地元民が選ぶ!定番からアイディア商品まで名古屋のお土産30選

名古屋みやげといえば、どんなものをイメージしますか?喫茶店で根強く人気の高い小倉トーストからヒントを得てか、小倉を使用したものがけっこう多めかもしれません。でももちろん甘いもの以外のご飯のお供にもなりそうな美味なお土産品もありますよ!
私も小倉は大好きなので、そういったお菓子は親しみ深くよく食べてますが、今回改めて調査したことで知った事や発見も。例えば、同じ小倉でもそれぞれにコンセプトがあったり、お土産として出来上がるまでには試行錯誤しながら手間暇がかかっていたり…。名古屋ならではのお土産をご紹介します。

#1 名古屋小倉トーストラングドシャ

名古屋名物をより多くの人に知ってもらいたいという想いから出来上がった「名古屋小倉トーストラングドシャ」。
開発チームがかつてないチャレンジで街へ何日も出て調査をした結果、まんじゅうやクランチなどを経てこのラングドシャになったそう。

ラングドシャのまわりにほんのりと焼き目を付けて食パンの耳を表してより本物に近い雰囲気を出していて、グッドアイデア。
また試行錯誤を重ねてあん風味のチョコをサンドしています。
発売後すぐに話題となり、口コミで瞬く間に人気商品になりました。
パッケージもどんなものかがわかりやすく、名古屋をよりイメージしやすいデザインで高級感もあって素敵。

#2 ひつまぶしの里茶漬け

ひつまぶしは、一膳目はうなぎをそのままで、二膳目は薬味を添えて、三膳目にお茶漬けとして食べます。
そのお茶漬けの味を料亭で食べるようなより美味しいお茶漬けになるようにと試行錯誤して出来上がった「ひつまぶしの里茶漬け」。

お店で食べるひつまぶしは、けっこうお高めなので名古屋にいてもそれほど簡単にいつでも食べれるわけではありません。
保存期間も長めで5ケ月、意外とリーズナブルで、ご飯とお湯があればすぐにおうちでひつまぶしが食べれるのも魅力的。
美味しいし、ご飯があれすぐに食べれるのでたまぁーに、買っちゃいます。

うなぎは乾燥ではなくレトルトパックでソフトで食べやすい。
三つ葉の風味やワサビも程よく効いて美味なお勧めの一品。

#3 青柳総本家の小倉サンド

名古屋といえば小倉。
喫茶店で人気の小倉トーストを小さなおやつにしたという小倉サンド。
なんとなく懐かしくやさしい風味で美味しい。
よく見るとパッケージの小倉という漢字を名古屋城に見立てていてかくれオシャレな感じ、そして小倉あんのつぶつぶを描いた雰囲気がレトロかわいい。

#4 ウイロバー

大須ういろのウイロバー。
アイスキャンディーのような形でかわいらしい。
カットする手間なくすぐに食べやすいし、食べきりサイズでおみやげには量的にも最適サイズだと思います。

パッケージもシンプルながら中身がわかりやすくオシャレな感じでSNSでアップされているのをよく見かける商品。

#5 名古屋ふらんす

和のおもちのもちもち感とフランスの焼き菓子ガトーのふんわりに表面はちょっとサクっと軽い食感がうまくコラボした名古屋✖フランスのオシャレな名古屋みやげ。
見た目のオシャレ感だけでなくもちふわな味わいが人気。

名古屋ふらんすは、2005年より毎年12年連続でお菓子コンテストで金賞を受賞しています。
まだこの食感を味わったことのない方はぜひデラ・シャスなスイーツを食べてみてください。

愛知県三好市にサロン・ド・テ名古屋ふらんす本店があり、ティータイムはもちろん地産地消にこだわった食事も楽しめます。

#6 ささらがた

両口屋是清のささらがた。
両口屋是清は創業380年、長年名古屋で親しみのある和菓子の老舗。
他にもいろいろな和菓子が数々ありますが、”ささらがた”は食べきりサイズで、上記画像のように包みもクルっと簡単に封を切れるようになっていて、片手で手をよごさずに気軽にいただけます。
ちょっとした気のきいたアイデアですね。
1本づつバラで購入できますが季節ごとのセットパッケージもデザインがそれぞれ素敵。

味は基本は5種類で、毎年春には桜風味が季節限定で登場。
パッケージが季節に応じてひな祭りや五月の節句など、その時期に合わせたものも販売されます。
老舗ならではの味わいや程よい高級感もありながらも気軽に食べやすいところが魅力。

ささらがたの季節ごとのパッケージ

ささらがたは1本でバラでも購入可能ですが、季節ごとに5本セットパッケージがその時期に応じたデザインが入れ替わり登場します。
このまま飾れそうですよね。

#7 千なり

風味豊かなふんわり艶ある粒あんにしっとりした焼皮の千なり。
両口屋是清の歴史ある長い年月親しまれているお菓子で粒あん以外には地元愛知県産の抹茶使用の抹茶あん、紅つぶあんもあります。
簡単に言えばどら焼きに近い雰囲気のお菓子。

名古屋駅前の高島屋名古屋では時々季節に応じたデザインの千なり、また名鉄百貨店ではナナちゃん焼印入り千なりを販売します。

(名古屋駅にいる名鉄百貨店広報部員ナナちゃん人形については最後に載せています。)

#8 一口ういろう

ういろうというと、棒状で長いものが一般的ですが「餅文総本店」の一口ういろうはキュっと巾着絞り状になっていて一口サイズで食べやすく可愛い!食べきりサイズなのでもらった人も程よくありがたいサイズ感なところがグッド。

季節ごとに応じた風味のものが販売されています。
夏場は暑い時期に合わせ、程よくプルンとのどごし良く食べやすい水ういろが登場。

いろいろな種類があり、販売店舗によりパッケージデザインや取扱商品に違いがあるかと思いますので「餅文総本店」ホームページを要チェック。

#9 味噌煮込みうどん

名古屋で味噌煮込みと言えば、山本屋。
独特のコシがある麺にオリジナルのコクのある味噌煮込み。
お時間許されれば、お店でできたてあつあつ土鍋で出される味噌煮込みうどんをぜひとも。
でもお土産用もありますので、買って帰っておうちで味噌煮込みを再現してみて。
つくりたての食感が楽しめるのは生煮込みうどん、日持ちがして生めんに近いものは半生煮込みうどん、長期保存がきく冷凍などあります。
麺、味噌、かつおがそれぞれに個包装で扱いやすく便利。

#10 つけてみそかけてみそ

つけてみそかけてみそがあれば、おうちで名古屋の味噌かつが簡単にできちゃうすぐれもの。
程よい名古屋のみそだれの味付けが出来上がっているので、冷奴や湯豆腐、そうめんやお好み焼きなどにかけてもいいし、野菜や肉を炒めるのに調味料代わりに使えば時短で味付けできて便利。

「つけてみそかけてみそ」というネーミングもわかりやすくてユニーク。

マイルド、プレミアム、ゆず味もあります。

パパイヤ鈴木さん振付のダンスもあり(ナカモHPに掲載)、動画ではかわいい女の子二人がリズミカルに”つけてみそかけてみそ”をPRしていますよ。

#11 おにぎりせんべい名古屋限定かけみそ味

株式会社マスヤ、東海キヨスク株式会社、中部国際空港セントレア株式会社の3社共同開発の名古屋限定商品で2017年3月に販売開始の新商品。
既に知られているナカモ株式会社の”つけてみそかけてみそ”、このおなじみの味噌で味付けをしたおにぎりせんべい。
名古屋ならではの味噌風味せんべい、普段のおやつにグッド。

#12 金シャチ焼

金シャチ焼は、名古屋城の守り神である金シャチをかたどったカステラ焼き。
金シャチ焼本舗さくらが名古屋城の天守閣のふもと内苑売店で22年前から焼いています。
運が良ければ、名古屋城へ行くと焼きたてがたべれるかも。

金シャチ焼には、小倉・カスタード・チョコレート・抹茶があります。

通常版の箱入りは金シャチが描かれたデザイン、3個、6個、12個入りが販売されています。
名古屋おもてなし武将隊デザインは「外国人100人が選ぶあいち・なごやのお土産コンクール」にて名古屋市長賞を受賞したそうで、小倉・カスタード・抹茶の3個入り。
お手頃な個数で金シャチ+武将隊で話題性もあり名古屋城みやげとして最適。

#13 八丁みそまん

名古屋みやげとういと、やはり小倉か、八丁味噌を使用したものがけっこう多いかもしれませんね。
名古屋めしでも味噌カツや味噌おでんで八丁味噌味が思い浮かぶでしょう。
八丁味噌は実際には愛知県岡崎市のカクキューが代表格。

八丁味噌風味の生地に中身はこしあん。
八丁味噌は色合いも濃く濃厚でコクがありますが塩分は意外と控えめな味噌。
なぜかしら?製造はうなぎパイの春華堂。

#14 しるこサンド

しるこサンドはあずきとりんごジャム、はちみつなどを練ってビスケットの生地にあんを挟んで三層構造で焼いたおやつ。
長年、松永製菓株式会社が変わらぬ味でつくり続けている商品で、あんこのやさしい甘さに塩味もちょっぴり効いていて、親しみやすい味わいでふだんのおやつに気軽につまめるところが人気。
今ではしるこサンドはいろんな種類が増えていますが、まずはやっぱりオーソドックスなしるこサンドを。

松永製菓(株)は愛知県小牧市にあり、その小牧市内にはしるこサンドの森あん・びすきゅいというカフェもあり、大人400円でビスケットバイキングができます。

#15 ぴよりん

ぴよりんは名古屋コーチン卵を使用したプリン。
JR東海フード部門プロデュースのカフェ・ジャンシアーヌに並んでいます。
プリンのまわりはババロア、その上にスポンジグラムをコーティングしてかわいいひよこの形をつくっています。
あどけない表情のひよこがかわいらしく食べてしまうのが酷なようにも一瞬感じてしまいますが、瞬く間に名駅の人気者に。

通常ぴよりんは普通の黄色いひよこですが、季節に応じて春は桜風味や抹茶味、秋にはカボチャ味、ひな祭りやクリスマス時期にはかわいくデコレーションされたぴよりんも登場。
とくに季節限定のぴよりんはあっという間に売り切れてしまうことが多いようです。
ぴよりんが並んでいるカフェ・ジャンシアーヌは名古屋駅コンコースにあるので新幹線利用の際には立ち寄りやすいと思います。

ぴよりんは、かなりやわらかいタイプのプリンで崩れやすいので、テイクアウト時は気を付けて運んでくださいね。

#16 なごやかロール

”ぴよりん”を販売するJR東海フード部門のカフェ・ジャンシアーヌには、他にもいろんなケーキが販売されています。
その中で、名古屋らしい風味の”なごやかロール”を紹介します。
色合いを見て、なるほどーって思うでしょうが八丁味噌が使用されているろーるケーキ。
中には黒豆が入っていて甘さの中にほんのーり塩も効いて甘さ控えめで美味しい大人の味。

八丁味噌のスイーツ…えっ?って一瞬思うかもしれませんが甘さ控えめなキャラメル風味に近いような感じ。
大人向けかと思います。

#17 おほほっ

”おほほっ”、ネーミングがユニークですね。
名古屋駅から近い名古屋市中村区に本店のある小ざくらや一清。
いろんな和菓子を日々作ることに励んでいる店長でインスタグラムにあれこれ作った和菓子をアップしています。
名鉄百貨店に常設店があり、他のデパ地下では期間限定で出店します。

そんな中で”おほほっ”はフルーツを丸ごと薄くてやわらかいお餅生地で包んだ美味しくてかわいい子ざくら一清の看板商品。
いちごやさくらんぼ、ばなな、ピオーネなど季節により変わります。
なかでもおほほっフルーツトマトは夏の短い期間だけのみずみずしくてほんのり甘いトマトとお餅がうまくコラボしていて美味、実は店長はトマトがとても苦手ですがこのおほほっフルーツトマトは食べられるそう、そのぐらいにこのフルーツトマト美味しい!もちろん他のフルーツもそれぞれにいい味わいでおすすめ。
食べると本当に「おほほっ」て言ってしまいそう(笑)

#18 名古屋ロール

カフェタナカのオリジナルロールケーキ。
タナカのシェフの発想で名古屋の喫茶店モーニングの定番メニューである珈琲と小倉トーストをコラボしたロールケーキです。
カフェタナカオリジナルの風味豊かな珈琲を使ったカフェ生地に小倉と渋皮栗をちりばめて贅沢な味わいで渋甘い風味がいい感じ。

カフェタナカ本店は名古屋市北区ですが、高島屋名古屋などでテイクアウトできます。

#19 カエルまんじゅう

ほのぼのとした雰囲気のカエルのかたちのお菓子。
中にはこしあん、季節限定ではおいもあん、さくらあん、チョコあん、抹茶あんがあります。

語呂あわせで、無事かえる、幸福・福かえる、飛びつきかえるという意味合いもあるそうで、小倉サンドと同じく青柳総本家の商品。

新しいお店でイートインメニューになりますが、KITTE名古屋の青柳総本家ではこのカエルまんじゅうがミルクシェイクのお風呂でニッコリしている「カエルのミルク風呂」というメニューもあります。

カエルのミルク風呂

こちらが青柳総本家KITTE名古屋店限定のカエルのミルク風呂。

見た目のユニークさでSNSによくあげれれています。

#20 ダイナゴン

カステラに小豆をたっぷり入れて焼いた「ダイナゴン」。
昭和の初め頃から名古屋の株式会社ダイナゴンがつくり続けています。
地元で愛され続けている小豆入りカステラで、抹茶味、チョコ味もありますよ。
そして毎日ではありませんが名古屋駅前の名鉄百貨店で切出しといって切れ端などをお得パックで販売することも時々あります。

#21 不朽園の最中

不朽園と言えば最中。
香ばしく程よくサクサクっとした最中と粒あんの重なりが不朽園ならではの味わいでできていて地元では人気の商品。
不朽園では他にも和菓子いろいろありますが、店主も最中あっての不朽園とおっしゃるほどかけがえのない商品だそう。
手土産にも最適。

そんな菊の花の形をした不朽園の最中、大きさが大・小あります。
心のこもった味わい豊かな最中をぜひ一度あじわっていただきたい。

#22 名古屋嬢

最高級のクーベルチュール・ホワイトチョコレートをサンドしてナッツ入りで香ばしく美味しいお土産。

何年か前にはくるくるふわぁっとした縦ロール巻きの名古屋巻きというヘアスタイルの名古屋嬢と呼ばれる名古屋のお嬢様を見かけることがありましたが最近はあまり見なくなりましたね…(笑)。
そんな雰囲気の名古屋嬢がパッケージには描かれています。
耳には徳川の家紋入りピアス(イヤリングかな?)を付けています。

#23 きしめんパイ

きしめんパイ、名古屋名物のきしめんをイメージして作られたもので、きしめんが素材に使われているわけではないので、きしめんとは違いさくさくっとかなり軽い食感で甘さ控えめ。
かえるまんじゅうと同じ青柳総本家の商品ですが、まったくちがったタイプのお菓子で気軽に食べやすい商品。

#24 農ブランド

名古屋市天白区に本社のある農ブランドはひとつひとつがブランドというコンセプトで地元産の体によりやさしい自然素材にこだわってつくられています。

フルサイズロールは約15センチ、でもいろんな味をいくつか食べてみたいときには1カットロールがありがたい。
1カットでパッキングされているので食べきりサイズでグッド。

”贅沢ロール”という1カットもあり、愛知県産米粉、製菓用太白胡麻油を使用。
製法にもひと手間かけた商品だそうで、”贅沢ロール”は、名古屋コーチン卵・チョコブラウニー・和歌山温州みかんと蜂蜜・国内産リンゴと紅茶・大津産なると金時芋と紫芋・西尾抹茶・えびす南瓜と南瓜プリン・あまおう苺(季節商品)の8種類。

#25 コンパルのエビフライサンド

見てすぐわかりますが、エビフライがたっぷり3本入っていて、そこにふんわり玉子とキャベツをカツソース+タルタルソースのダブルで食パンはトーストして挟んでいます。
かなりのボリューム感。

ソースは独自レシピで自社工場生産との事。
いい味わいなのです。
レトロな雰囲気のお店で濃厚ながらまろやかな味わいの珈琲と一緒に出来たてをイートインはもちろん、テイクアウトもOKなので名古屋駅から帰りの新幹線内で食べるのにも良いかも。
お店は名古屋市内に名古屋駅地下街をはじめその他に何店舗かあります。

#26 やまちゃん手羽先

もう言うまでもないでしょう、やまちゃんの手羽先。
濃いめな甘辛な味付けに皮はぱりっとビールもすすむ幻の手羽先、手羽先サミット2016でグランプリ受賞。
いまでは関東や関西、北海道、さらには海外まで進出しているやまちゃんですが、本場名古屋で食べてみて。

#27 じゃやがりこ手羽先味

ピリッと胡椒が効いた辛口な名古屋限定じゃがりこ手羽先味、くせになりそうな味わい。
手羽先イメージのオレンジ色に金シャチデザインのパッケージもインパクト大。

#28 波越軒のどうぶつまんじゅう

波越軒では愛知県あたりの名物である鬼まんじゅうも親しみやすいおいものおやつとしてお勧めなのですが、見た目のかわいさでSNSでもよくあげられているどうぶつまんじゅう、大きさもかわいく小さな食べきり一口サイズ、甘いもの好きさんならばいくつも食べれちゃいそう。

ライオンやさる、鳥などいろいろな動物がありますが、実は年始にはいつも短い数日間だけですがその年の干支のまんじゅうが販売されます。
その動物により粒あん、こしあん、いちごあんなど。

波越軒は和菓子のお店、おもちも美味しいですよ。
おもち系の和菓子も機会あれば味わってみて。

#29 なめらかプリン

とろーりなめらかでクリーミーな食感が人気のなめらかプリン。
本社は北名古屋市にあるチタカインターナショナル・フーズ(株)の商品であるなめらかプリン、もともとは名古屋から。
今では関東や海外にも進出しているので名古屋からとは知らない人が多いかもしれません。
プリンにはやわらかめとしっかりめがありますが、やわらかめなプリンが好きな人にはおすすめ。

#30 クッピーラムネ

ちょっとレトロ感あり、なんとなく懐かしいようなうさぎとリスの絵本のような雰囲気のパッケージのクッピーラムネ。
こちらも名古屋発祥のおやつで昭和25年からラムネ菓子をつくっているカクダイ製菓の商品。

クッピーラムネは砂糖、コーンスターチ、ばれいしょでん粉が主体につくられています。
今ではいろんなパッケージやケース入りもあるようですが、やっぱり小粒の小さなポケットタイプが可愛くておすすめ。

#31 (おまけ)ナナちゃん人形デザインの名古屋土産

名古屋駅前の名鉄百貨店メンズ館前あたりに立っているナナちゃん人形そのものが名古屋名物のようなものなので、そのナナちゃんデザインのお菓子も名古屋土産に入れちゃいます。

お勧めに載せている名古屋土産の中にナナちゃんデザインのお土産がいくつか出ています。
パステルなめらかプリンや農ブランドのロールケーキ、両口屋の千なりなどにナナちゃんが施してあり、ナナちゃんは名鉄百貨店所属なので名鉄限定販売。
物により年に何回かの季節限定だったりします。

ナナちゃん千なり

ナナちゃんは、名鉄百貨店の広報部員として商品や名古屋でのイベントのPRを様々なファッションで促進しています。

老舗のお菓子にそんなナナちゃん人形デザインのバージョンも。

名古屋名物ナナちゃん人形(ナナちゃん補足説明)

ナナちゃん人形は名鉄百貨店の広報部員で、名古屋駅前の名鉄百貨店メンズ館の前あたりに立っています。
ナナちゃんが誕生した時には名鉄セブン館があったことから7(セブン)⇒ナナちゃんと一般公募からネーミング。

背が高く足の長いナナちゃんは身長6m10cm、昭和48年生まれ。

日々、名鉄百貨店や名古屋界隈のお店やイベントのPRをしつつさまざまなファッションで名駅スタンディング!名鉄百貨店のホームページの中にナナちゃん紹介のページがあります。

ナナちゃんは名鉄百貨店所属広報部員なので名鉄百貨店限定で名古屋みやげが販売されます。

さいごに

名古屋みやげはいかがでしたか?”おもしろい食べてみたい、買いたい”って思うものはありましたでしょうか?試行錯誤しながらつくった人のことを思い浮かべ、私も久しぶりに改めて買いに行っちゃおうかなって思います。
皆さんも機会あればぜひ食べてみてください。
photo by PIXTA , iStock and so on.