地元民が伝授!栃木県「足尾銅山」の観光完璧ガイド

歴史の流れを感じることができる足尾銅山。なかなか観光スポットとしていく計画の中に入ってこないスポットでもあります。実は足尾銅山に行くまでの移動手段の中で、珍しい電車に乗り換えたり、現地にはトロッコもあります。トロッコ列車に乗って行く粋な旅を堪能しながら、素敵な旅へいざないます♪

近くのホテルからお土産の情報まで、隅々まで足尾銅山を紐解きます。今まで興味がなかった方も「行ってみたいかも…」と思える事間違いなし!

足尾銅山の観光に行く前に知っておこう!

 

足尾銅山の観光に行く前に知っておこう!

image by PIXTA / 17279512

足尾銅山ってどんなところ?どんな歴史があるの?

 

足尾銅山ってどんなところ?どんな歴史があるの?

image by PIXTA / 17279511

400年の歴史を誇り、かつて「日本一の鉱都」と呼ばれていました。
一般の方も足を運べる足尾銅山の坑内観光施設になっています。

閉山後に坑内の一部が開放され、トロッコ電車に乗って全長700メートルの薄暗い坑道に入っていくことができ、当時の辛く厳しい鉱石採掘の様子を感じることができます。

年代ごとに人形で再現されていて、鉱石から銅になるまでの過程などが展示されている銅資料館など3つの資料館も併設しています。

日本の近代化を支えた、足尾銅山の歴史や役割を学ぶことができます。
敷地内にはレストハウスもあって、隣接した渡良瀬川河原は、晴れた日は水辺で楽しむこともできます。

江戸時代、足尾で採掘された銅は、東照宮や江戸城などの瓦等の製造に使われたれり、オランダや中国などへも輸出され、国の繁栄を支える資源となりました。

江戸時代の貨幣・寛永通宝は、足尾でも作られていた歴史があって、足尾で作られた寛永通宝にはすべて裏に「足」の字が刻まれていることから、「足字銭」と呼ばれました。

この「足字銭」をかたどった「足字銭最中」は、足尾観光のお土産として人気があります。

首都圏から足尾銅山へのアクセス手段や時間は?

 

足尾銅山までのアクセスは比較的簡単ですが、電車の本数が少ないこともあり、事前にチェックが必要です。

電車の場合はJR日光駅、または東武日光駅から市営バスで約50分、銅山観光前で下車してください。

※バスは1日4本ですので注意してください。

車の場合は東北自動車道経由、日光宇都宮道路(有料道路)清滝インターチェジから約30分です。

ドライブで行く場合の主要ルートや、足尾銅山周辺の駐車場は?

 

ドライブで行く主要ルートは、東北自動車道から日光有料道路をを経由したルートが主要ルートになります。

東北自動車道を経由するならば知っておきたいことは、途中にある佐野藤岡IC付近と、栃木都賀JCT付近で渋滞が発生しやすいこと。

佐野ではアウトレットからの渋滞、栃木都賀では日光や宇都宮方面からの車で渋滞します。
紅葉の時期や大型連休は特にです。

土日は佐野の混雑は必至ですので、時間に余裕をもって移動しましょう。
おおよその混雑時間は15時から19時の間です。

足尾銅山周辺の駐車場は、実はありません。
1つだけある駐車場は、「足尾銅山生協渡良瀬売店」というところ。
ですが、利用者専用になっていますので、観光で訪れた方は止められないのが現状です。

足尾銅山、ぐるっと見て回ると所要時間はどのくらいかかる?

 

足尾銅山、ぐるっと見て回ると所要時間はどのくらいかかる?

image by PIXTA / 7134433

足尾銅山をぐるっと見て回っても、所要時間は1時間半くらいで済みます。
観光スポットとしては意外とさらっと回ることができるので、時間がない方でも足を運びやすいスポットとも言えます。

見学するのに料金はかかる?

 

見学するのに料金はかかる?

image by PIXTA / 7134441

見学するのに料金はかかりますので、手持ちを準備しておいてくださいね♪

大人820円、小・中学生410円となっています。
少し高い気もしますが、入ってみると他の観光スポットでは体験できない雰囲気で、入る価値は大いにあります。

年中無休なので、自分の好きな時期に行けるところもポイントになっています。

トロッコには乗るべき?

 

日本最大の坑内観光ができる「足尾銅山観光」ですが、トロッコに乗って出発しないと観光を楽しむことができません。

1200m以上続く坑道の中で見学できるのは700mほど。
カラフルなトロッコは、私たちを足尾銅山観光に連れて行ってくれます。
通洞抗を入り駅に到着。

ここでトロッコを降ります。
今ではなかなかトロッコに乗れるスポットはありませんので、ぜひトロッコに乗って足尾銅山観光を楽しんでくださいね。

足尾銅山を経由して行ける周辺の観光スポットは?

 

足尾銅山を経由して行ける観光スポットは、やはり日光がおすすめ。
アクティブに動けて楽しめるスポットがたくさんあります。
足尾銅山から20キロのところには日光東照宮もあります。

意外と近くで、車で行くと30分前後で行くことができます。
その他にもし足尾周辺というより、足度銅山付近で観光スポットを探しているときは、見学したりするスポットが多いです。

がっつり楽しむなら日光、まったりなら足尾銅山周辺と覚えておきましょう。

足尾銅山の観光モデルコースはこう!

 

日帰りの場合

 

日帰りの場合

image by PIXTA / 7134432

足尾銅山観光をしましょう。
所要時間は1時間半から2時間でゆっくり回ることができます。
お昼くらいについていればまだまだまったりと楽しめます。

そのあとは、足尾歴史館に行きます。
ここではより足尾銅山について詳しく知ることができて、文字の通り足尾銅山の歴史を学ぶことができます。

頭を使ったら、次は身体を動かしましょう、「日光観光協会 足尾出張所」ではレンタルサイクルを行っています。
自転車を借りて、足尾銅山周辺のおいしい空気の中でリフレッシュ♪

自然も豊かで普段見られない景色を楽しみながらさわやかな時を過ごすことができます。
ここでは所要時間はご自身の身体と相談しながら、無理はしないようにしてくださいね。

その次は、「古河掛水倶楽部」に行きましょう。
「ふるかわかけみずくらぶ」と読みますので、カーナビに入力する時には気を付けましょう。

国産第1号のビリヤード台が残る迎賓館で、当時の様子をうかがうことができます。
なお12月から3月までは休館になりますのでご注意ください。

実はこの流れ、車で行く方はもちろんのこと、電車の方も回りやすくなっています。
時間によってはどこかをカットしたり、時間がとれるならばどこかでランチを挟んだり、自由にカスタマイズしてみてくださいね。

1泊2日の場合

 

宿泊を伴って足尾銅山を訪れるなら、初日は日帰りと同じ動きをしましょう。

時間はたっぷりありますので、ランチを入れながら足尾の魅力に浸ってくださいね。

夕方には旅館にチェックインして、お風呂やお食事を楽しみましょう。

2日目にはどう動くかというと、移動時間も短く向かうことができる「日光」に向かいましょう。
日光は観光スポットがたくさんあるので、観光には不自由しないスポット。

帰りもJR日光駅または東武宇都宮駅、車の場合は日光宇都宮道路から首都圏へ帰ることができますので、動きやすいルートになっています。

足尾銅山のおすすめの見学ルートは?

 

まずはメインから「足尾銅山観光」

 

全長700mの坑内は、じっくり歩いて雰囲気を楽しむのが通の楽しみ方。
ざっくり歩く方も多い中で、壁の造りを見てみたり、ここでしか味わえない情景を!

700メートルに詰まった歴史をしっかり感じてくださいね。

足尾銅山の光と影を知る「足尾歴史館」

足尾の歴史・足尾銅山についての資料が保管されています。
写真、書籍など、足尾を知る多くの人たちの話から、日本の近代国家創りに、多大な貢献をしてきた歴史を学べます。

足尾銅山の歴史だけではなく、足尾の深い歴史をひも解きながら、将来に語り継げるようになること間違いなし。
観光客の方にも足尾の歴史を知ってもらうための重要なスポットになってます。

ぜひルートに入れて回ってみましょう♪

足尾銅山と一緒に回れる観光スポットはここ!

 

世界遺産の定番「日光東照宮」

 

世界遺産の定番「日光東照宮」

image by PIXTA / 29286019

日光で世界遺産を巡ると言えば、日光東照宮は外せません。

何度行っても建物に歴史を感じられて、江戸時代に身を置いているような感覚になります。

時間が過ぎるのも早くて、あっという間に2時間程度経ってしまいます。

ですので、参拝するときは時間をたっぷりとって中を巡ることをおすすめします。

特に冬は雪が降って足元が滑りやすくなっていますので、気を付けて歩くようにしましょう。

そして、雪が降ると、普段と違う景色にため息が出てしまいそうになります。

日光東照宮と一緒に「日光山輪王寺」

766年に作られたの日光山輪王寺。

比叡山や東叡山と並ぶ天台宗三本山の1つで、日光の観光スポットとしては外せないスポットになっています。

本堂にあたる三仏堂のほか、庭園の逍遙園、約3万点の宝物を保管している宝物殿など、見どころがたくさん。

徳川家の中の、三代将軍家光を祀る大猷院(たいゆういん)もありますので、歴史を感じるにはもってこい。

日光山全体を見るには、共通拝観券が必要ですので、もし見たい時にはチケットを購入しましょう。

世界旅行にひとっ跳び★「東武ワールドスクウェア」

世界旅行を日光で楽しめる!?そんな夢のような時間を過ごすことが出来るのは、こちらの「東武ワールドスクウェア」。

世界の有名なスポットのミニチュアの模型が所狭しと並んでいて、世界遺産などがここで一気に楽しめます。

とにかく本物そっくりに作られているので、見る角度によっては、「この建物ってこんな風なんだ」と新しい発見をすることも出来ます。

入場料は少し高いですが、ぜひ足を運んでほしいスポットになっています。

江戸を体感!「江戸ワンダーランド 日光江戸村」

テレビの撮影で使用されたこともある、江戸の町をテーマにしたテーマパーク。

忍者になった気分になれるアトラクションや、江戸時代ならではの体験イベントなど、小さいお子様と一緒に楽しむことが出来ます。

その他、アトラクションを楽しむのはもちろんですが、江戸の街並みを忠実に再現していますので、街並みを楽しみなが園内を楽しむことも楽しみの1つになっています。

遊ぶスポットを探しているならば、日光のおすすめ観光スポットです。

御朱印はいかがですか?「日光二荒山神社」

 

御朱印はいかがですか?「日光二荒山神社」

image by PIXTA / 27574433

地元では、日光二荒山神社は初詣の神社として知られています。

受験生がいる家族や、資格試験などのお守りが好評で、結果が出た!という方も多いです。

CMも初詣時期に流れているので、初詣イメージが強いですが、観光で回ることももちろん出来ます。

境内は広いので、ゆったりと回ることが出来ます。

お守りの種類もたくさんありますので、じっくり見てマッチするものを購入しましょう。

頑張って出口を見つけて♪「巨大迷路パラディアム」

巨大迷路に入ったことってありますか?実は日光には、大人も楽しめる巨大な迷路があります。

大人から子どもまで楽しめますが、壁が高くて先が見えないので、小さいお子様だけにすると、怖くて泣いてしまうこともあるかもしれませんので、気を付けてくださいね。

ゴールを目指して楽しめる巨大迷路ですので、競争しても楽しいですし、カップルで一緒に出口を探してみるのも、楽しい時間を過ごすことが出来ます。

写真で見ると簡単そうですが、実際に入ってみると意外と苦戦します。

女性に大人気♡「日光オルゴール館」

オルゴールの音色は、人の耳に心地よく、リラックス出来る効果があるとも言われています。

そんなリラックス効果が期待出来るスポットが、「日光オルゴール館」。

オルゴールが様々なな材料で作られていて、約1500種類もあるんです。

大人から小さいお子様まで楽しめる、オルゴール手作り体験も出来ますので、記念にオルゴールを持ち帰ることも出来ます。

カップルにもおすすめで、デートとしてもおすすめ。

ぜひ足を運んでみて、オルゴールの音色に浸ってくださいね。

元祖日光の観光スポット「日光猿軍団 」

しばらくお休みが続いていたスポットですが、2015年に再開したお猿さんのアミューズメントパーク。

足を運んだことがある方も多く、イメージとしては、「お猿さんの学校で、先生との掛け合いがおもしろい」イメージだと思います。

もちろんその面白さはキープしながらも、パワーアップしたお猿さんのパフォーマンスが楽しめる、おすすめの観光スポットになっています。

閉園が夕方ですので、お昼過ぎには向かっておくことをおすすめします。

足尾銅山観光で食べたいランチ。おすすめのお店はここ!

 

店内に喫茶スペースもあります「マルサン」

ちょっとしたお食事を楽しめるスポットの登場です。
足尾銅山周辺にはランチができるスポットがないので、お店を見つけたらすぐに入ることをおすすめします。

お食事メニューが充実していて、スパゲティー、ピラフ、自家製パンを使ったフルーツサンド、ホットケーキなどなど、カフェとしても利用できます。

おみやげでは「自家製中生ケーキ」が人気。
おいしいと評判のお土産も一緒にいかがですか?

ぴりっとした味が楽しめます「さんしょう家」

さんしょうの産地の足尾ですが、ここではさんしょうを使った定食でランチを楽しめます。

おすすめは、さんしょうをたっぷりまぶした唐揚げで、ピリッとした味でご飯が進みます。

辛い物が苦手な方でも楽しめるあっさりとした辛さですので、辛い物が苦手でもぜひ挑戦してみてくださいね。

足尾銅山入り口にある「レヒロⅡ世」

トロッコを待っている間や、足尾銅山観光を終えた方たちがランチを楽しむスポットになっています。
小腹満たしもできるほか、オムライスや焼きそばなどのメニューもあります。

足尾銅山周辺のおすすめホテルはここ!

 

足尾銅山周辺は奥日光がおすすめ★

足尾銅山周辺のホテルは、栃木県南に行くとビジネスホテルが多く、観光スポットから遠くなってしまいます。

少し足を伸ばして奥日光まで行くと、素敵な旅館がたくさんありますので、今回は足尾銅山から行きやすい奥日光にスポットをあててご紹介します。

岩風呂の露天風呂がある「奥日光 森のホテル」

 

奥日光が誇る規模の「大露天岩風呂」がありますので、先ほど冬の楽しみ方を露天風呂で…とご紹介したスポットにぴったり。

露天風呂はもちろんですが、お部屋でも源泉掛け流しの温泉を楽しむことができます。

お食事はオープンキッチンで、木の温もりが溢れる「杜のダイニング」があります。

味わい深い創作料理は好評で、訪れる方の舌をうならせます。

ひっそりと…「奥日光 源泉の宿 ゆの森」

こちらのお宿は全部で12部屋と少ないので、落ち着いた雰囲気の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

森にお部屋すべてに、天然温泉100%のにごり湯を楽しめる温泉が完備されています。

しかも、その温泉は源泉掛流しの露天風呂。

こんなに贅沢なお部屋は奥日光ならではの醍醐味。

クチコミも高評価の懐石料理は郷土豊かで、奥日光を表しています。

その他にもステーキコースなどたくさんのメニューがある料理も好評です。

記念日にもぜひいかがですか?

日光中禅寺湖温泉 「ホテル 花庵」

こちらのお宿は「女性の癒し」をテーマにした、新感覚のスポット。

女性のうれしいがたくさん詰まっていて、ここでは説明しても間に合わないほど。

ぜひホームページも確認してみてくださいね。

全部で22部屋ありますが、すべてのお部屋から中禅寺湖を一望することができます。

日光や栃木の逸品や、朝夕で40種類の旬の新鮮な野菜が食べられる創作料理も好評です。

日光で唯一「にごり湯」と「アルカリ単純泉」の2種類の泉質を楽しめます。

中禅寺湖を楽しめる「奥日光ホテル四季彩」

お部屋ははすべて中禅寺湖に面していますので、素敵な風景を楽しむことができます。

さらに、落ち着きのある空間が私たちを出迎えてくれます。

くつろげる、落ち着いた空間が広がっていますので、旅の移動や日頃の疲れを癒してくれます。

湯元から温泉を引いていますので、季節で七色に変化する硫黄泉を見ることができます。

「美肌の湯」とも言われていて、女性に特におすすめ。

月替わりで提供している手造り会席料理が特徴で、この会席料理を目的にリピートする方もいらっしゃるほど好評です。

有名な星野リゾートで…「星野リゾート 界 日光」

こちらのお宿も目の前に中禅寺湖を望む、贅沢なスポットです。

栃木ならではの会席料理はもちろんのこと、檜のお風呂や、伝統工芸である「日光下駄」や「鹿沼組子」のおもてなしが私たちを歓迎してくれます。

有名な星野リゾートですので、ホスピタリティー溢れるサービスはもちろんのこと、心も身体も癒してくれる温泉とお料理をご用意しています。

記念日にぜひ♡「ゆ宿 美や川」

 

記念日におすすめのお宿はこちら。

なぜ記念日におすすめなのかというと、全部で5部屋だけしかない特別なお部屋があるので、特別間がたまらないお宿だからです。

その5部屋には無料で入ることができる貸切風呂があります。

お部屋の雰囲気は落ち着いた和室で、お風呂は自家湧出源泉で100%掛け流し。

お風呂もお部屋もぜいたくなで、まるでご褒美のよう。

明治末からある歴史ある湯宿で、大浴場は露天風呂が2つと、内湯(寝湯)が2つ。

こちらは全て24時間無料貸切というからまた驚き。

温泉がついている特別室もありますので、ニーズに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに全室禁煙です。

いよいよ観光も終わり…足尾銅山のお土産はこれ!

 

女性に大人気!「天然石アクセサリー」

 

天然石でできた様々なアクセサリーは、足尾銅山ならではのお土産として注目を集めています。

様々な種類の天然石でできた、 ネックレスやブレスレット、携帯ストラップなどがあります。

素朴なお土産ですが、他の観光地のお土産でなかなかないタイプのお土産ですので、他の人と差をつけたい時におすすめですよ★

ぴりっとした味をぜひ「さんしょうシリーズ」

 

足尾の名物としてさんしょうをご紹介しましたが、お土産にもさんしょうを使っている商品があります。
他のスポットでもさんしょうを使っている商品はほとんど目にしないので、足尾ならではのお土産です。

お値段も600円前後とお手軽なので、ぜひ手に取って購入しましょう。

お土産は少し物足りないかもしれません…

 

足尾銅山観光の中でお土産屋さんを通ることになりますが、もともとが観光スポットでなかったことから、お土産はとっても少ないです。

土地の利を生かした鉱物などを使用した天然石を扱っていることが多いので、天然石をお土産にする方が多い!なんとなくパワーももらえそうですしね。

天然石をお土産にもらった方も、家に飾ったりお守り代わりにしたりと、用途がさまざまですので、その方に合った楽しみ方ができます。

ですので、もしお土産を考えている方は、天然石に注目して見てみると新しい発見があるかもしれませんよ。

足尾銅山の知識はこれで完璧★

 

足尾銅山の観光について一緒に見てきました。
足尾銅山に今まで興味がなかった方も、ちょっと行ってみたくなってきませんか?

日光にも近いので、少し足を伸ばすことでアクティブな観光も楽しめる贅沢なスポットなんですよ。

歴史ある情緒豊かな雰囲気を感じながら、足尾銅山観光を楽しんでくださいね。

photo by PIXTA