大阪に吊り橋!「星のブランコ」を渡って度胸試し

大阪は「都市」というイメージがあるせいか、その自然が豊富であることは他府県の方にあまり知られていないようです。

大阪府民の中で有名な自然観光地といえば、やはり「星のブランコ」。

府民の森ほしだ園地にかかるその巨大な吊り橋なのですが、その迫力はいかほどか?

関西観光地専門のライターである、この賀川奈伸雄がご案内します。

京阪私市駅より「天の川」を征く

96563:京阪私市駅より「天の川」を征く

撮影/著者

京阪枚方市駅より、交野線で私市駅へ。

近鉄電車では行けないのでご注意を。

JRでは行けないこともありませんが、少々遠回りとなってしまいます。

また、必ず水分は準備しておいてください。

駅前にある売店や自販機で購入することができますので、お忘れなきよう。

96564:

撮影/著者

準備ができたら、駅から右の曲がり角へ、その次は自販機のある曲がり角を左に曲がってください。

大きな道路に出るのですぐに分かるかと思います。

そこが星のブランコのある「府民の森 ほしだ園地」の入り口につながっているのです。

96565:

撮影/著者

森林と川の間の中をゆく、やや傾斜のあるこの道は「かわぞいの路」。

星のブランコを目指す方のほとんどはここを通ります。

そばを流れているこの川はその名も「天野川(あまのがわ)」。

なぜこのようなロマンチックな名前がついているのかといいますと、かつてこのあたりが農業に適した肥沃な土地であったことから「甘野川」と名付けられ、それが転じて天野川となったようです。

川のほとりには「古今和歌集」にある漂白の詩人在原業平の「狩りくらし 棚機乙女(たなばたつめ)に宿からむ 天の河原にわれは来にけり」という歌が記された碑が立てられています。

あなたもチャレンジ?クライミングウォール

96566: あなたもチャレンジ?クライミングウォール

撮影/著者

かわぞいの路を30分ほど行けば、ほしだ園地に到着です。

多くの方がトレッキングを楽しむためにこの地をしばしば訪れています。

96567:

撮影/著者

ほしだ園地入り口からしばらく歩き続けると、目の前に巨大な岸壁、そしてコンクリートの壁が。

これがほしだ園地見所のひとつ「哮が峰(たけるがみね)」と「クライミングウォール」です。

クライミングウォールの高さは約17m。

壁面には「ホールド」と呼ばれるたくさんの足場が設けられており、ご自身の腕に応じて多彩なコースを選択可能です。

ここでは毎日多くのクライミングマニアがその腕を披露しています。

自信があるなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

96568:

撮影/著者

そのすぐそばにある「ピトンの小屋」は休憩所。

アイスや飲み物の購入ができたり、ほしだ園地に関するさまざまな情報を閲覧することができます。

大阪府民の森 ほしだ園地の住所・アクセスや営業時間など

名称 大阪府民の森 ほしだ園地
住所 大阪府交野市星田5019−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00 火曜休園
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://osaka-midori.jp/mori/hoshida/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

星のブランコへ向かう道は……?

ピトンの小屋で休憩を終えたら、星のブランコ目指して出発しましょう。

目的地へは、幾つかのルート分岐があります。

96569:

撮影/著者

ルートは「管理道」「ぼうけんの路」「さえずりの路」「おねすじの路」の4つ。

管理道はコンクリートで整備されたもっとも平坦な道ですが、星のブランコまで25分かかってしまいます。

ぼうけんの路は80mの高低差がある少々急な道ですが、星のブランコまで15分で行くことができます。

さえずりの路はそれより更にハードな路で、高低差は110m。
回り道になるのでショートカットにもなりません。

おねすじの路はぼうけんの路と同じく15分で星のブランコにたどり着くことができますが、道はもっとも急になります。

96570:

撮影/著者

体力に自信のない方は管理道、お急ぎの方はぼうけんの路、トレッキングを楽しみたい方はさえずりの路かおねすじの路へ行かれるとよいでしょう。

ド迫力! 大阪の巨大吊り橋「星のブランコ」

いよいよ目的の場所、星のブランコへと到着。

大阪府に存在する唯一の吊り橋であり、このほしだ園地一番の見どころです。

96571:

撮影/著者

その全長は250mと、歩行者専用の吊り橋としてはかなりの大きさです。

地上からの高さは50mと、ビル10階建てほどの高さ。

下は絶対に見ないようにしましょう。

怖くて足がすくんでしまいますよ。

実際、途中で歩けなくなってしまい、他の方に手伝ってもらいながら渡る方もちらほらいるようですね。

また、橋の幅はそれほど広くないので、後ろから人が来ている場合は立ち止まらず、前に進んでいくようにしましょう。

96572:

撮影/著者

その素材は鉄や銅、クロムにニッケルなどを混ぜ合わせた耐候性素材。

十分な堅牢さではありますが、風を受けるとわずかにユラユラと揺れます。
それがまたスリル抜群ではありますが、高所恐怖症の人にとっては恐ろしいことこの上ないでしょう。

96573:

撮影/著者

無事渡り終えたら、星のブランコとツーショット。

星のブランコの住所・アクセスや営業時間など

名称 星のブランコ
住所 大阪府交野市星田5019−1
営業時間・開場時間 9:30−16:30 火曜休園
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://osaka-midori.jp/mori/hoshida/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

展望デッキにも立ち寄ろう

96574:展望デッキにも立ち寄ろう

撮影/著者

星のブランコを渡りきるのに必要な時間は大体5分程度。

ここを越えた先には、お弁当などを食べることができる「やまびこ広場」や「展望デッキ」などがあります。

せっかく星のブランコを渡ってきたのですから、展望デッキの見晴らしを確認といきましょう。

96575:

撮影/著者

これがほしだ園地の展望デッキから見た大阪の景色。

天気がもっともよいときは大阪の街並みだけではなく、はるか遠くの京都タワーや愛宕山まで見ることができるそうです。

こういった場所へ行くのであれば、やっぱり双眼鏡やカメラを持っていきたいところ。

さて、そろそろお腹も空いてくるころ。

一通り景色を楽しんだのであれば、いったん駅前まで戻るとしましょう。

お弁当を持参されてきた方は、すぐ近くの「やまびこ広場」でシートを広げてお昼にするのもいいですね。

やまびこ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 やまびこ広場
住所 大阪府交野市星田5019−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00 火曜休園
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://osaka-midori.jp/mori/hoshida/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

星のブランコを楽しんだ後は駅前でおいしいドリアを

行きがそうであったように、帰り道もまたさまざま。

ルートによっては星のブランコを通らずに帰ることもできます。

帰りにちょっと冒険してみたいという方は、少々キツめのルートを通ってみるのもいいかもしれませんね。

さて、ランチについてですが、私のオススメの店は京阪私市駅前「Kuu.Cafe」。

雑貨屋さんも兼ねている店内は、緑に囲まれていてのんびりした雰囲気。

トレッキング後の休憩にはもってこいです。

96576:

写真/撮影

この店自慢のメニューは「茄子とほうれん草のミートドリア」。

もっちりした食感のチーズと、シャキッとした風味豊かな野菜の組み合わせがなんともいえないおいしさ。

食後はホットティーを楽しみながら、今日見た絶景に思いを馳せてみることにしましょう。

Kuu.Cafeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Kuu.Cafe
住所 大阪府交野市私市山手3丁目6−29
営業時間・開場時間 11:00−17:00 月・水・金営業
利用料金や入場料 ミートドリア 680円
参考サイト https://tabelog.com/osaka/A2707/A270704/27065379/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

関西在住なら是非見ておきたい、星のブランコの眺め

星のブランコはあまり知られていない大阪の絶景名所。

関西に住んでいるのであれば、その絶景を一度は味わっておきたいところですね。

付近には「磐船神社」や「大阪市立大学植物園」といったスポットもありますし、休日のちょっとした冒険気分を味わうのにはふさわしいと言えるでしょう。