滋賀県最古の神社!パワースポットとしても人気の高島・白髭神社

日本一大きな湖、琵琶湖。その琵琶湖の中に佇む鳥居をご存知でしょうか。どこか不思議で、眺めていると穏やかな気分になれる不思議な光景。今回は、滋賀県在住ライターである私hitoyoが、滋賀県高島市にある白髭神社(しらひげじんじゃ)の魅力をご案内します。

白髭神社に到着!おすすめのアクセス方法

96967:白髭神社に到着!おすすめのアクセス方法

撮影/hitoyo

白髭神社がある場所は、滋賀県高島市。
琵琶湖の北西部に位置している場所です。
公共交通機関を利用する場合は、JR湖西線の近江高島駅にて下車を。
タクシー5分、徒歩約40分で白髭神社に到着です。
96968:

撮影/hitoyo

車で行きたいという方も、ご安心ください。
白髭神社は無料駐車場が完備されています。
京都・大阪方面からのアクセスは、京都東IC経由、西大津バイパスの国道161号線を北上してください。
北陸・名古屋・東京方面からのアクセスの場合は、北陸自動車道木之本IC経由、国道161号線を南下するコースをどうぞ。

琵琶湖に沿った道である161号線のドライブは、とても気持ち良いですよ!取材時にも、バイクツーリングのグループやビワイチ(自転車での琵琶湖一周サイクリング)中の人が次々と訪れていました。

白髭神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 白髭神社
住所 滋賀県高島市鵜川215
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shirahigejinja.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

到着したら、まずはお参りから

96972:到着したら、まずはお参りから

撮影/hitoyo

全国の白髭神社の総本社であり、滋賀県で最も古い神社の白髭神社。
1603年(慶長8年)に豊臣秀頼・淀君によって建立した本殿は、国の重要文化財に指定されている歴史ある建物です。
また「白い髭」の名前通り、延命長寿の神様としても人気を集めているスポット。
そのほか、交通安全や福徳開運、縁結びなどのご利益も。

それでは、早速お参りをしておきましょう!

階段を登った先にある景色と紫式部の歌碑

96973:階段を登った先にある景色と紫式部の歌碑

撮影/hitoyo

お参りの後は、さらに奥へ進みましょう。
「紫式部歌碑」と書かれた気になる石の案内板を発見しました。
早速階段を上ります。

96975:

撮影/hitoyo

少し高い場所から眺める琵琶湖と本殿。
どこか清々しい気分になることができる、お気に入りの場所のひとつです。

96974:

撮影/hitoyo

こちらは源氏物語の作者、紫式部が詠んだ「三尾の海に 網引く民のひまもなく 立居につけて 都恋しも」の歌碑。
今のように高速道路や電車がない時代、京の都と近江高島の距離はおそらく今の何倍も遠く感じたことでしょう。

96976:

撮影/hitoyo

どちらかと言えば長方形に近い滋賀県の形。
取材日は4月下旬。
彦根城や長浜の豊公園など滋賀県各地の桜はすでに散っている時期でしたが、ここにはまだ桜の名残がありました。

もうすでに散っていると思っていた桜に出会えると、なんだか嬉しいものです。

96985:

撮影/hitoyo

また、石段の上には天照皇大神宮・豊受大神宮・八幡三社(加茂・八幡・高良)・天満神社・波除稲荷社・岩戸社・寿老人社・弁財天社の合計10社が祀られています。

写真は、一番奥にある岩戸社。
岩戸社より奥は立ち入り禁止となっていましたが、古墳塚があるとのこと。
また、白髭神社境内の中でも岩戸社は特にパワーが強い場所。
取材当日も熱心にお祈りをしている方がおられました。

紫式部歌碑の住所・アクセスや営業時間など

名称 紫式部歌碑
住所 滋賀県高島市鵜川215
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.takashima-kanko.jp/spot/takashima/444.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お守りやおみくじは、社務所にて

96977:お守りやおみくじは、社務所にて

撮影/hitoyo

神社に来たら、挑戦したくなるのがおみくじです。
社務所に行き100円をお賽銭箱に入れておみくじ筒を振りましょう。
白髭神社のおみくじは、書かれている番号の紙を自分で取るセルフサービスタイプです。
ちなみに子どもみくじは50円とリーズナブルでした。

96978:

撮影/hitoyo

結果は小吉。
「あせらず騒がずゆるゆる進めばよし」の言葉に励まされました。
決してハイペースで暮らしているわけではないと思うのですが…。
「一歩一歩確実に進みなさい」と言われている、と思うことにします(笑)。

161号線を横断して、絶景へ!

96979:161号線を横断して、絶景へ!

撮影/hitoyo

白髭神社には、現在参道がありません。
国道161号線が開通したために、参道自体がなくなってしまったとのこと。
そのため鳥居に近付くためには道を横断しなければいけません。
信号機や横断歩道がなく車もスピードを出しやすい道のため、必ず左右の安全を確認し十分に注意した上で渡ってください。
特に北側は道がカーブしています。
車からも歩行者が見えにくく、危険です。

96969:

撮影/hitoyo

161号線を横断した先にあるのは、湖上の上に佇む鳥居の姿です。
広島の厳島神社を彷彿とさせるかのような姿は「近江の厳島」とも呼ばれているほど。
ちなみに鳥居のはるか向こう側に見えるのは、琵琶湖の中で唯一人が住んでいる沖島です。

朝、昼、夕方と景色を変える琵琶湖。
ぜひ色々な時間帯に訪れてみてください。

96971:

撮影/hitoyo

石段に腰掛けて、ゆったりとした気分で琵琶湖を眺めるも良し。
波の音を聴きながら、日常を忘れてリラックスするも良し。
夕焼けのシャッターチャンスを待つも良し。
まさに滋賀県民にとって「母なる湖」である琵琶湖の魅力を堪能できる場所。

私にとっても、優しい気持ちになれるパワースポットです。

湖中大鳥居の住所・アクセスや営業時間など

名称 湖中大鳥居
住所 滋賀県高島市鵜川215
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shirahigejinja.com/kotyuutorii.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

琵琶湖の絶景を眺めながら、癒しのひとときを

風が吹くと、静かな波の音が聞こえる琵琶湖。
一見海のようですが、潮の匂いはなく、海よりも穏やかな風景が広がります。
遠い昔からここにある琵琶湖と白髭神社の鳥居を眺めながら、日々の喧騒を忘れ、休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。