留学経験者が教える!お勧めの英語勉強本

留学する時間も費用もないし、海外に住みたいわけではないけれど、仕事で、または日常で英語が全く必要ないという方は少なくなってきているのではないでしょうか? 特に来たる2020年に開かれる東京オリンピックを前に、その風潮はどんどんと高まってきていますよね。まさに英語の勉強を始めるなら今! 英語圏への留学経験がある筆者が、お勧めの英語勉強本をご紹介します。

今が始め時! 英語の勉強

今が始め時! 英語の勉強

image by iStockphoto

英語の勉強には早過ぎるということも、遅過ぎるということもありません。
興味を持ったそのときが始め時なのです。
しかし、もし中々踏み切れずに迷っている方がいるとしたら、ぜひ今、このタイミングをお勧めします。

何故なら、来たる2020年。
東京オリンピックが開催されるからです。
今のうちから英語力に磨きを掛けておけば、数年後にまで迫ったオリンピックで、海外から訪れた外国人とコミュニケーションを取ることが出来るかもしれませんよ。
日本にいながら国際交流を深められる、またと無い機会です。

勉強の仕方が分からない…という方へ

勉強の仕方が分からない…という方へ

image by iStockphoto

いざ英語の勉強を心に決めても、どこから手を付けていいのか分からないという方も恐らく多いかと思います。
特に社会人になって年月が経っていればいる程、勉強から離れていた時間が長いものです。

そういうときは、取り敢えず英語の本を読むことから始めましょう。
ここで言う「英語の本」とは、洋書のことではなく「英語勉強本」のことです。
英語に関して書かれた書籍のことになります。

以下では具体的な本のタイトルなどもご紹介していきますが、中には私が経験した留学生活の中でも役立ったと感じたものもありますから、ご参照戴ければ幸いです。

「試験を乗り切る」ための本

「試験を乗り切る」ための本

image by iStockphoto

一概に英語を勉強すると言っても、目的は様々。
円滑なコミュニケーションを取りたいという人や、学校の授業で必要だという人、そしてキャリアアップを望んでいる人もいれば、進学や就職のためなどに検定試験などを受けたいという人もいます。

ここでは「試験対策」にうってつけの書籍をご紹介していきますね。

TOEIC:DUO 3.0

海外ではあまり通じないけれど、日本の履歴書で充分に効果を発揮するのはTOEICテスト。
一般的なものではリスニングとリーディング、2技能でのマークシートテストとなっています。
また、TOEIC SWではスピーキングとライティングの試験も行われていますが、どちらにせよ2技能ずつの配分となっていますね。

このTOEIC、英語力と並行してスピードが求められるのが特徴。
1問1分弱で解かなければいけないという、まさに時間との勝負なのです。
私もこの試験を数回程受けましたが、かなりの集中力が求められました。
ここで重要となってくるのが語彙力。
分からない単語ばかりだとやはり気を取られてしまいますし、TOEICはイディオムも非常に多く出てきます。

そんなTOEICにうってつけな本が、「DUO 3.0(鈴木陽一著)」。

一冊で単語やイディオムなどを網羅しており、CDもついていてネイティブの英語を聞くことも出来るため、主にリーディングとリスニングで審査するTOEICには丁度良い教材となっています。

TOEFL:iBT対応TOEFLテスト完全攻略リスニング

続いては、最近では日本でも広く認知されるようになってきた「TOEFL」。
海外留学をする際には米国やカナダなど、主にアメリカ英語を主体とする国々で使うことが出来る世界的な検定試験です。
最近ではオーストラリアやその他の国でも認められる場所も一部あるようで、これは日本の大学生などでも受ける人は多いと思います。
試験は読・書・聞・話の4技能から成り立っており、TOEFL iBTではオンライン形式の試験となっていてとても画期的です。

TOEFLでお勧めしたいのが、「iBT対応TOEFLテスト完全攻略リスニング (ポール・ワーデン著)」。
TOEFLなどのアカデミックなものに対応した検定試験では、大学進学の際に提出する英語力の証明にもなる程ですから、出て来る内容も非常に難しいものとなってきます。
特にリスニングは分からなかった一問に気を取られ、その後がなし崩しになってしまったということも少なくありません。

そうならないよう、この本で対策を取っておきましょう。
解き方などの詳細を表記してくれていますから、リスニングで躓いているという方にも安心です。

英語検定:英検2級総合対策教本

日本人であれば誰もが知る、実用英語技能検定。
社会人の中には履歴書に書いたという方も多くいるかと思います。
一般的に履歴書に書けるとされているのは2級からとされていますが、上記2件と異なる部分は、この中で唯一合否判断だということ。
TOEICとTOEFLは合格も不合格もありません。
受験者全員に点数が与えられます。
しかし英検の場合、受けた級に落ちてしまったらまたもう一度受験し直すしかないのです。
もちろん受験費用は支払っているわけですから、尚更落ちたくはないですよね。

そこでぜひ読んで戴きたいのは、「英検2級総合対策教本(旺文社編)」。
ここでは2級と表記しましたが、他の級の対策本も発売されていますから要チェックです。

こちらでは一次試験や二次試験だけに留まらず、申込みから英検の全てを詳細に解説してくれています。
また、英検は2016年度から筆記試験が新しく変わりましたが、それにも対応しているため常に新しい情報で勉強することが出来る一冊です。

ネイティブのようにニュアンスで掴む「本」

ネイティブのようにニュアンスで掴む「本」

image by iStockphoto

ここまででご紹介したのはあくまで「試験対策用」でしたが、以下でお話したいのは、英語をネイティブのように身に付けることを目的とした「書籍」。
そのため文法や語彙などはあまり取り上げられていませんが、その分ふとした会話で使える実践向きのものとなっています。

勉強をもっと楽しく「ハートで感じる英文法」

こちらは私が高校留学の数年間愛用していた書籍で、今でも誰かにお勧めの勉強本を聞かれると真っ先に思い付くものです。

例えば日本の学校で「will=be going to」など、訳も分からず暗記だけさせられたものは多くあります。
名前ひとつにしても「仮定法現在」や「省略構文」など、聞いているとよく分からなくなってきてしまいそうな程複雑ですよね。

しかしそういった細かな文法という概念を引っ繰り返してくれたのが、この「ハートで感じる英文法(大西泰斗、ポール・マクベイ著)」。

日本人が躓きやすい前置詞や冠詞から、何気なく暗記をしてきた助動詞まで、その単語の持つイメージと共に説明をしてくれるため初心者でも上級者でも、全く新しい気持ちで楽しむことが出来ます。
また、感覚として覚えていくことが出来ますから、簡単に忘れることもありませんよ。

旅行には欠かせない「本」

旅行には欠かせない「本」

image by iStockphoto / 82622885

たかが旅行、されど旅行。
たった数日間の海外旅行だからとあなどってはいけません。
ほんの僅かだからこそ、突発的なトラブルは付きもの。
同時に短期間だからこそ、出来る限り自分の力で挑戦してみたいものですよね。
そんなときはぜひ、書店に行けば何冊も並んでいる旅行英会話本を手に取って、チャレンジしてみましょう。

年に何回も無い海外旅行だからこそ、トラブルも普段は出来ない挑戦も醍醐味のひとつですよ。

これがあれば旅行も楽々「旅の指さし会話帳mini英語」

旅行をする際に実際に持っている価値があると実感出来るのが、こちら。
「旅の指さし会話帳mini英語(情報センター出版局著)」です。
旅行英会話本は持ち歩き、通じないながらもそれを楽しんだ者勝ちだと思っていた私としては、この斬新なアイディアを纏めた書籍には衝撃を受けました。

トラブルなどに関する英会話が多く紹介されていることもお勧めしたい理由のひとつではありますが、何よりイラストが分かりやすいため、どうしても英語が通じないとなったときに指さしという手段が取れるというのが旅行者としては有り難いですね。

暗記力に自信がない人も「単語でカンタン!旅行英会話」

言語を学習する上で、全てのフレーズをそのまま丸暗記出来れば楽ですが、私たちは人間ですからキャパシティーの問題上、毎回そうしているわけにもいきませんよね。
そういったとき、「応用って案外簡単なんだ!」と実感出来るのがこちらです。
「単語でカンタン!旅行英会話(プレスワーズ著)」。

この書籍では、たったの10フレーズにそれぞれの旅行で使える単語を入れるだけという簡単な旅行英会話が紹介されていますから、初心者の方にも優しい入口となっています。

また、発音記号には抵抗があっていまいち単語の勉強にも身が入らないという方でも、片仮名でルビが振られていますから、見てすぐに発音が分かるというのも良いですね。

教科書だけが全てではない。でも…

教科書だけが全てではない。でも…

image by iStockphoto

日本人として海外に出ると、いかにアウトプットが難しく、日本の英語教育のほとんどがインプットに注がれているかということに気が付かされます。
中学生から、時には小学生から授業で英語を習っていても尚、日本人の多くは英語能力に限界があるのが事実。

しかし学校の授業や教科書などに意味が無いかと言えば、そうではありません。
学校で使用する教科書には基礎知識が全て詰め込まれているのです。

インプットが無ければ、アウトプットするものも無くなります。
実践的な英語を身に付けるのも大事ですが、たまには初心に帰って昔使っていた教科書などを眺めてみるのも良いかもしれませんね。

オリンピックはすぐそこに

最初にも述べましたが、オリンピックはもうすぐそこです。
今までは自分に無縁だと思っていた海外の世界でも、数年後には身近に感じられるというようなこともあるかもしれません。
始めようと思ったらぜひ、今すぐ行動を開始されることをお勧めします!
photo by iStock