【英語学習】語学留学ってどんなもの?留学の基礎知識

語学留学と聞いても、実際に語学学校でどんなことを学び、どんなメリットがあるのか気になりますよね。日本でも英会話スクールなどに通うことで英語を学ぶことができますが、留学することでより深く英語を学ぶことができますよ。この記事では語学留学とはどのようなものかをご紹介します。

語学留学とは?

語学留学とは?

image by iStockphoto

語学留学とは、海外で語学学校(英語圏なら英語を学ぶための学校)に通って、現地で生活しながら、英語を学ぶという留学方法。
滞在方法はホームステイや学生寮、シェアハウスなどが一般的で、自分の予算、生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

なぜ語学留学が必要なの?

なぜ語学留学が必要なの?

image by iStockphoto / 83887453

日本にいても、英語だけでなく様々な外国語を学ぶことはできますよね。
大学で専門のコースに通ったり、英会話スクールに参加したり、参考書を買って独学で勉強したり。
日本にいても、ある程度の英語を学ぶことはできます。
しかし、言葉はその国の文化や風習とつながっている場合もあるので、その言語が話されている国で言葉を学ぶことで、日本語からの翻訳ではなく、実際に使われている言葉を自然に習得することができますよ。

日本の英会話スクールと海外の語学学校の違いとは?

日本の英会話スクールと海外の語学学校の違いとは?

image by iStockphoto

日本の英会話スクールでは、英語で会話をするということがメインとなりますよね。
クラスでは買い物や、旅行などのテーマがあって、そのテーマに沿って英会話を練習するというスタイルが主流なのではないでしょうか。
もちろん、この方法でも英語力を伸ばすことはでき、旅行先でも使える程度の英語力はつきます。

留学をして語学学校で英語を学ぶ場合は、英会話だけでなく、文法のクラス、スピーキングのクラス、リーディングのクラスなどがあり、英語を使えるようになるためのスキルを磨くことが可能。
クラスでも、与えられた英語の文章を復唱して覚えるのではなく、英語の文章を自分で考え、自分の言葉で話すことが重要視されます。
例えば、男女平等についてや、都会と田舎の暮らしはどちらが良いかなどのテーマが与えられ、賛成派と反対派に分かれて討論をしたりする授業も。
このようなクラスを通して、ただの英語の文章の暗記ではなく、自分の意見を英語で言うことができ、コミュニケーションを取れる力を伸ばすことができますよ。

語学留学のメリットとデメリット

語学留学のメリット

語学留学のメリット

image by iStockphoto

語学留学をするメリットは、語学学校だけではなく、生活の中でも英語を使う経験ができるということ。
留学中は学校の中はもちろん、スーパーに買い物に行くときも、電車に乗るときも、英語を使う機会がたくさんあります。
生活の中でも英語を使うことができるので、いろんな場面に対応できる英語を学べるようになりますよ。
英語生活を体験することで、流暢な英語を話せるようになります。
また、日本で学ぶだけでは分からないようなスラングや流行語なども現地で学ぶからこそ知ることが可能。
同じ英語圏でも、国によってスラングや単語の使われ方は違います。
そんな違いを楽しめるのも留学に行くメリットのひとつなんです。

語学留学のデメリット

語学留学のデメリット

image by iStockphoto

留学をするデメリットのひとつは、留学費がかかるということ。
留学に行くということは、学費だけでなく、留学中の滞在費や生活費もかかります。
留学中に働くことのできるビザであれば、アルバイトをしながら留学費をカバーできますが、そうでない場合は十分な資金が必要。
また、留学中の授業はすべて英語になるので、初級レベルの英語力で留学する場合は文法の説明などを理解するのは、大変かもしれません。
留学するには、英語の知識が少しあると留学期間を無駄にせず有効に使えますよ。

語学留学ができる国はどこ?

語学留学ができる国はどこ?

image by iStockphoto

英語を学べる国はアメリカやカナダ、オーストラリアなどが主流ですが、それだけではないんです。
英語を学べる国は世界にたくさん。
最近では、フィリピンやインド、シンガポールなどのアジア諸国も英語を学ぶ留学先として人気。
アジアの国々でも、英語を第2言語として話す国があるので、中級、中上級レベルまでなら、アジアの国で十分に英語を勉強することができます。
アジア留学は学費や滞在費なども安く、日本からも比較的近いという利点がありますが、気を付けなければいけないのは、治安が悪かったり、衛生管理がされていないことがあるということ。
そして、ネイティブな英語を学びたい人はすこし物足りないと感じるでしょう。
上級者向けの英語や、ネイティブな表現も学びたいという場合は、やはり、第1言語として英語を話すアメリカやカナダ、オーストラリアなどの国を選ぶと良いかむしれません。

語学学校に入学するためには?

語学学校に入学するためには?

image by iStockphoto

語学学校は英語を学ぶための学校なので、英語の成績が悪くても、入学することは可能。
入学時にクラス分けの英語のテストを受け、自分のレベルに合ったクラスに割り振られます。
クラスに入った後も、そのクラスが自分にとって難しすぎたり、簡単すぎたりする場合は、先生と相談してクラスのレベルを変えてもらうこともできますよ。

語学学校のコースはどんなものがあるの?

一般英語のコースとは?

一般英語のコースとは?

image by iStockphoto

語学留学と言っても、コースは様々。
リーディング、スピーキング、ライティング、リスニングなど、英語学習に必要な全ての分野を学ぶなら一般英語のコース。
このコースは最もポピュラーなコースで、入学前に行われる英語のテストによってレベル分けされるので、自分の英語力に合ったクラスで学ぶことができますよ。

試験対策コースとは?

試験対策コースとは?

image by iStockphoto

大学に留学する場合や英語のスコアを重視する方には、IELTSやTOEICの試験のためのコースがおススメ。
語学留学の後に大学や専門学校などで学ぶ予定がある方は、入学時に英語力の証明が必要となります。
そのためにはIELTSなどの英語テストで一定の点数を取らなければなりません。
IELTSやTOEICなどの試験対策のコースでは、基本的な英語だけでなく、どうやったら高得点が取れるかや、試験をパスするテクニックも学ぶことができますよ。

発音に特化したコースとは?

発音に特化したコースとは?

image by iStockphoto

語学学校の中には、学校によって様々なコースを開設していて、ユニークなコースもあります。
その中の一つが発音矯正のコース。
口の動かし方や、発生方法など、一人ひとりの生徒に細かく指導してくれるので、コース終了時には英語の発音が良くなること間違いなし。
一般英語のクラスと一緒に受講すれば、短期留学でも英語力アップと英語の発音を改善することができますよ。

語学留学の種類はどんなものがあるの?

短期留学はどんなもの?

短期留学はどんなもの?

image by iStockphoto

英語を勉強するために留学に行く場合、学校や仕事の休みを使って留学する方もいるのではないでしょうか。
1週間から1か月ほどの短期留学なら、費用もそこまで高額になりませんし、学校や仕事に影響なく行けるというメリットがあります。
プチ留学やお試し留学におススメの留学方法ですよ。

中期留学とはどんなもの?

中期留学とはどんなもの?

image by iStockphoto

英語をしっかり学びたいという方には、3か月から半年ほどの留学がおススメ。
留学期間が長ければ長いほど、英語に触れる時間も増え、英語を理解できてくるので、本格的に英語を学びたい場合は、3か月以上の留学が効果的。
留学時の英語力にもよりますが、3か月ほどすれば、留学先にもなれ、リラックスして英語と向き合えるようになりますよ。

長期留学とはどんなもの?

長期留学とはどんなもの?

image by iStockphoto

語学留学の場合、英語力にもよりますが、長くても1年から1年半ほどで、上級者クラスまで行くことが可能。
多くの留学生は半年から1年ほど語学学校で英語を勉強した後、専門学校や大学に進学していきます。
ですが、英語力が満たない場合は、一般英語のコース以外にも、ビジネス英語や、英語の試験対策のコースに通ったりして、必要な英語レベルになるまで勉強することもできますよ。

留学費用はいくらぐらいかかる?

学費はいくらぐらい?

学費はいくらぐらい?

image by iStockphoto

語学学校の学費は留学する国、学校によって様々ですが、1週間で2万円ぐらいから、4万円ほど。
半年の留学なら70万円、1年の留学なら140万円ほどの計算となります。
ですが、学校によっては、長期の申し込みで割引があったり、留学エージェントが割引キャンペーンなどを行っている場合は、学費が安くなる場合もありますよ。

滞在費はいくらぐらい?

滞在費はいくらぐらい?

image by iStockphoto

留学中の滞在方法はホームステイ、学生寮、シェアハウスなどがあります。
滞在費も国や地域によって様々ですが、1か月5万円から15万円ほど。
食費も自炊の頻度や、住む場所によって変わってきますが、だいたい4万円から8万円ほどかかります。
学費のほかに、滞在費、生活費に1か月10万から20万円ほどかかると考えておくと良いかもしれません。

留学するためのビザとは?

留学するためのビザとは?

image by iStockphoto

留学に行く際に、多くの場合、申請が必要となるビザ。
短期留学なら観光ビザ、長期留学なら学生ビザを取得することが必要となります。
観光ビザは比較的簡単にとることができ、国によって滞在可能期間は異なりますが、3か月から半年ほどまで滞在することが可能。
学生ビザは、学校に通うということが前提となるビザで、ビザ申請時に学校の入学許可証や、健康保険への加入などが必要となったりします。
ビザのルールや申請要項は国によって異なりますので、留学エージェントなどに確認してみてください。

使える英語を学ぶために、語学留学をしよう♪

日本でも、英語は十分に勉強できますが、実際に英語で話さなければいけない状況に置かれたときに、英語で受け答えができる人は少ないのではないでしょうか。
留学に行き、実際に英語を使って生活をすることで、英語を話すことに抵抗がなくなり、自信もつきます。
実践的な英語を学びたいなら、語学留学をしてみましょう。
使える英語が身につきますよ。
photo by iStock