ディズニーのキャストにはテーマがあった!?知っておきたい秘密

ディズニーで働くキャストにはテーマがあり、ひとつの想いを胸に、日々パークで私たちゲストに笑顔を見せてくれています。様々な職種がありますが、接客してもしなくても、変わらないものが一つだけあります。それは一体何なのでしょうか?その謎とキャストについて詳しくご紹介していきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

パークで働く人々の事を「役者」と呼び合う

正社員やパート、アルバイトなど雇用形態にかかわらず、パークで働く人々の事を全員「キャスト」と呼んでいます。

パークには普段私たちゲスト(お客)が目にする「オンステージ」と普段は見る事ができない「バックステージ」の2つの場所があり、そこで働く人々はそれぞれの場所で最高のパフォーマンスを披露する「役者(キャスト)」なのです。

オンステージ、バックステージと呼んでいるのも、大勢の役者がひとつの目標のもと、観客(ゲスト)に最高のショーを披露するため。

キャスト達の目標は「ゲスト達に最高のハピネスを届ける事」。

こうしたディズニー理念は、研修の時に教えてもらいます。

パークではどんなお仕事があるの?その一部をご紹介

「ハピネスを届ける」という想いを胸に、それぞれの場所で日夜大勢のキャストが働いています。

オンステージでゲスト達と直接関り、接客する仕事もあれば、バックステージで直接ゲストに関わることはなくても、役割を通じてゲスト達と繋がることができる仕事も。

ここからはパークの様々な職種を各仕事のテーマと一緒にご紹介していきます。

1.アトラクションキャスト

パークでのお仕事と聞くと、真っ先に思い浮かぶのはアトラクションで働くキャスト達では?やはりこの職種は花形であり一番人気。

主な仕事内容はアトラクションの誘導・案内・安全確認・機械操作など。

大勢のゲスト達をアトラクションの定員数を考えながら効率よく案内し、安全に気を配る大切な仕事です。

また「ジャングルクルーズ」ではキャスト自身が長いセリフを覚えて、ナレーションをしていき、ゲストと一緒にアトラクションを体感できる魅力もあります。

2. インフォメーションキャスト

東京ディズニーリゾート全般の問い合わせに対し、電話にてご案内していくお仕事。
直接的にゲストと対面して対応することはなく、オフィスワークとなりますが、声を通して直接ゲストとかかわるため、接客の部類になります。

東京ディズニーリゾートのあらゆる最新情報を正確にお伝えしなくてならず、さらには電話対応をしながらパソコン操作をするため、様々なスキルが求められます。

ここでは「声の笑顔」を大切にし、顔は見えなくても受話器の向こう側にいるゲストへ言葉を通じてハピネスを届けてくれています。

3.カリナリーキャスト

ディズニーリゾート内にあるレストランやフードスタンドなどで、調理・盛り付け・洗い物をしていくお仕事。

いつでも美味しい食事を私たちゲストに提供してくれる食のプロ達です。
コース料理を提供する本格的な調理から、初心者でもすぐに始められる簡単な調理まで様々。

直接ゲストにかかわることは少ない職種ではありますが、美味しい料理を通じてハピネスを届けたい!という想いは同じです。

美味しい食事に感動して、ゲストがレストランに直接お手紙を送ることもあるようですよ。

4.ガイドツアーキャスト

ゲストと一緒にパークを回りながらガイドし、東京ディズニーリゾートの魅力を伝えていくお仕事。

ゲストと一緒に過ごす時間が最も長く、接客が大好きな方におすすめの職種。
ゲストの思い出づくりに参加でき、覚える事も多い反面、やりがいもとても大きいです。

人前で話す事が好きな方やゲストの反応や喜ぶ顔を肌で感じたい人に合っています。

5.カストーディアルキャスト

パーク内をいつでも清潔に保つため、園内の清掃を専門に行うお仕事。

パークの床にトイブルーム(ほうき)を使って、水でミッキーなどディズニーキャラクター達の絵も書くパフォーマンスが注目され、カストーディアルキャストの人気が上がりました。

仕事は清掃だけではなく、ゲストの道案内や写真撮影など、接客も大切です。
ゲストとふれ合う機会が多いので、掃除はもちろん人が好きな人に向いています。

カストーディアルキャストはいつでも最高の「オンステージ」にするため「掃除」ではなく、ステージをつくりあげているのです。

6.ゲストコントロールキャスト

パークで開催されるパレードやショーの案内・誘導・安全確保をしていくお仕事。

パレードが開催されると一部の通路が通れなくなるため、ゲスト達を混乱させないよう、ゲストコントロールキャスト達が誘導やショー鑑賞エリアへ案内をしていきます。

またパレードが始まるまでの時間、パレードルートに立って、ゲスト達に振付をレクチャーしたりもするので、声が大きな人に向いています。

パレード・ショーを楽しみたいゲスト、ショーよりもアトラクションなどを楽しみたいゲスト、どちらのゲストにも安全に、楽しく過ごして欲しいという想いで働いています。

7.ショーサービスキャスト(ドライバー)

ランド・シーで開催されるパレードやショーに出演するキャスト達をマイクロバスで送迎するドライバーのお仕事。

応募資格は大型自動車免許を持っている方であれば誰でもOK。
また送迎のほか公演機材の準備もお仕事に入ります。

ゲストに直接かかわることは無い非接客の職種ですが、出演キャスト達の様子からゲストの反応や感動をうかがい知ることができます。

素晴らしいパレードやショーを私たちゲストが楽しめるのは、こうしたバックステージで働くキャスト達がいるおかげ。
まさに縁の下の力持ちですね。

8.ファイアーキャスト

パーク内で火災が発生した際の緊急対応や24時間体制で火気の監視を行うお仕事。
応募資格は普通自動車免許(AT可)を持っている人、深夜勤務ができる人です。

パークで行われるショーの中には、火薬などを用いた特殊パフォーマンスがあり、日中勤務ではこれらを監視します。

深夜勤務では閉園後に、ショーで使われる装置などの点検やショーリハーサルの安全を監視しています。

私たちが普段、安全に大迫力のショーを楽しむことができるのは、ファイアーキャスト達のおかげなのですね。

「パークを守る!」という熱い想いがゲストに安全なショーを提供。
そしてその結果、ゲストのハピネスに繋がっています。

9.パーキングロットキャスト

ディズニーランド・シーへ車で訪れたゲストに駐車場の誘導をしていくお仕事。
車で遊びに行くと、最初に出会うキャストがこちらのパーキングロットキャスト。

朝早くから出発し、期待とワクワクで胸が膨らむゲスト達へ、最高の笑顔で「おはようございます!いってらっしゃい」と元気よく挨拶。

パークでの一日がここからスタートします。

パーク開園前には、パーキングロットキャスト達による、ちょっとしたサービスも。
車止めに使う「カラーコーン」でミッキーを描いてくれるのです。

舞浜駅から出発するモノレール「ディズニーリゾートライン」からでもバッチリ見えます。
こうした遊び心を提供し、朝の笑顔をつくるのもパーキングロットキャスト達の立派なお仕事。

10.ワールドバザールキャスト

パークのエントランスでチケットの販売・確認・ゲストへご案内などを行うお仕事。

仕事内容は3つに分かれており、その総称として「ワールドバザールキャスト」と呼んでいます。
チケットの販売、チケットの確認、ベビーカーや車いすの貸し出し、この3つのうちどれか1つを担当。

「まずあれに乗ろう!」「どこから回ろう♪」そんなゲスト達のウキウキした話し声が聞こえるエントランス。
パークの顔とも言えるこの場所で、ゲスト達にハピネスを届ける大切なお仕事です。

またゲスト案内担当のお仕事では、迷子対応やペット対応なども行い、パークのコンシェルジュ的存在でもあります。

様々な働き方を選べる!

ディズニーリゾートでは、フルタイムでガッツリ働きたい!学生や主婦(夫)なので、昼・夜だけ、平日・週末だけ、パートタイムで働きたい!そんな様々な望みも叶えてくれますよ。

どんな働き方ができるのか、一部モデルをご紹介します。

フルタイムでたくさん働きたい場合、平日5日間or平日3日間、土日の計5日間という勤務モデル。
時間は7時~16時。

学生で週2~3日間働きたい場合、土日のみor土日のどちらか1日と平日2日間という勤務モデル。
時間は17時~22時、もしくは7時~15時。

主婦(夫)の場合、短時間で平日週5日間働くor短時間で平日週2~3日間という勤務モデル。
時間は9時半~15時半、もしくは10時~15時。

こちらはあくまでモデルの勤務スケジュールですので、実際にはもっと幅の広い働き方ができますよ。

キャストになるとこんな事ができる!キャスト特典がスゴイ

キャストになるとパーク内のグッズやチケットが従業員割引で購入できます。
さらにキャスト限定のオリジナルグッズも販売しているのだとか。

また定期的に開催される「サンクスデー」では、パークを貸し切り、オリエンタルランドの社員達がキャストもてなすスペシャルなイベントを実施。

さらに「ファイブスタープログラム」というものがあり、最高のパフォーマンスをしたキャストには「ファイブスターカード」が贈られ、ミッキー達が登場する「ファイブスターパ―ティー」に参加できるそうですよ。

他にもキャストならではの様々な嬉しい特典がありますので、気になった方はチェックしてみてくださいね♪

今日もとびきりの笑顔を振りまいて

ディズニーに遊びに行くと、いつでも笑顔を振りまいてくれるキャスト達。
それぞれの持ち場で自分達のテーマをしっかり持って働く姿は、とてもキラキラと輝いて見えますよね。
ディズニーには、夢を応援するプログラム「夢支援金制度」もあり、働く意欲を向上させてくれます。
「やらされ仕事」ではなく、しっかり意味(テーマ)を持って働くことのできるこの職場で、あなたも一度チャレンジしてみては?
photo by PIXTA , iStock and so on.