【奈良観光】「旗尾池」を中心に巡る古代史ロマン

遙か昔、古代日本の記憶が遺された場所、奈良県。

そんな奈良には、かつて都があった頃のできごとや人物にちなんだ名所名跡が各地に存在しています。

今回紹介する「旗尾池」もまたそのひとつ。

全国的にはあまり知られていませんが、この場所はなんと、あの聖徳太子に深く関係している場所であり、そして絶景スポットなのです。

また、その周辺にも古代史ゆかりの史跡が多数存在しており、古代の天皇すなわち「大王」が権力を集中させていた地であることを証明しています。

この記事を通して、旗尾池の絶景とその歴史を楽しみましょう。

案内役を務めるのは、関西専門の観光スポットライター、賀川奈伸雄です。

関屋駅からいざ旗尾池へ

鶴橋駅から近鉄線に乗り、関屋駅へ。

この駅は急行が止まらないので、うっかり乗り過ごしてしまわないよう注意が必要です。

また、関屋駅に向かうのは1番乗り場から出ている「奈良線」ではなく、2番乗り場の「大阪線」。

くれぐれもお間違えのないように。

97298:

撮影/賀川奈 伸雄

駅の前で記念撮影。

旗尾池はここから歩いて15分程のところにあります。

97300:

撮影/賀川奈 伸雄

奈良の空気というのはどことなくやわらかくて、のんびり歩いてみたくなってしまいます。

歩くのが面倒という方はタクシーを使うのもOKですが、このあたりは眺めもよいので是非徒歩で行っていただきたいですね。

ただし、夏は水分補給と日除けの準備を忘れないようにしてください。

97299:

撮影/賀川奈 伸雄

旗尾池はこの大きな坂を上がってから右に曲がったところ。

なんと、民家の中にある珍しい絶景スポットなんです。

奈良市公認の絶景、旗尾池

97301:奈良市公認の絶景、旗尾池

撮影/賀川奈 伸雄

目的地である旗尾池に到着。

奈良県景観資産にも指定されている、いわば国公認の絶景スポット。

その大きさはなかなかのもので、ちょっとしたビルぐらいはすっぽり入ってしまいそうです。

97302:

撮影/賀川奈 伸雄

池の中では、さまざまな色をした鯉が元気に泳いでいました。
97303:

撮影/賀川奈 伸雄

亀ものんびり泳いでいて気持ちよさそうです。
97304:

撮影/賀川奈 伸雄

背後の山は「二上山(にじょうざん)」。

その景観のよさからハイキングコースとして人気があり、休日には多くの人が訪れているようです。

その頂上付近には大津皇子の墓等歴史スポットがありますので、興味のある方は行ってみるとよいでしょう。

また、この付近には「金剛山」もあります。
大阪と奈良を跨いでそびえる標高1125mの大きな山で、古くから修験道の場としても知られている、関西では非常に有名なスポットです。

97305:

撮影/賀川奈 伸雄

旗尾池とのツーショット。

この池があの聖徳太子と深い関わりがあるということは、冒頭で申し上げました。

実はこの旗尾池、太子が灌漑のために造営した溜池なのです。

まさか1000年以上も昔に作られた池が今でも遺されているなんて、驚きですね。

旗尾池の住所・アクセスや営業時間など

名称 旗尾池
住所 奈良県香芝市関屋北
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pref.nara.jp/31276.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

次スポットへ向かう前にお昼休憩

旗尾池で太古の歴史に触れてみて、もっといろいろなことが知りたくなったはず。

それなら、一旦駅に戻って新たな歴史スポットへと向かいましょう。

97306:

撮影/賀川奈 伸雄

目指すは近鉄南大阪線準急「土師ノ里」。

関屋駅から「安堂」まで行き、そこから「柏原南口」駅へ向かって近鉄道明寺線「道明寺」駅へ直行、そこから土師ノ里駅まで乗ってください。

97307:

撮影/賀川奈 伸雄

新たなスポットへ向かう前に少しばかりお昼休憩をしましょう。

今回私がオススメするお店は駅前の中華料理屋「三国」。

ボリュームたっぷりのガッツリランチを食べることができます。

この量をご覧あれ!

たった690円でこれだけのご飯が食べられるのです。

食いしんぼの方は見逃せませんね。

三国林店の住所・アクセスや営業時間など

名称 三国林店
住所 大阪府藤井寺市道明寺1丁目22−17
営業時間・開場時間 11:30−21:45 火曜定休
利用料金や入場料 日替わりランチ 650円
参考サイト https://tabelog.com/osaka/A2708/A270801/27027395/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

土師ノ里古墳ツアー

97308:土師ノ里古墳ツアー

撮影/賀川奈 伸雄

お昼を食べ終わりましたら、散策をはじめましょう。

この土師ノ里は古墳の街、その周辺にはいたるところに巨大なお墓が。

これらの古墳は「百舌鳥・古市古墳群」と総称されています。

97309:

撮影/賀川奈 伸雄

たとえばこれは「仲姫皇后(なかつひめこうごう)陵」。

応神天皇の皇后であり、仁徳天皇の母である仲姫皇后がこの場所に葬られたとされています。

仁徳天皇陵の墓は日本最大の前方後円墳として有名な「大仙古墳」です。

97310:

撮影/賀川奈 伸雄

そのそばにある小高い丘のような形をした小さな古墳は「鍋塚古墳」。

他の陵墓と比べるとかなり小さいですが、発掘調査によってその内部から家や盾の形をした大量の埴輪が発見されたそうです。

97311:

撮影/賀川奈 伸雄

鍋塚古墳とは異なり非常に巨大なこの古墳は「允恭天皇(いんぎょうてんのう)陵」。

いわゆる「倭の五王」の一人で、中国の歴史書などにその名前が見える古代の支配者です。

ここまで大きな古墳が作られたということは、それに比例する権力があったということでしょう。

97312:

撮影/賀川奈 伸雄

土師ノ里の散策を一通りお楽しみの後は、駅前の喫茶店「エーデルワイス国府屋」でくつろぎのひとときを。

97313:

撮影/賀川奈 伸雄

直火焙煎の珈琲は非常に香り豊かですっきりとした風味。

しっとりしたスイーツと一緒にお召し上がりください。

百舌鳥・古市古墳群の住所・アクセスや営業時間など

名称 百舌鳥・古市古墳群
住所 大阪府藤井寺市沢田4丁目
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.mozu-furuichi.jp/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旗尾池を取り囲む古代の足跡

古代史にまつわる歴史的建造物が多数遺された関西ならば、こうした歴史旅行が簡単にできます。

特に、この旗尾池周辺は歴史マニアをも唸らせる重要スポットが目白押し。

いにしえの歴史を紐解いてみれば、意外なおもしろいできごとに巡り会うことができるかも?

さあ、歴史散歩にでかけましょう。