【雑誌・参考書・小説】留学をする方必見!英語力を鍛えるおすすめの本

英語の参考書って、たくさんあってどの本が良いのか迷いますよね?伸ばしたい英語力、自分の英語のレベルに合った本選びができると、無理なく英語を勉強できます。今回の記事では、私が留学前、留学中に読んでいたおススメの本をご紹介します。

留学の準備に読みたい雑誌

留学の準備に読みたい雑誌

image by iStockphoto / 98641091

英語力を鍛えるためには様々なジャンルの英語に対応できるようになることが大切。
そんな時に使えるのが英語の雑誌。
ニュースやインタビュー記事を読むことで、英語力だけでなく、実際に海外でどんなことが起こっているのか、どんなものが流行っているかも知ることができますよ。

幅広い英語を学ぶなら イングリッシュ ジャーナル

幅広い英語を学ぶなら イングリッシュ ジャーナル

image by iStockphoto

この本は、私が留学前に毎月読んでいた雑誌で、海外のアクターや、アーティスト、研究家など様々なジャンルの著名人のインタビューやニュースが載っています。
インタビューを収録したCDもついているので、CDを聞きながら、本を読んだり、発音の練習をしたりと、いろんな使い方が可能。
雑誌の内容も毎月最新のインタビューなどが掲載されますし、記事のジャンルも音楽から科学など、幅広いジャンルの話が書かれているので、どんな人でも楽しめますよ。

世界のニュースを読もう TIME(タイム)

世界のニュースを読もう TIME(タイム)

image by iStockphoto

TIMEは、アメリカの週刊ニュース誌。
ニュース誌なので、記事の内容も政治、化学、医療、文化など様々。
1記事がそこまで長くないので、自分の好きな記事をピックアップして読むのに最適です。
また、世界で最も影響力のある100人や、その年に最も注目を浴びた発明など、興味深い特集があるのも魅力。
自分が知らない分野の記事も読んでみましょう。
幅広い語彙や、様々なジャンルで使われる英語に触れることができますよ。

専門分野を学ぶなら ナショナル ジオグラフィック

専門分野を学ぶなら ナショナル ジオグラフィック

image by iStockphoto

ナショナル ジオグラフィックは、自然や科学、宇宙などに焦点をあてて書かれている雑誌。
専門分野の英語で少し理解するのが難しいと感じるかもしれませんが、たくさんの美しい写真とともに掲載されているので、飽きることなく読めちゃいますよ。
科学などに興味がない方も、世界の美しい絶景や、探検の記事などが掲載されることもあるので、旅行好きな方も楽しめる雑誌です。
美しい写真を見ながら、英語の勉強ができますよ。

留学について知りたいなら 留学ジャーナル

留学について知りたいなら 留学ジャーナル

image by iStockphoto

留学情報を集めたいなら、留学ジャーナルがおススメ。
この雑誌は英語力アップに特化したものではないのですが、留学の準備をする際にとても役立つ雑誌。
まだどの国に留学に行こうか迷っている場合も、どんな国が自分に合っているのか、どんな学校だったら自分の英語を伸ばせるかを見つけることができる本です。
また、実際に留学に行った方のインタビューや、留学生活の様子なども載っているので、留学がイメージしやすくなりますよ。
留学前の準備をするのにとても役立つ雑誌です。

英会話のための参考書

英会話のための参考書

image by iStockphoto

留学に行く前に、英語の勉強をしておくと、留学生活をより楽しむことができます。
留学中に一番必要となるのが、英会話力。
生活の中で使える英語を少しでも覚えておきましょう。
相手の話を理解し、受け答えられるようになっていれば、現地の人ともスムーズにコミュニケーションが取れますよ。

使える英語を覚えよう ネイティブ英会話フレーズ3240

使える英語を覚えよう ネイティブ英会話フレーズ3240

image by iStockphoto

この本には3240通りの英会話で使えるフレーズが収録されています。
3000以上もあるフレーズを全部覚えるのは大変かもしれませんが、どのフレーズもネイティブの英語話者が使う表現なので、そのまま文章を覚えてしまえば、留学に行ってもすぐに使えますよ。
CDもついていて、英語のフレーズと日本語の訳が順に読まれるので、覚えやすくなっています。
通学、通勤時間などに流しながら聞くと空いた時間でも英語の勉強になりますよ。

英語を話せるようになるには どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

英語を話せるようになるには どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

image by iStockphoto

英語を話せるようになるということは、英語を自分で使えるようになること。
それを助けてくれるのがこの本。
「分かっていること」を「できること」に変えていってくれます。
英語を勉強しているけれど、いざ話そうとすると言葉が出てこなかったりしますよね?この本では基本的な中学生レベルの英語の文法、語彙だけを使っているので、比較的簡単に英作文を作ることができます。
また、CDもついているので、日本語文が流れた後に自分で英語文を作る、その後に正解の英文を聞くということができるので、自分で英文を作りながら、最後に確認するということができるので、とても便利。
英語で考え、英語を使えるようになれる本です。

伝わる英語を話したいなら 英語の発音が正しくなる本

伝わる英語を話したいなら 英語の発音が正しくなる本

image by iStockphoto

この本は英語の発音に特化した本で、CDとDVDがついています。
CDで音声を聞きながらリスニング力を高め、発音方法が分からないときはDVDで口の動かし方をチェックできるので、とても参考になりますよ。
留学前に正しい発音を覚えておけば、留学先でのコミュニケーションを取るのが楽になりますし、留学中も分からない発音があった場合は、この本とDVDがあれば、発音を再確認することができますよ。

旅の必需品? 指さし会話帳

旅の必需品? 指さし会話帳

image by iStockphoto

この本は参考書ではないのですが、留学に行く際に、英語力に自信がない場合に、持っていくと便利な本。
私は留学の際だけでなく、海外旅行に行く際に、現地の人とコミュニケーションを取るためによく持っていきます。
英語版では、英語の文章と日本語が書かれているので、タクシーに乗る際や、お買い物をする際などに役立ちます。
挿絵も一緒についているので、コミュニケーションを取る際に楽しめますよ。
また、書かれているフレーズを覚えてしまえば、そのまま留学生活で使えます。

英語でも読みやすい小説

英語でも読みやすい小説

image by iStockphoto

英語を勉強するのに一番おススメなのが、英語で書かれた小説や漫画などを読むこと。
最近では日本語の解説などが一緒に書かれているものもあるので、初めは日本語訳がついているものから始めて、慣れてきたら英語だけのものに切り替えるのも良いですね。
また、映画になっている作品もあるので、まず映画を見てから本を読むのもおススメ。
書かれている内容をイメージしやすいですし、映画は本ほど詳細は描かれないので、映画を見た後に本を読むと、細かい部分の描写を楽しむことができますよ。

楽しみながら読める ライフ オブ パイ/トラと漂流した227日

楽しみながら読める ライフ オブ パイ/トラと漂流した227日

image by iStockphoto

この作品は内容がとてもスリリングで、使われている英語も難しくないので、どんどん読み進められる作品です。
英語の小説は、読み始めても最後まで読み切ることがなかったりしますよね?この作品は内容も面白く、書かれている内容をイメージしやすいので、最後まで一気に読むことができます。

旅好きなら 食べて祈って恋をして

旅好きなら 食べて祈って恋をして

image by iStockphoto

この作品も映画化された小説ですが、主人公の女性が、自分探しの旅に出るというシチュエーションから、これから留学に行く自分と重ね合わせることができる作品。
旅をする情景や、主人公の感情、思いがストレートに伝わってきます。
英語も難しい表現はあまりないので、読みやすいですし、主人公がインドやイタリアなどいろんな国を旅するので、旅好きな方も楽しめる作品ですよ。

英語初心者の方におススメ Diary of a wimpy kid (ダイアリー オブ ウィンピー キッド)

英語初心者の方におススメ Diary of a wimpy kid (ダイアリー オブ ウィンピー キッド)

image by iStockphoto

この本は子ども用のコミックなのですが、子どもが書く日記調に書かれているので、英語初心者でも分かりやすいような表現になっています。
主人公の少年の日常や、不思議な体験など、おもしろい内容になっているので、楽しみながら英語を勉強できますよ。
難しい表現がなく、内容も複雑ではないので、英語で読む最初の本としておススメです。

その国の文化が分かる 絵本

その国の文化が分かる 絵本

image by iStockphoto

留学中に自主学習として読むのにおススメなのが絵本。
子ども用の本なので、読みやすいですが、意外と絵本でも知らないフレーズや、難しい単語が出てくるので、英語の勉強になります。
英語の絵本は日本の絵本とはまた違ったかわいさがありますし、その国の文化を知ることができるアイテム。
日本に帰国の際のお土産としても使えますよ。

自分にあった英語の本の選び方

自分にあった英語の本の選び方

image by iStockphoto

数ある中の英語の参考書を選ぶのは大変。
ですが、現在の英語力、自分の伸ばしたいスキルに応じた本選びができれば、楽しく英語を勉強できます。

そのためには、自分の現在の英語力がどれくらいなのかを知っておきましょう。
初級、中級、上級や、TOEIC何点程度など、自分の英語力を知ることで、本選びがしやすくなります。
また、自分の英語の弱点を知っておくのも大事。
リスニングやリーディングなど、どの分野が苦手なのか知っておけば、その部分を伸ばすための本選びができます。
自分のレベルに合っていない本を選んでしまうと、簡単すぎて勉強にならなかったり、難しすぎて英語の勉強が嫌だなと感じてしまうことも。
自分の英語レベルを把握して、本選びをすれば、英語力をうまく伸ばしていけますよ。

また、英語の小説などにチャレンジする場合は、自分のレベルに合った好きな本、興味のある本を選ぶと、楽しく勉強できますよ。
日本で売っている英語の小説には、この本はどのくらいの英語のレベルの人向けというのが記されていることもあります。
ハリーポッターなどの長編ものも良いのですが、途中で飽きてしまったり、内容がつかめず最後まで読み切れないこともあるので、最初のうちは、あまり長くないものや、要約されているものを読むのもいいですね。

自分に合った本を読んで留学に備えよう♪

留学前に少しでも英語を勉強しておくことで、より良い留学生活が送れます。
英語学習は楽しんですることが大切。
無理のない程度に楽しめる本を選んで留学前に準備ができるといいですね。
photo by iStock