ディズニー発着の夜行バスを利用しよう

ディズニーリゾートには、発着がディズニーリゾートの便利な夜行バスがあります。遠方から足を運ぶ方にはとってもありがたい交通手段ですよね。

その夜行バス、実は知っているようで知らないことがあります。夜行バスで快適に過ごす方法から、ディズニーリゾートについてからどう動くといいのかなど、知っておいて得する情報をお伝えします。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

どこからバスは出ているの?

東北地方からはこの県から出ている

東北地方からのバスが出ている県はこちら★

・宮城県 

・青森県

・岩手県

・山形県 

・福島県 

秋田県以外からバスが出ていることになります。
片道8000円前後ですので、自分で運転するよりも破格の安さになります。

バス会社によっては閉園前に出発する場合もありますので、もし閉園後の出発を希望する時には、バス会社もしっかり吟味してくださいね。

関東地方はこちら!

関東地方からは以下の地域から出ています。

・東京都

・神奈川県

・埼玉県

・茨城県

意外と近郊の県から出ています。
茨城県は福島のいわき経由のバスで運行しているケースが多いので、もし見つからないときは、いわき経由のバスをチェックしてみましょう。

料金は片道700円~2000円前後と幅があります。
特に東京の場合は短距離バスになりますので、電車で移動したくない方にはおすすめのバスになっています。

北陸・甲信越地方はこちら!

北陸・甲信越地方はこのラインナップです。

・長野県

・新潟県

・石川県

・福井県

・富山県

片道6000円前後で利用することができます。
こちらは女性専用のバスがでていますので、女性だけのバスなら安心感があってよいという方は、おすすめのバスがあります。

パークの出発時間などと相談して、ぜひ活用してみましょう。

中部地方はこちら!

中部地方はこちらの県から出ています。

・愛知県

・静岡県

・岐阜県

・三重県

つまり、すべての県からバスがでていることになります。
片道7000円前後。
ただし、中部地方からは新幹線でくることもできます。

そして、車で来る方もいますので、料金を最小限に抑えたい時にはバスが便利ですが、どの手段で向かうかを吟味する必要のある地域とも言えます。

関西地方はこちら!

関西地方からもバスが出ています。
活用する方は非常に多いので、参考にしてください。

・大阪府

・京都府

・兵庫県

・滋賀県

・和歌山県

・奈良県

便利なことに、こちらもすべての地域からバスが出ています。
新幹線を利用することもできますが、時間があればバスで移動すると浮いたお金をパークで使うことができますよ。

こちらの地域から出ているバスの特徴として、料金に大きく差があること。
平日は片道3000円前後で出ているバスもありますが、快適さを求めると8000円前後になります。

格安なのはもちろんいいことですが、数年前に起こったバスの事故を考えると、値段だけで決めるのは少々怖い部分もありますね。

閉園と同時にパークを出発するスケジュールがほとんどなので、21時45分くらいには乗り場に到着していてくださいね。

中国地方はこちら!

中国地方からは岡山県からしかバスが出ていません。
出発は21時半のバスが多く、閉園までパークにいられないデメリットはありますが、お値段が必見☆

6000円~12000円と幅がありますが、お得な値段になっています。
繁忙期に値段が上がって12000円くらいになりますので、狙い目は平日の閑散期です♪

四国地方はこちら!

四国地方から発着している県は4つの県すべて。
四国からディズニーリゾートに向かうのは大変ですよね。
片道10000円前後で向かうことができます。

ここで注意してほしいのが、ディズニーリゾート出発の時間が20時前後と早め。
つまり、夜のパレードを見ながらパークを出るか、もしくは見られない可能性も…。

その点を考慮してバスを利用しましょう。

九州・沖縄地方は?

実は、九州と沖縄からはバスで行く手段が今のところありません。
新幹線か飛行機でしか向かうことができません。

過去には夜行バスを乗り継いでいく方もいましたが、大阪にユニバーサルスタジオジャパンなど立ち寄りたいスポットが増えたこともあって、ディズニーリゾートに向かう方はバスではなく、飛行機利用が多くなりました。

おすすめのバス会社はどこ?

宿泊を伴うツアーもある!オリオンツアー

夜行バスで遊びに行くと聞くと、夜に移動して朝に到着するイメージがほとんどですよね。
実はオリオンツアーは、宿泊を絡めた夜行バスのプランもご用意しています。

ワンデーパスポートがついているプランも登場したり、宿泊できるホテルもオフィシャルホテルから選べる形であったりと、夜行バスで向かうとは思えない素敵なプランがあります。

遠方でも格安でお泊りディズニーができますので、ぜひいかがですか?

快適な車内なら…WILLER TRAVEL

WILLER TRAVELは、移動の疲れを感じさせない車内空間が特徴。
なんといってもシートの寝心地が良いので、目的地に着いたときの疲れ方が他のバスと違うんです。

3列シートになっていて隣の人を気にしないで寝ることができたりスタンダードのクラスでもかなり快適に過ごせるので、価格を下げても快適さを感じられます。

最近はたくさんのバスツアーから選べます

ここ最近では、夜行バスでお得にディズニーリゾートに行くプランが増えてきています。
値段も気になるところですが、バスのシートや車内環境が重要になってきます。

移動時間が長くなるので、しっかりチェックすることをおすすめします。
その理由は、これからお伝えするポイントに繋がってきますよ。

夜行バスで気を付ける事

座席を快適にしましょう

バスでディズニーリゾートまで移動しようとすると、どうしても避けられないのが「移動時間」。
ずっと同じ席で時間を過ごしつつ身体を休めるので、座席を快適に使用することが重要。

座席を快適に過ごすには、ネックピローがあると便利。
首が痛くなることがあるので、首にワンクッションあるととっても楽になります。

さらに明るいのが苦手な方はアイマスク。
車内は必要な明かりはついたままになる時間がありますので、その明かりが気になるときはアイマスクを持っていると早く寝に入れます。

他にもっていくとよい物は?

他にも持っていくといいものは「マスク」。
車内は乾燥します。
しかも密室になるので、特に冬は風邪予防にもなります。

普通のマスクよりも、夜寝るときに使用できるマスクがありますので、そのマスクを使うとより喉が潤って快適に過ごせます。

他には飲み物。
長時間移動になりますので、水分を忘れると辛いんです。
私は飲み物を忘れて口の中がカパカパになりながら8時間を夜行バスで過ごした経験があります。

冬ということもあって辛かったですね。

こんな思いをしないために、ぜひ持参してくださいね。

パークに入る前に知っておきたいこと

手荷物をどうするか

夜行バスで移動すると、どうしても荷物が多くなります。
その荷物をどうしたらいいのかを知っていないと、いざ現地に着いてからどうしていいかわからなくなってしまいます。

特にこれから説明するスーツケース(キャリケース)は、事前知識がないと慌ててしまう可能性が高いので、パークのルールも含めて一緒に勉強していきましょう♪

スーツケースを預けるには

パークの中には、キャスターが付いているものが持ち込むことができません。
ですので、必ずパークの外で預ける必要があります。

パークの外にはコインロッカーがあります。
そこに預けるのが1番スムーズに預けられます。

コインロッカーは、小型:300円、中型:400円、大型:500円、超大型:700円となっています。
スーツケースですと大型か超大型のロッカーになってきます。

ですが、遠方から着ているゲストの方も多いので、スーツケースが入るロッカーがすぐに埋まってしまうこともあります。

そうなると焦ってしまうのですが、実はまだ預かってくれるところがありますので、頭に入れておきましょう。

ホテルに泊まるなら、ウェルカムセンターで!

ディズニーホテルかオフィシャルホテルに宿泊予定の方は、舞浜駅近くのウェルカムセンターに向かいましょう。
カウンターで預かってくれますので、万が一コインロッカーが空いていない時には活用してください。

宿泊の予定がなかったり、少し離れたホテルに宿泊予定の方で荷物に困ったときは、JR舞浜駅の手荷物預かりセンターに声をかけてみましょう。

注意点としては、多くの方が殺到してしまった場合は受付を終了している場合があることです。

さて、パークに入る準備をしましょう

着替えの準備をしましょう

バスの中では、身体を休ませるためにラフな服装になっている方も多いですよね。
その方が身体も心も楽になれますので、いいですよね。

そのため、パークに入るために着替えが必要な時があります。
その時は、可能な限りバスの中で着替えるようにしましょう。

4列シートなどでは着替えが難しい場合などは、パークの外にある化粧室を利用しましょう。

ですが、開園までは多くのゲストの方が化粧室に殺到しますので、短時間で着替えるように心がけてくださいね。

夜行バスでもディズニーを思いっきり楽しみましょう♪

格安でディズニーを楽しめる夜行バスツアーですが、気を付けることや知っておくと便利な情報をぎゅっとつめてみました。
きっと、初耳の情報もあったのではないでしょうか?

せっかく遠くから夢の国に行くのならば、万全の準備で楽しんで素敵な思い出を作ってくださいね★

photo by PIXTA , iStock and so on.