【フランス観光】元住民が解説!費用や穴場は?治安は?フランスの観光完璧ガイド

花の都パリを首都にもつフランス。芸術、文化などの面でも世界の最先端を行く国として知られていますね。

何度訪れても飽きることが無く、長い歴史や伝統の中に、あらたな発見があるフランス。そんなフランスへの旅行が初めての人から、すでに何度も訪れている人まで、納得がいくおすすめの名所をご紹介します。

フランス観光の前に知っておこう!

フランス観光の前に知っておこう!

image by iStockphoto

フランス映画やフランスの観光名所をテレビドラマなどで見るたびに、いつかフランス旅行をしてみたいと思っている人も多いはず。
いざ、フランスまで行く機会が巡ってきた時に、旅行前に何が必要なのかわからないということありますね。
そんな人のために、フランスへ行くまでに準備しておきたいことを教えます。

フランス観光でビザは必要?

実のところ、フランス旅行へいくのに、特別なことはなにも必要ありません。
気になるビザの問題も、フランスへの滞在期間が3ヶ月(90日)以内ならビザは必要ありません。

ただし、海外に何度か旅行に行かれている人は、パスポートの有効残存期限が3ヶ月以上必要となりますので、その期限をチェックしておきましょう。
多くの人がフランスへ旅行される場合は、3ヶ月以内だと思いますので、パスポートがあればフランスへ観光旅行へ行くことが可能です。

テロとかあったけどフランスの治安は大丈夫?

テロとかあったけどフランスの治安は大丈夫?

image by iStockphoto

前回、フランスでテロが起きた時は、日本人にもなじみがある有名な観光名所がテロの標的とされました。
いつ、何がおきるかわからないという点からしても、フランスの治安はどうなのか?と問われると、実のところ何も言えないというのが現状。

ベルギーなどでのテロもそうでしたが、今まで普通の人と同じように暮らしていた隣人が、テロの首謀者だったりするのです。
その恐怖は、ヨーロッパの国々に住む人にとっては、かなりのストレスで、常にテロと一緒に暮らしているような状況といえます。

もし、フランス旅行を考え、テロなど治安面で不安があるのだとしたら、渡仏する前に外務省の海外安全ページなどをチェックしておきましょう。
また、フランスをはじめ自分の乗る飛行機の空路。
トランジットなどで利用する国と、その国の空港の様子なども含み、日頃からニュースなどでチェックをしておきましょう。

常に危機に関して敏感になっておくことが、海外旅行へ行く場合の、安全対策のひとつとなるはずです。

フランス旅行ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

フランス旅行ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

image by iStockphoto

見所がたくさんあるフランス。
観光名所を足早にまわらずに、比較的にゆっくりとしたスケジュールで見て回るとなると、首都パリの観光名所を見ることに限定して7日間あるとよいかとおもいます。

7日間の休みをとったとしても滞在できるのは、5日間のみ。
行きと帰りのフライトに2日間かかると思うと、少なくとも正味5日間があるとパリとその周辺の観光をたのしめるのではないでしょうか。

フランス旅行で必要な費用・予算は?(5泊7日の場合)

フランス旅行で必要な費用・予算は?(5泊7日の場合)

image by iStockphoto / 63909955

フランス旅行の費用ですが、どのような旅をするかによって費用もかわってきますが、一般的な旅行でパックツアーにしない場合について考えてみましょう。

エコノミークラスの飛行機会社直で往復チケットを購入 およそ一人10万円ほど

格安で販売されているチケットだとそれよりも3万ほど安いのが平均的で比較的よく目にするチケット料金かとおもいます。

もっと安くという場合は、日頃からskyscanner, air fare watchdogなど格安チケットを比較して販売するサイトに目を通したり、スマホやタブレットなどにアプリをダウンロードして安チケットがいつ売り出されるかをチェックしましょう。

滞在は同じ場所に5日宿泊するとして、1日8000円~15000円ほど。
なるべく地下鉄そばの治安がよいホテルを探して滞在するのがいいでしょう。

朝食は無料の場合と有料でつけることができますが、つけたほうが多くの場合は便利なので、つけて予約をしたほうがいいかとおもいます。

10万飛行機代+5万宿泊代+1万円外食 

ここまでで16万円ほど。
観光名所の入場料、交通費、土産料金などを考えても4万も小遣いがあると思うと十分ですね。

おそらく20万ほど用意すればフランスパリへの旅行は楽しめるのではないでしょうか。

フランス観光でおすすめの季節はある?

フランスへ観光に出かけるなら、最も適した時期というのは、日が長い夏の期間といえるでしょう。
7月から8月にかけては、夜9時頃まで明るく、天気も良いので特に旅行に行くならオススメの季節。

この時期は多くの観光客が、世界中から訪れてくるということもあり、色んなイベントが開催されています。
営業時間を通常より一時間ほど長くしている観光名所もあり観光客にとっても便利な時期なので、行くならこの時期に休みをとってはいかが。

ただし、訪れる場所によっては、フランス人もバカンスにいってしまうので、お店が閉じてしまっていたり、閑散としているスポットもあります。

もちろん、この季節以外にフランスを訪れても、それぞれの季節に訪れる理由と良さがありますよ。

やっぱりパリは外せない?その理由は?

文化、ファッション、芸術の中心でもありフランスの首都であるパリということからも、フランスへ観光に行くのにパリを外すのは、旬の食べ物を旬を逃してたべるようななんだか味気ない感じがあります。

パリには、世界史などで見聞きした歴史的観光名所が点在しているうえに、やはりパリあってこそのフランス。
フランスらしさを短期間で味わって観光出来る場所だとおもいます。

また、パリ中心に限っていうとトラベルパスなど観光客向けのお得なチケットも出回っていますし、日本人ガイドや日本語で書かれたパンフレットなどを販売されているので、何かと便利。

有名な観光名所では地下鉄駅でも日本語のアナウンスが流れるなど、フランス語が苦手でも快適に旅ができる場所となっています。

知る人ぞ知る、穴場スポットを伝授!

パリを何度か訪れたことがある人でも、名前はきいたことはあるけど、実はまだ行ったことがないなんていう穴場スポットとして?有名なところから、穴場中の穴場のスポットを一部ご紹介します。

1:カタコンベ・ド・パリ

名前をきくだけでも寒いかんじがする地下納骨堂は、穴場として有名な観光スポットです。
観光名所として1874以来定期的に一般公開されています。

2:薬学史博物館

最寄りのメトロ駅オデオンから徒歩圏内。
パリ・デカルト大学にも通じているのがこちらの薬学史博物館です。
18世紀の医療器具などがコレクションされた博物館で、手術道具の一部は、拷問器具と何が違うのか?と思うようなものまで展示されています。

3:I love you wall

恋人や長年連れ添ったカップルで訪れたらロマンチックかも。
二人の芸術家によってつくられた「i love you wall」。

およそ38㎡の広さの壁が、311の異なった言語の「I love you」で埋め尽くされています。

4:ペール・ラシェーズ墓地

パリにいって墓地を見てこようと思う観光客はすくないかもしれませんが、こちらも観光名所としては一部の人達に人気のところ。

エディット・ピアフ、ショパン、著名な作家プルースト、ドアーズのボーカルだったジム・モリソンなどの墓地があるため、世界中から訪れる人が絶えないスポットなのです。

フランス観光のモデルコースはこう!

フランス観光のモデルコースはこう!

image by iStockphoto / 10328117

5泊6日の場合のモデルコース(パリ中心編)

5泊6日のパリの旅。
初めてのフランス旅行のかたにむけてパリ中心でモデルコースを考えてみました。

1日目

○シャンゼリゼ通り~凱旋門

○ノートルダム寺院

シャンゼリゼといえば、有名な歌を思い出す人も多いのではないでしょうか?凱旋門までの長い道には、街路樹があり、素敵なお店も立ち並び、散策をしているだけでもとても楽しい気分になります。

戦いから帰ってきた軍人たちがこの道を通り凱旋門までいったのかと思うと、感慨ぶかいものですね。

コンコルド広場で下車後、シャンゼリゼ通りを凱旋門に向かって歩いていると見えてくるマドレーヌ寺院、エリゼ宮。
地下鉄シャンゼリゼ駅のところでセーヌ川のほうにでると金ピカのアレクサンドル3世橋などをみることができます。

天気のよい日にセーヌ川のボートに乗船するとセーヌ川かわ金色に光ったいかにもコストがかかわった橋をみることができます。
他の橋とちがい、かなり金ピカぶりなので、すぐにわかります。

コンコルド広場からシャンゼリゼを通り凱旋門までは30分ほどの道のり。
凱旋門は人気の観光名所なので、朝はやくから人々が列を作っています。

もう一つおすすめ観光名所ノートルダム寺院も多くの観光客がいることでしられています。
寺院だけでなく、塔の方の見学でとても混み合っています。

凱旋門からは地下鉄で30分ほどでノートルダム寺院があるシテ駅につくことができます。
都合に合わせて、どちらでも好きな方から見学にいってみましょう。

2日目 美術館めぐり

まずはルーブル美術館がおすすめですが、みたい絵画がある場合は、その絵画が所蔵されている美術館へ足を運びましょう。
パリにある主な有名な美術館は下記の通り。
どの美術館も一日あってもみたりないほどです。

○ルーブル美術館

○オルセー美術館

○オランジュリー美術館

○ポンピドゥー・センター

○ロダン美術館

○ピカソ美術館など

3日目 エッフェル塔

エッフェル塔の内部は、観覧車利用でみることができます。
もしエッフェル塔をきれいに写真に収めたいと思っている方は、トロカデロ駅で下車。
その後エッフェル塔にむかわれるといいですよ。

4日目 ベルサイユ宮殿

郊外にあるベルサイユ宮殿。
ぜひパリに滞在中におとずれてみてはいかがでしょう。

5日目 サクレ・クール寺院

ここも人気の観光スポット。
モンマルトル周辺は、寺院を見終えたあと小さな露店が沢山あるので散策もたのしいですよ。
寺院の前にはルイーズミッシェル広場があり、怪しげな露天商がいるので、注意。

コースの回り方はどの日にいれてもいいかとおもいますが、ベルサイユ宮殿はすこし郊外ですので、真ん中あたりに入れておくと便利かも。

天気の良い日はセーヌ川でのボートに乗船がたのしいですよ。
天気が悪くなりそうな日は美術館、博物館めぐりにあてましょう。

7泊8日の場合のモデルコース(地方等含めて周遊するプラン)

前述した5日宿泊するコースにプラスする形で6日目と7日目に、パリからいける郊外に日帰り旅行をしてみてはいかが?

ディズニーランドパリにいってみる。
東京にあるからといわずに、パリのディズニーランドへ行ってみるのは面白い発見があるはず。
なぜかというと、有名なキャラクターの名前がフランス風になっていたりします。

もちろんここでしかないアトラクションもあり、さすがテーマパークとして人気のディズニーランドらしいと思うはず。

もうひとつおすすめはプロバンス地方。
パリからおよそ80キロほど東に行った地域にあり、中世の街なみなどが残ったとても素敵なスポット。

電車で1時間半程なので、早朝に出かけて、夜にパリに戻ってきても、たっぷり滞在時間がり、日帰り旅行が楽しめます。

新しく宿を取る煩わしさもなくおすすめ。

7泊8日でもう1-2ヶ国見て回るとした場合の理想コース

隣国に行きやすいので、フランスから他国まで飛行機あるいいは電車を使って遊びにいってみましょう。

5泊6日コースで紹介したモデルコースをすこしかえて、パリを3日間だけにすると7泊8日でフランス以外にも2国ほど見ることができます。

時間的にスケジュールもわるくありません。

4日目 ベルギー ブリュッセル

5日目 ベルギー ブリュージュ

6日目 オランダ アムステルダム

7日目 オランダ キンデルダイク

ベルギーの首都ブリュッセル、水の都としてイタリアベニスのようといわれるブリュージュ。
どちらもベルギーの有名な観光名所。
フランスパリからタリスという電車にのるとあっという間にベルギーまでいくことができます。

ベルギーからオランダまでも電車で楽に旅をすることができます。
オランダは、首都のアムステルダム。
さらに一日いるとなると、キンデルダイクで風車をみるのがおすすめです。

5日目から7日目までの二日間をユーロスターを利用し、早朝にでかけるのが苦出ない場合は、ロンドンへ遊びにいくというのあります。

その場合は、帰国するのは、フランスからではなくロンドンのヒースローから帰国できるフライトチケットを予約されると便利です。

フランス観光で行きたいおすすめ観光スポットはここ!

ゴシック建築の代表 ノートルダム大聖堂

ノートルダムのせむし男などでも知られるパリのノートルダム大聖堂。
1163年にモーリス・ド・シュリー司教によってこの大聖堂の建築がはじまっています。

建築に200年ほどの時間を有したゴシック建築の代表的な建物です。
西洋では13世紀頃までは最大級の教会でした。
それらを象徴するかのように、内部のステンドグラスはみもので、パリで見逃せない観光名所の一つです。

フランスに訪れる前に簡単にキリスト教関連の本、美術書を読むとより楽しめますが、その場で販売されている簡単なリーフレットをもとに見て回っても、大聖堂のもっている静謐な雰囲気や荘厳さは感じることができます。

大聖堂は、フランス革命で、一度彫刻などをはかいされてしまうのですが、のちに修復されています。

時期によっては、チケットを購入にかなり並ぶことがあります。
子供がいる場合は、先にトイレなどを済ませておくほうがいいですよ。

内部を見終えて時間がある場合は、周辺をぐるりとみてまわってくださいね。
外側もすばらしい建築です。
大聖堂の裏側は、ジャン23世広場と呼ばれる憩いの場となっています。

ノートルダム大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノートルダム大聖堂
名称(英語) Cathedrale Notre-Dame
住所 6 Parvis Notre-Dame – Pl. Jean-Paul II, 75004 Paris
営業時間・開場時間 8:00−18:45
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.notredamedeparis.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コンコルド広場からシャンゼリゼ通りの散策

並木道のきれいなシャンゼリゼ通りを散策し、凱旋門へいく前にどのあたりから向かうかは、その日の天気にもよりますが、コンコルド広場をみたあとに凱旋門へ徒歩で向かうのがおすすめです。

あまり見に行く人が多くない観光名所の一つかもしれませんが、歴史が好きな人には興味深い場所だとおもいます。

エジプトルクソールから運んできたオベリスクがある広場のここは、あの有名なマリーアントワネットを処刑した広場なのです。

15世紀広場とよばれていたここは、フランス革命が勃発し、革命広場になりました。
その後、1795年にコンコルド広場となりました。
コンコルド広場飲みどころの一つとして噴水があります。
これは、1840年代につくられたものです。

コンコルド広場は、シャンゼリゼ通りの東はしに位置しています。
ここから凱旋物までは徒歩で30分ほど。
とても歩きやすい広い歩道で5mほどの幅があります。

オープンカフェも多い通りなので、きになったらところで休みながら凱旋門までの散策を楽しめる場所です。
シャンゼリゼの通りは、パラソルの色が指定されています。

カフェは赤もしくは青。
ブティックはベージュ系となっていますので、人目でわかりますよ。

コンコルド広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 コンコルド広場
名称(英語) Place de la Concorde
住所 Place de la Concorde, Paris, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://en.parisinfo.com/transport/90907/Place-de-la-Concorde
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トリック写真も撮れるルーブル美術館

ルーブル美術館といえば、有名なのが美術館の前にあるガラスのプラミッド。
ピラミッドの前には、小さな立つための台があり、そこから写真を撮影すると、まるでピラミッドの頂点をおしつぶしているかのようなトリック写真を撮ることが出来ます。

人気の場所で、たくさんの人が並んで写真撮影をしています。
タイミングよくさっと台に乗り、トリック写真を撮りましょう。

ルーブルを見る予定の人は、あらかじめ日にちをきめて日本でチケット発見してもらうことが可能なので、是非事前購入を。
現地についてからチケット購入に並ぶ時間が省けるのでおすすめ。

サモトラケのニケ、モナリザなど有名な美術品が多く展示されている美術館ですから、前知識が無くても楽しめますが、とにかく広いので見たいものがある場合は、目星をつけて見学されるといいですよ。

ルーブル美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ルーブル美術館
名称(英語) Musée du Louvre
住所 Rue de Rivoli, 75001 Paris
営業時間・開場時間 9:00−18:00(水・金曜は21:45まで) 火曜休館
利用料金や入場料 15ユーロ 18歳未満無料
参考サイト http://www.louvre.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリの街を一望するなら凱旋門

ナポレオンの好みが色濃く反映しているといわれる凱旋門。
屋上に登るとパリ市街を一望でき展望台となっています。
18才までの子供は親と一緒だと無料で閲覧できる観光名所の一つです。

星(エトワール)と名付けられた広場にある凱旋門ですが、放射線状にきれいに広がるその通りを凱旋門の上からみることができます。

ナポレオン一世は、家路につく際には必ず凱旋門を通るように兵士に伝えたと言われています。
284ある階段を登り中二階へたどりつきます。
登るのに結構な時間がかかります。
一端上まで登り、降りてきた時に売店などが有り、そこではシャンソンが流れ、買い物ができますよ。

凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 凱旋門
名称(英語) Arc de triomphe de l\’Étoile
住所 Place Charles de Gaulle, 75008 Paris
営業時間・開場時間 10:00−22:30(冬期) 10:00−23:00(夏期)
利用料金や入場料 12ユーロ 18歳未満無料
参考サイト http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランス観光でおすすめのホテルはここ!

フランスのアパルトマンに滞在するHotel Particulier Montmartre

19世紀のフランスのアパルトマンに、旅行期間中滞在してみませんか?まるでその国で生活しているような体験ができるかもしれませんよ。
こちらのアパルトマンは、サクレ・クール寺院が直ぐ側にみえるところです。

観光客に人気のスポットが点在しているエリアなので、観光にでかけるには困りません。
新緑が美しい季節から秋にかけてなら、ホテルについてる庭で、のんびりと過ごすことも可能。
滞在中には、ホテルで開催されるアットホームなイベントもぜひ楽しんでみてはいかが?もしかしたら、パリでお友だちができるかもしれませんね。

Hotel Particulier Montmartreの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hotel Particulier Montmartre
住所 Pavillon D, 23 Avenue Junot, 75018 Paris
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室 390ユーロ−
参考サイト https://www.hotel-particulier-montmartre.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

窓を開けるとエッフェル塔がみえるShangri-La Hotel, Paris

目の前がエッフェル塔という場所なら、部屋にいながらにして夜のライトアップもホテルに滞在しながら楽しむことができます。
各国にチェーンをもつシャングリ・ラ・ホテルなら、サービスの点でも文句の付け所がないでしょう。

すぐそばにはパリ市立美術館もあります。
トロカデロ広場は、エッフェル塔が美しく見えると多くの人がオススする場所。
その直ぐ側に建っているこのホテルなら、文句なしの眺めを堪能できますよ。

シャングリ・ラ・ホテル パリの住所・アクセスや営業時間など

名称 シャングリ・ラ・ホテル パリ
名称(英語) Shangri-La Hotel, Paris
住所 10 Avenue d\’Iéna, 75116 Paris
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室 940ユーロ−
参考サイト http://www.shangri-la.com/jp/paris/shangrila/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安くモンマルトルに滞在するならホステルがおすすめLe Régent Montmartre

学生などに人気なのが、こちらのホステル。
何と言っても格安でモンマルトルに滞在できちゃいます。
雰囲気もとってもいいですよ。
サクレ・クール寺院までは徒歩10分ほどでいくことができます。
バス停が徒歩一分のところなうえに、ホテルのすぐ横には公園もあります。
女性専用のルームのほかに、プライベートに利用できる部屋もあるから、仲良しのグループ旅行で一室を借り切ってもいいですね。

門限らしい門限はなく24時間受け付けは営業しています。
無料のwifiなども完備しているので、便利ですよ。

Le Régent Montmartreの住所・アクセスや営業時間など

名称 Le Régent Montmartre
住所 37 Boulevard de Rochechouart, 75009 Paris
営業時間・開場時間 チェックイン16:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 ドミトリー25.50ユーロ−, 共用バスルームシングル59.90ユーロ−
参考サイト http://www.leregent.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランス観光でおすすめのお土産はこれ!

地元のスーパーで購入 Luのビスケット

150年以上の歴史があるLuビスケットは、日本にもファンが多いのではないでしょうか?輸入食品店でしかお目にかからないこのビスケットは、ごく普通のスーパーマーケットで気軽に購入することができます。
限定Luなどもあったりするうえに、値段が安いのにおいしいから、大量にお土産をくばらないと行けない場合に、是非利用されるといいでしょう。

日持ちもするので、お土産には最適ですが、ビスケットなので、パッキングだけは気をつけて。

LU Petits beurreの住所・アクセスや営業時間など

名称 LU Petits beurre
住所 販売店舗による
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 LU Petits beurre 1,18ユーロ−
参考サイト https://www.lu.fr/veritablepetitbeurre/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

映画にも登場した有名なパティスリーLadurée

ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』でもお菓子の部分を監修したのは、銀座にも店舗をもつフランス老舗パティスリーのラデュレ。
なんといってもここではマカロンがおすすめ。
一度見たら忘れられない美しいカラフルなお菓子は、1862年創業という長い歴史があるお店だからこそ。

お店も素敵だから、ぜひたちよってくださいね。

ラデュレの住所・アクセスや営業時間など

名称 ラデュレ
名称(英語) Ladurée Paris Royale
住所 16-18 rue Royale, 75008 Paris
営業時間・開場時間 [月−木]8:00−19:30 [金土]8:00−20:00 [日]9:00−19:00
利用料金や入場料 NAPOLEON III GIFT BOX 29.50ユーロ−
参考サイト https://www.laduree.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

parisのメッセージつきTシャツなどを露店で購入

あまりお洒落でないとおもうかもしれませんが、パリという文字がついてないお土産品というのも味気ないものです。
どこに行ったのか、記念にもなりますし、実用的なTシャツなら購入しても損はなし。

露店などマーケットでも販売されているので、安くかうこともできます。

フランス観光でおすすめのグルメ・レストランはこれ!

フランスで食べる中東の味!L’As du Fallafel​​

主にひよこ豆をペーストにしてつくるファラフェルという食べ物は、お豆のコロッケのようなたべもの。
形は、ミートボールのように丸い物が多く、食べた感じもミートボールに近く、ベジタリアンが好んで食べる中近東のたべものです。

トルティヤや、ピタパンなどに挟んでサンドイッチとして食べられるこのファラフェルが美味しいと評判ナノが、こちらのお店、L’As du Fallafel​​。

レストランで座ってたべるのもいいですが、テイクアウトもでき、街をぶらつきながら、あるいは、近くの公園に持っていって青空の下で、食べてみるのがおすすめ。

ラズ・デュ・ファラフェル​​の住所・アクセスや営業時間など

名称 ラズ・デュ・ファラフェル​​
名称(英語) L’As du Fallafel
住所 34 Rue des Rosiers, 75004 Paris
営業時間・開場時間 11:00−24:00(金曜は15:00まで) 土曜定休
利用料金や入場料 ファラフェル 5.50ユーロ−
参考サイト http://l-as-du-fallafel.zenchef.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おしゃれの国フランスへ ボンボヤージュ

直行便を利用しても、半日はかかるフランスへの旅行。
でも時間をかけても現地に行かないと体験できないものがあるから、旅はたのしいのだとおもいます。
ご紹介した観光スポットやグルメを参考にして、あなたなりの旅を楽しんでくださいね。
photo by iStock