あべのハルカス展望台で大阪の町を天空散歩してきました

2014年に完成した日本一高いビル「あべのハルカス」にいってきました♪

地上60階、高さ300メートルから大阪を一望できる展望台はレストランやカフェも備えた、ゆったりとくつろげる天空庭園になっています。

大阪の老舗菓子メーカーパイン株式会社とコラボしたパイン飴ソフトクリームなどのここでしか味わえない限定メニューを楽しんだり、夜景を眺めながらお酒を飲む事も出来できて、絶景プラスαの魅力にあふれています。

あべのハルカスが高すぎて逆光がすごい

97852:あべのハルカスが高すぎて逆光がすごい

撮影/著者

こんにちは、浪速の展望台アマチュア研究員ぴた子です。

あべのハルカスにやってまいりました。

写真に収めようとすると逆光がすごくてこんな感じになります。
さすが地上60階建て高さ300メートルの雄姿!

改めまして自己紹介

97853:改めまして自己紹介

撮影/著者

さきほどは逆光で失礼しました、ぴた子です。

高い所が好きなのですが高所恐怖症なので複雑なのですが、今回はガラスで守られた中で高所での景色をしっかり楽しんできました。

あべのハルカスの展望台はレストランやカフェと一体となったラグジュアリーなくつろぎ空間なので大阪に来られる時はおすすめですよ♪

あべのハルカスの住所・アクセスや営業時間など

名称 あべのハルカス
名称(英語) Abeno Harukas
住所 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
営業時間・開場時間 あべのハルカス近鉄本店 : 地2階-3.5階:10:00-20:30 / 4-5階 10:00-20:00 / ソラハ 10:00-20:30 / あべのハルカスダイニング 11:00-23:00 / あべの市場食堂 10:00-22:00 / 美術館:(火-金) 10:00-20:00 / 月・土・日・祝 10:00-18:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://www.abenoharukas-300.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

あべのハルカスへの行き方

97854:あべのハルカスへの行き方

撮影/著者

あべのハルカスの最寄り駅はJR天王寺駅です。

中央改札をでて左手、南口に出てくると道をはさんですぐ目の前にあべのハルカスがそびえたっています。

地下鉄で来られる方は地下入口もおすすめですが、はじめてこられる場合は人ごみで迷うかもしれないので、一度地上に出てみると解りやすいですよ。

歩道橋をわたると展望台エレベーターまで近い

97855:歩道橋をわたると展望台エレベーターまで近い

撮影/著者

JR天王寺の南口には歩道橋にのぼる階段があります。
この変わったデザインの白い柱が目印。

あべのハルカスの方に歩いていくとあべのハルカスのゆるキャラ「あべのべあ」のオブジェがあります。

97154:

撮影/著者

このオブジェの右側にある水色の柱がエレベーターホールの入口です。
展望台受付がある16階まで直結しています。

あべのハルカスのイメージカラーのスカイブルーが目印

97155:あべのハルカスのイメージカラーのスカイブルーが目印

撮影/著者

それでは、シャトルエレベーターでまずは16階まで参りましょう♪

16階についたら足下をみよう

97157:16階についたら足下をみよう

撮影/著者

16階はまだ展望台ではありません。

美術館や屋上庭園などがあって何となくウキウキした気分で周りを見回してしまいますが、まずは足元をみるようにしてください。

床に各ポイントまでリード線があるのです。
ハルカス300展望台の受け付けはスカイブルーのラインに沿って歩くとたどり着きますよ。

チケット購入の罠に要注意

97856:チケット購入の罠に要注意

撮影/著者

あべのハルカスの入場券は、基本当日券とネットで購入できる日時指定券とに分かれます。

ここで注意したいのが当日券が大人1500円なのに対し、ネットで買える日時指定券は大人2000円と、500円高いということです。

前売り券の方が高いというのは不思議に思うかもしれませんが、このチケットはあべのハルカスに並ばずに入場できる優先券や整理券の意味合いが強いので高いのだそう。

開業当初は待ち時間が長かったり、入場制限がかかったりと有用なシステムでしたが今は入れないような事はめったにないので当日券を買うのがおすすめ。

ネットで前売りチケットを買う習慣のある人は気を付けてくださいね。

ハルカス300(展望台)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハルカス300(展望台)
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
営業時間・開場時間 9:00-22:00 (当日券販売は8:50-21:30)
利用料金や入場料 当日券 : 大人(18歳以上): 1,500円, 中高生(12歳-17歳): 1,200円, 小学生 (6歳-11歳):700円, 幼児 (4歳以上): 500円
参考サイト https://www.abenoharukas-300.jp/observatory/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チケットカウンターから展望台へ直結

97857:チケットカウンターから展望台へ直結

撮影/著者

チケットカウンター横にあべのハルカスの展望台に続くシャトルエレベーターがあります。

この日は少し混雑していましたが、待ち時間は15分ほどでした。
60階までノンストップで到着♪

エレベーター内には今何メートルの高さにいるのかがわかるカウンターがあり、ゲストを退屈させない心づかいを感じました。

展望台からの眺めは空を飛んでいるような気分になります

97160:展望台からの眺めは空を飛んでいるような気分になります

撮影/著者

地上60階、高さ300メートルの展望台フロアではたくさんの人が天空散歩を楽しんでいました。

97161:

撮影/著者

あべのハルカスは、展望台自体が60階から58階までの3階建になっています。

レストランやカフェのある吹き抜けのフロアを囲むようにつくられた廻廊をめぐりながら360度の大阪の町並みを眺めることができるのですね。

97162:

撮影/著者

59階ではこの季節ビアガーデンもオープンしていて、食事しながらゆったりと絶景を楽しめるようになっていました。

97163:

撮影/著者

今日は少し霞がかっていますが、気候のよいときは京都タワーが見えるとの事。
高さ300メートルからの巨大パノラマです。

97164:

撮影/著者

広々とした60階展望廻廊は、景色とつながったように描かれた3Dアートがあり、上で空を飛んでいるような写真が撮れたり、四季折々のイベントも開催されたりするアミューズメント空間です。

97171:

撮影/著者

南側に目をうつすと、関西国際空港や瀬戸大橋がある方向です。

夕方にはピンクに染まった瀬戸内海を望む絶景がひろがり、うっとりしてしまいました。

限定グルメをチェックせよ

97165:限定グルメをチェックせよ

撮影/著者

観光にきたら忘れてはならないのが、限定グルメです。

かわいいパイナップル型と60年も変わらぬ味で大阪市民に愛されるパイン飴とあべのハルカスがコラボした、パイン飴ソフトは、パイナップル味なだけでなく、ちゃんと砕いたパイン飴がソフトにトッピングされているのですよ。

97865:

撮影/著者

爽やかなパインの香りと甘いパイン飴ソフトクリームは、天空散歩をより楽しい気分にしてくれます。

あべのハルカスは恋人達の聖地だった!

97167:あべのハルカスは恋人達の聖地だった!

撮影/著者

夕焼けのあべのハルカスを楽しんでいると甘い空気がただよってきました。

見回すとソフトクリームよりも甘い空間を発見、あれは何だ?

上空300メートルの聖地

97168:上空300メートルの聖地

撮影/著者

なんと記念碑まであります。
調べてみると地域活性化支援センターによってプロポーズにふさわしいロマンチックなスポットを選定する「恋人の聖地」に認定されているとの事。

こんなのあるんですね!甘いはずだ!

大阪の夜景はやっぱええですよ

97173:大阪の夜景はやっぱええですよ

撮影/著者

夜になり、ライトアップされた通天閣をみることができました。
横の暗い空間は天王寺動物園です。

夜景をみながらのリラックスタイム

97174:夜景をみながらのリラックスタイム

撮影/著者

カップルはもちろん、一人でゆったりとした時間を過ごしたい時も、あべのハルカスの天空庭園は最適です。
壁面のクッションスペースではお酒を飲みながら読書をしている人も。

最高のロケーションです。

97175:

撮影/著者

きらめく大阪の夜景は、昼間とはまたちがったゴージャスな浮遊感を楽しませてくれます。

百貨店、美術館、ホテルもあって一日遊べる空間

97176:百貨店、美術館、ホテルもあって一日遊べる空間

撮影/著者

あべのハルカスは、地下2階から14階までは近鉄百貨店、16階に美術館があり、17階には一時預かりもできる保育園、18階から57階までは大阪マリオネット都ホテルと各企業のオフィスが入っています。

美術館の中は撮影禁止でしたが、絶景と共に歴史的な芸術も鑑賞することができました。

天空庭園のレストラン以外でもグルメが充実♪

97178:天空庭園のレストラン以外でもグルメが充実♪

撮影/著者

せっかくの大阪に来たのだからメニューにこだわりたいという方には、あべのハルカスダイニング12階西側ゾーンの大阪通がおすすめです。

こちらには、その名のとおり大阪の食通に親しまれてきた選りすぐりの大阪老舗グルメが勢ぞろい。

今回は串の坊さんにおじゃました♪

97179:今回は串の坊さんにおじゃました♪

撮影/著者

大阪通りに入ると、豊臣秀吉の旗印ひょうたんの巨大なオブジェがデンとすえられ、そのすぐ横に大阪の老舗「串の坊」があります。

四季折々の新鮮な食材を揚げたてで楽しめ、ワイン等の酒類も豊富で台湾茶もあるちょっと上品な串カツ専門店。

97181:

撮影/著者

お任せコースでは、ねぎと野菜ディップ、お茶とデザートがセットになります。

串の坊はパリパリの車エビや蟹身のキス巻、椎茸のタルタル添など、凝った味の串揚げが魅力。

蟹とキスのコラボ串最高でしたよ♪

97180:

撮影/著者

昭和25年創業で、当時からこだわる食材と味は銀座に出店する有名店となった今も変わりません。

名実ともに大阪の味を代表する名店といえるでしょう。

串の坊 あべのハルカス店 の住所・アクセスや営業時間など

名称 串の坊 あべのハルカス店
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 12F
営業時間・開場時間 11:00-23:00(L.O.22:30)
利用料金や入場料 おまかせコース: 16本5000円(税込)相当 / 串カツ コース:3,240円から
参考サイト http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/restaurant/detail/RID000039?page=2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大阪の天空散歩は予想以上にラグジュアリー

97182:大阪の天空散歩は予想以上にラグジュアリー

撮影/著者

あべのハルカスは日本一高いビルであると同時に、ゆったりとくつろぎながら天空散歩を楽しめるアミューズメント空間でした♪

お買い物、デート、食いだおれまで大阪観光には外せないおすすめスポットなのです。

大阪の町で遊んだ後は高さ300メートルから一帯を眺めてみるのはいかがですか?