地元民が伝授!栃木県「中禅寺湖」の観光完璧ガイド

公開日:2019/6/17 更新日:2020/3/7

日光でまったりできるスポットでもある「中禅寺湖」。遊覧船が出ていたり、素敵な紅葉を楽しめたりと、いろいろな楽しみ方ができるスポットでもあるんですよ。日光市街地の観光地にも足を運べる位置にあって、観光にもおすすめの中禅寺湖は、仕事で疲れた私たちを優しく包み込んでくれます。遊覧船なら知っているけれど、他にどうやって楽しむのか分からないなんて、そんなもったいないことはありません。
そんな素敵なスポットにある魅力をどんどん掘っていきますよ♪

中禅寺湖の観光に行く前に知っておこう!

中禅寺湖ってどんなところ?なにができるの?

image by PIXTA / 21608066

栃木県日光市の日光国立公園内にあるのが「中禅寺湖」。

2万年前に、男体山が噴火してできた湖で、日本の湖沼では25番目の面積規模(11.62平方km)があります。

日本百景にも選定されている湖ということもあって、多くの方がいらっしゃいます。

中禅寺湖から見える景色は、絶景スポットとして人気があります。
男体山、戦場ヶ原への観光もできるほか、ボート、キャンプ場などの施設もあります。

遊覧船に乗って景色を楽しむこともできますよ。

もともとは魚は生息していませんでしたが、明治時代から徐だんだんと放流が行われ、今ではマスをはじめ24種類の魚が生息しています。

毎年8月4日には「勝道上人に関連した土地を船で巡礼」する「船禅頂」という行事が行われています。

中禅寺湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 中禅寺湖
住所 栃木県日光市中宮祠
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

首都圏から中禅寺湖へのアクセス手段や時間は?

image by PIXTA / 25751062

首都圏から日光までのアクセスはさまざまな方法がありますので、予算や人数に合わせて選んでみましょう。

・東北新幹線の場合:東京または上野から東北新幹線→JR宇都宮駅→JR日光線を利用。
日光駅から車で45分で到着します。

所要時間は電車で約1時間50分、車で45分と旅に出る感じがします♪

・宇都宮線普通と快速利用の場合:上野から宇都宮線→JR宇都宮→JR日光線を利用。
日光駅からは車で45分★

所要時間は電車で約2時間30分、合計3時間15分かかります。

移動するお金を節約するならこれ!

・東武鉄道を利用の場合

浅草駅→けごん号を利用すると、日光まで直通で行くことが出来ます。

浅草または北千住→東武日光駅まで、所要時間は約1時間50分。

参考情報として、きぬ号は下今市で乗り換えが必要になりますので、直通がよい場合は、けごん号を利用しましょう。

その他に、JR・東武鉄道では、日光・鬼怒川フリーきっぷを販売しています。

お得な乗車券がセットになってお得になっています。

最新のお得なきっぷ情報は、駅の窓口で確認してみてください。

問い合わせ先

東武鉄道 TEL: 0288-54-0137 / 0266(東武日光駅)

・東北自動車道利用の場合:首都圏 →浦和本線 → 東北自動車道 宇都宮IC →日光宇都宮道路 →日光ICがスムーズでおすすめ。

ですが、帰りは、佐野藤岡ICでアウトレットからお帰りの車が合流するので、混雑しやすくなりますので、15時~19時の間に通過するのは避けた方が無難です。

ドライブで行く場合の主要ルートや、中禅寺湖周辺の駐車場は?

ドライブで行く主要ルートは、東北自動車道と日光宇都宮道路が主要ルート。
これ以外は近道はないくらいのルートなんですよ♪

土日祝日は東北自動車道の佐野IC周辺で混雑するので、早めの休憩をとっておくようにしてください。

中禅寺湖周辺の駐車場ですが、うれしいことに周辺の観光スポットに駐車場があります。
中禅寺湖の湖畔の周りはもちろんのこと、華厳の滝などのスポットに駐車場があります。

具体的な駐車場の名前はというと…

・栃木県営湖畔第1駐車場

・栃木県営湖畔第2駐車場

・栃木県営華厳第1駐車場

・栃木県営華厳第2駐車場

1つの駐車場が大きいので、基本的には止められるのですが、紅葉の時期や大型連休は止めるのに時間がかかることもしばしば…。

止められれば自由に動きやすいので、車のスペース確保に頑張りましょう★

日光からバスで行ける?

image by PIXTA / 23747336

日光から中禅寺湖までバスで行くことができます。
これは電車で向かう方にはありがたいですよね。
単独でバスを利用するにももちろん可能ですが、せっかくならお得なパスをゲットしましょう。

東武バスが販売しているフリーパスがあります。

大人2000円、子供1000円で「JR・東武日光駅~中禅寺温泉地区のフリー区間の東武バスの乗降自由」というなんとも贅沢なフリーパス。
値段もこんなにお得なので、電車の方は使うしかありません。

有効期間は2日間ですので、連続する2日間利用できます。
宿泊する方にも利用しやすくなっていますので、ぜひ利用しましょう。

フリーパス以外にも、東武バスが中禅寺湖まで私たちを連れて行ってくれます。
同じ東武バスでも行き先が異なる場合もありますので、行き先は中禅寺湖方面であることを必ず確認してから乗車しましょう。

次のページ
中禅寺湖を経由して行ける周辺の観光スポットは? >>