居住者が教える国際通りの観光モデルコース

国際通りは、沖縄ならではのおみやげが揃うショップや、毎晩三線ライブが楽しめる居酒屋など、沖縄でやりたい事が凝縮された観光ストリートです。
沖縄観光初めての方には、絶対に外せない場所ですよね。
でも、旅行で行くとついついメジャーで入りやすいお店ばっかり行ってしまいませんか。
実は国際通りって、裏道や奥まった場所にも、おもしろい遊び場がたくさんあるんです。
今回は、観光にマストな基本情報と共に、移住したからこそ見つけられた、本当は教えたくない国際通りのおもしろスポットをご紹介します。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】

移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期、他 | wondertrip


移住者が選ぶ!沖縄のお土産ランキング20選 | wondertrip

沖縄本島といえば国際通り!観光の前に知っておきたいこと

 

国際通りって何を楽しむの?何があるの?

 

国際通りって何を楽しむの?何があるの?

国際通りにはお土産屋さんがとにかくたくさんあります。

旅の終盤は国際通りでまとめ買いするのが一番手軽です。

また、美ら海水族館のアンテナショップもあるので、買い忘れたグッズも揃える事ができます。

最近では、沖縄らしいオリジナルデザインのアパレルショップや雑貨屋さんも増え、定番だけでなくおしゃれなグッズも見つかります。

ちなみに、夜になると三線ライブを見ながら飲める居酒屋も多く、歌って踊って沖縄の夜を楽しめますよ。

国際通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 国際通り
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://naha-kokusaidori.okinawa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国際通りを沖縄旅行の起点にできる?

 

国際通りを沖縄旅行の起点にできる?

国際通りは那覇の中心部に位置します。

ゲストハウスが多いのも国際通りの筋道ですし、最近ではハイアットリージェンシーもオープンし、格安旅行にもラグジュアリーな旅にも対応した様々な宿泊施設があります。

近辺に泊まれば、夜の外出も明るく安全で、お店も多いので楽しめます。

また、那覇市内の移動に便利なモノレールも通り、市バスも充実。

レンタカーで動けば、高速に乗るまで20分と遠出するにも最適です。

沖縄旅行の起点にはぴったりの場所と言えます。

国際通りでレンタカーを借りて沖縄本島巡りってできる?

 

沖縄本島はそれほど広くないので、国際通りから高速で北部の人気スポットまでレンタカーで行っても、片道3時間程度です。

また、高速を使わずに動いても、国際通りからアクセスの良い58号線沿いを上がれば、北谷(ちゃたん)→読谷(よみたん)→名護(なご)と、遊べるスポットにも通じており、最終的には最北端まで行けます。

レンタカーショップは那覇空港近辺に多いのですが、国際通りから借りれば泊まるホテルによっては便利で時間短縮になります。

国際通りって海近いの?

 

国際通りって海近いの?

国際通りからも大きなビーチへ行くには少し距離があります。

那覇市自体元々ビーチがなかったのですが、今は唯一のビーチ・波の上ビーチが綺麗に整備されています。

遊泳場所としてはそれほど広くありません。

更に今は、併設の波の上うみそら公園が新しくでき、シュノーケリングやバーベキューができるスポットに生まれ変わりました。

また、ビーチ周辺は昔中国との交易が盛んだった村なので、中国建築の建物や歴史を楽しめる場所にもなっています。

国際通りへのアクセス手段は?

 

那覇空港から、モノレールで12分の県庁前駅で下車します。

もしくは、その先の美栄橋駅・牧志駅で降りても、国際通りへは歩いて行けるので便利です。

車で移動する場合は、那覇空港から10~20分かかりますが、車社会の沖縄は出勤・帰宅ラッシュの渋滞が必ずあります。

時間帯によっては全く進まない事もあるので、注意しましょう。

また、国際通りには駐車場がないので、コインパーキングに停める必要があります。

メイン通り以外は車で入れない道も多いので、車での移動は適しません。

国際通りは歩いて巡るのが、一番楽しめますよ。

国際通りの「屋台村」て何?

 

新しくなった高良レコード裏手に、なんだか楽しそうな空間・屋台村があります。

その名の通り、沖縄産の食材を使った郷土料理から世界のグルメまで、多種多様な屋台が20軒も並ぶ、大人のごはんスポットです。

屋台と言っても、お店の作りはしっかりしていて、カウンターや外テーブルがありワイワイ楽しくお酒が飲めます。

また、夜だけでなくランチ営業もやっているので、昼からせんべろ(1000円でベロベロになれるセット)を注文して、ほろ酔い気分で観光を楽しむこともできます。

更に、ステージもあり三線やエイサーのショーも開催しているので、老若男女問わず盛り上がれますね。

国際通りに駐車場はある?停めやすい?

 

国際通りは、歩いて周るのに適したスポットです。

ハイシーズンに車で行って国際通りの中心から駐車場を探そうとすると、なかなか見つからず苦労します。

もちろん駐車場はあるので、目的地に近ければ是非利用して下さい。

規模の小さめな時間制のコインパーキングや、昔からある大型駐車場など、様々です。

ちなみに停めやすさですが、運転が苦手な私は狭さが気になるので駐車したくないと思ってしまいます。

運転に慣れている方なら問題と思います。

本島からさらに離島に行くんだけど、国際通りは寄ったほうがいい?

 

本島からさらに離島に行くんだけど、国際通りは寄ったほうがいい?

宮古島や石垣島へ行く場合は、離島の中でもおみやげやグルメで楽しめる場所なので、国際通りへ寄らずとも、島内で楽しめるかと思います。

しかし、訪れる離島によっては、自然を楽しむのがメインになる事もあります。

人の手が入っていない海や、満天の星空、地元の酒場で夜を楽しむという、旅の原点に返ったような遊び方ですね。

もし、そのような離島観光をするなら、おみやげは那覇空港で買う事になるでしょう。

空港でも充分揃っていますが、今トレンドのお土産を様々なジャンルから探すなら、帰り際に国際通りに寄った方が楽しいですよ。

国際通りの観光モデルコースはこう!

 

国際通りを中心とした沖縄旅行のモデルコース(国際通り+海水浴編)

 

国際通りを中心とした沖縄旅行のモデルコース(国際通り+海水浴編)

国際通りには、南国気分を味わうためのグッズを売っているショップもたくさんあります。

地元民も普段から履いてる島ぞうりなら、おみやげ屋さ国際通りから一番近い波の上ビーチより、んで手軽にゲットできますし、ちょっと値が張りますがゴーヤーのデザインで足裏をボツボツが刺激するゴーヤーサンダルを履いたり、家族や友達お揃いでアロハシャツを買ってからビーチへ行くのもおもしろいですね!

海水浴なら国際通りから一番近い波の上ビーチよりも、車で20分くらいの美らSUNビーチがおすすめ。

晴れた日は空と海の青さがとても綺麗なんです。

海水浴ビーチとマリンスポーツビーチが分かれていたり、バスケットコートもあって外国に来たような気分で、いろいろな海遊びが楽しめます。

国際通りを中心とした沖縄旅行のモデルコース(国際通り+グルメ食い倒れ編)

 

国際通りを中心とした沖縄旅行のモデルコース(国際通り+グルメ食い倒れ編)

国際通りだけでも、他では味わえない沖縄グルメを存分に楽しめます。

気軽に食べられる沖縄料理のタコライスなら、通り沿いにある個性的な外観のジャンゴジャンゴだったり、平和通りに少し入った所にあるLUCKY TACOSで食べるタコスもいいですね。

また国際通り裏手にある手作りバンズがおいしいズートンズなら、アボカドチーズバーガーが絶品!お店もアメリカンで楽しいです。

他にも公設市場周辺で昼間から千ベロ(1000円でベロベロになれるセット)を楽しむなら、みんなが集まる立ち飲み屋・足立屋。

お肉も世界の料理も沖縄料理も楽しめる屋台村ではしごしたら、県庁前駅~牧志駅に向かって国際通りを一巡してお腹いっぱいです。

夏の夜はパレットくもじのビアガーデンで、ライブを聞きながらオリオンビールを楽しみましょう♪

国際通りを中心とした沖縄旅行のモデルコース(国際通り+歴史散策編)

 

国際通りを中心とした沖縄旅行のモデルコース(国際通り+歴史散策編)

国際通りの近くには、沖縄・中国・アメリカ…と琉球の歴史の中で関わりのあった国の史跡を散策する事もできます。

那覇と言えば世界遺産でもある首里城が有名ですが、玉陵(たまうどぅん)という第二尚王家のお墓があります。

これがお墓という沖縄らしさも感じる事ができますね。

また、波の上宮近辺は中国との貿易が盛んだった場所でもあり、福州園や久米孔子廟など中国を感じる史跡や公園があります。

更に、珍しいのは泊にある外人墓地。

18世紀頃に沖縄に来たフランス人の宣教師や、中国からやってきた商人の墓が並びます。

日本手は見られない光景が広がります。

国際通りのついで行ける観光スポットはここ!

 

琉球の歴史と三山統一の壮大なロマンを感じる首里城

 

琉球の歴史と三山統一の壮大なロマンを感じる首里城

国王の住居であり行政機関でもあった首里城は、琉球と中国の文化が織り交ざった美しい建築です。

戦争によって壊されてしまいましたが、1992年に再建され今でも多くの観光客で賑わっています。

よく話題になるのは特徴的な赤の正殿ですが、正殿に行くまでの石段や小高い立地から見える那覇市内の景色も楽しめますよ。

また、一年中ライトアップされているので、夜には遠くから眺めてもロマンのある建造物です。

更に、首里城の周りは金城町の石畳を歩きながらカフェや雑貨屋巡りもできるので、お散歩コースにしても楽しいですね。

首里城の住所・アクセスや営業時間など

名称 首里城
住所 沖縄県那覇市首里金城町1丁目2
営業時間・開場時間 8:00−19:30(4月−6月,10月−11月) 8:00−20:30(7月−9月) 8:00−18:30(12月−3月)
利用料金や入場料 正殿:大人820円 中人620円 小人310円
参考サイト http://oki-park.jp/shurijo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

石垣に囲まれた王家の墓・玉陵(たまうどぅん)

 

石垣に囲まれた王家の墓・玉陵(たまうどぅん)

玉陵(たまうどぅん)は、首里城からも近く、首里城と同じく世界遺産に登録されている王家のお墓です。

首里城は行くけどその周辺は知らないという方も多いのですが、この近辺は琉球の歴史を感じられる史跡もあるので、是非周って頂きたいですね。

中に入ると、石垣にぐるっと囲まれた広場が現れ、これがお墓!?と思うような立派な石造りの建物が並びます。

屋根の上の石獅子も沖縄らしいです。

沖縄の道を走っていると、少し小高い丘の斜面などに沖縄独特のお墓が見られます。

玉陵を見た後、ドライブをしながら沖縄の一般家庭のお墓の広さも眺めてみると、本州との違いに驚かされます。

玉陵の住所・アクセスや営業時間など

名称 玉陵
住所 沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 大人300円 小人150円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄の初詣と言えばここ!波の上宮

 

沖縄の初詣と言えばここ!波の上宮

南部の中でも、沖縄のお正月に人が集まるのは護国神社と波の上宮です。

この波の上宮は、建っている場所が変わっているので、参拝する前に海や住宅地側から見るのもおもしろいですよ。

というのも、海に突き出た崖の上の神殿なのです。

ある日不思議な石を釣った者が、狙われるその石を守るためにこの地に来て、神のお告げからそこに社殿を建てたという伝説も残っています。

年間を通して様々な催し物もあり、お祭りの際は沖縄独特の出店も出るので、旅の機会に参加してみるのもよいでしょう。

波上宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 波上宮
住所 沖縄県那覇市若狭1丁目25−11
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://naminouegu.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おしゃれな焼き物が揃う、壺屋やちむん通り

 

おしゃれな焼き物が揃う、壺屋やちむん通り

沖縄でやちむんと言えば、器などの焼き物の事を言い、読谷(よみたん)と壺屋が有名です。

特に壺屋は、国際通りから歩いてでも行ける、比較的訪れやすい場所にあります。

道も真ん中にドンと現れる大きなやちむんシーサーも、写真映えするのでSNSにあげる方もおおいですね。

やちむん通り沿いに様々な工房やお店があり、体験できたり購入できたりするので、家族でも楽しめます。

伝統的なデザインのものから、若手作家のポップな絵付けがされているものもあるので、沖縄に来たら1枚はお気に入りのやちむんを見つけておみやげにして欲しいです。

壺屋やちむん通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 壺屋やちむん通り
住所 沖縄県那覇市壺屋1丁目21−14
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.tsuboya-yachimundori.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国際通りから遊べるビーチを探すなら、美らSUNビーチ

 

国際通りから遊べるビーチを探すなら、美らSUNビーチ

国際通りから車で20分、バスでも行ける遊べるビーチと言えば美らSUNビーチです。

沖縄県民は海水浴をしないのでもっぱらバーベキューやサンセットデートに訪れるというビーチですが、沖縄の海に惚れた移住者としては、那覇から近く美しい青の海と空を拝めるビーチとして人気なんですよ。

海沿いにはカフェレストランもあり、マリンスポーツも楽しめるので、ビーチで泳いでも泳がなくても、楽しい時間を過ごすことができます。

美らSUNビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 美らSUNビーチ
住所 沖縄県豊見城市豊崎5−1
営業時間・開場時間 6:00−22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://churasun-beach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

昼も夜もローカル旅を楽しめる栄町市場

 

国際通りで遊んだら、今度は沖縄ローカルスポットの栄町市場にも行ってみましょう。

雰囲気はなかなかの地元感で少し勇気が必要かもしれませんが、いざ入ってみるとおいしいグルメが満載です。

特に夜は、地元の方も観光客も入り混じってはしご酒ができるような呑み処も豊富。

食堂、餃子に焼き鳥、BARもあって、少しずつたくさんのお店に行ってみたくなるスポットです。

栄町市場の住所・アクセスや営業時間など

名称 栄町市場
住所 沖縄県那覇市安里381
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.sakaemachi-ichiba.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国際通り周辺で泊まりたいホテルはここ!

 

国際通りからのアクセスが最高!ハイアットリージェンシー那覇沖縄

 

2015年にオープンしたハイアットリージェンシー那覇沖縄。

桜坂というサブカル色の強い立地にも関わらず、一歩足を踏み入れたら洗練されたリゾート感に息を飲んでしまいます。

国際通りからもすぐなので、ホテルを楽しみながらも朝早く街ブラしてみたり、夜は遅くまで飲み歩いても安心です。

20:00まで楽しめる屋外プールは夜のライトアップも幻想的。

飾りつけも丁寧でおいしいお料理や、目で見ても楽しめるライブキッチンもあり、ホテルで過ごす時間はとても有意義です。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハイアットリージェンシー那覇沖縄
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目6−20
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1室 16,500円〜
参考サイト http://premierhotel-group.com/okinawahyatt/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安心して寛げるダブルツリーbyヒルトン那覇

 

那覇空港から10分の好立地で、モノレールやタクシー移動をするにも便利な場所にあるダブルツリーbyヒルトン那覇。

シンプルで泊まりやすい価格でありながらも、さすがヒルトンです。

フロントからお部屋、レストランに至るまで、おしゃれで丁寧な空間が演出されています。

ビジネスや家族連れ、一人旅等用途は幅広く、建物やサービスに高級感もありながら、スタッフの温かみある対応には気張らず寛ぐことができます。

ダブルツリーbyヒルトン那覇の住所・アクセスや営業時間など

名称 ダブルツリーbyヒルトン那覇
住所 沖縄県那覇市東町3−15
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1名 12,033円〜
参考サイト http://www.doubletreenaha.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

客室数に驚き!パシフィックホテル沖縄

 

那覇港近くに大きく構えたパシフィックホテル沖縄は400室近い客室と、大型駐車場があり、大きな安心感のあるホテルです。

部屋が多いだけでなく、スタンダードからプレミアムまで種類も豊富。

ホテルのファンになったリピーターの方で、訪れる度に別タイプのお部屋に泊まる方もいらっしゃいます。

地価のBARでは週末にジャズライブも行われて、雰囲気がたまりません。

パシフィックホテル沖縄の住所・アクセスや営業時間など

名称 パシフィックホテル沖縄
住所 沖縄県那覇市西3−6−1
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊1名 9,800円〜
参考サイト http://pacifichotel.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安いのにセンスある滞在先と言えば、那覇ウエストイン

 

View this post on Instagram

▷▷ 12月、珍しく#那覇 に泊まった時のホテル? ホテルと言うより?マンスリーマンション みたいな感じで家みたいやった? 絶対連泊向けやのに?滞在1泊のみ。 壁がコンクリートでオシャレ☺️w バス、トイレ別々やしベランダあって 水着干せたから☀️??(笑) 1泊3,000円くらい??w また那覇泊まることあったらココにしよ? #早く住みたい . . . ? : 2014.12.23 #那覇ウエストイン #ホテル #hotel #旅行記 #沖縄 #okinawa #naha #오키나와 #여행 #trip #traveler #女子旅 #旅に出たい #シンプル #SimpleIsBest #instagood #いつかはリゾートホテル泊まってみたい? ▶︎沖縄写真まとめ?【#ayana_沖縄】

A post shared by ⓐⓨⓐⓝⓐ×ⓞⓚⓘⓝⓐⓦⓐ (@ayanawa09858) on

沖縄のホテルと言えば、リゾートホテルのイメージが強いですよね。

那覇ウエストインはウィークリーマンションとしてもホテルとしても優秀なおすすめホテルです。

なんといっても安く、しかもお部屋はまるで自宅かのような設備の揃い様。

本館にはキッチン・冷蔵庫まで全部屋に付いているので、長期滞在にはもってこいです。

更に、コンクリ打ちっぱなしの無機質な壁に、シンプルな家具とセンスある明かりで、安くておしゃれなリピートしたくなるホテルですね。

那覇ウエストインの住所・アクセスや営業時間など

名称 那覇ウエストイン
住所 沖縄県那覇市西1丁目16−3
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊1名 6,018円〜
参考サイト http://78west-inn.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夜景とアートを楽しむ大人のホテル、リーガロイヤルグラン沖縄

 

リーガロイヤルグラン沖縄に宿泊したら、必ず訪れて欲しいのが高層階のダイニングバーです。

ここでは、那覇の夜景を一望しながらお酒やお食事を楽しめます。

もちろん夜だけでなく、夕方の海と街がオレンジから深い青に染まる様子も最高です。

カップルで訪れるのはもちろん、家族や友人との最高の思い出にもなりますね。

また、このホテルでは沖縄出身アーティストの作品が各所に散りばめられており、アートな楽しみ方もできます。

リーガロイヤルグラン沖縄の住所・アクセスや営業時間など

名称 リーガロイヤルグラン沖縄
住所 沖縄県那覇市旭町1−9
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1名 17,765円〜
参考サイト http://www.rihgaroyalgran-okinawa.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

家族で泊まるなら、ロワジールホテル那覇

 

ロワジールホテル那覇には、沖縄では珍しい館内温泉が人気。

海のイメージの沖縄ですが、やっぱり温泉も楽しみたいという方には、島人の湯と海人の湯(併設のロワジールスパタワー内)が楽しめるこのホテルがおすすめです。

更に、屋外と屋内プールがあるので一年中楽しむことができますよ。

館内施設も充実しており、家族3世代で訪れても安心で楽しいホテルです。

ロワジールホテル那覇の住所・アクセスや営業時間など

名称 ロワジールホテル那覇
住所 沖縄県那覇市西3丁目2−1
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1室 18,000円〜
参考サイト http://www.loisir-naha.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国際通り周辺で絶対食べてほしいグルメはこれ!

 

居酒屋・古都里のちゃんぷるー

 

https://www.instagram.com/p/BIzzDoNgTYh

国際通りにはたくさんの沖縄料理屋さんが軒を連ねますが、沖縄観光に来た友達を絶対連れていきたいのが居酒屋古都里です。

居酒屋メニューって、どうしても抜けきらない居酒屋感がありませんか?

お酒と一緒においしい料理が食べたい!そんな方に是非訪れて欲しいお店です。

古都里では、沖縄の食堂で食べるような、どこか懐かしさのあるちゃんぷるーやにんじんしりしりがとってもおいしい!

地元のサラリーマンも訪れる人気店なので、満席覚悟で訪れてみて下さい。

古都里の住所・アクセスや営業時間など

名称 古都里
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目13−10
営業時間・開場時間 17:00−24:00 火曜定休
利用料金や入場料 予算3,000円〜
参考サイト https://www.hotpepper.jp/strJ000598620/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ズートンズのアボカドチーズバーガー

 

https://www.instagram.com/p/BLWKjBBAzDd

国際通りから西側に1本裏手に入った通りにズートンズはあります。

アメリカやメキシコ雑貨で溢れた店内は、ハンバーガーを待つのも楽しい気分になります。

マニアックなメニューをおすすめしたいところですが、やっぱりなんといっても一番人気のアボカドチーズバーガーが絶品です!

手作りのバンズに肉感がたまらないパティと、新鮮な野菜。

コーラを頼んでざっくりしたポテトと一緒に食べるが最高のセットです♪

ズートンズの住所・アクセスや営業時間など

名称 ズートンズ
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目4−9
営業時間・開場時間 11:00−21:00(火・日曜は17:00まで)
利用料金や入場料 アボカドチーズバーガー 760円
参考サイト http://zootons0717.ti-da.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

魚々のランチと魚友の千ベロ

 

公設市場の向かいに、いかにも市場な感じが一層おいしそうに感じさせてくれる魚屋・魚友があります。

ここでは1000円でビール2杯と刺身がついた千ベロセットを気軽に外のベンチで食べる事ができるんです。

更におすすめなのが、魚友の2階で営業しているダイニング魚々。

ランチ営業には寿司のセットや丼ぶり、定食…魚屋直送なので旬でおいしい海の幸を堪能できます。

魚々 の住所・アクセスや営業時間など

名称 魚々
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目9-15
営業時間・開場時間 11:30−23:00 日曜定休
利用料金や入場料 魚々の昼ごはん 1,200円
参考サイト https://www.facebook.com/uotomo.okinawa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ししやの石垣牛&あぐー豚

 

View this post on Instagram

牧志 肉屋

A post shared by LEO YEN (@daorong_yen) on

沖縄のお肉と言えば、石垣牛&あぐー豚ですよね。

どちらも居酒屋で食べた事ある方もいると思いますが、石垣牛はステーキハウス、あぐー豚はしゃぶしゃぶ屋さんのメニューの印象もあります。

これらのお肉をもっと手軽に、食べ歩きの一部で食したい方には、公設市場近く、ししやがおすすめです。

道の途中に現れるカウンターのみのお店は気軽にビールを頼みながら、上質なお肉屋さんのお肉を鉄板焼きや握りで楽しめます。

少し値が張りますが、贅沢にステーキを食べる事もできますよ。

ししやの住所・アクセスや営業時間など

名称 ししや
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目1−1
営業時間・開場時間 11:00−22:00
利用料金や入場料 あぐー豚極厚ステーキ 1,400円
参考サイト http://kazumeet.jp/store/shishiya/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

足立屋の牛もつ煮

 

国際通りで立呑みするなら知らない人はいない足立屋。

壁いっぱいに貼られたメニューと、動きの良いお母さんのお客さばきがたまりません。

注文ごとに現金払いでお酒を頼みながら、テーブルの紙に食べたい串の数量を書いて注文。

店員さんもお客さんも無駄のない流れを見てるだけでも楽しいです。

串料理ももちろんおいしいのですが、暑い沖縄でビールを飲みながら食べる牛もつ煮がよく合います。

大衆串揚酒場 足立屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 大衆串揚酒場 足立屋
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目10−20
営業時間・開場時間 6:00−22:00
利用料金や入場料 もつ煮込み 300円
参考サイト https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47014934/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

花笠食堂の沖縄定食

 

沖縄に根付いている食堂文化は、旅行におけるグルメの楽しさにも花を添えてくれます。

600円~900円でお腹いっぱい食べられ、ちゃんぷるーから沖縄そば定食、麺じゃないちゃんぽんやAランチ…独自のメニューから選ぶのも楽しいですよね。

国際通りを歩くなら、希望が丘公園近くの花笠食堂が有名です。

看板とサンプルメニューの脇の小路を入ると、地元の人から観光客で賑わうお店。

元気なお母さん店員さん達との交流も素敵です。

花笠食堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 花笠食堂
住所 沖縄県那覇市牧志3−2−48
営業時間・開場時間 11:00−20:00
利用料金や入場料 沖縄定食 1,100円
参考サイト https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000192/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サムズアンカーインでパフォーマンスステーキ

 

沖縄にはステーキ屋さんがたくさんあり、飲みのシメにはラーメンではなくステーキ派という方が多くいます。

これも伝統で、若者からお父さん世代までが朝までやっている食堂で深夜ステーキなんて事もよく見る光景です。

しかし、せっかく旅行で行ったなら、パフォーマンスありのジューシーステーキを体験しておきたいですよね。

国際通りには何件もステーキハウスがありますが、サムズセーラーイン国際通り店は、まるで豪華客船内のような店内。

シェフたちが大道芸人のように塩コショウを振りながら、おもしろく華麗なナイフさばきで肉や野菜をカットしてくれます。

サムズアンカーイン 国際通り店の住所・アクセスや営業時間など

名称 サムズアンカーイン 国際通り店
住所 沖縄県那覇市久茂地3-3-18
営業時間・開場時間 17:00−24:00
利用料金や入場料 最上質サーロインステーキ 2,550円〜
参考サイト http://www.sams-okinawa.jp/ancaor_inn/kokusai_st.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バッカスの胃袋で変わり種ビール

 

View this post on Instagram

역시 여행의 시작은 낮술..!! @.@

A post shared by 윤걸 김 (@tomy2k) on

バッカスの胃袋では、麦芽100%の新鮮ビールがその場で楽しめます。

エールビールや酵母入りラガー、数種類のビールカクテルの他に、ホップではなくゴーヤーの苦みが効いたGOYAビールなんてのもあります。

もちろん、ピザやソーセージなどフードも豊富。

ちょっと立ち寄ってビールだけ飲んでみるにもちょうどいい、ラフなスタイルのビアパブです。

バッカスの胃袋の住所・アクセスや営業時間など

名称
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目2−25
営業時間・開場時間 12:30−23:00(金土は24:00まで)
利用料金や入場料 ビール 370円〜
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

公設市場の向かいのサーターアンダギー屋さん

 

しょっぱいものばかり食べ歩きしていると、たまには甘いものも食べたくなりますよね。

沖縄の甘いものと言えばサーターアンダギーが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

名前は有名ですが、あまりどこで売っているのか知られていませんよね。

実は、公設市場の周りにはサーターアンダギー屋さんが意外とあります。

店構えというよりは、出店のように道端で買える所が多く、プレーンや黒糖など種類も様々です。

家族や友達と違う種類を試してみたり、ひとり旅でも、今食べる用とお土産用にいろんな味を買ってみてもおもしろいですね。

琉球菓子処 琉宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 琉球菓子処 琉宮
住所 沖縄県那覇市松尾2-9-14
営業時間・開場時間 10:00−18:30 第3木曜定休
利用料金や入場料 サーターアンダギー 1個75円〜
参考サイト http://www.ryugu.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お菓子御殿のスイーツ

 

お菓子御殿の紅いもタルトは、濃厚な紅芋餡がたっぷりでおみやげにも人気です。

国際通りにはこの紅芋餡の風味をそのままタルトケーキにしたスイーツが食べられるお店が併設されています。

タルトや紅芋ミックスのソフトクリームも手軽に食べられます!

紅芋以外のフルーツを使ったタルトもあるので、カフェとして休憩に使ってみてもいいですね。

お菓子御殿 国際通り松尾店の住所・アクセスや営業時間など

名称 お菓子御殿 国際通り松尾店
住所 沖縄県那覇市松尾1-2-5
営業時間・開場時間 9:00−22:00(8月,9月は22:30まで)
利用料金や入場料 紅いも生タルト(6個入) 1,029円
参考サイト http://www.okashigoten.co.jp/matsuo-shop/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

塩屋(まーすやー)の雪塩ソフト

 

https://www.instagram.com/p/BAZF6QcQ1Tt

店内で試食しながらお気に入りの塩を見つけられる塩屋(まーすやー)。

沖縄の塩や、食べ方に合わせた塩、世界各国の塩…と見ているだけでも楽しめます。

店頭で行列ができるほど人気なのが、雪塩ソフトクリームです。

バニラの甘さにプラスされたほどよい塩加減が、おいしさを引き立たせてくれる魔法の様に感じられます。

おみやげの塩を見つけたら、帰り道はソフトクリームを食べながら幸せな気分に浸って下さい。

塩屋 国際通り松尾店の住所・アクセスや営業時間など

名称 塩屋 国際通り松尾店
住所 沖縄県那覇市松尾2-1-3
営業時間・開場時間 10:00−22:00
利用料金や入場料 雪塩ソフトクリーム 380円
参考サイト http://www.ma-suya.net/store/okinawa_matuo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国際通りの観光もいよいよ終わり。お土産を買うならこれ!

 

鍵石(キーストーン)のトートバック

 

鍵石(キーストーン)では、国際通り沿いの店舗の中では抜群にセンスある民芸品屋さんです。

まず目を惹くのはゆるーくて癒される可愛い沖縄モチーフのトートバッグ。

ゴーヤーみたいなひつじ、サーターアンダギーみたいなパンダ、ちんすこう持ったコアラ。

何枚も買いたくなるイラストのトートバッグがおすすめです。

店内にも、これまたゆるーいやちむんや紅型のグッズがたくさんあり、沖縄らしさと可愛らしさがちょうどいいおみやげが揃います。

鍵石(キーストン)牧志店の住所・アクセスや営業時間など

名称 鍵石(キーストン)牧志店
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目3−61
営業時間・開場時間 9:00−22:30
利用料金や入場料 トートバック 1,296円〜
参考サイト http://keystone.okinawa.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

泡盛蔵の泡盛ミニボトルセット

 

2000種類以上の泡盛を揃え、店頭のハブ酒が気になる国際通りでも人気の泡盛専門店・泡盛蔵。

泡盛をおみやげにしたいならここで揃えてもいいかもしれませんね。

その中でも一番のおすすめは、ミニボトルのセットです!

泡盛を飲みなれてない人に、大きなボトルを買っていってもクセにつまずいて飲みきれないかもしれません。

ミニボトルセットなら、有名銘柄をちょっとずつ試せますし、パッケージも華やかで、飾るだけでも沖縄の風が吹いてくるようです。

泡盛蔵の住所・アクセスや営業時間など

名称 泡盛蔵
住所 沖縄県那覇市松尾2−8−5
営業時間・開場時間 10:00−22:00
利用料金や入場料 あわもり味くらべ5本セット 1,944円
参考サイト http://www.okinawaya.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

JAM MARKETのジンベイザメTシャツ

 

国際通りを歩いていると、所々で目にするのがJAM MARKETのデザインTシャツ。

ヒージャー(やぎ)やヤンバルクイナ、三線など…こちらも沖縄モチーフの服や雑貨を販売しています。

その中でもお揃いで来て欲しいのがジンベイザメTシャツです。

ジンベイザメを正面からみたちょっとイタズラっぽい表情がなんとも言えません。

ロンパースから子供、メンズ、レディースとサイズも豊富なので、家族や友達とお揃いで着ると可愛くてたまりません。

JAM MARKET 国際通り店の住所・アクセスや営業時間など

名称 JAM MARKET 国際通り店
住所 沖縄県那覇市松尾2−8−9
営業時間・開場時間 9:30−22:00
利用料金や入場料 ジンベエザメTシャツ 2,160円
参考サイト http://www.jam-market.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

琉球醤油屋のシークワーサー醤油ドレッシング

 

琉球醤油屋には、種類豊富なオリジナル醤油がたくさんあります。

パッケージも渋くてかっこいい!

老若男女問わず喜ばれるおみやげのひとつです。

塩醤油やおかずラー油が人気ですが、沖縄っぽいおみやげでおもしろいのがシークワーサー醤油ドレッシング。

サラダにだけでなく、揚げ物のつけダレや炒め物の味付けにも使えて、風味も爽やかでおいしいですよ。

琉球醤油屋 国際通り1号店の住所・アクセスや営業時間など

名称 琉球醤油屋 国際通り1号店
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目7−27
営業時間・開場時間 10:00−21:00
利用料金や入場料 シークヮーサー醤油ドレッシング 850円
参考サイト http://ryukyushoyuya.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ふくぎやのバウムクーヘン

 

沖縄でバウムクーヘン?!と思われてしまいそうですが、ふくぎやのバウムクーヘンは絶品です。

何と言っても黒糖・はちみつ・紅芋…など沖縄の素材を使っているので、特別感がありますよね。

那覇空港でも販売していますが、国際通り店はガラス張りで製造工程が見れたり、試食もたくさんできて嬉しい事だらけです。

ふくぎや 国際通り店の住所・アクセスや営業時間など

名称 ふくぎや 国際通り店
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目29−67
営業時間・開場時間 10:00−22:00
利用料金や入場料 フクギS 1,180円〜
参考サイト http://fukugiya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

桜坂劇場の中にあるセレクトショップ・ふくら舎

 

桜坂劇場とは、言わずと知れた沖縄県内でもかなりマニアックでサブカルチックな雰囲気を放つ映画館です。

人気作品の他に、ミニシアター系や沖縄関連の作品を上映していて、カフェと雑貨屋も併設している施設。

私がおすすめするのが、その雑貨屋・ふくら舎です。

セレクトショップなので沖縄みやげが揃いますが、沖縄関連の本やCD、リラクゼーション雑貨や文房具など、おもしろいものがたくさんあります。

2階にも工芸品が並ぶので、映画を見ず共ふくら舎でふらふらお買い物するのも良い時間です。

ふくら舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 ふくら舎
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目6−10
営業時間・開場時間 10:00−20:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://fukurasha.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国際通りは、沖縄の定番以外がおもしろい!

 

沖縄に行ったらとりあえず国際通りには行っておけ。

確かにそう思いますが、国際通りは目立つ店舗だけ巡っていても定番しか転がっていません。

おもしろいのは1本横道にそれたり、ちょっと裏道を散策したり。

ちょっと行きづらいなと思う小路にこそ、おもしろい沖縄みやげやおいしいグルメがあるのです。

今回は定番だけでなく、移住したからこそ見つけられた、国際通りの面白さを全て放出しました。

沖縄初めてでも、リピーターでも、是非立ち寄ってみて下さい。

photo by PIXTA and iStock