社会人のためのニューヨーク留学入門。長期留学?短期留学?なぜNYCがおすすめ?

社会人になってからの留学は、学生では得られない効果をもたらしてくれるものです。様々な都市があり、休暇を利用して行く短期留学、仕事に区切りをつけて長期で行く留学など選択もいろいろあります。今回は、社会人留学の目的地として人気の一つ、ニューヨークをご紹介いたします。社会人だからこそ楽しめる、社会人のためのニューヨーク留学。あなたの留学のヒントになるかも。

ニューヨークの魅力とは?

どの季節に行っても素晴らしさを感じるところ

どの季節に行っても素晴らしさを感じるところ

image by iStockphoto

どの季節に、いつ頃行こうかというのも重要なポイント。
季節によって費用に違いが出たり、忙しい社会人だったらスケジュールと行きたいと思っている時期が異なることもあり得ますね。
でも、ニューヨークはどの季節に行っても、その魅力を感じられる素晴らしいところ。
例えば最大の公園「セントラルパーク」の景色をを思い浮かべてみると、春は花々が咲き誇り新緑の香り、夏はその木々がさらに青々と輝き、秋には赤や黄色に染まり、足元には葉の美しいカーペットができたり、そして冬には雪にすっぽりと覆われた姿をいせてくれたり。
どの季節でも実に絵になる風景。
こんな街はなかなかないはず。
私も真冬に滞在したことがありますが、冬嫌いの私でも好きになれそうなくらいの美しさ。

美術館巡りでアートの世界のどっぷり浸れるところ

美術館巡りでアートの世界のどっぷり浸れるところ

image by iStockphoto / 93611861

日本にもたくさんの美術館がありますが、ニューヨークでは、歴史的有名アートを始め、現代アートにたくさん触れることができます。
街にも所どころにオブジェが点在していて、この街がアートに対して、また地元や新鋭のアーティストに対しても大変オープンなことがわかります。
美術館によっては、ドネーション(寄付)のシステムがあり、通常20ドルはする入場料が、任意に。
1ドルでも入館できるという嬉しい企画。
この際、芸術に触れられることに感謝しつつ、お気に入りの美術館は何度も訪れて、このアートの街ニューヨークを堪能しましょう。
これでニューヨーク留学がさらに意味深いものになりそうですね。

現実離れしたかのような世界にいれること

現実離れしたかのような世界にいれること

image by iStockphoto

ニューヨークが世界のエンタテインメントの中心。
例えば、タイムズスクエアに行けば、華やかなネオン街と一日中寝らない街を実感、そしてエンパイアステイトビルディングを見れば、まさに絵に描いたようなニューヨークの景色が目の前に広がります。
自分が思い描いていただけの景色を目にするときの感動は、言葉では表せないでしょう。
そんな素晴らしい体験ができる場所がここ。
ミュージカルや音楽、バレエ、オペラそして映画など、今まで見る機会がなかった作品は、ほぼここで見ることができます。
学校帰りにミュージカル鑑賞なんて素敵だと思いませんか?

グルメな街であること

グルメな街であること

image by iStockphoto

世界各国の料理、そしてアメリカンな食べ物と、なんでも試せるのがここニューヨーク。
日本でも楽しめるようになったものもたくさんありますが、もっとディープでジャンクな、そしてニューヨーカーのお気に入りの、日常的食べ物を堪能してみたくなりませんか?ヘルシーすぎる?ものから、カロリーを気にしている場合ではないようなヘビーなものまで、両極端が存在しているとてもユニークなニューヨークのグルメを、滞在中に是非満喫してみましょう。

ニューヨークの語学留学を選ぶ理由は?

学校の数学べることの種類が豊富

学校の数学べることの種類が豊富

image by iStockphoto

世界中から様々な目的でこの都市に集まってきているという、魅力いっぱいの街ニューヨーク。
留学生の人口も多いことから語学学校の数もたくさんあります。
そのため、選択の幅が多いのは嬉しいことですね。
ただし、たくさんあることから、学校選びには慎重に。
情報はたくさん調べてゲットしておくといいでしょう。
留学エージェントを利用するのもお勧め。
留学に関するプロの意見を聞くことで、自分も安心できるし納得の学校選びができます。

アフタースクールも充実できる

アフタースクールも充実できる

image by iStockphoto

社会人、大人の海外留学ならアフタースクールも楽しまないと。
遊んでばかりではいられませんが、ニューヨーク留学の醍醐味でもあるかも。
ここは、いい意味でも悪い意味でも誘惑がいっぱい。
オンとオフを上手に使って楽しみましょう。
アフタースクールはカフェ巡り、美術館鑑賞、そしてたまには友人と外食したり、素敵なバーでワインやビールを片手に話にふけったり。
考えただけで楽しくなるような、充実した生活を送るのも自分次第です。
学生気分も都会のビシネスマンの気分も味わえるのがニューヨーク留学。

留学の種類はどんなものがあるの?

長期でも短期でも学べる語学留学

長期でも短期でも学べる語学留学

image by iStockphoto

語学学校に入学しての留学が人気で、また一般的でもあります。
こちらは短期でも長期でも選べるというのがポイント。
短期留学だったら1週間からあります。
仕事や休みを利用して留学したいという社会人にはぴったりのコース。
様々な学校がありますが、登校日にレベルチェックがあり、細かくクラス分けされるので、レベルにあったクラスで、安心して学ぶことができます。
学校によりますが課外活動やイベントも計画されているので、自分のクラス以外の生徒とも接する機会が多く、より多くの友人も作れます。
クラスは、フルタイムで9時から4時までがほとんど。
学生生活のルーティーンをまた体験できるなんて、それ自体が興味深い体験に。

大学で専門的なことを学ぶ

大学で専門的なことを学ぶ

image by iStockphoto

より専門的なことを学びたい方には大学への留学が人気。
大学では、語学だけでなく、音楽、美術、ファッション、ダンスなどアートを学ぶためにここへ訪れる人も世界中からやってきます。
大学入学には、最低でも1年以上の準備期間と英語力がより問われますが、真剣に考えているのなら、早速準備に取り掛かりましょう。
自分の学びたい学校はどのくらいの英語力が必要なのか、またどの学校であれば自分のレベルに合うか、しっかりチェックしておく必要があります。
入学するまでも難しいですが、卒業するのも難しいのがアメリカの大学。
でもこれをやり遂げた後の達成感は何事にも代えがたいものになりますね。

ニューヨークの物価は?

生活費はどれくらい?

生活費はどれくらい?

image by iStockphoto

ニューヨークはご存知の通り物価は高いです。
それを顕著に感じるのはまずは家賃。
年々、もともと高いものが上がり続けているのが現状。
アパート代で1ヶ月1800ドル以上。
長期でアパート暮らしを考えている方は、資金を十分用意しておく必要があるでしょう。
シェアハウスもあり、家賃は抑えられますが、トラブル等もあるのでよく調べて見た上で決断するのがいいですね。
そして交通面。
まず移動に便利なのが地下鉄。
1回券利用時は3.00ドルです。
7日間で31ドルというメトロカードも販売されているので、留学中はお得。
地下鉄と市バスが乗り放題なので、ちょっと間違えて乗っても大丈夫。
そしてタクシーの初乗り料金は2.5ドル。
こちらや日本より安いですが、チップを忘れずに。

どんなものが高いの?

どんなものが高いの?

image by iStockphoto

日本と比較してみると、まずスタバのコーヒーは1.95ドル。
こちらは日本より安いですが、フラペチーノなど他のドリンクは日本より割高。
そしてちょっとしたレストランでのランチは25ドルぐらい。
ディナーになると最低50ドルぐらいはみておいた方が。
話題のレストランとなれば軽く100ドルは超えます。
もちろんプラスチップです。
ちなみに、今ニューヨークではラーメンも人気ですが、1杯20ドルくらいと日本の倍ぐらい。
でも、朝食やランチにベーグルとコーヒーだけだと5ドルくらいから、またデリなどで買ったり上手に節約することができます。
あまり切り詰めすぎると生活も息苦しくなるので、時々頑張った自分にご褒美してみるようにしましょう。

留学前にしておくことは?

どんな準備が必要?

どんな準備が必要?

image by iStockphoto

航空券、ビザの取得、滞在先、学校の入学証明書などの必要書類、保険と事前に必ず必要なものがあります。
これらは自分で手配することも可能ですが、手数料はかかりますが、留学エージェントに手配してもらうことをお勧めします。
手配漏れの防止と安心感がありますね。
例えば航空券だけは自分で手配するようにするだけでも、若干手数料はやすくなります。

持っていくと便利なもの

持っていくと便利なもの

image by iStockphoto

自分の日常的な愛用品、例えば文具類。
日本のものは機能も質も良く、アイデア豊富なものがたくさんあります。
ノートやファイルの紙質もかなりいいです。
ただし、アメリカではバインダーは3つ穴が主流なので、日本のものとは合わないということも。
また、サイズも若干違って、日本ではA4サイズが主流ですが、アメリカではレターサイズ。
少し短く横長なので、バインダーは現地で買うことおおすすめします。
また洗面道具、歯ブラシは、日本のものと比べてかなり大きいです。
とりあえず自分が使っているものを持っていくといいですね。
また、日本の文化や名所を紹介した本も話題作りになっていいと思います。
写真もスマホにたくさん入れておけば、会話のトピックになって、コミュニケーションをとるのに役に立ちますよ。

憧れニューヨークライフを満喫するには?

街をよく知るためにたくさん歩きましょう

地下鉄も便利ですが、街を知り尽くすくらい、たくさん歩きましょう。
どこを歩いても興味深くアートでユニークな街ニューヨーク。
特に建築物に興味がある方は、この美しい街にそびえるビル群はずっと眺めていたくなるほど。
フォトジェニックな場所でいっぱいですよ。

ここでしか見れないものは必ずチェック

美術館、博物館は要チェック。
館内のアート作品はもとより、建物自体も美しいのでぜひ行っておきましょう。
また図書館で勉強するのもおすすめ。
中でも「ニューヨーク公共図書館」のリーディングルームは圧巻。
建物自体がアートの図書館で勉強すればいいアイデアも、そして勉強もはかどりそう。
そして野球やバスケもシーズンだったら見てみるといいですね。
スポーツはエンターテイメント、というのを感じる演出は素晴らしい。
バスケは観客席が近く、前列ではセレブが陣取っている姿も見れますよ。

街をよく知るためにたくさん歩きましょう

街をよく知るためにたくさん歩きましょう

image by iStockphoto

地下鉄も便利ですが、街を知り尽くすくらい、たくさん歩きましょう。
どこを歩いても興味深くアートでユニークな街ニューヨーク。
特に建築物に興味がある方は、この美しい街にそびえるビル群はずっと眺めていたくなるほど。
フォトジェニックな場所でいっぱいですよ。

ここでしか見れないものは必ずチェック

ここでしか見れないものは必ずチェック

image by iStockphoto

美術館、博物館は要チェック。
館内のアート作品はもとより、建物自体も美しいのでぜひ行っておきましょう。
また図書館で勉強するのもおすすめ。
中でも「ニューヨーク公共図書館」のリーディングルームは圧巻。
建物自体がアートの図書館で勉強すればいいアイデアも、勉強もはかどりそう。
そして野球やバスケもシーズンだったら見てみるといいですね。
スポーツはエンターテイメント、というのを感じる演出は素晴らしい。
バスケは観客席が近く、前列ではセレブが陣取っている姿も見れますよ。

ニューヨークを成功させるために

社会人になってからの留学は、日程を決めるのが一番難しいポイントになるかもしれません。
でも行きたいという気持ち、大好きな街ニューヨークで生活してみたいという思いがあるなら、ここは思い切ってみましょう。
海外で生活するということは、想像以上に興味深く、あなたの心を豊かに、そして柔軟性を高めてくれますよ。
素晴らしい体験が待っているはず。
photo by iStock