バンコク観光のモデルコース。基礎情報からベストシーズンなど徹底解説

目覚ましいほどの発展をしている東南アジアの国々。その中でも、タイのバンコクほど活気がある町はないかもしれません。同じアジアと言う国のため、近いように感じるが、遠いタイのバンコク。アジア人と一括りにできないその奥深さは、行ってみないとわからないほど。タイ・バンコクの魅力を旅行前に知るのと、知らないのとでは旅行の楽しみ方がガラリと変わるかも?

はずすことができないタイのバンコクのおすすめ観光名所など、くまなくお伝えします。

バンコク観光の前に知っておこう!

ずばりバンコクってどんなところ?

ずばりバンコクってどんなところ?

image by iStockphoto

おそらく、今アジアの有名都市のなかではもっとも活気のある町だと思います。
バンコクに行く人は、もしかしたら東京なんかよりも活気を感じ、人が多く猥雑な印象をうけるのではないでしょうか?

そんなバンコクは、地元の人には「Krung Thep」と呼ばれています。
実はバンコクはとっても長い別名があり、その別名は世界で一番長い都市名ともいわれているんです。

とにもかくにも、観光で行くのと、実際に生活するのとでは、見えている部分が違うバンコク。
日本人によく知られているバンコクと、地元の人が知るタイ・バンコクの顔は全くちがい、知れば知るほど面白い国なんですよ。

そしてタイはなんといっても暑い。
今この記事を読んでいるあなたが思っている以上に、とても暑い国です。
一年で一番あつい時期が春。
日本人にとって過ごしやすい季節は冬の時期かと思われます。

そんなタイのバンコクでお買い物をするたびに目にするコイン。
よく見るとお寺がついているのですが、すべてバンコクにあるお寺ばかりなんです。
気がついていた方はいますか?

タイにはバンコク以外にも色々と有名な観光名や寺があるのに、どうしてバンコクだけなんでしょうか?そんなことにおもいをめぐらせるだけでも、面白いですね。

バンコクの住所・アクセスや営業時間など

名称 バンコク
名称(英語) Bangkok
住所 Bangkok, Thailand
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト https://www.tourismthailand.org/About-Thailand/Destination/Bangkok
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どんな服装で行くのがおすすめ?

どんな服装で行くのがおすすめ?

image by iStockphoto

常夏のバンコクですが、やはり朝と夜は日中と比べると気温がさがるので、体感温度の問題で、肌寒く感じるでしょう。
できれば、薄手のジャケットやカーディガンをもっていかれると着脱が楽で便利です。
半袖一枚、あるいは薄手の長袖で全く問題なしですよ。

エリアごとにどんな特徴があるの?

エリアごとにどんな特徴があるの?

バンコクを大きく6のパートにわけてそれぞれの特徴を紹介します。

「スクンビット」は、多くの観光客であふれるエリアで、ショッピング、食事に、ナイトライフとなんでも揃ったエリアです。
高級なレストランやバーなども多く、高級レジャーホテルなども多くあります。

「シーロム」は、歓楽街、いわゆる赤線があるエリアであるとともに、金融街の顔を持ちます。

「サイアム」は、今最も人気の商業地区で、買い物をするならこのエリアに行けばなんでもそろうと思っていいでしょう。
有名なショッピングモールが軒並みあり、ショッピング好きには、たまらないところといえます。

「リバーサイド」は 歴史の面影を残すエリアで、川を利用した運行、フェリーなども今も現役で活躍しています。
リザーサイドには船がたくさん浮かんでいて昔ながらのマーケットをみることがでいます。

「チャイナタウン」は、バンコクに限らず、世界中にあるチャイナタウンと同様、中国人移民のコミュニティエリアです。
ここに訪れるメリットは、なんといっても格安なのにおいしい中国料理をたべることができること。
本格的なのに、値段が安く懐に優しい味となっています。

「オールドシティ」は、チャオプラヤ川そばにあり、チャイナタウンのある北側そばにオールドシティであるRatanakoisinエリアは多くの観光客、特に歴史好きな人を魅了してやまないところです。
グランドパレス、ワットポー、など有名所はこのエリアに集中してあるほど。
かつての王朝の華やかさを感じる事ができるとても素敵なところです。

バンコク観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

バンコク観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

image by iStockphoto

少なくても3日はほしいとおもいませんか?物価の安い東南アジアだから普段できない贅沢三昧ができるんです。

一日は、歴史的な観光をして過ごす。

二日目は、ショッピングとグルメ

三日目は、スパで優雅に日頃のストレスをケア。

理想はそんなバンコク観光ですが、2日滞在でも一日目に観光とショッピング、二日目にグルメとスパという感じで、半日単位で上手にやりたいこと、体験したいことができますよ。

バンコク観光で必要な費用・予算は?

バンコク観光で必要な費用・予算は?

image by iStockphoto

バンコクは大都市ですが、日本から比べると物価は安くかなり贅沢な思いをすることができます。

現在1バーツが3円ぐらいなのです。
タイの高級ホテルに滞在するとなると4000バーツあたりからとなります。
それでも日本円で15000円ほど。
もちろん色々とオプションがつくのでもっと高くなるかもしれませんが、一泊この料金で、マンダリンオリエンタルホテル、ルネッサンスバンコクラチャプラソンホテルなどに滞在し、贅沢に過ごすことができるのだとしたらいいと思いません?

仮に三日間の滞在でも15000×3=45000円ほど。

次に食費ですが、これも三日間味が良くて値段も安いタイの屋台でとなったら、一皿30バーツぐらいです。

レストランなどで食事をしたとしても200~500バーツぐらいなので、1500円でそれなりの食事を楽しむことができます。
もちろん、バンコクで最も高いと言われているようなレストランで食事をするとなると、1000バーツはくだりませんが、それでも3000円前後なので、日本で一度飲み会したと思えば、の金額ですよね。

おすすめの季節は?

おすすめの季節は?

image by iStockphoto

一番おすすめの時期は日本が冬に入る頃。
1~3月、寒い冬の日本を離れ温かい夏の国、タイ・バンコクへいきましょう。
もちろん夏が好きな人は、最も一番暑いと言われる4月がおすすめです。

知る人ぞ知る、穴場スポットを伝授!

知ら無くても誰も損はしないのですが、知ってると驚く。
知ったら自慢したくなる、そんな穴場の観光スポットをご紹介します。

1・あの英国の有名なサッカー選手だった、デイビット・ベッカムが仏像に?

Wat pariwat と呼ばれるお寺に、ベッカムのイメージで作られた仏像があるんです。
ベッカム?と言われても気が付かないほどの、できなのですが。

この仏像をつくったのは、Thongruag Haemhodというタイのアーティストで、マンチェスターユナイテッドでまだベッカムがサッカー選手をやっているころに作成されたものです。

2.歴史に埋もれたBangkok Protestant Cemetery

このプロテスタント墓地は、チャオプラヤー川そば。
この墓地はバンコクに住んでいる外国人コミュニティが主に利用しています。
この墓地は、1853年にラーマ四世によって与えられた土地なんだそうですよ。

3.ラマ9世公園

バンコク郊外で、あまり多くの人がいかないという点では、知る人ぞ知るスポットです。

4.The Philatelic Museum

郵便切手の博物館。
1800年中ごろからの、郵便の歴史を学ぶことができます。
博物館の前にある赤い歴史あるポストがなかなか興味深く、フォトジェニックですよ。

5.法医学博物館

タイのシリラート病院にある法医学と解剖学博物館があります。
かなりショッキングですよ。

バンコク観光のモデルコースはこう!

2泊3日の場合

2泊3日の場合

バンコクに二日間滞在する場合のモデルコースを考えてみましょう。

1日目は日本でも有名なバンコクの観光名所を日中に見て回りましょう。

王宮(グランドパレス)、ワット・シーラッタナーサーサダーラーム、ワットポー、ワットアランなど見のがせない観光名所をまずはざっくりと周遊しましょう。

今のべた観光名所はお互いに遠くないので、比較的簡単に見て回ることができます。
朝のうちか、遅くとも午後3:30頃までにに見終えましょう。

時間がないときは、ツーリストインフォメーションなどで紹介している半日ガイド付きのツアーに参加されるのも便利ですよ。

夕方近くになったら、サンセットクルーズに出かけてみるのがいいでしょう。

2日目ショッピングに充てる

一日目にある程度の有名どころをみたあとは、ショッピングに行くのがおすすめです。
午前中の日が昇り、暑くなるまえに水上マーケットを見に行ってはいかが?

太陽が上がって暑くなってきたころからは、ショッピングモールなど館内で買い物を楽しめるところを選ぶといいですよ。

家族連れの場合は、動物園、シーアムオーシャンワールド、アイススケーティングなど子供が楽しめる施設に行くのもいいですね。

4泊5日のモデルコース

4泊5日のモデルコース

バンコクで4日滞在できるとなると、かなり色々なところを見ることができますよ。

1日目は、ディナークルーズを楽しんでみるのはいかがでしょう。

2日目ホテルで朝食を済ませた後に、町を散策したり、寺院を見学しに行ってみましょう。
午前中のうちに水上マーケットを見に行きましょう。
午後は、王宮の半日ガイドツアーに参加して見るのもいいですね。

3日目は、町の文化にいろいろ触れてみてはいかが?博物館や美術館などを巡ってみましょう。
Suan Pakkad PalaceやVinmanek Mansionです。
バンコクでKhkongsをボートくだりもいいですね。
ここらあたりは、東のベニスともいわれています。

4日目は、チャトチャック・ウィークエンド・マーケットに行かれてみてはいかが?子供がいる家族は動物園などがおすすめ。
テーマパークは幅広い年齢で楽しむことができます。

バンコク観光で行きたいおすすめ観光スポットはここ!

1.増築を続けたユニークな建物の王宮(グランドパレス)

タイのバンコクに来て、ここを見学しないで帰国するひとは、まずいないとおもいます。
バンコクの一番のランドマークである王宮は、8:30から15:30まで見学が可能なので、朝早くに見に行くのがおすすめ。

1782年にラーマ一世によって建築が始まったこの応急は、大きく3つに分かれています。
The outer court, middle court, innner courtの3つのゾーンの中で、もっと多くの観光客の目をひきつけるのが、The Outer cour。
そこにいるエメラルドブッダ/プラ・ケーオという仏は、本翡翠を削って作られていますよ。

ラーマ5世の居住地であったChakari Mhaprasat Throne Hallは、1876年から1882にかけて建設された建物。
伝統的なタイの建築と、ヨーロッパスタイルの屋根が合わさった独特の建物なので、ぜひ、屋根をみてみてくださいね。

見学には、ドレスコードをリクエストされます。
ミニスカートや、Tシャツでの見学はできませんので、きをつけてくださいね。
ノースリーブなどもだめです。

王宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 王宮
名称(英語) The Grand Palace
住所 Na Phra Lan Rd, Phra Nakhon, Bangkok
営業時間・開場時間 8:30−15:30
利用料金や入場料 500バーツ
参考サイト http://www.palaces.thai.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.バンコクで最も古い寺と呼ばれているワットポー

涅槃仏で有名なワットポーは、バンコクで最古寺のひとつといわれています。
このお寺は、エメラルドブッダの周辺にあるお寺で、徒歩10分ほどでいくことができます。
ぜひ立ち寄ってみてはいかが?

この涅槃仏は、46メートルほどの長さがあり、大きな金色の葉に覆われています。
8時から17時までの間見学できるので、先に王宮を見てから訪ねてみては?

ワットポーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワットポー
名称(英語) Wat Pho
住所 2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok
営業時間・開場時間 8:00−16:30
利用料金や入場料 100バーツ
参考サイト http://www.watpho.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.船上からながめたい暁の寺「ワット・アルン」

チャオプラヤ川そばに建っているワットアルン。
川そばにある寺ということもあり、バンコクを紹介する旅番組や雑誌などでは、よく紹介されます。

アユタヤ朝時代に建てられたこのワットアルンは、元々オリーブテンプルとよばれていたんですよ。
バンコクでは無くトンブリの首都であった頃には、また別の名でWat Chaengとよばれてもいました。

お寺の名前は、ヒンドゥーの神「暁」とサンセットがとても美しいということからワット・アルンとなづけられたといわれています。

レストラン、コーヒーショップなどが川向うにあるので、サンセットとお寺の一つとなったシーンを眺めながら食事などを楽しまれる人も多いですよ。

お寺は、チャオプラヤ川の西側からのアクセスが楽です。
周辺を通るクルーズも多いので、おすすめは船上から。

ワット・アルンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・アルン
名称(英語) Wat Arun
住所 158 Thanon Wang Doem, Khwaeng Wat Arun, Khet Bangkok Yai, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 8:30−17:30
利用料金や入場料 30バーツ
参考サイト http://www.watarun.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.サンセットクルーズで食事を楽しもう

食事を取りながら、沈む夕日を見ながらディナークルーズを楽しんでみるのはいかがでしょう。

有名なところでは、ホテルシャングリラが行っているホライズンリバークルーズ。
7:30~9:30に船は運行していますよ。

料理はアジア料理を含むビュッフェスタイルになっているので、好きなメニューを食べながらゆっくりとした時をすごせますよ。

ホライズンリバークルーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホライズンリバークルーズ
名称(英語) Horizon Cruise
住所 89 Soi Wat Suan Plu, New Road, Bangrak, Next2 Pier, Bangkok
営業時間・開場時間 19:30−21:30
利用料金や入場料 68USD
参考サイト http://www.shangri-la.com/bangkok/shangrila/dining/restaurants/horizon-cruise/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5.かつては熱帯植物園だったドゥシット動物園

動物病院も併設しているドゥシット動物園。
フォーレストのような環境も、かってここが熱帯植物園だったと聞けば何度なくなっとくしますね。

とても広い動物園で、1600種ほどの動物が飼育されていますよ。
この動物園はタイでは、初めての動物園で60年ほどの歴史があります。

動物園の中には、湖が有り、ボートに乗って楽しんだり、魚に餌やりなどをすることができますよ。
カバのいる折の辺りには、第二次世界大戦児のシェルターが残されていて、タイの歴史も垣間見れる場所です。

動物園の中ではそれらのほかに、カフェやフードコーナーが充実しているので、そちらに寄るのも忘れずに。

ドゥシット動物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ドゥシット動物園
名称(英語) Dusit Zoo
住所 IBT No.71,Rama 5 Road,Dusit 10300
営業時間・開場時間 8:00−18:00
利用料金や入場料 大人50バーツ 子供20バーツ
参考サイト http://www.dusit.zoothailand.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6.子連れファミリーにおすすめの水族館Sea Life Bangkok Ocean World

View this post on Instagram

ที่ที่อันตรายที่สุด คือที่ที่ปลอดภัยที่สุด! คำกล่าวนี้ถือว่าจริงสุด ๆ สำหรับเจ้า Coleman Shrimp (กุ้งโคลแมน) กุ้งตัวเล็กลายลูกกวาดสวยงามที่พรางตัวอาศัยอยู่บนขนเม่นไฟอย่างสบาย ๆ ทั้ง ๆ ที่เม่นไฟถือเป็นสัตว์ที่มีพิษร้ายแรงอันดับต้น ๆ ของโลก ที่เป็นแบบนี้ก็เพราะเปลือกแข็งของกุ้งโคลแมนเป็นเสมือนเกราะที่ช่วยป้องกันพิษของเม่นไฟนั่นเอง ทำให้สถานที่สุดอันตรายนี้กลายเป็นที่ที่ทำให้กุ้งโคลแมนปลอดภัยจากสัตว์นักล่าตัวอื่น ๆ ไปเลยครับ #sealifebangkokoceanworld  #sealifebangkok  #sealife #livingart #มหัศจรรย์ศิลปะพรางตัว #กุ้ง #กุ้งโคลแมน #เม่นไฟ #shrimp #colemanshrimp #hidinginplainsight #marinelife #seacreatures

A post shared by SEA LIFE Bangkok (@sealifebangkok_official) on

海洋生物に関して色々と学ぶ事ができるのがここ、SEA Life bangkok ocean worldです。
小さな子供を連れたファミリー層には特にオススメのバンコクの名所のひとつ。

サメと一緒に泳ぐなどの体験ができる水族館。
船に乗って、水族館で飼育されている海の生き物たちに餌を上げたりする体験もできます。

小さな子供から楽しめるような工夫があるので、幅広い年齢で楽しめること間違いないでしょう。

Sea Life Bangkok Ocean Worldの住所・アクセスや営業時間など

名称 Sea Life Bangkok Ocean World
住所 991 Rama 1 Road Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 10:00−21:00
利用料金や入場料 大人990バーツ 子供790バーツ
参考サイト http://www.sealifebangkok.com/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7.美しい庭園で人気のスワンパッカード宮殿博物館

王族が持っているタイの初めての博物館なのが、ここスワンパッカード宮殿です。
ここでは、ラマ5世の孫に当たる人がコレクションしたものをみることができますよ。

タイの工芸品などを色々と見たいと思ったら訪ねてほしい場所の一つなんですよ。
自然に囲まれた素敵なラマ5世のお孫さんたちの邸宅でもあるこの宮殿。
タイの王室、上流の人たちの暮らしにふれることができますよ。

スワンパッカード宮殿博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 スワンパッカード宮殿博物館
名称(英語) Suan Pakkad Palace
住所 352-354 ถนนศรีอยุธยา Thanon Phaya Thai, Ratchathewi, Bangkok
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 100 バーツ
参考サイト http://www.suanpakkad.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8.西洋とタイ式建築折衷のウィマーンメーク宮殿博物館

81室ある部屋のうち、31室見学することができるのが、こちらのウィマーンメーク宮殿博物館です。
みどころといっていいのかわかりませんが、タイで初めてのシャワーが備えられた建物でもあるんですよ。

タイ式の建築技術を用いながら建てられたヨーロッパスタイルのこの建物は、1900年代に建てられました。

王室の家ということで、見学する際は、ある程度のドレスコードが求められますので、ご注意を。

ウィマーンメーク宮殿博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウィマーンメーク宮殿博物館
名称(英語) Vimanmek Palace
住所 Ratchawithi Rd, Khwaeng Dusit, Khet Dusit, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 9:30−16:00 月曜休館
利用料金や入場料 100 バーツ
参考サイト http://bangkokforvisitors.com/vimanmek/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

誰にも教えたくない!バンコク観光の穴場スポットはここ!

1.ベッカムに会える寺「ワット・パリワット」

ベッカムを観ることができると言われている寺は、ワットパリワットというお寺です。
ベッカムを寺の中で見つけたら、彼の着ている服をよくみてみましょう。
ユニフォームがマンチェスターユナイテッドになっています。
つまりその頃につくられたものということなんでしょうね。

このお寺ベッカム以外にも色々と有名人、キャラクターを見つける事ができることでも有名。
ぜひ、さがしてみつけてみては?お寺はとても行きやすい場所にあり、BRTのバス停がめのまえにありますよ。

ワット・パリワットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・パリワット
名称(英語) Wat Pariwat
住所 762 Rama 3 Rd, Bang Phong Pang, Yan Nawa, Bangkok
営業時間・開場時間 7:00−17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.facebook.com/watpariwas/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.バンコク郊外のラマ9世公園

場所が少し中心部から外れているので、多くの観光客はおとずれないかもしれませんが、長くバンコクに滞在するなら訪れてほしい場所がこちらの公園です。

バンコクで一番広い公園のここは、熱帯植物園でもあるんですよ。
大きな湖もあり、ボートにものることができるので、カップル、ファミリー友人同士とどなたが訪れても楽しめますよ。

中心部から離れているので、地元の人の利用が多い、とても雰囲気の良い公園です。
英国式庭園、日本庭園、などと様々な国の庭園をここでは観ることができますよ。

園内には、アイスクリームなどのスナックを打っている売店はありますが、きちんとした食事処はないので、ランチをもってくるか、すませてから行くとよいでしょう。

ラマ9世公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ラマ9世公園
名称(英語) King Rama IX Park
住所 Soi Suan Luang Ro 9, Prawet, Khet Prawet, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 5:00−18:00
利用料金や入場料 10バーツ
参考サイト http://suanluangrama9.or.th/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.赤いポストがかわいい郵便博物館

旅の思い出に、自分宛てにポストカードをその国から送るということしてみてはいかが?国によって切手のデザインも色々とあるので、いいおみやげになりますよ。

切手を買うついでに、バンコクの郵便の歴史を学ぶことができるこの郵便博物館をみていかれてはいかがでしょう。

郵便博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 郵便博物館
名称(英語) Thai Philatelic Museum
住所 2 Phahonyothin Rd, Khwaeng Samsen Nai, Khet Phaya Thai, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 8:30−16:30 月・火曜休館
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tourismthailand.org/Attraction/Thai-Philatelic-Museum–68
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.怖いもの見たさの誘惑?シリラート病院

タイで最もでかく古い病院と言われるシリラート病院。
ここには、かなり不気味な博物館があるんです。
病院内には6つほど博物館があり、無料のものを、有料のものがあります。

死体博物館などと言われる法医学博物館は、ホルマリン漬けの死体などを閲覧できます。

そのた、寄生虫、解剖学、タイ医学歴史博物館などあるので、興味がある人はいかれてみては?

シリラート法医学博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 シリラート法医学博物館
名称(英語) Siriraj Forensic Museum
住所 2 Wanglung Road Khwaeng Siriraj, Khet Bangkok Noi, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 10:00−17:00 火曜休館
利用料金や入場料 200バーツ
参考サイト http://www.sirirajmuseum.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

女子旅におすすめ観光スポットはここ!

1. 甘党にははずせない アフタヌーンティー

View this post on Instagram

Because afternoon tea is always a good idea

A post shared by Grand Hyatt Erawan Bangkok (@grandhyatterawan) on

甘いものは別腹という女子が集まった旅では、オススメなのが、ホテルの喫茶店。
アフタヌーンティーサービスが有るホテルが狙い目です。

オススメは、グランドハイアットエラワンバンコク。
バンコクの繁華街に近いところにあるホテルの、アフタヌーンティーは、600バーツなのに、すごいボリュームなんです。
タイスタイルなので、タイの伝統的なお菓子を食べることができますよ。

できれば窓側の席を予約すると、エラワン廟も眼下にみれて景色もばっちりですよ。

タイスタイルのアフタヌーンティーとはいえ、そこは有名な英国のアフタヌーンティをまねたものだけに、クロウテッドクリームがスコーンについてくるので、ジャムとあわせておたべください。

タイらしいバナナのフリッター、マンゴーとお米のスイーツなど、甘党大満足のメニューですよ。

グランドハイアット エラワン バンコク の住所・アクセスや営業時間など

名称 グランドハイアット エラワン バンコク
名称(英語) Grand Hyatt Erawan Bangkok
住所 494 Rajdamri Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok
営業時間・開場時間 10:00−22:00 Afternoon Tea:14:30−18:00
利用料金や入場料 Afternoon Tea Set 600バーツ
参考サイト https://bangkok.grand.hyatt.com/en/hotel/dining/ErawanTeaRoom.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.レディースナイトを上手に利用してフリードリンク

View this post on Instagram

Leggo! ????

A post shared by @ bonst on

バーやクラブなどでは女性のみ無料で入場ができたり、一杯目だけ無料というレディースディを上手に利用して、みませんか?

レディースナイトがあり、オススメのバーは、Ce LA VIというクラブ。
ここでは水曜日の9:00~24:00の間に入場する女性は、お金が一切かからずに、お店を楽しむことができますよ。

夜出て歩くのが不安な時は、滞在しているホテルのバーでレディースデイなどオトクな割引がないかきいてみてはいかが?

CÉ LA VI Bangkokの住所・アクセスや営業時間など

名称 CÉ LA VI Bangkok
住所 Sathorn Square Building, North Sathorn Road Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 18:00−翌2:00 日・月曜定休
利用料金や入場料 イベントによる
参考サイト http://bkk.celavi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.アジアの中で一番古いモール MBK

3.アジアの中で一番古いモール MBK

買い物好きな女子が集まった旅なら、外せないのがショッピングです。
とにかくタイ中に知れ渡っている老舗中の老舗で、ショッピングしてみませんか?

色んな店舗がここに出店しているので、一日中いても飽きませんよ。

マーブンクロンセンターの住所・アクセスや営業時間など

名称 マーブンクロンセンター
名称(英語) MBK Center
住所 Phayathai Rd, Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 10:00−22:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.mbk-center.co.th/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.マンダリン・オリエンタル・バンコクで体験する極上スパ

物価の安いアジアだからこそ、普段はなかなかいくことができない高級ホテルのスパでのんびりしてみませんか?

スパやマッサージが初めての人でも、女子旅なら気兼ねしない友人と一緒にスパを予約して一緒に受けることで不安も半減しますね。

こちらのスパでは、5時間半にわたるスパメニューが用意されています。
ハーブティ、スナックなども就き、体の内外から美しさを求める一日となるのでは?

マンダリン・オリエンタル・バンコクの住所・アクセスや営業時間など

名称 マンダリン・オリエンタル・バンコク
名称(英語) Mandarin Oriental Bangkok
住所 48 Oriental Ave, Khwaeng Bang Rak, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 9:00−22:00
利用料金や入場料 コースによる
参考サイト http://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/luxury-spa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バンコク観光でおすすめのホテルはここ!

1.一泊1万ほど、快適なRiva Arun Bangkok

ゴージャスにだけど、ホテル代はリーズナブルなのがこのホテルRiva Arun。
川沿いのロケーションでバンコク中心部で、観光にも便利なところです。

ホテル全室で25しかないので、静かでゆったりと過ごすことができますよ。
有名なフラワーマーケットからも徒歩圏内。
知らない土地ではホテル周辺に観光名所があるととても便利ですね。

リヴァ アルン バンコクの住所・アクセスや営業時間など

名称 リヴァ アルン バンコク
名称(英語) Riva Arun Bangkok
住所 392/25-26 Maharaj Road, Phraborom Maharajawang, Phra Nakhon, Bangkok
営業時間・開場時間 チェックイン14:00−18:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室3,500バーツ〜
参考サイト https://hotel.nexthotels.com/snc/rivaarun/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.BB スタイルに滞在したいなら、Focal Local Bed & Breakfast

夕飯は結局どこかで外食しちゃうから、朝ごはんが毎回しっかり食べることができて、値段もほどほどのところがいいなというかたには、BBスタイルのフォーカル ローカル ベッド アンド ブレックファーストがおすすめです。

トンブリーエリアということで、少し外れに感じる人もいるかもしれませんが、歴史的な街並みに滞在できるので、ホテルに戻ってから、周辺のローカルなお店散策など楽しむことができますよ。

部屋ごとに内装が違うし、ファミリールームもあるホテルなので、子供連れの旅行や、女子旅などにぴったりです。

Focal Local Bed & Breakfastの住所・アクセスや営業時間など

名称 Focal Local Bed & Breakfast
住所 279-283 Soi Charoennakorn28 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室2,300バーツ〜
参考サイト http://www.focal-local.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.住むようにバンコクに滞在するならレンタルホテル Thanabhumi

タナブーミはレンタルルームなので、長期滞在者におすすめです。
観光名所もすぐそばで、公共のボートシステムも利用でき、駅も近いので、バンコクを楽しむにはとても便利な場所にありますよ。

ホテルとホステルの中間で、個室で快適に、しかも安く部屋をレンタル。
Wifiなどの環境もととのっているので、パックツアーでなく好きなだけ滞在してバンコクを楽しみたい!そんな人向けですよ。

タナブーミの住所・アクセスや営業時間など

名称 タナブーミ
名称(英語) Thanabhumi
住所 16, 365/15 Phra Sumen Rd, Wat Bowon Niwet, Phra Nakhon, Bangkok
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室1,500バーツ〜
参考サイト http://3651516.wixsite.com/thanabhumi
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バンコク観光でおすすめのグルメ・レストランはこれ!

1.安くて美味しいランチを食べるなら、LUNG YAI

バンコクに住んでる人がおすすめる、タイ人好みの本格的なタイ料理レストランがここ。
ランチの値段もよく、友人同士と気軽に利用できます。

タイの郷土料理を気軽にディナーでも食べることができますよ。
週末はちょっと混んでるかも。

LUNG YAIの住所・アクセスや営業時間など

名称 LUNG YAI
住所 32 Thanon Din Daeng 1, Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 15:30−23:00
利用料金や入場料 予算250バーツ〜
参考サイト https://www.facebook.com/loongyaizab/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.チャイナタウンで安く食べるなら、Yaowarat

どこのお店とは指定しませんが、チャイナタウンであるヤワラン通りへ出かけて、気になるお店や屋台で食事をしましょう。

とにかく、安い。
そしておいしい!日本にもこんな屋台がいっぱいのところあればいいのにと思うほど。
バンコクに滞在中は何度か足を運んで、自分好みの屋台飯を探してみては?

ヤワラン通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヤワラン通り
名称(英語) Yaowarat Road
住所 Yaowarat Road,Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://aroimakmak.com/must-eat-yaowarat-chinatown/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.シーフードに目がない人におすすめSilom Soi 20

View this post on Instagram

Thai lunch #silomsoi20 #bangkok

A post shared by Steven Van Orden (@stevenvanorden) on

タイには中華系、インド系コミュニティなどもあり、多国籍な料理を楽しめます。
ここでは、具材にこだわって、シーフード見ましょう。

とにかく安く、地元タイ人の味そのままを食べることができます。
英語が得意でない人も多いストリートフードエリアなのですが、身振り手振りでOK.

それもまた楽しい旅の思い出となるはずですよ。

Silom Soi 20の住所・アクセスや営業時間など

名称 Silom Soi 20
住所 20 Si Lom, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト https://www.eatingthaifood.com/thai-biryani-silom-soi-20/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4.景色を楽しめるレストランScarlett Restaurant Bangkok

景色の良いところで、バンコク最後の夜を楽しみたい!というときにおすすめなのが、プルマンバンコクホテルの37階にあるスカーレットレストラン。

眺めが最高のレストランは、ワインバーでもあるレストランなので、食事にあったワインもありマスよ。
シェフのライブパフォーマンスも楽しめるレストラン。
熟成肉もそろっているので、肉好きにもたまりません。

眺めがよいレストランですので、ぜひ窓側の席でその景色を楽しみながら食事取れるように、早めのブッキングがおすすめです!

スカーレットレストランの住所・アクセスや営業時間など

名称 スカーレットレストラン
名称(英語) Scarlett Wine Bar & Restaurant
住所 Pullman Bangkok Hotel G, 188 Silom Road, Bangrak, Bangkok
営業時間・開場時間 19:00−翌1:00
利用料金や入場料 予算1,500バーツ〜
参考サイト http://www.pullmanbangkokhotelg.com/restaurants-bars/scarlett-wine-bar-bangkok/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バンコク観光でおすすめのお土産はこれ!

1.可愛らしいデザインもみつかる タイシルク

1.可愛らしいデザインもみつかる タイシルク

image by iStockphoto

タイの観光名所でもあり、シルクを購入するのにぴったりとして知名度がある「ジムトプソン」。
そのようなブランドシルクを購入しなくても、もちろんOK.

露天商のシルクだって味があり、デザインなどが日本では見ることができない、斬新なものを見つけることができますよ。
日本のシルクとはまた違った味わいのタイシルク。
小物からドレスまで、かなり安い値段で買えちゃいます。

ジム・トンプソンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジム・トンプソン
名称(英語) Jim Thompson Shop
住所 9 Thanon Surawong, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak
営業時間・開場時間 9:00−21:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.jimthompson.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2.香りだけでも癒される タイのスパグッズ

2.香りだけでも癒される タイのスパグッズ

image by iStockphoto

デパートやスパなど販売されているスパグッズは、癒し効果絶大。
ぜひ、自分用や家族などにスパグッズを購入されるのはいかが?

レディーボーイなんてよばれる、ニューハーフが有名なタイだけに、美容グッズ、癒しグッズは本当にたくさんあるんですよ。
何を選んでいいのかわからない時は、ギフトセットのようになってるものを選んで購入しちゃいましょう。

値段の幅は40バーツから1000バーツ前後なので、いい感じのプレゼント土産になりますよ。

ハーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハーン
名称(英語) HARNN
住所 1st Floor Central World, 999/9 Rama I Rd, Pathum Wan, Bangkok 10331
営業時間・開場時間 10:00−21:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト https://www.harnn.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3.ココナツ関連のグッズならなんでも!

3.ココナツ関連のグッズならなんでも!

image by iStockphoto

日本でも人気のココナッツオイル。
タイにはココナッツを使った美容製品が大量にありますよ。
海外でセレブが使っていることから火が付き、今ではいろんなところで気軽に見られることができるようになったココナッツオイル。

南国タイでは、フレッシュなココナッツの実をのむことができるほど、ありふれたココナッツ。
ヘアケア用など、用途がいろいろありますが、どれも300バーツ程度なので、気軽に購入できるのでは?

行くなら今!

 

活気があるタイ。
実はそれだけに国が元気で物価もじんわりと上昇中。
東南アジアは物価が安いの差が縮まりつつある日本とバンコク。

もし、タイに行こうかまよっているなら、なるべく近い将来に訪れたほうが、物価の安さを感じることができるはずですよ。

photo by PIXTA and iStock