地元民が伝授!宮崎県「高千穂」の観光完璧ガイド

高千穂は古来からの神話の里。「古事記」や「日本書記」に登場し、現在でも日常的に神楽が奉納されています。この地域は温暖な宮崎の中では標高が高く日中の温度差が大きい所。近くには冬九州で唯一スキーのできる五ヶ瀬スキー場もあります。素敵な高千穂の魅力をご紹介します。

「高千穂」の観光に行く前に知っておこう!

 

「高千穂」ってどんなところ?なにができるの?

 

「高千穂」ってどんなところ?なにができるの?

高千穂の観光は、ずばり日本の神話の古里を訪ねる旅行です。
高千穂は、「古事記」や「日本書記」にかかれている日本発祥にかかわる日向神話の舞台。

八百万の神々が集まった天の安原や天照大御神(アマレラスオオミカミ)がお隠れになった天岩戸と天岩戸神社、猿田彦命と天細女命が結婚して住んだ荒立神社、天孫降臨の地に創建された槵觸(クシフル)神社など見どころがたくさん。
夜神楽の見学も楽しみの一つ。

高千穂峡は、阿蘇の火山活動で噴出した火砕流が浸蝕された峡谷。
自然の美しさが楽しめます。

温泉もありますので、ゆっくり疲れを癒すこともできます。

首都圏から「高千穂」へのアクセス手段や時間は?

 

首都圏から高千穂へ一番早いアクセス方法は、東京羽田空港から、阿蘇熊本空港へ1時間35分。

阿蘇熊本空港からは、県道206号線から県道28号線へ、更に県道39号線にぶつかり北へ、国道325号線にぶつかり右折して東に向かいます。
国道325号線を道なりに進むと高千穂に到着。

所要時間は、阿蘇熊本空港から南阿蘇村久木野まで車で約40分。
高森町まで約15分。
更に高千穂まで約45分です。
合計すると空港から約1時間40分の道程。

熊本と延岡間を往復するバス「特急たかちほ号」は、熊本空港10時8分発、高千穂バスセンター12時35分着。
一日2便あります。

主要都市からのツアーってある?

 

主要都市から、高千穂へ各種ツアーが企画されています。

1泊2日コースでは、宮崎空港から、バス使用で、高千穂峡、クルスの海、宮崎神宮、宮崎リゾート温泉(宿泊)。

2日目、鵜戸神宮、飫肥、都井岬、青島、宮崎空港へ。

2泊3日コースでは、レンタカー使用、羽田空港から大分空港へ。

空港でレンタカーを借りて、杵築城下町を散策してから別府ひょうたん温泉で昼食。
湯の坪街道から金鱗湖散策。
後、湯布院温泉泊。

2日目、やまなみハイウェイ(タデ原湿原散策しながら昼食)。
天岩戸神社、天安原河原、高原神社と巡り、高千穂泊。

3日目、高千穂峡、白川水源、阿蘇の望の里くぎの、俵山展望所を巡り、熊本空港でレンタカー返却。
熊本空港から、帰路に。

「高千穂」でレンタカーを借りるならどこ?

 

高千穂でレンタカーをかりるなら高千穂レンタカーがあります。

貸出場所は高千穂バスセンターの前、営業時間は午前9時~午後5時。
軽自動車、1,000cc、8人乗り、マイクロバスがあります。
カーナビ、ETC付。

料金は、例えば1,000ccで3時間まで4,000円、6時間まで5,200円、12時間まで5,700円、24時間まで6,500円、以後1日につき5,500円、一時間延長につき1,000円です。

高千穂レンタカーの住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂レンタカー
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井802-3
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 車種・時間による
参考サイト http://takachiho-kanko.info/rentacar/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「高千穂」に温泉はある?

 

高千穂には高千穂温泉があります。
1998年にオープンした日帰り温泉で営業時間は10:00~22:00です。
明るく広々とした大浴場、サウナ、趣向を凝らしたイベントなどがあり、楽しむことができます。

お風呂の合間にはゆっくりできる休憩室があり、売店では高千穂の特産品が販売され、買い物を楽しむことができます。

敷地内には温水プールも併設されていて泳ぐことができます。

天岩戸の近くの高台に天岩戸温泉があり、神楽にちなんだ手力雄の湯、鈿女の湯の大浴場やサウナがあります。
休憩所と茶屋があり食事もできます。

高千穂温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂温泉
住所 宮崎県西臼杵郡 高千穂町三田井3214
営業時間・開場時間 10:00−22:00 木曜定休
利用料金や入場料 大人500円 中学生400円 小学生300円 70歳以上400円
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1337319135
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「高千穂」を経由して行ける周辺の観光スポットは?

 

高千穂から、どちらに向かうかによって行ける観光スポットが変わってきます。

熊本方面に向かうコースでは、五ヶ瀬町の五ヶ瀬ワイナリーやうのこの滝を経由して、通潤橋を眺め、熊本で熊本城や水前寺公園を見学できます。

宮崎方面には、延岡城址、日向岬グリーンパーク・クルスの海・馬ケ背、美々津の旧街並み・神武天皇御船出地など見学して宮崎市に戻り、青島に行くことも可能。

「高千穂」観光の所要時間はどのくらい?

 

高千穂バスセンターをスタート地点として、車で順番に高千穂の代表的な観光地の天岩戸神社→天安川原→高千穂神社→高千穂峡→国見ヶ丘→スタート地点にもどると3~4時間。

神話伝説をたどる四皇子峯、高天原遥拝所、高千穂碑、槵觸(くしふる)神社、天真名井、荒立神社、鬼八塚、高千穂神社、国見ヶ丘コースでは約4時間。

高千穂峡でボートに乗ったりするとそれ以上の時間が必要です。

「高千穂」の観光モデルコースはこう!

 

日帰りの場合

 

日帰りの場合

高千穂を日帰りする場合、熊本空港を利用するのが高千穂での活動時間に一番余裕があります。

一般的なルートである天岩戸神社・天安川原、昼食を挟んで、高千穂神社、高千穂峡、国見ヶ丘を巡って熊本空港に戻るようになります。

時間的に余裕があるときは、南阿蘇の道の駅あそ望の郷くぎので雄大な阿蘇の大パノラマを楽しみながら、休憩することができます。

1泊2日の場合

 

宿泊場所は高千穂がおすすめです。
高千穂に行ったからには、夜、高千穂神社で行われる高千穂神楽を見学しましょう。

1日目は、天岩戸神社・天安川原、昼食を挟んで、高千穂神社、高千穂峡、国見ヶ丘を観光、ホテルで夕食を楽しみ、その後、夜8時から行われる高千穂神楽を高千穂神社で1時間見学。

2日目、帰路熊本空港利用の場合、国道218号線を西へ向かい、五ケ瀬ワイナリー見学、熊本に行く途中で、うのこの滝見学、熊本県に入ると通潤橋見学、下鶴眼鏡橋見学、熊本市内で昼食、水前寺公園、熊本城修復見学後、熊本空港へ。

帰路宮崎空港利用の場合、国道218号線を東に向かい、途中で天翔大橋と龍天橋を見学、延岡城址見学、昼食後、宮崎市に向かいながら日向岬グリーンパーク・クルスの海・馬ケ背、美々津の旧街並みや神武天皇御船出地など見学しながら宮崎市、宮崎空港へ。

「高千穂」ではどんな体験・アクティビティができる?

 

高千穂峡のボート遊び

 

神秘の郷高千穂の名勝地「高千穂峡」を貸しボートで見学します。
高千穂峡の象徴ともいえる「真名井の滝」を真下から、真横からと好きな角度で見学することができます。

現在は、熊本地震の影響でボートの航行区域が真名井の滝周辺に限定されています。

貸しボートの使用料は、一艘3人乗りで30分2000円。

ボートは手漕ぎボート、自分でこぐ必要があります。
乗船場は御塩井駐車場から階段を下りたボート乗り場。

上流で大雨が降るときや、前日までの大雨による増水が引かないときは、ボートの貸出しが休止になります。

高千穂峡の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂峡
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
営業時間・開場時間 貸しボート:8:30−17:00(通常時) 7:30−18:00(夏季)
利用料金や入場料 貸しボート:1隻30分/2,000円
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂峡の遊歩道散策

 

高千穂峡の遊歩道は、高千穂大橋たもとの大橋駐車場から下流のボート乗り場まで、片道約1㎞徒歩30分の道程。
途中写真など撮影しながらゆっくり歩くと1時間程かかります。

橋のたもとに川へ下る道があり、川岸を歩きます。

順に、甌穴、神硯の石、歩いて槍飛橋を渡り、対岸に仙人の屏風岩、鬼八の力石、七ツヶ池、対岸から流れ落ちる真名井の滝、おのころ池、一般道に出て玉垂れの滝、月形日形、若山牧水歌碑、北原白秋歌碑、御橋を渡り御塩井駐車場からボート乗り場に下りるコース。

一つ一つに伝説がありますから、照らし合わせながら散策すると一層楽しいでしょう。

高千穂の魅力を歩いて回るトレッキング

 

高千穂では、四季の美しい風景とトレッキングできる山岳を五感で感じられるようにトレッキングルートが用意され、いたるところで美しい自然の風景と村の人々に出会えます。

トレッキングルートは、まちなか案内所をスタート地点に、高千穂神社→高千穂峡・真名井の滝→高千穂太郎の墓→仲山城跡キャンプ場→向山神社参道入口→丸小野地区の茶園→旧・向山北小学校→音の谷吊り橋→がまだせ市場の距離12.3㎞、所要時間5~6時間。

自分のペースで歩けます。

古代の歴史を感じる「勾玉(まがたま)つくり体験」

 

古代の歴史を感じる「勾玉(まがたま)つくり体験」

勾玉は、古代日本の装身具の一つで、古くは縄文時代の遺跡からも発見されています。
古事記には曲玉、日本書紀には勾玉と記載。

勾玉の形はCの形をして、玉から尾が出ているような形。
丸く膨らんでいるところに穴を開けてあります。
この勾玉をつくる体験がここでできます。

四角い石を型どりし、ヤスリで削りながら形を整え、最後に御神水でお清めして出来上がり。

所要時間は1~1時間30分。

まちなか案内所(高千穂バスセンター前)で申し込めます。

まちなか案内所の住所・アクセスや営業時間など

名称 まちなか案内所
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井803-2
営業時間・開場時間 8:00−17:00(受付締め切りは15:00まで)
利用料金や入場料 勾玉つくり体験:1,000円
参考サイト http://takachiho-kanko.info/tour/detail.php?log=1339464548
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シャッターチャンス!「高千穂」の絶景スポットはここ!

 

自然が創る絶景の「高千穂峡」・「真名井の滝」

 

高千穂峡は、大昔に阿蘇の火山活動で噴出した溶岩流が、五ヶ瀬川に沿って流れ出し、急冷によってできた柱状節理が深い懸崖となっている渓谷。
国の名勝・天然記念物に指定されています。

高千穂峡の中に日本の滝100選に選ばれた真名井の滝、高千穂峡で最も川幅の狭いところにかかる槍飛橋があります。

特に真名井の滝は、高千穂の案内パンフレットに一番使用されている高千穂を代表する名勝地。

夏季は、真名井の滝と玉垂れの滝がライトアップされ、幽玄で神秘的な雰囲気が味わえます。

真名井の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 真名井の滝
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パワースポット「天岩戸神社」と「天安河原」

 

パワースポット「天岩戸神社」と「天安河原」

天岩戸神社の創建時期は不明。
古事記や日本書紀には天照大神が弟の素盞鳴尊の乱行を避け、天岩戸に籠もられたことが書かれてあり、その天岩戸周辺を神域、御神体として祀る神社です。

社殿は岩戸川を間に天岩戸を直拝しています。

対岸には御霊代鎮祭の「東本宮」があります。

岩戸川の600m上流には、天照大神が岩戸隠れの際に、八百万の神々が神議を開いた伝えられる天安河原があります。

お参りすると、天上界の天照大神と八百万の神々の力で、諸願が成就するとされています。

天岩戸神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 天岩戸神社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://amanoiwato-jinja.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂の中心「高千穂神社」

 

高千穂の中心「高千穂神社」

高千穂神社は、垂仁天皇の時代に創建されたと「続日本記」に「高千穂皇(スメ)神社」と記されている神社。
高千穂八十八社の総社です。

祭神は、瓊々杵尊・木花開耶姫命・彦火火出見尊・豊玉姫命・鵜鵝草葺不合尊・玉依姫。

神社本殿と鉄造狛犬一対(所蔵品)は国の重要文化財。
本殿脇に神楽保存館があります。

ご利益は縁結び、夫婦円満、諸願成就が有名。

神楽保存館では、365日よる8時から1時間、観光向けの夜神楽が行われています。

高千穂神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂神社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1336615324
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天孫降臨の地「槵觸神社」

 

古事記には、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が筑紫の日向の高千穂のくじふる峰降り立ったと書かれている。
槵觸神社は、その場所と考えられる「くるふる峰」の中腹に位置する神社。

槵觸神社の周辺には、800m北東にある荒立神社(猿田彦命と天細女命が祭神)、神社の脇から山道南に200mほど歩くと高天原遙拝所、四皇子夆(神武天皇と兄弟の生誕地)があります。

神話の世界が広がる場所です。

槵觸神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 槵觸神社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井713
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1337319301
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神楽を体感できる「高千穂の夜神楽」

 

神楽を体感できる「高千穂の夜神楽」

高千穂の夜神楽は、五穀豊穣を願う里人を守る氏神への感謝する生活に密着した信仰文化であり、国の重要無形文化財に指定されています。

高千穂神社の境内にある神楽保存館では、この文化を広く知ってもらえるように、毎晩8時より1時間、三十三番の神楽の中の代表的な4番「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」が奉納されています。

神楽は、集落の舞手が交代で奉納する舞で毎回高い人気があります。

高千穂神楽の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂神楽
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037 高千穂神社境内
営業時間・開場時間 20:00−21:00
利用料金や入場料 700円 小学生以下無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/kagura/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「高千穂」と一緒に回れる観光スポットはここ!

 

雲海に浮かぶ日の出が見られる「国見が丘」

 

雲海に浮かぶ日の出が見られる「国見が丘」

国見が丘は、国道218号線から県道203号線を西北西に2㎞ほどある丘。

標高513mの丘に登ると東には、神話伝説の地の高千穂盆地、南には日本書記に天孫降臨の地と記された二上山、西には阿蘇外輪山五岳、北には日本百名山の一つ祖母山が見られる視界360度展望の世界。

ここは運がよければ、雲海の中から浮かび上がる日の出を見ることができる感動の場所。

雲海の発生は気象条件に大きく左右され、主に秋の季節晴天続きの後に昼と夜の気温差の大きいときに発生します。

国見が丘の住所・アクセスや営業時間など

名称 国見が丘
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/kunimigaoka.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

紅葉スポットの「常光寺の滝」

 

常光寺の滝は、天岩戸神社から県道号7線を北へ10㎞にあります。

標高1757mの祖母山から湧出した水がつくる荘厳な落差37mの滝。

寺の住職がこの滝の水を飲み、大変長生きしたので「長寿の滝」・「白糸の滝」の別名もあります。

紅葉の季節、流下する水の飛沫、濡れる岩肌、紅葉とすばらしい景色が現出。
大勢の人が訪れる場所です。

常光寺の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 常光寺の滝
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1337651003&cate=photo&nav=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

眺望のすばらしい「五ヶ所高原三秀台」

 

眺望のすばらしい「五ヶ所高原三秀台」

三秀台は、高千穂から北に車で30分19㎞の五ヶ所高原にあります。

九州の祖母山、久住山、阿蘇山の秀峰が一望でき、三秀台と呼ばれています。

西を見るとゆるやかな草原の先に雄大な阿蘇の五岳、北に久住山の山並み、東に祖母の山並みと続く大パロラマ。

日本アルプスを登り紹介したウォルター・ウエストンもここから祖母山に登山下記録があり、祖母山の魅力を世界に紹介した人として、ウエストンを偲ぶ記念碑が建てられています。

五ヶ所高原三秀台の住所・アクセスや営業時間など

名称 五ヶ所高原三秀台
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町五ケ所
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1400055805
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

秘境の「竜ヶ岩(たつがいわ)の滝」

 

秘境の「竜ヶ岩(たつがいわ)の滝」

竜ヶ岩の滝は、高千穂から北へ車で25分12㎞、そこから徒歩で300m15分の所にある秘境の滝。

国道325号線を熊本に向かい、玄武山トンネルの手前四季見原高原入口を左折し、上の川沿いに進むと竜ヶ岩の滝の案内板があり、車を駐車するスペースがあります。

階段を上って行くと、原生林の中に滝が現れます。
落差約50mを2段の滝と流れる美しい景色。
紅葉の季節には周囲も色づきますから、一段と美しさが増します。

滝を見るには山道の歩行がありますから、歩き易い靴がいいです。

竜ヶ岩の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 竜ヶ岩の滝
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町上野
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1415164960
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「高千穂」観光でおすすめのランチはここ!

 

高千穂グルメ「高千穂牛レストラン和」

 

高千穂の中心地がまだせ市場の中にあるレストラン。

高千穂グルメの高千穂牛を手頃な値段で楽しめます。
鉄板焼きコーナーでは目の前でシェフが肉を焼いてくれます。

品評会で日本一にもなった高千穂牛。
肉がやわらかくたいへん美味しい。

メニューは、焼肉、鉄板焼き、ハンバーグなど。
店内は禁煙。
駐車場は完備。
安心してゆっくり食事ができます。

高千穂峡や高千穂神社に近いので利用し易いです。

高千穂牛レストラン 和の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂牛レストラン 和
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1099−1
営業時間・開場時間 11:00−15:00, 17:00−21:00 第2水曜定休
利用料金や入場料 高千穂牛ステーキランチ 2,000円〜
参考サイト http://www.town-takachiho.jp/gamadase/nagomi.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂産のそば粉使用「そば処天庵」

 

そば処天庵は、高千穂町の中心街にあり、高千穂で栽培されたそばを使用したお蕎麦が食べられるお店。
高千穂産の蕎麦が食べられる数少ないところです。

メニューは、ざる蕎麦、かけ蕎麦、地鶏蕎麦、ごぼう天蕎麦、たまごとじ蕎麦、淡雪蕎麦、冷やおろしそば、高千穂牛のローストビーフ、稲荷寿司、旬采天婦羅、蕎麦豆腐、蕎麦シュウマイ、蕎麦がき、稲荷寿司、おにぎりなど。

蕎麦は細くつやがありコシがあり美味しいです。

そば処天庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 そば処天庵
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1180
営業時間・開場時間 11:00−15:00, 17:00−20:00(夜は予約制)
利用料金や入場料 ざるそば 870円
参考サイト http://takachiho-kanko.info/gourmet/detail.php?log=1338256887
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「高千穂」周辺のおすすめホテルはここ!

 

豊かな自然にかこまれた「国民宿舎ホテル高千穂」

 

「国民宿舎ホテル高千穂」は、自然の木立に囲まれて建っている静かなホテル。
近くにある高千穂峡は、坂道を下っていくと着く徒歩でも歩いて行ける距離にあります。

食事は地元産の高千穂牛のすき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉などのほか地元産の新鮮な食材を十分に堪能。
自然の中で都会の喧騒から離れてゆっくり寛げます。

夜高千穂神社で行われている夜神楽見物には車で送迎をしてくれるので安心して見学ができます。

国民宿舎 ホテル高千穂の住所・アクセスや営業時間など

名称 国民宿舎 ホテル高千穂
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037−4
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付 11,800円〜
参考サイト http://h-takachiho.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本庭園が美しい「旅館神仙」

 

「旅館神仙」は、高千穂神社から徒歩5分のところにある日本庭園が美しい旅館です。

旅館の前には、神話に出てくる「鬼八塚(首塚)」の史跡があり、庭園が「鬼八の森」として整備されています。
旅館の敷地内には「鬼八塚(胴塚)」があります。

料理は、和食が基本で、地元の高千穂牛や地元の川魚など新鮮な食材が懐石料理で堪能でき、食事の際に青竹の箸が用意されます。

旅館 神仙の住所・アクセスや営業時間など

名称 旅館 神仙
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1127−5
営業時間・開場時間 チェックイン14:00−19:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊2食付 32,400円〜
参考サイト http://www.takachiho-shinsen.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂まごころの宿「旅館大和屋」

 

旅館大和屋は、高千穂の中心地にあり、どこへ出かけるにも立地がよい。

自慢の田舎料理は、高千穂牛のステーキ、鮎や山女の塩焼き、地鶏の炭火焼、高千穂名物のだご汁など、地元産の旬のものや各地の美味しい食材が好みで選ぶことができます。

最上階の展望浴場の窓から高千穂の町並みや山々の景色をお楽しみことができ、和室でゆったりと寛げリラックス。

宿から高千穂神社まで約600mで、夜神楽見学に歩いて行ける距離です。

旅館大和屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 旅館大和屋
住所 宮崎県西臼杵郡西臼杵郡高千穂町三田井1148
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−18:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付 10,800円〜
参考サイト http://www.yado-sagashi.com/yamatoya/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国道に面して建つ「ホテル グレイトフル高千穂」

 

熊本市から延岡市に向かってはしる国道218号線に面して建つホテル。

ビジネスホテルで、高千穂高校の北側にありわかり易いです。

ホテル内に、ロビー、レストラン「春夏秋冬(ひととき)」、24時間営業のコンビニ、コインランドリー、インターネットパソコン(無料)があります。

朝食は、レストランのバイキングがあります。

電動自転車の無料貸出しがありますから、周辺を自転車でサイクリングできます。

ホテル グレイトフル高千穂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホテル グレイトフル高千穂
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1352−1
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊朝食付 6,800円〜
参考サイト http://www.h-hikari.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いよいよ観光も終わり…「高千穂」のお土産はこれ!

 

高千穂のお茶「高千穂釜炒り茶 極(きわみ)」

 

高千穂は、標高が高い位置にあり、この地方特有の朝霧が発生し、冷涼な気候の中でお茶が栽培されています。

釜炒り茶は、平らな釜で炒り上げる昔からの製法で作られているお茶。

お茶は高千穂町、五ケ瀬長、日之影町で生産された茶葉を使用。

さわやかなお茶の香りがし、お茶本来の味が楽しめる、程良い渋みが特徴です。
熱いお湯でお茶を入れます。

高千穂産釜炒り茶 1296円(税込み)

高千穂地区農業協同組合の住所・アクセスや営業時間など

名称 高千穂地区農業協同組合
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 高千穂釜炒り茶 極(100g) 1,080円〜
参考サイト http://takachiho.ja-miyazaki.jp/chokuhan/ocha-kamairicah.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂の「そばパウンドケーキ きんかん・そばの実・干し柿」

 

高千穂で生産された小麦粉やそば粉を使用して、つくられているパウンドケーキ。

高千穂特産の金柑ジャムを練り込み焼き上げた酸味が程よい味わいの「そばパウンドケーキ きんかん」。

焙煎したそばの実をのせて焼き上げたアーモンドのような香りが楽しめるそばの実がおいしい「そばパウンドケーキ そばの実」。

高千穂の干し柿をブランデーに漬け込み生地に練りこみ焼き上げた干し柿の甘さとブランデーの香りが味わい深い「そばパウンドケーキ 干し柿」。

高千穂の味わいが楽しめるお土産です。

それぞれ1個346円(税込み)

おたに家株式会社の住所・アクセスや営業時間など

名称 おたに家株式会社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井5138-1
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 蕎麦パウンドケーキ 346円
参考サイト https://item.rakuten.co.jp/otaniyafarm/c/0000000123/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

食べて美味しい「プレミアム高千穂牛肉味噌」

 

高千穂牛肉味噌は、地元特産の高千穂牛をサイコロ状にカットし、さっと焼いたものを地元企業特製の味噌に1日漬け込み、ごぼうやにんにく、唐辛子と一緒に煮込んだもの。

そのままでご飯のおかずや酒の肴にもなります。

また、辛味の利いた「プレミアム高千穂牛肉味噌 ピリ辛」も販売されています。

常温で保存できて賞味期限1年間ですので、お土産の味を楽しむことができます。

内容量110g 994円(税込み)

おたに家株式会社の住所・アクセスや営業時間など

名称 おたに家株式会社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井5138-1
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 プレミアム高千穂牛肉味噌(110g) 994円
参考サイト https://item.rakuten.co.jp/otaniyafarm/premium-takachihogyunikumiso/#premium-takachihogyunikumiso
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂の季節限定品「梅翡翠漬」・「わらび醤油漬け」・「胡瓜しょうゆ漬け」・「しいたけ味噌漬」

 

「梅翡翠漬」は、梅を割って、シロップに漬け込んだ物で、お茶請けやデザートに絶品。

「わらび醤油漬け」は、高千穂の自然の中で育つ天然蕨を醤油に漬け込んだ漬物。

「胡瓜しょうゆ漬け」は、塩漬けした胡瓜を塩抜きし、醤油を基本に、生姜と紫蘇の実を入れて味付けした漬物で、カリカリとした食感が特徴。

「しいたけ味噌漬」は、地元産の生椎茸を使用した漬物で、保存料や着色料無使用の味噌漬け。

他に、季節限定の「寒干大根田舎漬け」・「神楽漬け」などいろいろあり。

それぞれ地元の食材を使用した季節限定の旬の漬物。
お土産に喜ばれます。

故郷の香 ひやくしようやの住所・アクセスや営業時間など

名称 故郷の香 ひやくしようや
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方1342-4
営業時間・開場時間 8:30−17:30
利用料金や入場料 梅翡翠漬け 525円
参考サイト http://www.shokokai.or.jp/45/4544110718/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高千穂の芋焼酎「天孫降臨」

 

「天孫降臨」は、神々の里で生まれた芋焼酎。
サツマイモと米麹を原料に醸造蒸留。

サツマイモの甘みが、低温蒸留によって芳醇な香りとコクのある味わいを生みだした、臭みのない爽やかな飲みやすい焼酎。
アルコール度数は25度・38度。
ロックや焼酎ハイボール、お湯割りといろいろな味わい方ができる焼酎です。

高千穂では、麦焼酎の「高千穂 零(れい)」も生産販売されています。

旅の楽しさは、地方のお酒を味わうのも楽しみの一つ。

お土産にも喜ばれます。

神楽酒造株式会社の住所・アクセスや営業時間など

名称 神楽酒造株式会社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144-1
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 いも天孫降臨 25%(900ml) 941円
参考サイト http://www.kagurashuzo.co.jp/index.php?id=32
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

魅力あふれる高千穂へ

 

高千穂の魅力は、古事記や日本書紀に記載されている神話のふるさとであることです。

高千穂夜神楽33番は、国指定重要無形民俗文化財となり、代表的な4番が毎晩奉納されているのを見学できます。

天然の景観が美しい高千穂峡など見所がたくさんある高千穂に来てここの魅力を楽しんでください。

photo by PIXTA