なぜ起きた?なぜ終わった?「鎖国」とはどのような出来事?

日本の歴史を語る中で欠かせない出来事の1つ「鎖国」。江戸時代に発生したこの出来事は「海外への渡航や通商、交通を大きく制限する」ことを意味するもので、「国際的に孤立した状態を招く出来事」と呼ばれてきましたが、詳しくどのような出来事であったのでしょうか。今回はその「鎖国」について起こった経緯、期間中に発生した出来事、鎖国が終わった後の事情などについて見てみましょう。

鎖国はなぜ起こったのか「背景」

秀吉のキリスト教弾圧から始まる

秀吉のキリスト教弾圧から始まる

image by iStockphoto

長い鎖国の歴史が始まるのは1549年(天文18年)のこと。
この年に宣教師「フランシスコ・ザビエル」が来日し、日本に初めてキリスト教を伝来。
それ以降貿易船を通じて宣教師たちが次々と海を渡り、キリスト教の普及を行っていきました。
その後「神の下では平等」という考え方のもと信者は一般市民だけでなく、戦国大名の中にも増えていったのです。

この状況を危惧したのが戦国大名「豊臣秀吉」でした。
キリスト教拡大を抑えたい秀吉は1587年(天正15年)に「キリスト教宣教の制限」を出しますが、宣教師たちは日本にとどまって布教活動を続行。
そこで秀吉は大量に増えたキリシタン(キリスト教信者)が朝廷に対して反乱を起こし「身分制度を維持できなくなる」こと、ポルトガル人による日本人の奴隷売買をやめさせるなどの目的から1587年(天正15年)に「バテレン追放令」を実施。
しかしこのころは南蛮貿易による利益優先で考えていたこともあり、実行は限定的なものでした。

決定打となるのは1596年(文禄5年)に発生した「サン・フェリペ号事件」。
土佐国浦戸(うらど、現高知市)に漂着したスペイン船「サン・フェリペ号」から秀吉が船荷などを没収。
これに対し航海長が世界地図を示し「スペインは大きな国で、日本がどれだけ小さい国であるか」といった趣旨の発言をすると秀吉は「日本征服を計画しているのでは」と疑いキリスト教弾圧を強化。
翌年には26人のカトリック信者が秀吉の命令により処刑、殉教する事件も発生することになります(日本二十六聖人殉教)。

家康時代は黙認姿勢をとっていた

時代が江戸時代に入ると江戸幕府将軍・徳川家康もキリスト教の勢いに警戒心を抱いていましたが、「貿易で利益を得られるのであれば」という理由で布教活動を黙認していました。
しかしそのような姿勢をとっていた家康の考えを変えさせる事件が1609年(慶長13年)に起こります。

この年に元キリシタン大名の「有馬晴信」の朱印船がポルトガル領マカオに寄港、酒場で「マードレ・デ・デウス号」船員と乱闘事件を起こし、60人近い日本人水夫が殺され積荷まで奪われる大事件に発展。
この事件は「マードレ・デ・デウス号事件」と呼ばれる事件に。
1612年(慶長17年)にはキリシタンで事件時に有馬の監視役をしていた武将「岡本大八(おかもとだいはち)」が有馬から賄賂(わいろ)を受け取る「岡本大八事件」が発生、岡本は火あぶりの刑に処されます。

これを受けた家康は「貿易は許可するが、布教を含めキリスト教を禁止」する「禁教令」を制定。
幕府の直轄地であった江戸・京都で教会の取り壊し、宣教師の追放を実施し始めます。
さらに翌年になると禁止の範囲を全国に拡大、追放された宣教師たちは長崎に集められ、そこからマカオやマニラに送還されることになりました。

弾圧の範囲が広がる「秀忠時代」

弾圧の範囲が広がる「秀忠時代」

image by PIXTA / 2347697

最初の「黙認」から「禁止」に動いた家康時代を経て2大将軍・秀忠の時代になると弾圧の範囲は拡大、禁教政策はさらに徹底されていくことに。
ここから布教活動以外に貿易にも制限を加えるようになり、中国以外の国の貿易は長崎と平戸(長崎県平戸市)のみ、さらに領内で外国船と貿易を行うことも禁止するようになります。

布教禁止以外では「キリスト教への罰則強化」も徹底的に行うようになり、宣教師がいることを密告したものには褒美として賞金を与える制度を設け、密告された宣教師は処刑するように。
さらに信者にも手を加えるようになり、1619年には京都・四条河原でキリシタン処刑、1622年には長崎において宣教師や信者、その家族55人を火あぶりにする「元和の大殉教」を実施し、キリスト教を取り巻く人間すべてを処分対象にしていきます。

こうした厳しい禁教対策が行われる中でキリスト教を捨てる者、信仰を捨てずに殉教するものが現れ、死を覚悟して日本へ渡ってくる宣教師もまだいました。
また観音像をマリアに見立てた「マリア観音」として祀り信仰を続けた者も存在し、そうした人々は「隠れキリシタン」と呼ばれることになります。

取り巻く環境が厳しくなる「家光時代」

3代将軍・家光の時代に移ると、キリスト教を取り巻く環境はさらに厳しさを増していきます。
この時期になると「キリシタン(キリスト教信者)」が特に多かった長崎では「踏み絵」を開始。
これはキリストや聖母マリアが刻まれた金属板を置き、その絵を踏ませて信者かどうかを見極めるもので、これで信者と分かったものはすさまじい仕打ちを受けることに。
信者は信仰を捨てるか、捨てずに処刑されるかを選択させられました。

この他では翌年からキリスト教関連の書籍輸入を禁止。
渡航面では朱印船のほかに「奉書(老中が発行する許可証)」が必要になり、海外渡航時にはこれを持っていなければ渡航できないことに(奉書船制度)。
2年後には奉書戦以外の船・日本人の海外渡航を禁止し、さらに2年後には奉書船制度自体を廃止。
これですべての日本船は海外渡航が不可能になり、海外に住んでいる日本人の帰国禁止、ひそかに帰国したものを処刑するようになります。

同時期にはキリスト教を広める必要のあるポルトガル人を隔離・収容するために長崎に「出島(でじま)」と呼ばれる人工島を設置。
完成後はそこに住まわせ、日本人との接触を厳しく禁ずるように。
「キリスト教を信じただけで重大な罪になる」世界になった日本の鎖国体制は、いよいよ本格的なものとなって行くのです。

幕府を恐れさせる「島原の乱」

幕府を恐れさせる「島原の乱」

image by PIXTA / 1331422

こうしたキリスト教への取り締まりが進行する中で、幕府が恐れる大事件が発生することに。
1637年10月に島原半島・天草諸島(熊本県と鹿児島県一部にまたがる島)の住民3万7千人が幕府を相手に反乱を起こした「島原の乱」です。

この時代は島原藩主が領地の石高(こくだか、土地の生産性を表す単位)を多めに幕府に報告しており、藩主は農民から税金を多めに徴収、納めなければ拷問を加えて取り締まっていました。
またこの地域はキリシタンが多い土地柄で、禁止令により幕府への忠誠を誓っていた天草詩派の唐津藩主・寺沢氏がキリシタンに激しい迫害を加え、火あぶりなどを行っていました。
数々の拷問を受け続けた農民・キリシタンたちは「もうやっていられない」と我慢の限界に達していたのです。

こうして不満を抱えた部隊は16歳の少年「天草四郎」を総大将に据え島原城や富岡城を一気に攻撃、島原半城の原城にたてこもり徹底抗戦の構えを見せます。
しかし報告を受けた幕府が周辺の大名を派遣し総攻撃を加えると翌年2月に一揆勢は力尽き、立てこもり組も全員殺されることに。
この事件に恐れをなした幕府はより一層弾圧を強めるようになり、信仰する宗教を調査する「宗門改(しゅうもんあらため」、個人が寺の檀家(だんか、一定の寺院に属し寺を維持する家)でありキリシタンでないことを調査する「寺請制度(てらうけせいど)」を開始するようになります。

鎖国中の取引国・取引での出来事

長崎ではオランダ・中国と貿易

長崎ではオランダ・中国と貿易

image by PIXTA / 6316869

「鎖国状態」になっていた日本ですが、完全に他国との交流を絶ったわけではありません。
その1つがヨーロッパの国で唯一交流を持っていた「オランダ」でした。

オランダもキリスト教信者を抱える国ではありましたが、主な渡航目的が「貿易」でありキリスト教の布教と貿易を切り離していたため、幕府も貿易などの交流を許可していたのです。
幕府一番の脅威である「キリスト教」とのかかわりを絶ちながら貿易はできますからね。

オランダと日本の貿易の舞台となったのは、長崎に設けられた人口の島「出島(でじま)」。
1641年からは平戸に開いていた商館から貿易拠点を移転、ここにオランダ東インド会社の支店(オランダ商館)を設け貿易が行われるように。
島の中にはカピタン(オランダ商館長)、商館員が住む住まいや家畜小屋、貿易品を収める倉庫などが建ち、15人ほどの人々が生活していました。

長崎では他に中国との交流も行っており、長崎には中国人が住む「唐人屋敷」を設置。
ここから生糸や絹織物、像やオランウータンといった動物を輸入し、日本からは銀や銅を輸出していました。
日本は両国と交流を持つことにより外国の情報を得ていたのです。

唯一国交を持った国「朝鮮」

鎖国中の日本において唯一国交を持っていた国が「朝鮮」でした。
かつて室町時代から国交を持っていた関係であったが、秀吉による「文禄・慶長の役」が原因となり、両国は国交断絶状態に。
その後も断絶が続いていましたが家康が関係修復・国交を結ぼうとし、対馬藩(つしまはん、対馬国 (長崎県) を領有した藩)を支配していた宗氏(そうし)に交渉を依頼。
1607年(慶長11年)に朝鮮からの使者(朝鮮通信使)が訪れたことで国交回復を果たします。

幕府にとって通信使を迎えることは「幕府の力を示す」絶好の機会であり、多くの予算を投じるなどして最高級のもてなしを行いました。
通信使は1811年(文化8年)までに12回来日し、将軍に国王からの国書を差し出すなどの役割を担うことに。
また使者には朝鮮を代表する医者や学者が加わって来日することもあり、日本の学者たちは彼らと交流を持つことで情報収集を行っていたとされています。

また国交回復に貢献した宗氏は朝鮮との貿易・外交も任されるようになり、藩から使節が派遣されるように。
貿易では日本から銀や銅を輸出、朝鮮からは生糸や木綿、朝鮮人参などを輸入し、この貿易で対馬藩は大きな利益を得て栄えることになりました。

北海道で暮らす「アイヌ民族」との交易

北海道で暮らす「アイヌ民族」との交易

image by iStockphoto

かつて「蝦夷地」と呼ばれていた北海道との取引を行っていた。
1604年(慶長9年)に家康が大名「松前氏(まつまえし)」に蝦夷での交易独占権を認め、ここで「松前藩」が形成。
1606年(慶長11年)には蝦夷支配の拠点とする「松前城」を築き、城下で行われるアイヌ民族との交易、松前にやってくる船から徴収する税金で財政を運営。
このとき交易ではアイヌ民族の人々がとってくる鮭やニシンなどの特産物と、米や酒を(北海道では米が獲れなかったため)交換していました。

しかしここから松前藩は独占的な政治をするように。
日本人が住む土地「和人地」とアイヌ民族の人々が住む土地を分離、行き来を取り締まるようになり、上級家臣には民族の土地を商場としてアイヌ民族の人々と交易する権限を与えました。
そこで商売を始めた彼らは大量の鮭などに対しわずかな米などしか与えず、人々の暮らしを厳しいものに。

そうした理不尽な扱いに「やっていられるか」と不満が爆発したアイヌの人々はついに一揆をおこすことになる。
1669年(寛文9年)6月にシブチャリ(現在の新ひだか町)の首長「シャクシャイン」の呼びかけで集まった各地の首長たちが立ち上がり、松前藩の船などを攻撃。
これを聞いた幕府は松前藩に武器などを送り応戦、4か月後に講和を申し入れた場でシャクシャインや首長を暗殺、次々降伏することで鎮圧に。

戦いが終わると人々に忠誠を誓わせ支配を強め、商人たちに税金を払わせるように。
商人たちは利益を上げようと人々を強制労働させていくようになり、商人は利益を上げますが人々はより厳しい暮らしを強いられることになりました。

薩摩藩が「琉球王国」の支配権を持つ

この時代は「琉球王国」と呼ばれる場所とも関係を持つことに。
琉球王国とは王族「尚氏(しょうし)」が統治していた1つの独立した国であり、明(みん、中国の王朝)・朝鮮と中継貿易(ちゅうけいぼうえき、他国から輸入したものを別の国にそのまま輸出する貿易)を行っていました。

その王国との間に事件が発生したのは1602年(慶長7年)のこと。
王国の船が仙台藩(宮城県仙台市)の領域に入り込むとこれを幕府が島津氏(薩摩藩)に命じて送り返し、幕府はこれに対し国王に謝礼を求めるが拒否。
これに憤慨した幕府は軍を派遣し次々に奄美大島などの領地を占領、最終的には本島・首里城も制圧。
国王は捕らえられたのち家康に会わされ、琉球の支配権が薩摩藩へ渡ることに。

幕藩体制に組み入れられた琉球では政治監督・検地の実施、特産物を幕府に収めることが義務づけられるようになり、1634年(寛永11年)からは外交使節の派遣を義務付け、言葉や振る舞いを中国風にすることに。
これは琉球が古くから明と朝貢貿易(中国の属国として貢物を納めて成立する貿易)を行っていたためで、幕府としては「自分たちの力が海外にも影響を及ぼしている」ことを主張する意味があったとされています。
幕府はこの貿易による利益を独り占めしようとしますが貿易条件が「琉球が独立国であること」であったため、支配がばれないようにするためにこの対策が取られました。

外国船の来航・開国への動き

ロシア帝国の使節・ラクスマンの来航

ロシア帝国の使節・ラクスマンの来航

image by iStockphoto

長く鎖国状態が続いていた日本ですが、1792年(寛政4年)にある1人のロシア人がやってきます。
ロシア帝国(ロマノフ朝)の使節として日本にやってきた軍人・陸軍中尉「アダム・ラクスマン」です。
根室に到着したラクスマンはシベリア・イルクーツク滞在中に出会った漂流民(伊勢国出身の大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)を含む6人)の引き渡し、通商を行うことを求めますが幕府は拒否。
代わりに長崎への入港許可証(信牌(しんぱい)とも呼ぶ)を与えて帰国させました。

この入港許可証を受け取ったロシア側からは1804年(文化元年)に外交官ニコライ・レザノフが、ラクスマンの持っていた許可証を携えて出島に来航、半年間の交渉を行いますが幕府は拒否。
ロシア側は入港許可証を与えられたことで「通商ができるかも」と考えたかもしれませんが、日本側としては「とりあえず長崎に流しておけ」という意味であったのです。

半年待たされたうえ交渉も拒否され、怒ったレザノフは部下たちに命じて樺太(からふと)の松前藩居留地、択捉島の幕府軍を攻撃。
攻撃に対し幕府は新設された松前奉行を司令官とし、東北地方の諸藩約3,000名を招集し警備を強化することになりました。

フェートン号事件・「異国船打払令」発行へ

レザノフ来航から4年が経過した1808年(文化5年)にも大きな事件が起こります。
オランダ船の拿捕(だほ)を目的にやってきたイギリス海軍のフリゲート艦(巡洋艦(じゅんようかん)と駆逐艦(くちくかん)の中間にあたる小型・高速の艦艇)「フェートン号」がオランダ国旗を掲げて長崎へ来航。
出島のオランダ商館はこれがイギリス艦隊であることに気付かず入稿を許可すると、出迎えた商館員2人は船に連れ込まれ拉致されてしまいます。

長崎奉行所は2人の解放を求めますが、イギリス側からは食料と薪水(水と燃料)を要求する手紙が届くのみ。
長崎側は襲撃に備えて準備を行いますが、守備兵を削減した状態で力勝負では到底及ばないことを確認。
結局要求通りに食料などを用意して人質は解放されますが、何もできず要求を飲まされたことに責任を感じた奉行は切腹、自害してしまうことに。

これはイギリスで発生していた「産業革命」により、製造された製品を売る市場の開拓を狙ってきたことが要因の1つとされていますが、この事件に衝撃を受けた幕府はすぐに新しい対策を練ることに。
1825年(文政8年)には中国船、オランダ船以外で日本沿岸に接近する船を砲撃する「異国船打払令(いこくせんうちはらいれい、1842年(天保13年)に廃止)」を発令、強行措置に出ることを可能にしますが、これが後に大きな批判を浴びることになります。

モリソン号事件・高まる打払令への批判

モリソン号事件・高まる打払令への批判

image by iStockphoto

外国船を打ち払う「異国船打払令」が発行されましたが、12年後にはそれに関係する大きな事件が発生。
それが1837年(天保8年)に浦賀沖(神奈川県横須賀市)に来航したアメリカ船「モリソン号」が襲撃された「モリソン号事件」です。

「モリソン号」は日本人の漂流民7人との送還、通商を求める目的でやってきましたが、そのモリソン号を見つけた浦賀奉行はモリソン号を襲撃、船は退去を迫られることに。
その後船は薩摩に上陸し交渉を求めますが再び拒否、薪水と食糧を与えられて退去した際に再び砲撃を受けます。
このとき船は武装を撤去して来航していましたが、幕府にはそのような事情はお構いなし、「異国船打払令」に基づいて砲撃を行ったのです。
アメリカ側からすれば「攻撃するつもりがない」のに砲撃されては困りものですね。

この奉行の対応にたいして周辺から批判の声が挙がり始めます。
藩士や幕府の役人などが集まる世界情勢研究団体「尚歯会(しょうしかい)」はこの事実を聞くと「打払令」の実行に危機感を抱き、会員の渡辺崋山(わたなべかざん)は「慎機論」、高野長英(たかのちょうえい)は「戊戌夢物語(ぼじゅつゆめものがたり)」で幕府の対応を批判、世間の注目を集めました。

しかし対応を批判された幕府側は黙っていられませんでした。
世間で批判が広まっていることを知ると、幕府の目付役(幕府の役職)であった鳥居耀蔵(とりいようぞう)が会の弾圧を老中・水野忠邦に報告。
1839年(天保10年)には渡辺や高野など批判を展開した人物を拘束、2人はそれぞれ永蟄居(えいちっきょ、永久的に自宅などの一室に謹慎させられる刑)、永牢(ながろう、死ぬまで牢舎に閉じ込められる刑)の刑に処されてしまいます(のちに2人は命を絶つ)。

ペリー来航・鎖国に終止符

200年以上にわたって展開されてきた「鎖国」ですが、ついに終止符が打たれる時が来ます。
最初のきっかけは1849年(嘉永2年)に訪れたアメリカ海軍の士官でジェームス・グリン。
3年前に蝦夷地沖で難破したアメリカ捕鯨船の船員18人が、長崎で牢に入っていることを知った彼は解放を求めて日本へ。
ここで船員たちは解放されることになりますが、帰国後にグリンがアメリカ政府に対し「日本に対しては外交交渉で開国させ、いざというときには軍隊を利用することも考えるべき」との考えを示します。

その4年後には海軍の代将マシュー・ペリーが来航。
中国との貿易、捕鯨(くじら漁、北太平洋の捕鯨漁をする際に補給用の港を日本に確保するため)を目的に来航したペリーは「開国を断るなら武力で対抗する」との親書を提出していったん帰国。
翌年1854年(嘉永7年)には7体の「黒船」を率いて再び来航すると幕府は「下田(静岡県)」と「函館(当時は箱館と記す)」開港などを盛り込んだ「日米和親条約」を締結。
これによりついに長きにわたった「鎖国」時代はいよいよ終了を迎えることに。

その後1858年(安政5年)には開港した下田の初代総領事に就任したタウンゼント・ハリスと大老(江戸幕府における将軍の補佐役、老中の上に臨時で置かれた最高職)であった「井伊直弼(いいなおすけ)」の間で長崎、新潟、兵庫などの開港、外国人居留地の設定などが盛り込まれた「日米修好通商条約」が締結され、ここに200年以上続いた「鎖国」時代は完全に終わりを迎えました。

開国とその後・収まらない混乱

開国は完了するが混乱は収まらない

開国は完了するが混乱は収まらない

image by PIXTA / 9026778

ハリスとの「日米修好通商条約」をもって完全開国となった日本ですが、これで一件落着とはならないのです。
条約を結んだ井伊直弼は勅令(天皇などが直接発する命令)を得ないまま条約を締結、時の将軍も井伊の判断で決定しており、彼の考えに反対する人間が多くいました。
井伊はそうした自分の考えに反対する人物を弾圧、「安政の大獄」によって処刑してしまいます。

こうした井伊の動きにはわけがありました。
ハリス来航にあたり諸大名から「条約締結はしょうがないが、調印には朝廷の勅許が必要」との意見を聞いた開国賛成派の老中「堀田正睦(ほったまさよし)」は「孝明天皇」からの勅許をもらいに行きますが、天皇が攘夷(外国を実力で押しのける考え方)派、開国反対派であったこと開国への勅許を得られません。
さらにこの間は徳川家が将軍の跡取り問題を巡り「徳川慶福(よしとみ)」を推す「南紀派(なんきは)」、「徳川慶喜(よしのぶ)」を推す「一橋派(ひとつばしは)」に分裂した混乱期にありました。

そのような中で大老となった井伊は「南紀派」の人物であり、慶福を将軍として指名。
条約についてはもともと勅許なしで結ぶことは反対していましたが、そうは言っていられない状況であったのです。
こうして反対派の怒りを買った井伊は1860年(安政7年)に発生した「桜田門外の変」によって暗殺されることになってしまいます。

薩摩・長州による攘夷の失敗

井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」のあとも国内の混乱は続いていきます。
江戸幕府は老中に就任した「安藤信正」を中心に朝廷と幕府を結ぶ「公武合体」で立て直しを図ろうとし、「孝明天皇」の妹「和宮(かずのみや)」を第14代将軍「徳川家茂」に嫁がせます。
しかしこれに尊王攘夷派志士らが反発、1862年(文久2年)には安藤が「坂下門外の変」で襲われると失脚することに。

その後攘夷の風潮が高まりを見せると大きな事件も発生し、1862年(文久2年)には武蔵国橘樹郡生麦村(現・神奈川県横浜市鶴見区生麦)において「生麦事件」が発生。
攘夷の最高勢力とされた薩摩藩の最高権力者「島津久光」の行列を横切ったイギリス人を藩士が殺傷する事件でした。
イギリス側は薩摩藩に賠償を求めますが拒否、これが1863年(文久3年)の「薩英戦争」に発展していきます。

一方で同じく最高勢力であった長州藩も下関海峡を通過する外国船を砲撃し「下関戦争」を展開しますが、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの報復を受け攘夷を断念。
反幕府・討幕に考えを変えていきます。

「日米修好通商条約」の穴・明治時代へ

「日米修好通商条約」の穴・明治時代へ

image by iStockphoto

ハリスとの間に結ばれた「日米修好通商条約」には日本が不利になる大きな穴があり、その代表的なものが「治外法権の設定」「関税自主権の廃止」の2つです。

法律に関係する「治外法権」は「日本で罪を犯した外国人は自国(外国人の母国)の法で裁かれる」決まりで「日本の法で裁くことができない」というもの。
この条項が大きく絡む事件で代表的なものが1886年(明治20年)の「ノルマントン号事件」で、紀州沖(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬沖)で沈没した「ノルマントン号」の船長が同じイギリス人の乗客のみ救出し、日本人は助けず全員が溺死。
船長は裁判でこの条項によって無罪となり、日本国内で批判の声が高まって行きます。

「関税自主権」とは外国から輸入される商品に「関税」と呼ばれる税金をかけ価格調整できる権利で、自国産業の衰退を防ぐためには重要な条項でした。
しかしこの条約では日本側の権利が撤廃され、アメリカ側だけが一方的にかけられるという条件に。
これでは日本の産業が発展しなくなってしまいますから明らかに不利ですね。

この2つの条項は明治時代に移ってから条約改正交渉の大きな課題となり、前者は第2次伊藤博文内閣で外務大臣を務めた「陸奥宗光(むつむねみつ)」と駐英公使「青木周蔵」によって1894年(明治27年)に撤廃が実現。
後者もそれから17年後の1911年(明治44年)に「小村壽太郎(こむらじゅたろう)」によって回復が実現しました。

評価が分かれる長い時代

キリスト教弾圧から始まった「鎖国」時代は200年以上に及び、この時代については「近代科学・民主主義の発展から取り残された原因」と考えられる一方、日本独自の「浮世絵」や「歌舞伎」といった文化を生み出した点を評価する人も存在。
この時代が良かったのか、悪かったのかを一概に評価するのは難しいところです。
当時の一般の人々が「鎖国」をどのように考えていたかはわかりませんが、突然時代が変わったということで受けた衝撃は大きかったのかもしれません。
photo by PIXTA and iStock