トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド

カナダ最大の都市、トロント。あまり知られていないかもしれませんが、トロントは意外に大きく、大都会の雰囲気を醸し出しながらも、住みやすく興味深い街。異文化のダイバーシティーを感じられる、知るほどに虜になってしまう、そして住みたくなってしまう街。今回はそのトロントの魅力をご案内します。

あなたがトロントに住みたくなる魅力はこれ

お気に入りのエリアがいくつもあること

お気に入りのエリアがいくつもあること

image by iStockphoto / 70459487

私が以前トロントに住んでいた時に、本当に興味深いエリアがたくさんある街だな、ということを感じました。
それは移民、異文化を受け入れていることからきているのかもしれません。
チャイナタウンはもちろん、イタリアン、ギリシャ街など、まるでその国に行ったかのような気分になるくらいに、異文化を感じるエリアが点在しているのです。
そういう意味では、少しニューヨークに似ているかも。
様々な文化を受け入れながら成長している街がトロント。
都会の雰囲気を味わえる、ダウンタウン、ハーバーフロントは夜景も美しく地元民のナイトスポット。
そしてたくさんのイベントが行われているエリア。
また、ちょっとリラックスした気分を味わいたければ、都会の中にも落ち着いた公園が点在しているところも気に入ってしまうポイントかも。
そんなトロントは、住んでみるとそれぞれお気に入りを見つけられる、素敵な街なのです。

大自然も都会ライフも楽しめるところ

大自然も都会ライフも楽しめるところ

image by iStockphoto

カナダといえば思い浮かべるのが大自然。
ここトロントにも、そんな自然を満喫できるエリアがたくさんあるところも魅力の一つ。
まず自然といえば、ナイアガラの滝。
都会の喧騒から、約2時間のドライブでついてしまう、自然の美しさと素晴らしさを感じられる場所へ行くことができるのです。
そして面積が大きいカナダならではの、広大な公園が随所にあること。
お散歩や、ジョギング、読書やお昼寝、思い思いの時間を過ごせる場所があるということは、私たちの心も癒してくれるのです。
そのリラックスできる緑の空間と、隣り合わせになるように存在する街並み。
今日はどこに行こうかなと、思いを巡らせて一日を始められるほど、街の中にも見所がたくさんあるのです。

ローカルグルメが意外に美味しいところ

ローカルグルメが意外に美味しいところ

image by iStockphoto / 30008216

カナダ、トロントのローカルフードってなんだろう、という感じでピンとこない方も多いかと思いますが、意外に美味しいものがあるのです。
まずは「プーティン」という、フライドポテトにチーズとグレービーソースをかけた見た目もボリュームタップリの食べ物。
かなりのハイカロリーですが、ビールのおつまみにもぴったりの味は地元民にも大人気。
その他全体的にボリューミーでヘビーなトロントローカルフードですが、食べ始めたらあなたも大好きになるかも。
他にもお気に入りの食べ物をきっとみつけられるほど、グルメな街なのです。

エンターテイメントを楽しめるところ

エンターテイメントを楽しめるところ

image by iStockphoto

エンターテイメントも欠かせない要素。
トロントにはメジャーリーグベースボールチームのトロントブルージェイズ、バスケは、トロントラプターズ、そしてホッケー、トロントメイプルメイプルリーフスとスポーツ観戦も盛んで、地元民はシーズンになるとそれぞれのスポーツを楽しんでいます。
トロント生活には欠かせない要素。
スポーツに興味がなくても、行ってみると意外に夢中になるかも。
スポーツの見せ方、ショーアップの仕方はまさにザ・エンターテイメント、です。

そしてトロントは、ニューヨーク、ロンドンに次いでミュージカルを楽しめる街。
しかも、ニューヨークやロンドンでしか見れないものも、ここトロントなら見ることができたりするのです。
街中では、ハリウッドの映画撮影をやっていたりする光景も度々観ることができます。
ちょっとラッキーな場面に遭遇するかも。

トロントニアンの生活ってどんな風?

季節ごとにトロント生活を楽しもう

季節ごとにトロント生活を楽しもう

image by iStockphoto

たくさんのイベントが企画季節ごとにされている街、トロント。
春のイベントといったら、日本人にとってはお花見。
それがここトロントでも楽します。
場所はハイパーク。
地下鉄ハイパーク駅で降りれば、そこには大きな公園が。
年中地元民で賑わいますが、特に桜の時期はトロントニアンも桜を楽しみます。
見頃は4月下旬から5月上旬。

そして夏、6月にはテイストオブリトルイタリーというイタリアン街で行われるイベント。
カレッジストリートを全て閉鎖して、レストランの出店やストリートパフォーマンスなどを楽しめます。
美味しいイタリア料理を味わいながら、パフォーマンスを見て華やかな雰囲気を味わえます。

秋にはおなじみ、トロントインターナショナルフィルムフェスティバル。
世界中から300以上の映画が上映され、ハリウッドスターも集結するイベント。
スターと一緒に写真を撮ったりできるかも。
そして冬にはサンタクロースパレードなど、たくさんのイベントを楽しめる街トロント。
一年もあっという間です。
トロントニアンはこれらのイベントに参加し、楽しむ、本当に自分たちの住んでいる街に愛着を持っている様子が伺えますよ。

トロントに住みたい。費用はどれくらい?

トロントの住宅情報

トロントの住宅情報

image by iStockphoto

トロントに住みたい、と思っても一体家賃はどれくらいが相場なのか知りたいですね。
住宅状況によってに大体の家賃はこんな感じです。

まず、アパートを借りて滞在する場合。
もちろん場所や条件によりますが、大体、月に最低900カナダドルと考えておくといいでしょう。
光熱費は込みのところと、別のところがあります。
賃貸アパートには冷蔵庫やオーブンは備え付けられていて、ランドリーは、大きなアパートメントビルならビルの中にランドリールームがあるので便利。
私はダウンタウンの便利なエリアに住んでいましたが、家賃は当時750ドルで光熱費込みでした。
ダウンタウンの家賃は高めですが、安全ですし、交通費が意外にかからないという利点があります。

もう少し費用を抑えたい場合は、シェアハウスという方法があります。
個室を使い、バスルームやキッチンは共同です。
家賃は500ドルぐらいから。
金額は抑えられますが、ルームメイトとの相性、部屋の清潔さなどはきちんとチェックをしておかないとトラブルの元になります。
友達をたくさん作って情報交換したい方にはいいかも。

トロントの物価は?

トロントの物価は?

image by iStockphoto

そして知りたいトロントの物価。
トロントのあるオンタリオ州での買物には、14%の消費税(連邦税6%+州税8%)が加算されます。
物価的に日本と比べてみて、トータルではあまり変わらないような気がします。
物によって日本の方が高かったり、安かったりとう感じです。
食品、日用品はカナダの方が若干安いような気がします。
食料品を安く手に入れたいなら、ケンジントンマーケット、またはチャイナタウンがお勧め。

そしてトロントでは、アルコール類は全て、政府直営の酒店、Liquor Control Board of Ontario、 (LCBO)でしか売られていません。
LCBOはショッピングモールなどによくあります。
どこでも買える日本と違うので、お酒好きな方には少し不便に感じるかも。
それ以外の買い物は、ダウンタウンに出れば、ショッピングモール、数々のショッップが並んでいるヤングストリートを歩いて行けばほとんどのものが手に入ります。

治安は?危ないエリアはある?

治安は?危ないエリアはある?

image by iStockphoto

トロントは、世界の最も住みやすい都市ランキングでも上位にランクインされるほど、北米都市の中でも重犯罪が少ない安全な都市ではありますが、常に気を引き締めて生活することが大切。
自分の荷物は肌身離さず、人通りの多いメインストリートを歩き、夜の一人歩きはなるべく避けるようにしましょう。
ダウンタウンのメインストリートであるヤングストリートでは、多くのホームレスが物乞いをしています。
意外に多くて、最初はびっくりしてしまいますが、危害を加えるということはないので、声をかけられた時は動じないで、ノーと言えばすぐに去っていきます。

資金はどれぐらい?

短期間(3ヶ月)滞在した場合は?

短期間(3ヶ月)滞在した場合は?

image by iStockphoto

トロントにプチ移住した場合、どれくらいの資金が必要か考えてみましょう。

まず家賃が、1ヶ月900ドルとして、光熱費が200ドル、食費がつき400ドルで3ヶ月で4500ドルプラスお小遣いというところが相場でしょうか。
何れにしてもなるべく余裕を持っておいた方が何かの時に安心ですね。
税金については先ほど触れましたが、カナダでもチップが必要になるので、意外と高くつくものもあります。
チップの相場は、アメリカ同様、レストラン、タクシー、ヘアサロン、ネイルサロンでは10~15%と覚えておくといいでしょう。
外食が続くとお小遣いもまたたく間になくなってしまうので、チープなもので済ませたり上手にやりくりしてみましょう。
ちなみにカナダは6ヶ月ビザなしで滞在することができます。

1年でどれくらいになるの?

1年でどれくらいになるの?

image by iStockphoto

1年では3ヶ月を参考にすると、年間でアパートに住んだ場合、10800ドル、プラスお小遣いということになりす。
小旅行や外食費など、長くいるとそれだけ出費もかさむもの。
楽しく海外生活を生活しながら節約はなかなか難しいところですが、まずは資金を十分に用意することが大切ですね。
目標に向かってコツコツ資金を蓄えておきましょう。

トロント移住に必要なもの

ビザは必要? 取得の条件、学生の違いは?

ビザは必要? 取得の条件、学生の違いは?

image by iStockphoto

ビザについては、ワーキングホリデー、学生ビザの2種類があります。
観光は6ヶ月以内の滞在なら、ビザなしてステイすることができます。
ワーキングホリデーは18〜30歳までが応募でき、毎年募集されるので、締切日をサイトでチェックしておくと良いでしょう。
学生ビザに関しては、学校の入学許可証を受け取ってる事、つまり学費支払い後にビザ申請となります。
現地で延長をすればいくらでも滞在吸うことが出来ますが、延長でも学校からの通学許可証が必要。
そして生活費として、 1ヶ月1000ドルを目安とする銀行からの残高証明が必要になります。
何れにしてもアメリカと比べると比較的ビザは取りやすいです。
ビザなしの観光の場合は帰りの航空券がないと厳しくチェックされるので、ビザなしでのステイをする場合は必ずようしておきましょう。
 

移民するにはどうすればいい?

移民するにはどうすればいい?

image by iStockphoto

ご紹介した通り、カナダは積極的に移民を受け入れている国なので、条件さえ整っていれば申請ができます。
いくつか種類がありますが、一般的なものがスキルドワーカー(個人移民)で、例えば、国を問わず1年以上の職務経験がある(職種リストの中から当てはまるもの)などです。
そしてポイント制度で67点以上あることなどが条件で、英語力なども問われます。
このポイントに関しては、自己診断もでるので、移住を視野に入れている方は確認してみるといいかも。

トロントで仕事するには?何が必要?どのようにして取得するの?

トロントで仕事するには?何が必要?どのようにして取得するの?

image by iStockphoto

ワーキングホリデーの場合はワーキングホリデービザがあるので、自分で見つけた仕事があればすぐに働くことができます。
仕事の見つけ方は、最近ではインターネットでの求人紹介などが主。
求人募集の張り紙などを、日本料理店などで見ることもあります。
そして、仕事探しはカナダの求人サイトで求人を探すことで仕事の幅も広がります。
それ以外では、雇われる企業が就労ビザの発行をサポートしてくれます。
最初からこのような形は難しいかもしれないので、まずはワーキングホリデーで働ける範囲内から徐々にステップアップしていくといいでしょう。

トロントニアン御用達、おすすめ日用品のお買い物ショップ

その1 大型スーパー「ロブローズ」はなんでも揃うお店

トロントではおなじみの大型スーパーが「ルブローズ」市内に行くつもお店があるので、地元の生活に密着しているスーパー。
なんでも揃う店内は、新鮮野菜、フルーツが綺麗に並べられています。
北アメリカらしい、大きなスペースは楽しくリラックスしてお買い物ができます。
トロントニアンはここで週末どっさり買い物して、冷蔵庫、冷凍庫に保存していますよ。

その2 「ソーベイズ」は新鮮シーフードがお勧め

新鮮なシーフードの品揃えが特に評判のスーパーマーケットがソーベイズ。
ムール貝や、ロブスターもフレッシュなものを購入できるのが嬉しいポイント。
値段はそこそこしますが、新鮮さが安心感を与えてくれるお店。
魚だけでなく、野菜ももちろん新鮮で美味しい。
ゆったりとした店内で品数も豊富なので、時間をかけてお買い物したくなるお店。

その3 町中に点在するドラッグストア、「ショッパーズドラッグマート」

トロント市内を歩いていると、よく見かけるドラッグストア。
品揃えも豊富で、コスメ、日用品、スナック、雑誌などなんでも揃うというコンビニのように便利な庶民の味方的お店。
特にコスメ類は値段も手頃なものからブランド品まで揃っていて、お土産にも最適。

トロントできるこんな体験

その1 夏と冬のグルメイベントに参加してみたい

トロントでは季節を通じてたくさんのイベントで街中が盛り上がります。
その一つで話題なのが、美味しいもの好き、グルメな方だったら参加してみたくなるイベント、サマーリシャス、ウインターリシャス。
は夏と冬に開催されるレストランのイベントです。

トロントの有名なレストランなどが200店舗以上も参加していて、夏と冬の2週間の間に、普段なら少し高くて行けないようなレストランが、手頃な値段でのコースを提供するというもの。
ランチのコースは15〜25ドル、ディナーなら25〜45ドルで本格的なレストランの味を堪能できます。
いつもはなかなかいけないレストランも、この期間を利用してじっくりと味わえます。

その2 スポーツ観戦をエンジョイできる

野球、バスケと本場スポーツを観戦できるのがトロント。
そしてもう一つカナダのスポーツといったらアイスホッケー。
一番人気のスポーツで、試合がある日は町中にホームチーム「トロントメープルリーフス」のユニフォームを着た人で溢れます。
日本ではまだあまりなじみのないスポーツですが、ここへ来て一度ゲームを見てみたらその迫力に圧倒されるでしょう。
試合を見て熱くなっているトロント市民と一緒にいつのまにか夢中になっている自分がいるかも。

その3 癒しにはトロントアイランド

その3 癒しにはトロントアイランド

image by iStockphoto

トロント市民の都会の中の憩いのスポットが、トロントアイランドといって過言ではないでしょう。
ハーバーフロントからほんの15分のフェリーの旅でいける小さな島。
ここからCNタワーやトロント市街を眺めながら、お散歩、サイクリング、カヌーなどの自然の空気を感じながらアクティビティーを楽しむことが。
そしてリラックスムードたっぷりの素敵なレストランもあるので、ここでランチをエンジョイしながらのんびりと過ごすことができます。
小さな島ですが、一日たっぷり楽しめます。
ここからの景色は、昼、夜景も絶景です。

週末は行列ができる美味しい朝食を食べたい

その1 「ネオコーヒーバー」のおしゃれな空間で一日を始めたい

モダンでスタイリッシュな作りが居心地のいいスペースのカフェ、ネオコーヒーバー。
厳選された豆を使って入れられるコーヒーが評判。
店内に入ると、綺麗に並べられたケーキやサンドイッチが目に入ってきます。
あまりの綺麗さにどれを食べようか迷ってしまうほど。
そしてここにはスイーツ類の種類もたくさんあって、オンタリオのオーガニックの卵を使って作られたロールケーキが特に人気。
抹茶の和風テイストのケーキは朝からでも食べたくなる味。
朝食には、クリームチーズとスモークサーモンのサンドなどチョイスもたくさんあります。

その2 「リットエスペレスバー」でこだわりのコーヒーと朝食を

丁寧に入れられたカフェラテを味わいながら、ゆったりとした朝の時間を過ごしたいのならここ、リットエスプレスバー。
コーヒー通でも納得の味のコーヒーを提供してくれます。
ラテアートも素敵。
コーヒーだけでなく、ティーやフレッシュなジュースもあり。
そしてここには、コーヒーによくあうクロワッサンやペストリー系のパンも充実。
そのほかサンドイッチも美味しいお店。
朝食でも、お昼時でも読書をしながら、または窓際の席に座ってぼーっとした時間を過ごしたいときにも行ってみたいカフェ。

その3 評判の朝食メニューをカフェフィオレンティーナで

こだわりのある食材で作られた料理が人気で、朝からたくさんの人が訪れるレストラン。
シェフのこだわりが感じられるメニューがたくさんです。
オススメの一つは、「ダックエッグベニー」で、エッグにソースがたっぷりかかったもので、ホームメイドのパンと、肉または魚と一緒に出されます。
このソースも絶品で、パンにも卵にも肉にも相性ぴったり。
朝からボリュームいっぱいの朝食を楽しみたいのならここかも。

たまにはおしゃれなお店で食事を楽しみたい

その1 夜景と食事を楽しメル「180パノラマ」

夜景と食事を楽しみたいのならここ、180パノラマへ。
ここはダウンタウンのベイ駅の51階にあるレストラン。
CNタワーはもちろん、市内の美しい景色が独り占めできます。
特別なひと時を過ごしたい方にはぴったり。
ここでのお勧め料理は牛肉やチキンのグリル、そしてタコス。
メキシカンフードはトロントでも人気です。
ちょっとスパイシーな風味のメキシカンと楽しむお酒もなかなかいい組み合わせ。
おいしい食事と美しい眺めの両方を楽しめる素敵なレストラン。

その2 「ロドニーズオイスターハウス」で牡蠣を味わう

トロントで牡蠣を味わうならここ、ロドニーズオイスターバー。
落ち着いた、雰囲気のいいレストランでいただくオイスターの味は格別。
レモンをかけたり、特製ソースと一緒にいただいたりします。
ソースは色々食べ比べてみたくなる品揃え。
そしてここは牡蠣以外のシーフードのメニューも豊富。
ロブスターにカニ、イカのフライも人気です。
いつも間にかお酒も進む美味しさ。

その3 雰囲気も料理も最高の「リッチモンドステーション」

いつも混み合っているレストランで、トロントでも大変人気のレストラン。
でも待っでも行ってみる価値ありと評判。
高い天井と広々とした空間は、落ち着きを与えてくれるスペース。
ワインのセレクションも豊富で、料理に合わせて色々選べる楽しみも。
料理もサービスも完璧なこんなレストランで、大切な時間をたまには過ごしたいですね。
ランチもやっていてこちらも人気です。

チープで地元民に人気の美味しいレストラン

その1 「サンセットグリル」でボリューミーでリーズナブルな食事を

トロントのダイナーといえばここ、サンセットグリル。
ここは朝食も有名で定番のダイナーの朝食を安い料金で楽しめます。
ベーコン、卵、ポテトにパンケーキ。
量はかなり多めですが、生活していくと、この味の濃さと量に次第に慣れていってしまうかも。
気軽に入れるレストランというところも魅力の一つ。

その2 「ノットジャストヌードルズ」の安くて美味しいアジアンフード

異文化を感じられる街トロントではもちろん、色々な国の料理を楽しめます。
アジア系のレストランはその中でもたくさんあり、比較的安いところが多いです。
ここ。
「ノットジャストヌードルズ」もその一つ。
あたたかいヌードルや、炒め物、など日本人にも食べやすいものが揃っています。
場所もヤングストリートの繁華街にあるので行きやすく便利。

トロント節約術について

これでちょっと節約ライフ

これでちょっと節約ライフ

image by iStockphoto

好きな街には少しでも長く、そして有意義に生活したいもの。
トロントでの節約術をいくつかご案内します。
まず、映画を見るなら火曜日が安く、8ドルくらいで観ることができます。
市が企画する無料イベントもたくさんあるので、情報誌などでチェック。
そして、美術館、博物館も無料で入場できる日も。
場所によって日程が違いますが、これは利用するしかないですね。
楽しく節約しましょう。

あなたもトロントにアンに

楽しいイベントが盛りだくさん。
そして意外に住みやすく快適な街トロント。
移住してみたくなりましたか?住んでみるとても優しい街、そして魅力いっぱいの街ということをきっとわかっていただけるはず。
トロント在住経験者として同じように思っていただけたら嬉しいです。
photo by iStock