ディズニーランドでゲストが参加できるショープログラム「アトモスフィア」の魅力

「アトモスフィア」という言葉をご存じですか?ディズニーランドには素敵なショーが数多くありますが、その中でもゲストと距離が近く、一緒に参加できるプログラムの事をパークではアトモスフィアと呼んでいます。個性豊かなパフォーマー達が繰り広げる、多彩なショーの魅力をこれからたっぷりお伝えしていきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

「アトモスフィア」とは?

ショーステージで公演されるショーやパレードとは違い、パーク内の至るところで公演される、言わば「路上ライブ」のショーバージョン。

ディズニーの公式HPやパーク内でもらえるガイドブックにも公演日時や時間は記載しておらず、突如始まるショーエンターテイメントとして多くのゲストから人気があります。

ディズニーファンの間では「アトモス」と略されることも。
アトモスフィアはもともと英語の「atmosphere」からきており、直訳すと「雰囲気」となります。

その場の空気や雰囲気を盛り上げるという意味合いで、こちらのエンターテイメントに「アトモスフィア」と名付けられたと考えられますね。

「アトモスフィア」の魅力とは?

アトモスの魅力は何と言っても「ライブ感」!

通常のショーと比べ、パフォーマーとゲストとの距離が近く、さらにゲストがショーに参加する場面もあり、一体感が生まれライブ感が楽しめます。

バンドやサックスなど演奏を中心としたオーソドックスなアトモスから、キャラクターが途中から登場してくるアトモスまで、バラエティに富んだエンターテイメントが展開されています。

また、イースターやハロウィンなど季節のイベントに合わせたコスチュームが楽しめるのも魅力のひとつ。

予告が無いのでどのショーがいつ公演されるかわからないという事と、天候によって中止になる場合もあり、パーク内で遭遇できた時はラッキーです♪

個性豊かな13種類のアトモスフィアをご紹介!

ここからは、各テーマランドで開催される13種類のアトモスをそれぞれご紹介していきます。
テーマランドに合わせた魅力溢れる多彩なショーが盛りだくさん♪

1.東京ディズニーランドバンド

「ワールドバザール」で開催されるブラスバンドのショーで、立ったまま演奏を披露してくれるランドで王道のアトモス。

「ミッキーマウス・マーチ」をはじめとする定番のディズニーソングを約20分間演奏してくれます。

エントランスでこちらのアトモスに出会ったら、これからパークで遊ぶぞ!というゲスト達のテンションがさらに上がる事間違いありません。

一日の始まりを飾るにふさわしいアトモスです。

2.サックス・フォー

4人組のグループで演奏を披露してくれるブラスバンド。
こちらも「ワールドバザール」にて公演しています。

普段はワールドバザールを守っている消防士。
練習を重ねサックスを手に今日もゲスト達に最高の生演奏をプレゼントしています。

息の合わせ方から楽器の持ち替えまで、その腕はもはやプロ並み。
普段は消防士ということが信じられませんよ。

3.バイシクルピアノ

ピアノを弾きながら「ワールドバザール」を三輪自転車に乗ってまわるミュージシャンの姿を一度は目にした事があるのでは?

こちらは10年以上続く昔ながらの人気アトモス。

明るくて陽気なミュージシャンが軽快にピアノの生演奏を披露。
ゲスト達とのコミュニケーションも多く、小さなお子さん連れにもおすすめのアトモスです。

4.ジャングリズム

2017年4月からスタートした新しいアトモスが「アドベンチャーランド」に登場!

モンキーの衣装に身を包んだ3人のパフォーマー達が、ジャングルらしいリズミカルな音楽を披露してくれます。

力強く打楽器を演奏する姿にゲスト達は心打たれます。
手拍子やダンスなどゲスト達が一緒になって参加するシーンもあり、ノリノリなダンシングリズムが大好きな方に打ってつけのアトモス♪

ショーの終盤にはアドベンチャーランドでおなじみのあのキャラクターも登場します。
お楽しみに!

5.パイレーツ・ブラス

「アドベンチャーランド」で開催されるアトモスで、主に「カフェ・オーリンズ」前で公演。

この近くには「カリブの海賊」もあり、その世界観に合わせて、海賊達によるブラスバンドが展開されています。

迫力満点のドラムは、今まで見たことも無いダイナミックで斬新なデザイン。
総勢7名で行われる演奏は、コミカルで愉快なパフォーマンスが繰り広げられます。

6.ラウンドアップ&プレイ

子連れディズニーの方に一押しのアトモス!「ウエスタンランド」にある「蒸気船マークトウェイン号」前の広場で開催。

楽器演奏のアトモスとは異なり、ゲスト参加型のショーで、2つのチームに分かれて対戦していきます。

カウボーイハットなどウエスタンらしい小物を用いてゲームを楽しみ、ラストにはスペシャルゲストも登場。

ウエスタンランドのテーマキャラクターにもなっている、子供に大人気のあの有名キャラクターがショーに参加します♪

7.ワイルドウエスト・チャンス

このアトモスでは「ウエスタンランド」で開催されるマジックショーを楽しむことができます。

巧なマジックで人々を欺いてきた一人の詐欺師とその詐欺師を追いかける保安官の物語。
ゲスト達はこの二人の一騎打ちを楽しみながらマジックも堪能。

マジックショーと聞くと、ディズニーシーでハロウィンの時期にだけ開催される「カスバ・マジックトリート」を思い浮かべる方もいるのでは?

シーのマジックショーはコミカル要素が強く、どちらかと言えばマジックよりもギャグを楽しむショーですが、こちらはシーとは一味違い、本格的なマジックが楽しめるショーに仕上がっています。

8.オーパス・ファイブ

「トゥモローランド」で開催され、5人のシンガーによるアカペラ演奏やボイスパーカッションが楽しめるアトモス。

5人息が見事にピッタリ揃い、声だけで美しい音色を奏でていきます。
またゲストも一緒に参加できる振り付けなどを用意し、みんなで楽しい空間を作り上げていきます。

迫力満点のボイスパーカッションは、まさにトゥモローランドにピッタリな未来のサウンド♪

9.ロボ・アストロ

2017年4月からスタートし、テクノダンスのような不思議な動きでゲスト達を楽しませてくれる新感覚のアトモス。

宇宙平和を目指す最新のロボット型宇宙飛行士が「トゥモローランド」に上陸。
ゲストを楽しませて仲良くなることが、宇宙飛行士訓練の最後のミッションなのです。

選ばれたゲストはロボットと一緒にキレッキレのテクノダンスに挑戦!不思議とヤミツキになるダンスアトモス。

10.ウェルカムフラワーバンド

エントランスで開催されるフラワーをテーマにしたアトモス。
華やかな衣装に身を包んだ個性豊かな4人組バンドが演奏をしながら、パークに咲き誇る花々の紹介をしてくれます。

ゲストと一緒に手遊びゲームや楽しいアドリブが飛び交うなど、華やかながらも陽気な雰囲気のショーで、エントランスを飾るアトモスにピッタリです。

11.ジップンズーム・ガイドツアー

こちらも同じくエントランスにて開催されるアトモス。
ヴァイオリン、ガイド、パントマイムパフォーマーの3人組が登場。

パークの各テーマランドやアトラクション、バックグラウンドストーリーなど、ディズニーランドの見どころをコミカルに紹介してくれます。

楽しみながらパーク内の事を知ることができ、初めて訪れた方はぜひ足を止めて鑑賞してみてください。

12.ファン・メンテナンス

大きなオレンジ色のワゴンを引いて、パーク内の整備を歩きながら行っているメンテナンスマン。

パーク内で出会ったゲスト達と楽しくふれ合いながら整備をしていきます。
言葉は一切発しません。
パントマイムや小道具を上手く用いて、ゲスト達を楽しませてくれます。

ディズニーシーにある「ファン・カストーディアル」が有名ですが、そのランド版というイメージですね。

登場する場所はパークワイド、つまりパーク全体に出没してくれます。
大人気のアトモスのため、次のパフォーマンスも続けて見ようと追っかけファンがいるほど。

13.ブレイクビート・ダンサーズ

こちらもパークワイドで登場する人気のアトモス。
ファン・メンテナンスと同じく、キャストに扮したパフォーマー達が繰り広げる、アクロバティックなダンスブレイクを楽しむことができます。

パークの清掃を担当する「カストーディアルキャスト」とパレード公演時にゲストの誘導を担当する「ゲストコントロールキャスト」、この2つの仕事を担っていたはずのキャスト達が、音楽と共に突然踊り出します。

ウィンドミルなどブレイクダンスの高度な決め技を披露し、大迫力のパフォーマンスに目が離せません!

ダンスに歌に、一緒に楽しめる!それがアトモス最大の魅力♪

「アトモスフィア」は空気のようにその場に溶け込み、同時に場の雰囲気を盛り上げてくれる、パークには欠かせない最高のエンターテイメント。
やっぱり一番の魅力は、私たちゲストが参加できること!突然始まるプログラムなのでサプライズ感もあり、それも大きな魅力のひとつ。
次々に新しいアトモスが登場し、これから先どんなパフォーマンスをお目にかかれるのか、想像するだけで今からワクワクですね♪
photo by PIXTA , iStock and so on.