光り輝き、まるで天から降り注ぐ雨かシルクのカーテンのようにさえ感じます。
聖母マリア像を正面にして廊下を歩くと厳かな雰囲気がじんわりと感じられて気持ちも不思議に落ち着いてくるものですよ。

雄大なゼゴビアの大水道橋

雄大なゼゴビアの大水道橋

image by iStockphoto

紀元前80年にローマ軍がゼゴビアを制圧して後に都市整備を始めました。
ゼゴビアの旧市街が小高い丘の上にあるためにほぼその高さを維持しながら遠方の旧水源を水道でつなぐ方法しかなかったのです。
当時の軍事力、建設技術の素晴らしさがわかりますね。
現在も水道橋の上を上水道のパイプが通っていて有効に働いています。
1985年に世界遺産に登録されました。
夜間になると照明に照らされて美しく輝き観光スポットとなっています。

ゼゴビアの大水道橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ゼゴビアの大水道橋
名称(英語) Acueducto de Segovia
住所 Plaza del Azoguejo, 1, 40001 Segovia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 ガイドツアー13.80ユーロ
参考サイト http://acueducto.turismodesegovia.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

荘厳なサンエステバン修道院礼拝堂

荘厳なサンエステバン修道院礼拝堂

image by iStockphoto

カスティーヤレオンのサラマンカにあるサンエステバン修道院の礼拝堂です。
1618年にドミニコ会の修道院として建てられました。
コロンブスが天文学を学ぶためにサラマンカ大学に通うためここで宿泊したと言われています。
内部装飾は全体にルネサンス様式のプラテレスコと言われるものです。
礼拝堂は実に荘厳なイメージで見る価値がありますね。

サン・エステバン修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・エステバン修道院
名称(英語) Convento de San Estéban
住所 Plaza del Concilio de Trento, s/n, 37001 Salamanca
営業時間・開場時間 10:00−14:00, 16:00−18:00(冬期) 10:00−14:00, 16:00−20:00(夏期)
利用料金や入場料 3.5ユーロ
参考サイト http://www.conventosanesteban.es/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カスティーヤレオンのアビラにある中世の都市壁

街を外敵から防衛するために全体を城壁で囲んでしまうといった遺跡の残存です。
1090年に築き始めましたが、壁のほとんどは12世紀に再建されました。
壁は幅が平均3m、高さが平均mあり、9つのゲートが付いています。
中でも聖ヴィンセントの門と要塞の門には半円形のアーチでつながった20mの塔が門を形成しているのです。
中世の城の城壁と似通っていて全体が2500mありますが、そのうちの半分ほどの壁の上を歩くことができます。

アビラの城壁の住所・アクセスや営業時間など

名称 アビラの城壁
名称(英語) Muralla de Ávila
住所 Calle Marqués de Santo Domingo, 34, 05001 Ávila
営業時間・開場時間 10:00−18:00(冬期) 10:00−20:00(夏期,7−8月は21:00まで) 月曜休
利用料金や入場料 大人5ユーロ 子供・学生3.5ユーロ
参考サイト http://muralladeavila.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レオンの街を後にして

レオン市は人口13万人の街ですが、ここを拠点として巡ると様々な宗教遺跡を見ることができます。
古くはローマ時代の遺構から、その後の教会建設の歴史的な文化遺産は計り知れないほどです。
ワントリップで十数回分の文化遺産を目にした気がします。
あなたもワントリップを。
GoodLuck!
photo by iStock