洋と和が混ざり合った港町神戸の歴史観光スポット12選

関西三都の一都市、神戸。

神戸は古くは万葉の時代から港町として、また九州などの西国からの陸の要所として栄えました。
平安時代には中国との貿易の中心として発展し、鎖国している江戸時代には樽廻船で灘の酒を卸したり北前船の寄港地として発展。
幕末には海外へ拓く港の一つとして整備され、明治から大正にかけては多くの外国人が住んだことから、異国情緒を感じるおしゃれな街として街歩きが楽しい街となりました。
今回は開港150年を迎える神戸港を中心に6つのエリアと12のスポットを通じて神戸の歴史をみていきましょう!

太古の歴史と淡路島を望む五色塚古墳

太古の歴史と淡路島を望む五色塚古墳

image by PIXTA / 5259182

神戸の港をご紹介する前に、まずは4世紀末ごろに作られたという古墳をご案内します。

この五色塚古墳は神戸の西部地域にある垂水区にあり、ちょうど海の向こうには淡路島が見える地域です。

作られた時代は古墳時代と言われる時期で、形は歴史の教科書で習った仁徳天皇陵と同じ前方後円墳。
海岸に向かってかぎ型の形になっています。

大きさは一番長い箇所が194メートル、後円の直径は125.5メートル。
兵庫県下で一番大きな古墳で、全国でも40番目の大きさだそうです。

誰の墓なのかは不明で、もしかしたら地域の豪族のものかもしれませんし、日本書紀でこのあたりに作ったと記載のある「偽墓(遺体のない墓)」かもしれません。

五色塚古墳の周囲は円筒状の埴輪が埋め込まれていたことから「千壺古墳」という別名もあります。

五色塚古墳に登って古代の景色を見てみましょう

五色塚古墳に登って古代の景色を見てみましょう

image by PIXTA / 2662899

五色塚古墳は日本で最初に復元された古墳ですが、特に周辺を公園のようにはしていないので、周りは線路や住宅地です。
訪れると唐突に現れる小高い丘に驚きます。

管理事務所で受付をすると古墳の上に登ることができますので、ぜひ登ってみましょう。

近付くと古墳が三段でできていることがわかります。
そして側面には粒のそろった石が敷き詰められていますが、それらは出土した石で、淡路島から運ばれてきたものが混ざっていることが分かっています。
この古墳を作らせた人物は淡路島まで勢力を持っていたと考えられています。

古墳の上に登ってみると明石大橋と瀬戸内海、淡路島が一気に目の前に広がります。
海からの風が大変強く吹き付けるこの場所は現代ではパワースポットとしても紹介されることもあるようです。

古代の人々が古墳のような大きな建造物を築くのに、この場所を選んだのはもしかしたらそんな目に見えないパワーを感じたからかもしれませんね。

古代の人々は大橋はなかったですが、この同じ風景を見ていたと思うとちょっと感動的です。

栄枯盛衰を感じる平氏縁の兵庫津

続いては、平清盛が晩年に遷都しようとした兵庫津についてご紹介します。

場所は現在のJR和田岬駅周辺からハーバーランドの間のエリアを兵庫津と呼び、平安時代には西国街道も通る陸海ともに交通の要所として発展してました。

兵庫津は奈良時代に東大寺の大仏殿建造の責任者だった僧の行基が築いた「大輪田泊(おおわだのとまり)」が元となりました。

北側の六甲山地から流れてくるいくつもの川が作る天然の良港だったのです。

しかし、南西からの風浪は和田岬によって軽減されていますが、南東からの風浪に弱く、大阪からの船が難破したり、その波によって湊の設備が破壊されたりするということがよくありました。

10世紀ごろまでは朝廷が港を整備していました。
しかし、船の交流は絶えることはなかったのですが次第に整備がされなくなります。

清盛の夢が詰まった港

清盛の夢が詰まった港

image by PIXTA / 7512955

1162年、大輪田泊は平清盛の私財によって整備されました。

東南の風浪を軽減するために、湊の前に人工島の工事に着手します。
しかし何度も大風などにみまわれ、工事は中断または失敗に終わります。
難工事だったことから人柱をたてたり、石に一切経の経文を書いて基礎を築いたと言われています。

この湊を整備した清盛はここを日宋貿易の拠点とし、伊勢の水銀を輸出し宋銭や陶磁器、絹織物や香料・薬・書籍などが京にもたらされました。

宋銭が流入したことにより貨幣経済が促進された一面もありました。

この日宋貿易を取り仕切るため、清盛は拠点を兵庫津へ移します。

兵庫津の北側へ眼をやると六甲山地のすそ野がそばにあるのですが、この一帯の地域を整備して館を築き、都を移すことにしたのです。
後年の為政者によってその痕跡はほぼなくなっており、今では正確な清盛の屋敷はわかってはいません。

この兵庫津を見下ろす形で整備した都市を「福原京」として、実際に安徳天皇を連れて半年の間遷都したことはわかっています。

結局は源氏の挙兵により京へ戻らざるを得なくなり、遷都は叶いませんでした。
しかし、日宋貿易で海洋国家として経済的に国を豊かにしようとした清盛の夢を託されたのが兵庫津だったのは確かです。

#1 清盛塚

ここはJR和田岬から歩いて10分程度の場所にある清盛橋のたもとにある、高さ85メートルの十三重の石塔です。

清盛は京都で亡くなる際に、福原に埋葬するように言い残していたと言われていたことから、清盛塚は長く清盛の墓だと考えられていました。

現代になり道路工事で移転することが決まった際に掘り起しが行われ、墓ではなく供養塔だということがわかりました。
清盛の墓はどこなのか未だにわかってはいません。

その横には琵琶塚と呼ばれる琵琶の形をした古墳があり、琵琶の名手として知られる清盛の甥・平経正の墓と伝えられています。

#2 能福寺

805年に最澄によって日本最初の密教教化霊場として開かれました。

1180年には清盛の福原京遷都計画によって平家一門の祈願時に定められて、大伽藍などが建設されました。

また清盛が亡くなった際にここの住職が亡骸を京都より連れもどり、この寺にて葬儀を行ったとも言われています。

そしてこの寺を訪れると最初に目に飛び込んでくるのは日本三大仏と言われる兵庫大仏。
1891年に豪商・南条荘兵衛の寄進によって建立され、第二次大戦で失われたため現在の大仏は1991年に再建されたものです。

古戦場も離宮もある須磨

源氏と平氏が大きくぶつかった須磨

源氏と平氏が大きくぶつかった須磨

image by PIXTA / 29811128

平氏の隆盛を感じる兵庫津より西側、現在神戸市須磨区を見ていきましょう。

清盛が亡くなった後、源氏と平氏の対立は激しくなっていき、治承・寿永の乱へと発展していきます。

都を追われた平氏一門は清盛の孫である安徳天皇と三種の神器の一部を連れて九州の大宰府まで撤退します。

その後、後白河上皇を挟んで源義仲と源頼朝が対立している隙をついて、平氏方は軍勢を揃えて海から再び京へ戻るため、兵庫津へ降り立ちます。

源平合戦の様子は史実としてははっきりはしておらず、主に「平家物語」「吾妻鏡」の記載から検証されています。

須磨で起こった一の谷の合戦については、有名な「鵯越の逆落とし」という人馬が駆け下りることができないほどの荒れた急斜面を義経が勇士70名を引き連れて駆け下りたと言われています。
そのため平氏が混乱して海に馬ごと逃げる者がいたほど、合戦の勝敗を分けたと言われています。

しかし、鵯越は一の谷とは距離があるので、実際は鉄拐山からの奇襲だったのではないかとも言われており、また奇襲自体があったのかすらも疑問視されており、史実はわからないままです。

源平に縁のある須磨の歴史スポットを2つご紹介します。

#3 須磨寺

正式名称は上野山福祥寺ですが、須磨寺の愛称で呼ばれています。
こちらには、一の谷の合戦で有名な熊谷直実と平敦盛が一騎打ちのシーンを再現した「源平の庭」があります。
敦盛はこのとき16歳。
自分の子と歳が同じくらいの若武者を敵将として打たねばならない戦のむなしさから直実はこの戦いの後出家したとも言われています。
その悲劇的な逸話は後に能や戯曲でよく取り上げられており、能「敦盛」は織田信長が好み、ドラマでもよく聞く「人生五十年、下天の内をくらぶれば」と始まる唄で有名です。

同じく境内には敦盛公墓所の首塚と首洗いの池があり、ここに埋葬されています。
また、源義経が座ったとされる「義経腰掛の松」と「弁慶の鐘」もあります。

そして、須磨寺には笛の名手でもあった敦盛の「青葉の笛」が宝物殿に収められています。

#4 須磨浦公園

須磨浦公園は山陽電鉄の須磨浦公園駅を出てすぐのところに、高い山々を背景にした桜と松の林が美しい公園です。

この公園は六甲山地の西端の鉢伏山と鉄拐山などを含むハイキングも楽しめます。
ここが一の谷合戦の古戦場であったことを示す石碑や敦盛の供養塔を見ることができます。

この公園を訪れたらぜひロープウェイやカーレーターなどの乗り物で山頂へ登ってみてください。
展望台からの開けた景色が大変素晴らしいです。
東に目を向けると兵庫津を含む神戸港の姿があり、西に目を向けると瀬戸内海の向こうに淡路島が見えます。

そして、目線を下に降ろすと白い砂浜までの短い距離と山の急斜面を感じることができます。
あの「逆落とし」の舞台はここだとするなら、その急斜面を甲冑を着た武者が馬に乗って駆けおりる姿を想像するのも楽しいのではないでしょうか。

都人が愛した明光風靡なもうひとつの須磨

都人が愛した明光風靡なもうひとつの須磨

image by PIXTA / 27514177

須磨は源平の合戦など生々しい戦いの舞台だけの地域ではありません。

一の谷の合戦よりも300年以上前、平安時代の歌人・在原行平が都から追われ蟄居することになったのが須磨の地でした。
場所で、月見をして歌を詠んだことで有名です。

明光風靡な地域であることは都でも知られており、その100年後には行平をモデルにした源氏物語の舞台にもなっています。

そんな雅な地域には「月見山」や行平が寵愛した村長の姉妹「松風」「村雨」などの名前や史跡が残っています。

源氏物語の舞台として須磨をめぐる観光も華やかで素敵です。

#5 須磨離宮公園

須磨離宮公園は山陽電鉄月見山駅の北側にある公園で、ここは大正時代に建てられた旧武庫離宮(須磨離宮)があった場所です。

1967年に今の天皇陛下が皇太子時代に美智子皇后との婚姻が決まった際に、須磨離宮公園として神戸市に下賜されました。

離宮は第二次世界大戦で焼失しましたが、一部の門や壁などにその名残を感じることができます。
園に入るとフランス式庭園の噴水たちとその周りの「王侯貴族のバラ園」が迎えてくれます。

歴史を感じられるスポットとしては、園内の南側にある「月見台休憩所」がおすすめです。
在原行平が月見を楽しんだとされる小高い場所にやぐらがあり、そこは視界が開けて月も海もゆっくり見ることができるます。
座るスペースもありますので、広い園内を歩き疲れたときに景色を楽しみながら休憩するのにもぴったりです。

#6 松風村雨堂

在原行平が光孝天皇の燐に触れ、須磨へ左遷された際に、多井畑の村長の娘姉妹(もしほ・こふじ)と出会い、二人を「松風」「村雨」と呼び、情を交し合いました。

程なくして帰郷を許された行平は二人を想って句を詠み、狩衣と烏帽子を松にかけて旅立ったと言われています。

残された二人は行平を慕って彼の無事を祈る庵を立てたお堂が「松風村雨堂」です。
ここには行平が植えた磯馴松や狩衣をかけたといわれる衣掛松を観ることができます。

この別れの時に詠んだ歌は百人一首にも選ばれています。

湯治場 西の横綱・有馬温泉

湯治場 西の横綱・有馬温泉

image by PIXTA / 22853458

神戸の中心地・三宮から六甲山地を超えたところにある有馬温泉。

日本最古の温泉で、江戸時代には湯治場番付(ランキング)で西の大関として挙げられるほど全国に名を馳せていました。

泉質は7種類もあり、中でも鉄分を含む金泉と炭酸泉やラドン泉の銀線が有名です。

冷え症や関節痛をはじめアレルギーやじんましん、感染性皮膚病や傷や火傷などに効果があるとされています。

炭酸泉は飲むことで食欲増進の効果も期待できます。

有馬の湯治が歴史にはじめて登場するのは神話の時代からで、温泉神社の由緒には大己貴命・少彦名命が温泉を発見したと記載されています。

実際の歴史としては日本書紀に舒明天皇が631年に3か月にわたり滞在した記録があり、その後孝徳天皇も647年に大臣たちを連れて3か月ほど滞在したそうです。

その後衰退しつつあった有馬温泉を、兵庫津を整えた僧・行基が仏の導きを得て有馬の湯治場を整え、温泉寺を建てて今の基礎を築きました。

平安時代になると多数の文献に記載がみられ、天皇や文人などの貴族が訪れました。
清少納言も枕草子で有馬の湯を書き記しています。

源平合戦のころになると大きな洪水で有馬が壊滅的な打撃を受けて、100年近く荒れたままだったといいます。

仁西という僧が紀伊の熊野権現に詣でた時にお告げがあり、摂津の有馬を復興するように言われ、1191年に温泉寺を整えて、12の宿坊を作りました。
この名残から「坊」とつく宿が多いのも有馬の特徴です。

そして、戦国の世になると太閤・豊臣秀吉が有馬の湯をこよなく愛し、その整備などの援助をしています。

また、秀吉の参謀の黒田官兵衛は、伊丹の有岡城の土牢に1年近くとらわれていた後、秀吉の命で有馬で湯治をしています。

江戸時代になると庶民にも湯治が流行り、有馬にはたくさんの人が訪れました。

#7 温泉禅寺(黄檗宗)

一番初めに有馬温泉の基礎を築いた行基が薬師如来像を掘って、お堂を建てたことから始まったお寺です。

たび重なる火事により当時のものは焼失していますが、1582年に再建された薬師堂が現在に残ります。

薬師如来像以外に、行基と仁西の木像が祀られており、毎年1月2日には木像に初湯をかけて有馬温泉の発展を祈る入初式の行事が行われます。

#8 金泉の湯と銀泉の湯

名湯の二つの温泉をそれぞれ楽しめる外湯としてそれぞれの銭湯が有馬の街の中心にあります。

街の銭湯ですが、予約などは必要なく気軽に楽しめるので、おすすめです。
また、金泉の湯の横には無料の足湯スポットもありますので、有馬の街を散策した足を休めるのにぴったり。

古来から変わらない泉質のお湯を堪能しましょう。

開港150年を迎える神戸港

開港150年を迎える神戸港

image by PIXTA / 25181396

黒船来航から日本では諸外国との通商について意見が分かれていた幕末。
1858年に締結した日米修好通商条約と同時に欧州各国とかわした安政五か国条約によって、神戸港の諸外国への開港が定められました。

朝廷が京都に近い神戸の港を開放することに反対したため、横浜などから遅れて1868年に神戸港が開かれました。

当初はすでに日本国内の海運業で発展していた兵庫津の開港を検討しましたが、街がすでに大きく発展しており、外国国籍の船や人を受け入れるだけの場所を確保するのが難しいことと、できるだけ外国人と日本人をわけるため、当時人口も少なく、土地も広く開いていた神戸村の港が選ばれました。

#9 史蹟 旧海軍操練所跡とメリケンパーク

幕府の軍艦奉行だった勝海舟は海防を強化する必要を感じ、旗本の幕臣のため、「海軍操練所」を教育施設として設立を計画しました。

神戸村に呉服商網屋吉兵衛が私財を投げ打って船の修理場を作ったのを知り、それを利用して「神戸海軍操練所」を設立しました。

勝海舟自身も神戸村に土地を買い、海軍操練所と合わせて勝の私塾「海軍塾」を開設。
幕末の英雄・坂本龍馬が塾長を務めました。

しかし、勝海舟の更迭と同時に閉鎖となり、活動期間はわずか2年のことでした。

場所は現在の京町筋の南端だったとしてその記念碑がたてられています。

この記念碑からメリケンパークは歩いて5分。
1868年の神戸開港の際に明治政府が開設した波止場の跡にできた公園です。
印象的な神戸タワーやモニュメントなどをみることができる開けた公園の一角に阪神淡路大震災で崩壊した波止場の一部をそのままの状態で保存してメモリアルパークとして公開されています。

#10 和田岬砲台

神戸操練所と同じころに海防の要のひとつとして和田岬に砲台が建てられました。

勝海舟が設計をし、設置されたのは和田岬のほかには湊川・西宮・今津です。

現代では神戸港の一部とされている兵庫津にある和田岬の砲台だけが今も残っています。

砲台は三菱重工業の敷地内にあるため、一般の見学は毎月第2木曜日のみ公開となります。

はいからさんが似合う街・旧居留地と異人館

はいからさんが似合う街・旧居留地と異人館

image by PIXTA / 14307919

現在の大丸神戸店からフラワーロードまでのエリアが外国人達の居住区として治外法権地域として定められました。

この居住区を旧居留地と呼び、開港した1868年から条約が改正されるまでの1894年までの間は外国人だけが住む地域でした。

ほかの港に比べて遅れて開港したこともあり、外国人居留地の造成や設計のノウハウを活かして都市計画を立てて作られました。

下水が完備され、道路は車道と歩道に分けられ、通りには街路樹や街灯が設置されました。
また、海岸通りには芝生と松が植えられ、散歩道も作られました。

街灯が電灯に変わるときには電線が美観を損ねると主張があり、電線は地下に配線され、以降電柱が建てられることはありませんでした。

旧居留地に住むことができたのは日本との条約を結んだ国籍の人だけでした。
当時まだ正式に国交を結んでいなかった中国華僑たちは旧居留地の西側に街を作り、現在の中華街・南京町になりました。

また、旧居留地の開発が遅れていることから、政府は雑居地として旧居留地以外にも住むことを許可し、お抱え外国人と呼ばれた政府や企業・学校で雇われている外国人などが、山の手の方に居を構えるようになります。
それが現在の異人館となりました。

旧居留地が日本に返還されてからも、旧居留地のエリアには昭和の初めまでさまざまな洋館が建てられました。
現在もその建物は店舗やオフィスとして使われ、夜になるとライトアップされています。

旧居留地の時代に建てられた場所をご紹介しましょう。

#11 旧居留地十五番館

横浜などでは日本人が設計した洋館などがありましたが、旧居留地に建てられる洋館はすべて海外の建築家が設計をして建てられました。
その建物を旧アメリカ領事館だった「旧居留地十五番館」で見ることができます。

場所は神戸市立博物館の西向かいにあり、現在はカフェして使われています。
1995年の阪神淡路大震災により倒壊しましたが、当時の建築様式を再現し現在に至ります。

和と洋が混ざり合った街・神戸

明治の初めに外国からの文化がたくさん入ってきた神戸はどこか異国のような、でも雅な日本らしい懐かしい文化もある街です。

この和と洋が混ざり合った街にはたくさんの歴史があります。

今回は神戸開港150周年をむかえることから、港や海辺を中心としたスポットを中心にご紹介しました。

神戸にはおいしいスイーツやおしゃれなファッションなどもありますが、旅の途中で歴史を感じながら歩く観光もおすすめです。

港から吹く風を感じる神戸を感じてみてください。

photo by PIXTA