社会人になっても留学できる?社会人に短期留学をおすすめする11の理由

社会人になってからの留学は、仕事を辞めてから行かなければいけなかったり、休職しなければいけないと思っていませんか?仕事を辞めなくても、留学はできるんです!社会人におススメなのが短期留学。1-2週間ほどの留学ならば気軽に行くことができますし、仕事への影響なく留学が楽しめますよ。

短期留学が社会人におススメな11の理由

費用を抑えて留学ができる

費用を抑えて留学ができる

image by iStockphoto

留学に行こうと思うと、学費や滞在費、ビザ代など、多くのお金がかかりますよね。
短期留学なら留学費用も抑えられます。

例えば、ビザ代。
短期留学なら、観光ビザや、ビザなしで渡航できる国も。
カナダは日本のパスポート保持者ならビザなしで半年まで滞在できますし、短期滞在のために観光ビザが必要なオーストラリアでも、ビザ代は$20と、とても安いんです。

学費も、2週間ほどの留学なら、驚くほど高額な留学費用を払わなくても留学が可能。
国にもよりますが、10万から20万円ほどあれば短期留学はできます。
さらに、アジア留学ならば、学費も滞在費も抑えて留学できるので、安く留学したい方にはおススメですよ。

留学の手続きが簡単にできる

留学の手続きが簡単にできる

image by iStockphoto

留学に行く場合、何カ月も前からビザ申請をしたり、学校の手続きをしたり、準備にも多くの時間が必要。
仕事をしていると、そんな手続きをする時間もなかったりしますよね。
短期留学ならば、観光ビザも簡単に取れますし、あまり準備する時間がないという方は、留学エージェントにお願いすれば、ビザ申請から学校の手続きまで、多くの留学手続きのサポートをしてもらえます。

仕事の休暇中に行ける

仕事の休暇中に行ける

image by iStockphoto

長期留学に行く場合は仕事を辞めたり、休職しなければいけないというリスクがありますが、短期留学なら今の仕事を続けながら留学が可能なんです。
社会人になると、1年の内、数週間の休暇を取れるタイミングはあるのではないでしょうか。
1-2週間のまとまった休みがあれば、短期留学はできます。
せっかくの長期休暇だから、ゆっくりしたい方も、海外旅行に行きたいと思う方もいるかもしれませんが、その休暇を有意義に過ごしてみませんか?休暇中に留学をして、英語力を高め、スキルアップしちゃいましょう。

英語を仕事に生かせるようになる

英語を仕事に生かせるようになる

image by iStockphoto

グローバル化が進む中で、日本にいても英語を使う機会は増えてきていますよね。
そんな中で仕事上でも英語を使わなければいけない場面もあるのではないでしょうか。
英語のスコアを上げることも大切かもしれませんが、仕事で必要なのは英語の実践力。
留学に行くことで、英語を話すことへの抵抗がなくなり、自信もつくので、仕事で英語を使う場面があっても、すぐに対応できるようになります。
また、短期間の留学でも、語学学校から終了証をもらえるので、留学したという証明もできますよ。

国際的な感覚を身に着けられる

国際的な感覚を身に着けられる

image by iStockphoto

留学先の語学学校では、多国籍な環境で学ぶことになります。
英語を学ぶ学生は年齢も国籍も様々。
そんな環境で英語を学ぶことで、他国の文化や習慣の違いを肌で感じることができます。
語学留学は英語を学ぶだけでなく、様々なバックグラウンドを持つ国の人々とどうコミュニケーションをとればいいのかや、日本との違いを知ることで、国際感覚を身に付けることが可能。
日本に帰国後に、海外の人と仕事をする場合も、スムーズな対応ができるようになりますよ。

海外旅行を楽しみながら学べる

海外旅行を楽しみながら学べる

image by iStockphoto

休暇を利用した留学だと、勉強ばかりでせっかくの休みが終わってしまうと思うかもしれません。
ですが、留学に行くということは、海外に行くということ。
留学中は海外旅行を楽しむように、観光を楽しむ時間も十分にあるんです。

また、語学学校によっては、週末など、エクスカーションという体験活動を行う時間を設けているところもあり、他の留学生と一緒に小旅行に行ったり、バーベキューをしたりと余暇を楽しめる時間もたくさん。
短期留学ではタイトなスケジュールになるかもしれませんが、留学中は時間を有効に使って、勉強と観光を両立して楽しめるといいですね。

英語+α留学で資格ゲット

英語+α留学で資格ゲット

image by iStockphoto / 95532399

社会人になってからの留学でおススメなのが英語だけではなく、プラスαの留学プラン。
仕事に役立つ英語を学びたいなら、一般英語のコースだけでなく、ビジネス英語を学べるコースも。
留学と趣味を楽しむ留学にしたいのなら、語学留学+スキューバダイビングの資格を取るコースや、ハワイならフラダンス、カナダならスキーやスノーボードを楽しめるツアーがついた留学プランもあります。
短期の留学でも、たくさん学んで、たくさん楽しみたい方におススメの留学プランです。

インターンを利用して職業体験できる

インターンを利用して職業体験できる

image by iStockphoto / 90976877

社会人留学の場合、留学をして英語を学び、今の仕事につなげたいという方もいるのではないでしょうか。
そんな方には語学留学だけでなく、実際の企業でインターンシップができるプランもあるんです。
体験できる職業は限られてしまうかもしれませんが、ホスピタリティー業界や、貿易会社の事務などの職場体験が可能。
ただ、観光ビザでの留学の場合、基本的に働くことはできないので、インターンシップは職業体験であり、無給のものとなります。

語学学校だけでは、実際に英語がどう使われているのかを知るのは難しいことも。
実際の企業で職業体験することで、スタッフがどうやって英語で対応しているかや、ビジネスマナー、海外と日本の働き方の違いなども学べます。
海外でのインターンシップは日本では体験できない経験を得られるよい機会になりますよ。

キャリアアップ、キャリアチェンジにつながる

キャリアアップ、キャリアチェンジにつながる

image by iStockphoto

留学を経験し、英語が話せるようになれば、英語を使う仕事を任されたり、海外勤務なんてことも。
また、英語が使えることで、お給料アップにつながるなんてこともあるかもしれませんね。
英語を話せることで、仕事の幅も広がります。
さらに、留学をしたことで本当に自分がしたいことが見つかり、新たな仕事につく方もいます。
短い期間でも海外に行って、留学をする事で将来の自分の目標やビジョンを再確認する良いきっかけになりますよ。

英語力を私生活でも役立てることができる

英語力を私生活でも役立てることができる

image by iStockphoto

英語を学ぶのは仕事のためだけでなく、自分のスキルアップにもつながります。
仕事上で英語を使わないとしても、海外の映画を見るときや、海外旅行に行くとき、街で出会った外国人に道案内をしたりと、英語を使う場面って日常生活の中でも結構ありますよね。
基本的な英語だけでも理解し、話せるようになっておくと便利なんです。
短期留学で英語力をアップできれば、海外旅行の際も、自分で現地の人とコミュニケーションが取れるようになり、旅行がより楽しめるようになりますし、私生活でも英語を聞いたり、話したりするのが楽しくなりますよ。

会社からのサポートを得られる場合もある

会社からのサポートを得られる場合もある

image by iStockphoto

社会人になってからは学生時代よりも自由に使えるお金は増えますが、留学費用を払えるほどの貯金がないという方もいるのではないでしょうか。
仕事上で英語を使う機会があり、英語をもっと勉強したいという場合は、会社から留学費用を研修費用としてサポートしてもらえる場合もあるんです。

職場で英語力が必要だと感じていたら、上司に留学について相談してみるのもいいですね。
会社から留学費をサポートしてもらうことができれば、貯金がなくても留学できますし、仕事の一環としての留学なら、留学後も元の仕事に戻れるという保証があるので、安心して留学ができますよ。

社会人短期留学のメリットとデメリット

社会人短期留学のメリット

社会人短期留学のメリット

image by iStockphoto

就職後の短期留学のメリットは仕事に支障なく留学に行けるということ。
1-2週間でも留学はできるので、仕事の長期休みを使っての留学が可能。
オーストラリアやアジア諸国を留学先に選べば、時差や渡航時間などをあまり気にすることなく留学できますよ。
気軽に英語を勉強しに行けるというのが短期留学のメリット。
海外旅行を楽しむように留学してみましょう。
いろんな発見があるはずです。

社会人短期留学のデメリット

社会人短期留学のデメリット

image by iStockphoto

短期留学のデメリットはやはり期間の短さ。
短い留学期間でも、多くの学びがあるのは事実ですが、長期留学に比べると、英語力の伸びは見込めません。
お試し留学や、プチ留学のためなら、短期留学をする事はメリットになるかもしれませんが、本格的に英語を学びたい場合は、短期留学だけでは難しいかもしれません。
自分の英語のスキルをどれだけ伸ばしたいかによって、留学スタイルを選ぶといいですね。

就職後でも留学はできるんです!

社会人になっても留学をあきらめずに行くなら、短期留学。
短い期間でも海外で生活し、英語で生活することで英語力アップにつながります。
短期間なら仕事に支障なく留学できるので、社会人になっても留学を楽しめますよ。
就職した後でも留学したいと思ったら、是非、短期留学を試してみてください☆英語を話すことの楽しさを再確認できますよ。
photo by iStock