地元民が伝授!栃木県「益子・真岡エリア」の観光完璧ガイド

栃木県には、益子町と真岡町という町があります。周辺の観光スポットが多いのでどうしても陰に隠れがちになってしまっていますが、実は隠れたスポットがたくさんあるんです。

ですが、「どうやって行ったらいいの?」「何があるの?」などなど、疑問は尽きないですよね。

そんな疑問も解消して、おすすめの観光スポットなどがわかる内容になっています。最後まで見逃さないようにしてくださいね。

栃木県「益子・真岡エリア」観光の前に知っておこう!

「益子」ってどんなところ?なにが有名?

「益子」ってどんなところ?なにが有名?

image by PIXTA / 27238546

関東平野の北にあって、栃木県芳賀郡にある町。
小貝川が町西側を北から南へと流れていて、その平野部が町の大部分を占めています。

益子焼の産地で、益子焼の体験をすることもできます。

益子の歴史ですが、益子には、貴重な文化財が町の至る所にたくさんあります。
その1つとして知られているのは、西明寺の三重の塔。

1537年に建立されて、和洋唐様の様式をもっています。
本堂は1394年に益子勝直によって開扇供養が行われ、1701年の大改修で現在の形に至っています。

他には、山の玄関口にある大倉神社と綱神社、そして地蔵院本堂、円通寺などたくさんの有名な神社があります。
日本で唯一、笑い閻魔大王を安置している閻魔堂もあって、興味をそそるスポットがたくさん★

益子の自然は、四季がはっきりとしていて、ゆるやかな起伏の山が多く、豊かな自然に囲まれています、その地形を生かして、農業が盛んです。

中心部から少し足を伸ばすと、里山の景色が広がります。
冬から春にかけてはいちご狩り、初夏にはあじさい公園のあじさい、夏はブルーベリー狩りが楽しめて、益子ならではの楽しみがあります。

知らない魅力がたくさんありますね♪

「真岡」ってどんなところ?なにが有名?

真岡市は、益子からすぐ近くにありますが、益子ほど有名な観光スポットではありません。
ですが、近くには1万人プールと言って県が管理する巨大なプールがあったり、ゴーカートを楽しめるスポットがあります。

日光や那須へのアクセスも便利なので、周辺観光の途中に立ち寄ることもできる便利なスポットでもあります。

自然が豊かでほっとできる環境が整っています。

首都圏から「益子・真岡エリア」へのアクセス手段や時間は?

車を利用する場合からご説明します。

・東北自動車道栃木都賀JCT→北関東自動車道真岡IC→

国道294号線、または121号線で益子まで行くことができます。
ICからは約25分で到着です。

・常磐自動車道友部JCT→北関東自動車道桜川筑西IC→

県道41号線で益子方面へ行きましょう。
ICから約20分で到着です。

電車を利用する場合はこちら★

・東北新幹線を利用する場合は、東北新幹線で小山駅まで向かいます。
小山で水戸線に乗換えて、下館駅まで約26分の旅に出ます。
下館で真岡鐵道に乗り換えて約45分で益子駅に到着です。

・JR宇都宮線を利用する場合は、宇都宮線(または宇都宮線直通湘南新宿ライン)で小山駅まで向かいましょう。

小山で水戸線に乗り換えて下館駅まで約26分電車に揺られます。

先ほどと同様に、下館で真岡鐵道に乗り換えて約45分で益子駅に到着です。

・つくばエクスプレスでも向かうことができます。

つくばエクスプレスで守谷駅まで行きます。
守谷で関東鉄道常総線に乗り換えて下館駅まで約62分の長旅を楽しみましょう。

下館駅からは同様に真岡鐵道に乗り換えで約45分。

少し移動時間が長いですが、こちらがアクセス手段です。

ドライブで行く場合の主要ルートや、「益子・真岡エリア」の駐車場は?

ドライブで行く場合の主要ルートは東北自動車道がメインになります。
首都圏から来る場合は東北自動車道を使ってください。

北関東自動車道もできて、茨城方面からのアクセスがよくなったので、茨城方面からお越しの際は、北関東道が便利。

駐車場に関してですが、益子・真岡エリアは自然が豊かで道を走っていても駐車場はありません。
観光スポットに駐車場があるので、コインパーキングなどに需要がないのgア現状です。

ですので、駐車場を探しているときは、観光スポットの駐車場を目指すようにしてみてくださいね♪

「益子・真岡エリア」を経由して行ける周辺の観光スポットは?

「益子・真岡エリア」を経由して行ける周辺の観光スポットは?

image by PIXTA / 26854409

益子・真岡エリアを経由して行ける周辺の観光スポットは、県北と県央、県南に分かれます。

県北は那須方面。
アウトレットもありますし、牧場や自然がたくさんあって、栃木ならではの体験ができます。

県央は宇都宮・日光方面。
世界遺産の日光東照宮や、奥日光、そして鬼怒川温泉など、注目のスポットがたくさん!

そして県南にもアウトレットがあります。
首都圏に帰る場合は経由地になりますので、帰るときに立ち寄る観光スポットとしてとってもおすすめ。

益子・真岡エリアから行ける観光スポットはこんなにたくさんあるんですよ。

温泉はある?

益子・真岡エリアにある温泉は2件しかありません。
もともと温泉地ではありませんので、もし温泉に入りたいのであれば鬼怒川温泉まで足を運ぶと、より温泉を堪能することができます。

「益子・真岡エリア」の観光モデルコースはこう!

日帰りの場合

日帰りの場合

image by PIXTA / 25778411

日帰りで益子・真岡エリアを楽しむなら、益子焼を作る体験をするのがおすすめ。
益子焼を体験できるスポットはたくさんありますので、予算を考慮して選ぶといいですよ。

ただし、益子焼は作って焼きを入れるので、ご自宅に郵送の形になります。

ランチは益子エリアにあるレストランに入って楽しみましょう。
混雑しにくいのですが、時間には余裕をもって行動するように心がけてくださいね。

1泊2日の場合

宿泊できるなら、まず初日は益子・真岡エリアで楽しみましょう。
益子焼体験は楽しいのでここでも外せません。
はじめはうまくできないですが、だんだん上手になっていく感覚がうれしいですよ♡

宿泊は鬼怒川温泉で一息入れましょう。
温泉も楽しめますし、2日目の行動もスムーズ。

2日目は日光観光・那須観光・県南の佐野市エリアの3つから選んで観光を楽しみましょう。
どこを選んでも楽しいですよ。
帰る方向や目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

「益子焼」を体験できるスポットはここ!

やっぱり益子焼を楽しもう♪

益子で体験するものといえば、やっぱり益子焼は鉄板です♪ろくろを回して楽しめるので、自分の好きな形を作ることができます。

場所によっていくつ持ち帰ることができるのかが違うので、スタッフさんに確認してくださいね。

体験の値段ですが、リンクを貼っているスポットではコースによって値段も時間も変わりますが、1番安いコースで1500円と破格のお値段。

体験ができてリーズナブルなんて、こんなにお財布に優しい観光スポットはめずらしいですよね♪リンクには「益子焼窯元よこやま」を貼っておきましたので、

益子焼窯元よこやまの住所・アクセスや営業時間など

名称 益子焼窯元よこやま
住所 栃木県芳賀郡益子町益子3527−7
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 陶芸体験 1,500円〜
参考サイト http://www.tougei.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

陶芸の森 「長谷川陶苑」

陶芸の森 「長谷川陶苑」

image by PIXTA / 23693293

こちらのスポットは時間制限がないので、自分が満足できるまで益子焼きの体験ができます。
滞在時間の平均は2時間くらいで、比較的空いているのも特徴★

長谷川陶苑の住所・アクセスや営業時間など

名称 長谷川陶苑
住所 栃木県芳賀郡益子町益子4240
営業時間・開場時間 8:30−17:00(冬期は9:00から)
利用料金や入場料 ロクロ体験コース 1,000円〜
参考サイト http://hasegawatoen.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宿泊施設もある「益子陶芸倶楽部」

宿泊施設もある陶芸教室「益子陶芸倶楽部」は1人でのんびり陶芸を楽しみたい、お友達やご家族と陶芸を体験したい、長期滞在をして陶芸を学びたい、益子観光の拠点にしたい、などたくさんの楽しみ方ができます。

もちろん、陶芸教室のみや宿泊のみの利用もできますので、安心して利用してくださいね。

さらに、外国人のスタッフがいますので、英語での対応もできます。

益子陶芸倶楽部の住所・アクセスや営業時間など

名称 益子陶芸倶楽部
住所 栃木県芳賀郡益子町益子3288−6
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 陶芸体験教室(半日コース) 3,700円
参考サイト http://mashiko-tougei-club.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「真岡」で体験できるものって?

風を切って楽しもう♪「ゴーカート」

真岡では体験できるものが少ないのですが、ゴーカートは本格的なものが体験できます。
自分で運転するタイプのものなので、楽しめること間違いなし。

運転に自信がない方でもしっかり教えてくれますので、1度乗ると病みつきになること間違いなしです。

井頭モーターパークの住所・アクセスや営業時間など

名称 井頭モーターパーク
住所 栃木県真岡市下籠谷468−2
営業時間・開場時間 10:00−21:00(冬季は20:00まで) 月曜定休
利用料金や入場料 レンタルコース(5周券) 2,000円〜
参考サイト http://www.linson.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「益子・真岡エリア」と一緒に回れる観光スポットはここ!

不思議な感覚を「とりっくあーとぴあ日光」

鬼怒川温泉駅からバスで行ける、体験型施設になっています。

体験型の施設なので、大人から子供まで楽しめて、目の錯覚を利用した面白い内容を展開しています。

平面のものをまるで立体のように見せるトリックアートを楽しめます。

中にある絵は驚きの連続で、写真を撮ってSNSにアップする方もいるくらいです。

手で触れることで楽しめるので、もし行き先に困ったら、体験型のこちらのスポットに訪れてみることをおすすめします。

とりっくあーとぴあ日光の住所・アクセスや営業時間など

名称 とりっくあーとぴあ日光
住所 栃木県日光市小佐越1−4
営業時間・開場時間 9:30−17:00(夏季は9:00−17:30)
利用料金や入場料 大人1,900円 小人1,100円
参考サイト http://trickart-pia.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼怒川に立ち寄るなら「おさるの山」

鬼怒川温泉駅から車で10分の場所にあるので、鬼怒川温泉でリフレッシュした後に足を運びやすいところにあります。

ロープウェイの山頂にはおさるの山があり、お猿さんが出迎えてくれます。

栃木県には日光猿軍団など、お猿さんを主役にしたスポットが他にもありますが、こちらは触れ合えることが出来るので、非常に人気です。

ロープウェイで上まで行くことになるので、景色も楽しめますし、年齢を問わず多くの方が訪れる人気スポットになっています。

鬼怒川温泉ロープウェイ おさるの山の住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉ロープウェイ おさるの山
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 ロープウェイ:大人往復1,100円 小人往復550円
参考サイト http://ropeway.kinu1.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産にもなっています「日光東照宮」

世界遺産にもなっています「日光東照宮」

image by PIXTA / 29572703

日光で世界遺産を巡ると言えば、日光東照宮は外せません。

何度行っても建物に歴史を感じられて、江戸時代に身を置いているような感覚になります。

時間が過ぎるのも早くて、あっという間に2時間程度経ってしまいます。

ですので、参拝するときは時間をたっぷりとって中を巡ることをおすすめします。

特に冬は雪が降って足元が滑りやすくなっていますので、気を付けて歩くようにしましょう。

そして、雪が降ると、普段と違う景色にため息が出てしまいそうになります。

日光東照宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光東照宮
住所 栃木県日光市山内2301
営業時間・開場時間 8:00−17:00(夏期) 8:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 大人 1,300円 小中学生450円
参考サイト http://www.toshogu.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

御朱印をもらおう「日光二荒山神社」

image by PIXTA / 27574429

地元では、日光二荒山神社は初詣の神社として知られています。

受験生がいる家族や、資格試験などのお守りが好評で、結果が出た!という方も多いです。

CMも初詣時期に流れているので、初詣イメージが強いですが、観光で回ることももちろんできます。

境内は広いのでゆったりと回れますし、御朱印ももらえます。

お守りの種類もたくさんありますので、じっくり見てマッチするものを購入しましょう。

日光二荒山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光二荒山神社
住所 栃木県日光市山内2307
営業時間・開場時間 8:00−17:00(夏期) 9:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 神苑入苑料:大人200円 小人100円
参考サイト http://www.futarasan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日光東照宮と一緒に「日光山輪王寺」

日光東照宮と一緒に「日光山輪王寺」

image by PIXTA / 22697101

66年に作られたの日光山輪王寺。

比叡山や東叡山と並ぶ天台宗三本山の1つで、日光の観光スポットとしては外せないスポットになっています。

本堂にあたる三仏堂のほか、庭園の逍遙園、約3万点の宝物を保管している宝物殿など、見どころがたくさん。

徳川家の中の、三代将軍家光を祀る大猷院(たいゆういん)もありますので、歴史を感じるにはもってこい。

日光山全体を見るには、共通拝観券が必要ですので、もし見たい時にはチケットを購入しましょう。

日光山輪王寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光山輪王寺
住所 栃木県日光市山内2300
営業時間・開場時間 8:00−17:00(夏期) 8:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 一般1,000円 高校生600円 小中学生400円
参考サイト http://rinnoji.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

参拝するなら「大谷寺・大谷観音」

image by PIXTA / 16627710

日本最古の石窟仏で、弘法大師の作ともいわれている千手観音立像があるスポットになっています。

本堂内を参拝すると、千手観音、釈迦三尊、薬師三尊、阿弥陀三尊があり、そのすべてを総称して、「大谷崖窟仏」と言われています。

地下のお部屋もあり、なんだか昔の秘密基地に来たような感覚になりますので、特に小さいお子様はおおはしゃぎ。

国の特別史跡重要文化財にもなっていますので、ぜひご覧ください。

大谷寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 大谷寺
住所 栃木県宇都宮市大谷町1198
営業時間・開場時間 8:30~17:00(夏期) 9:00~16:30(冬期) 1-3月の第2,第4木曜定休
利用料金や入場料 大人400円 中学生200円 小学生100円
参考サイト http://www.ooyaji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

県南地域最大級「佐野プレミアムアウトレット」

県南地域最大級「佐野プレミアムアウトレット」

image by PIXTA / 20491952

約170のショップが軒を連ねているアウトレット。
東北自動車道からもアクセスしやすいところにあるので、益子・真岡エリアからも行きやすいんですよ。

周辺道路が混雑する時間は15時から19時ですので、その時間を避けるようにうまくスケジュール調整してみてはいかがでしょうか?

佐野プレミアムアウトレットの住所・アクセスや営業時間など

名称 佐野プレミアムアウトレット
住所 栃木県佐野市越名町2058
営業時間・開場時間 10:00−20:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.premiumoutlets.co.jp/sano/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いちご狩りができる「アグリタウン」

佐野プレミアムアウトレットからすぐのところにある「アグリタウン」ここではいちご狩りの体験ができます。
益子で益子焼の体験をして、ここでいちご狩りの体験をして、体験三昧も楽しいですよ。

バスツアーも多く来る人気スポットになっていますので、観光スポットに困ったらこちらに足を運ぶのをおすすめします。

佐野観光農園 アグリタウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 佐野観光農園 アグリタウン
住所 栃木県佐野市植下町802−4
営業時間・開場時間 9:30−17:00, いちご狩り:10:00−15:00(12月-2月) 9:30−16:00(3月-5月)
利用料金や入場料 いちご狩り:1,000円〜1,700円(時期により異なる)
参考サイト http://itigogari.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ペットも一緒に入れます「那須ガーデンアウトレット」

image by PIXTA / 28185323

わんちゃんと一緒に入れる店舗が多いので、わんちゃんと一緒に訪れる方が多いです。
こちらも高速道路からすぐのところにあって、ナビいらずで行けるくらい♪

夏でも快適にショッピングをたのしめますので、もし暑さを避けたいときにはおすすめのスポット。
東北方面に向かうなら、立ち寄りたい歓呼スポットになっています。

那須ガーデンアウトレットの住所・アクセスや営業時間など

名称 那須ガーデンアウトレット
住所 栃木県那須塩原市塩野崎184−7
営業時間・開場時間 10:00−19:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.nasu-gardenoutlet.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

音色に癒されます「日光オルゴール館」

オルゴールの音色は、人の耳に心地よく、リラックス出来る効果があるとも言われています。

そんなリラックス効果が期待出来るスポットが、「日光オルゴール館」。

オルゴールが様々なな材料で作られていて、約1500種類もあるんです。

大人から小さいお子様まで楽しめる、オルゴール手作り体験も出来ますので、記念にオルゴールを持ち帰ることも出来ます。

カップルにもおすすめで、デートとしてもおすすめ。

ぜひ足を運んでみて、オルゴールの音色に浸ってくださいね。

日光オルゴール館の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光オルゴール館
住所 栃木県日光市中宮祠2478
営業時間・開場時間 9:00−17:00(冬季の営業日は要確認)
利用料金や入場料 入館無料
参考サイト http://www.nikko-orgel.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドライブ中の休憩はここで「明智平」

ドライブ中の休憩はここで「明智平」

image by PIXTA / 18206561

いろは坂にある「明智平」。

益子・真岡エリアからにっこ・鬼怒川方面に行くときはここで休憩をするのがおすすめ。

ロープウェイあって、紅葉の季節には高い位置からきれいな効用を見ることが出来ます。

その他にも、ドライブの疲れを癒すスポットになっていて、いろは坂を通るドライバーさんによく利用されています。

標高1473mの展望台から、男体山と華厳ノ滝、そして中禅寺湖などを見ることが出来ます。

「ここにきて良かった」と思える素敵な景色が独り占めできるので、ぜひドライブがてらに立ち寄ってみましょう。

明智平の住所・アクセスや営業時間など

名称 明智平
住所 栃木県日光市細尾町深沢709−5
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 ロープウェイ:大人往復730円 子供往復370円
参考サイト http://www.nikko-kotsu.co.jp/ropeway.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「益子・真岡エリア」観光でおすすめのランチ・カフェはここ!

益子駅から近い「カフェ 花夢来夢」

益子駅から車で3分、緑あふれる景色が目の前に広がっています。
ランチは、新鮮な野菜や食材を生かし、ひとつひとつ心を込めて作ったメニューが提供されています。

天然酵母のパン、食後にはほんのり甘いデザートとコーヒーがあって、どれを食べてもおいしい♪夜は、ディナータイムも用意していますので、ぜひお越し下さい。

カフェ 花夢来夢の住所・アクセスや営業時間など

名称 カフェ 花夢来夢
住所 栃木県芳賀郡益子町大字塙1032−1
営業時間・開場時間 11:30−15:00, 17:30−21:30 月曜定休
利用料金や入場料 カムカムランチ 1,350円
参考サイト https://www.facebook.com/kamukamu.mashiko/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リーズナブルなら「Cafe Bar Banda」

店内は自然素材にこだわっていて、おしゃれな空間なんですよ。
リーズナブルなお値段で、ゆっくりお食事やアルコールを楽しめます。

「ゆったり過ごせる家族の時間」をコンセプトに、一般的な和食の店舗よりもゆったりしている内装になっています。

メニューは懐かしい家庭料理を益子焼で作った器で提供しています。
アルコール類もありますので、お酒が欲しいときにもぜひ。

Cafe Bar Bandaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cafe Bar Banda
住所 栃木県芳賀郡益子町益子968
営業時間・開場時間 18:00−23:00 日・月曜定休
利用料金や入場料 コース2,000円〜
参考サイト https://nakanobanda-mashiko.jimdo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

隠れ家的なレストランです「森のレストランMARCHERANT」

木のぬくもり溢れる隠れ家的なカフェ。
車でもだいぶ上に上がっていくので、少し迷うかもしれませんが、小さい看板がでているので、看板に従って車を走らせましょう。

内装は木を中心にしていて、落ち着いた雰囲気の中でお食事を楽しめます。
人気スポットなので、できれば予約をしていった方が確実です。

森のレストランMARCHERANTの住所・アクセスや営業時間など

名称 森のレストランMARCHERANT
住所 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 ホテルツインリンク
営業時間・開場時間 7:00−10:00, 11:30−14:00, 17:30−21:00
利用料金や入場料 ランチ 1,100円〜
参考サイト http://www.twinring.jp/foods_m/marcherant.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

陶芸体験したあとに「カフェ・ランチ かぼちゃ庵(益子の茶屋2号店)」

「益子の茶屋2号店」としてすぐそばにオープンした「カフェ&ランチかぼ茶庵」。
名前の通りかぼちゃをメインにした料理が多く、サラダや季節の自家製スイーツ、パスタがあります。

その中でもおすすめなのは、「とろ~り卵のオムライス」。
口の中で広がる味わいはここでしか味わえない貴重な味に仕上がっています。

飲み物は季節のソーダ水などが楽しめます。
陶芸カフェ(窯元運営)なので、食器は全て益子焼きの和陶器。
落ち着いた和の雰囲気で楽しいひとときをお過ごしください。

カフェ&ランチかぼ茶庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 カフェ&ランチかぼ茶庵
住所 栃木県芳賀郡益子町益子3527−3
営業時間・開場時間 11:00−17:00(冬季は16:30まで) 火曜定休
利用料金や入場料 ランチ 1,200円〜
参考サイト http://www.tougei.net/kabo
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「益子・真岡エリア」のおすすめホテルはここ!

疲れを癒すなら「益子舘 里山リゾートホテル」

疲れを癒すならこちらのスポットがおすすめ。
大浴場が広く、洗い場も隣を気にしなくてもいいところがポイント。
雄大な自然をバックに入れるお風呂はたまりません。

お部屋も日々の喧騒を忘れさせてくれるような和の雰囲気が溢れていて、シーリーのマットレスで快適に過ごすことができます。

益子舘 里山リゾートホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 益子舘 里山リゾートホテル
住所 栃木県芳賀郡益子町大字益子243−3
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−18:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付 16,200円〜
参考サイト http://mashikokan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自然公園の中にある「フォレストイン益子」

簡易的な宿泊施設なのですが、昔懐かしい運粋漂う素敵な空間になっています。
特に夜になるとほわーんとした優しい明りが私たちを包んでくれます。

1名から宿泊できるので、1人旅にももってこい★1人で宿泊できる施設が少ないので、ここは重宝しますよ。

フォレストイン益子の住所・アクセスや営業時間など

名称 フォレストイン益子
住所 栃木県芳賀郡益子町益子4231
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−23:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊 5,400円〜
参考サイト http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page000847.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆったりした時間を「益古時計」

スタッフさんのきめ細やかなおもてなしがリピーターを呼ぶ、心が温まるスポット。
お部屋にお風呂がないので大浴場でお風呂を堪能しましょう。

お風呂は広くてとても満足できるので、心も身体もぽかぽかになることができます。
朝食はテラス席でも食べられます。
風が心地よくて、新緑の季節にはもってこいです。

益古時計の住所・アクセスや営業時間など

名称 益古時計
住所 栃木県芳賀郡益子町益子4283−5
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊1名 5,700円〜
参考サイト http://mashiko-dokei.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モダンな宿「こころ宿 NAGOMI」

受付棟・お風呂と、宿泊棟が別棟になっています。
部屋は風の抜けがよく、季節によっては寒く感じることも。

暖房器具として、オイルファンヒーターとエアコンがありますので、温度調節もできて快適に過ごせます。

部屋は広く作られていて、ベッドのある空間とテレビがある空間が、仕切りをはさんでいるので、ゆったりとした感覚を感じて頂けます。

静かな時間を過ごしたい時にはおすすめの宿です。

こころ宿 NAGOMIの住所・アクセスや営業時間など

名称 こころ宿 NAGOMI
住所 栃木県芳賀郡茂木町木幡252
営業時間・開場時間 チェックイン15:00−20:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊2食付 7,601円〜
参考サイト http://www.kokoroyado.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ビジネスにもレジャーにも「松屋旅館」

ユニットバスではなく大浴場に入れるので、ゆっくりお風呂を楽しみたい方にはおすすめ。
1日楽しんだ疲れも吹き飛びます。

部屋は少し小さめですがが、1人で利用するには十分な広さ。
夕食は、近くに食事ができるところが1軒しかないので、もし道が分からないときはホテルのスタッフさんに聞くことをおすすめします。

みなさん親切で丁寧な対応をしてくれますので、1人でも安心して利用できます。

松屋旅館の住所・アクセスや営業時間など

名称 松屋旅館
住所 栃木県真岡市田町2244
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊1名 4,600円〜
参考サイト http://www.matsuya-ryokan.co.jp/matsuya/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いよいよ観光も終わり…「益子・真岡エリア」のお土産はこれ!

懐かしい味「温泉パン」

どっしりとした見た目と食べ応えが特徴の、ほのかな甘さが癖になる「温泉パン」。
温めると、温めるまえよりももちもち感が楽しめます。

どこか懐かしい味とパッケージに思わず手に取ってしまうお土産です。

温泉パン 直営店の住所・アクセスや営業時間など

名称 温泉パン 直営店
住所 栃木県さくら市早乙女95−6
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 元祖温泉パン(3個入) 490円
参考サイト https://onsenpan.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

実用性が高い「益子焼」

image by PIXTA / 1978239

やっぱり益子は益子焼のお土産は鉄板です。
自分で作ったものを後日お土産として渡してもいいですし、すでに作ってあるものも販売しているので、そちらをお土産にしてもOK。

自分では作ることが難しいものもたくさん販売していますので、相手が使ってくれることを想像しながら選んでみるのも楽しいですよ♪

益子焼窯元共販センターの住所・アクセスや営業時間など

名称 益子焼窯元共販センター
住所 栃木県芳賀郡益子町益子706−2
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.mashikoyakikyouhan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

益子・真岡エリアは落ち着いた雰囲気です

今まで気が付かなかった益子・真岡エリアの魅力をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?知らなかった情報がたくさんつまっていて、足を運んでみたくなりませんか?

体験型のスポットや、隠れ家的なスポットまで幅広い魅力が詰まっていて、栃木観光の1つとして候補に入れておきたいスポットになったと思います。

他の地域への観光アクセスもよいので、お近くに立ち寄った際はぜひいらしてくださいね。

photo by PIXTA