移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選

沖縄と言えばビーチ!
本州では気軽に見られない、遠浅でサンゴ礁に囲まれた美しい青が光る海が、沖縄にはたくさんあります。
ビーチこそ沖縄のアイデンティティですよね。
沖縄のビーチには海水浴だけでなく、海で遊べるアウトドアができるスポットもいっぱい。
また、ゆったり過ごしたい方、自然を満喫したい方にもおすすめできるくらい、沖縄のビーチは場所によって様々な表情が見れます。
今回は、移住者の視点から、海水浴でもマリンスポーツでも、用途によって選べる沖縄本島おすすめビーチ20選をご紹介します。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選

#1 那覇空港から一番近いビーチ・ 美らSUNビーチ

那覇空港から一番近いビーチ・ 美らSUNビーチ

image by PIXTA / 26996726

美らSUNビーチは、那覇空港から一番アクセスの良い豊見城にあるビーチです。

その為、空港から飛び立った飛行機が近い距離で見る事ができ、乗り物大好きなお子さんにも喜ばれています。

うまくいけば、美しい海、白い砂浜、青い空、飛行機をワンセットで写真におさめる事もできますよ。

また、ビーチは海水浴ゾーンとマリンスポーツゾーンに分かれているので、家族でも安心して遊べます。

砂浜が広いのも特徴的で、ビーチバレーやビーチサッカーも若者に人気。

バーベキューも予約でき、ビールサーバーのレンタルもあるので、沖縄の旅プランにオリジナルなビーチーパーティーなんてのも最高ですね。

最近では、夏に開催されるコロナフェスが定番になってきて、コロナビール片手に海と夕陽と音楽が楽しめる、大人の空間を味わえます。

また、芝生の広場やバスケットコートもあり、ひとつひとつのエリアが広いので、様々な遊び方ができるのが美らSUNビーチの魅力です。

美らSUNビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 美らSUNビーチ
住所 沖縄県豊見城市豊崎5−1
営業時間・開場時間 6:00−22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://churasun-beach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 大人も子供も楽しめる・美々ビーチいとまん

大人も子供も楽しめる・美々ビーチいとまん

image by PIXTA / 16858784

糸満にある美々ビーチは、施設が豊富で何度訪れても新しい発見のあるビーチです。

子供に人気の人工磯は、浅くて安全なので泳ぐのが苦手な子でも海遊びを体験できますし、近くには遊具やクライミングできる場所も完備。

パークゴルフができたり、屋根付きの休憩スペースを借りる事もできるので、お父さん世代やおじいちゃんおばあちゃんも一緒に遊べますね。

遊び過ぎて疲れちゃったけど海が見たい、なんて時にもいいかもしれません。

また、遊泳ゾーンの先にある遊歩道も素敵で、カップルでお散歩しながらサンセット見る事もできます。

デートにもぴったりですね。

肝心のビーチは、遠浅で白い砂浜に映える青い海の色が美しく、時間帯によっては非常に南国リゾート感の強い海を見る事ができます。

シュノーケリングやパラセーリング、バナナボートも体験できるので、修学旅行生や大学生のグループ旅行にもおすすめです。

美々ビーチいとまんの住所・アクセスや営業時間など

名称 美々ビーチいとまん
住所 沖縄県糸満市西崎町1丁目6−15
営業時間・開場時間 8:30−20:30(冬季は19:30まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://bibibeach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 那覇市内唯一のビーチ・波の上ビーチ

那覇市内唯一のビーチ・波の上ビーチ

image by PIXTA / 21616210

数年前まで沖縄の中心都市・那覇には、意外な事にビーチがありませんでした。

波の上ビーチは、国際通りからの近いので、今や観光ついでに立ち寄れるビーチとなっています。

ビーチ眼前を横切るうみそらトンネルへ向かう道は、そのまま那覇空港方面に繋がっているので、アクセスも抜群。

旅の終わりのちょっとした時間に最後の海遊びを楽しむこともできます。

近くにはステーキハウスや食堂があったり、地元の生活感漂う若狭の町歩きも楽しいものです。

波の上ビーチは立地が神聖で、浜辺の上には昔から海外との交易船の出港を見守った、波の上宮という神社があります。

砂浜の脇にそびえ立つ様子は、なんとも美しいです。

中国との交流があった港が近い事もあり、福州園など異国情緒溢れる観光スポットもあります。

ビーチのあるうみそら公園では、ダイビングやシュノーケリングでも遊べます。

また、最近リニューアルしたバーベキュースペースはかまくら型のハウスやテントなどがあり、遊び心あるアウトドア体験ができます。

波の上ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 波の上ビーチ
住所 沖縄県那覇市若狭1−25−11
営業時間・開場時間 9:00−18:00(7-8月は19:00まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.naminouebeach.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 天然ビーチでお魚に会える、新原(みーばる)ビーチ

天然ビーチでお魚に会える、新原(みーばる)ビーチ

image by PIXTA / 15013436

新原(みーばる)ビーチは、自然のままが美しい天然ビーチ。

人工ビーチにはない、おしとやかな雰囲気が魅力的です。

人気は海の透明さを体感しながら、熱帯魚に出会えるグラスボート。

運が良ければニモで有名になったクマノミも見られますよ。

ゴールデンウィーク辺りから秋にかけては、マリンジェットや大きな空気ソファに乗ってジェットで海の上を高速移動できるビッグマーブルも体験できます。

もちろん海水浴もできるので、自然で透明な海を体で感じて下さい。

また、浜辺脇にある食堂かりかもご紹介したいスポット。

こちらは本格カレーが食べられるネパール・インド料理屋さんです。

カレー以外のメニューもありますが、暑い日差しの中、汗をぬぐいながら美しい浜辺で食べるカレーがやっぱりおすすめですね。

室内の飲食スペースはなく、あるのは浜辺に設置されたルーフとテーブルベンチのみ。

海の家とは違ったビーチグルメ体験ができます。

新原ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 新原ビーチ
住所 沖縄県南城市玉城百名1599-6
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.mi-baru.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 ビーチであり聖地・南城市の百名ビーチ

ビーチであり聖地・南城市の百名ビーチ

image by PIXTA / 9428948

百名ビーチは、私が最もおすすめしたいお気に入りのビーチです。

こちらも新原(みーばる)ビーチのすぐ隣にある天然ビーチですが、雰囲気が独特。

というのも謂れがあり、百名ビーチは久高島から渡ってきた琉球(古来の沖縄)を創った女神・アマミキヨが最初に上陸した場所とされています。

その為、その場所にはヤハラヅカサという石の碑があり、干潮の時にのみ海の中から現れます。

たまたま訪れたのが干潮時だったので、最初に見た時は突然現れた石碑に驚きました。

まさに、聖地として地元の方々から大切にされてきた場所でもあるので、バーベキューやマリンスポーツを行う施設なども建っておらず、静かにおっとりと佇む雰囲気に心が現れます。

百名ビーチで派手なマリンスポーツは見られませんが、浜辺や海の中を馬に乗って巡る体験ができます。

ビーチの受付ではなく、県内の海馬遊び体験を行っている施設で申し込むシステムになっています。

聖地で乗馬という海遊びなんて、珍しい体験も沖縄ならではです。

百名ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 百名ビーチ
住所 沖縄県南城市玉城字百名‎
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kankou-nanjo.okinawa/enjoy/details/163
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 家族連れに嬉しい西原マリンパークのきらきらビーチ

きらきらビーチの砂浜は、遊泳ゾーンとマリンスポーツゾーンと合わせて550メートル。

ピクニック広場や子供の喜ぶ遊園場もあって、お子様連れの家族旅行で行くには至れり尽くせりのビーチ施設です。

浮輪やパラソルもレンタルでき、予約制ですが食材の揃ったバーベキューもできるので、手ぶらで存分に海遊びを楽しめますね。

絶叫系のジェットスキーは、友達と体験すれば笑いが止まらないほど楽しいですよ。

ビーチから歩いてすぐのムーンテラスカフェもおすすめ。

お得なランチセットや、南国気分が味わえるトロピカルなドリンクもあります。

夜はBARでおしゃれなカクテルを飲みながら、気分も上がります。

西原きらきらビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 西原きらきらビーチ
住所 沖縄県中頭郡 西原町東崎17
営業時間・開場時間 9:30−18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://xn--pck7csb8b4b1c.com/kirakira.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 まるでアメリカ!アラハビーチ

まるでアメリカ!アラハビーチ

image by PIXTA / 25461002

アラハビーチは、街中に馴染むまるで海外に来たかのようなビーチです。

沖縄本島中部は、米軍基地もある影響でアメリカ人も多く、海辺でジョギングやパーティーをしている様子も伺えます。

日本人には醸し出せない独特な雰囲気です。

バナナボートも人気で、バーベキューや海水浴を楽しんでもOK

でも、アラハビーチでの地元的な楽しみ方は、やっぱりビーチパーティー。

アラハビーチでは、夏になるとバーベキューエリアでビーチーパティーを行う地元民が多く、持ち込みも食材のセット注文もできて便利です。

アラハセットとゴールドセットがあり、ゴールドセットのスペアリブを、ビーチで食べる旨さは格別。

ビール片手の最高の大人時間が過ごせます。

また、アラハビーチのある安良波公園には、海賊船インディアン・オーク号のアスレチックがあり、子供にも人気のスポットです。

アラハビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 アラハビーチ
住所 沖縄県中頭郡北谷町北谷2−21
営業時間・開場時間 9:00−18:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://uminchunokai.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 迷ったら、宜野湾トロピカルビーチに行っておけば間違いなし

迷ったら、宜野湾トロピカルビーチに行っておけば間違いなし

image by PIXTA / 13034371

宜野湾トロピカルビーチは、沖縄のイベント・コンサート施設のコンベンションセンター裏にあります。

毎年開催され、多くの俳優さんや芸人さんが勢ぞろいする沖縄国際映画祭の中心施設です。

ビーチステージで吉本芸人のネタを見た事ある方もいるかもしれませんね。

位置的にも沖縄の中心にあるビーチですし、アクセスも良いので海水浴でも人気のビーチです。

沖縄料理やぜんざいが食べられるトロピカルパーラーはメニューも豊富。

また、10種類以上のマリンアクティビティも体験できるのも魅力のひとつです。

シャワーや広い駐車場も完備で、海遊び・グルメ・使いやすさ共に満足度の高いビーチですね。

しっかり管理された美しいビーチで、安心してリゾート気分を味わえます。

宜野湾トロピカルビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 宜野湾トロピカルビーチ
住所 沖縄県宜野湾市真志喜4−2−1
営業時間・開場時間 9:00−21:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ginowantropicalbeach.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 海中道路ドライブからのマリンアクティビティができる伊計ビーチ

海中道路ドライブからのマリンアクティビティができる伊計ビーチ

image by PIXTA / 7166389

伊計ビーチへ行くまでには、海中道路を通る道のりもワクワクします。

海中道路とは、うるま市から本島と与勝半島の4離島を結ぶ道路で、両脇がエメラルドグリーンの海に囲まれたドライブコースです。

道の脇には海の駅やバーベキュースペースなどもあり、海中道路ドライブだけでも充分楽しめます。

海中道路い入る前のキングタコスで、テイクアウトのタコライスを買って、ドライブしながら食べるのも最高です。

本題の伊計ビーチですが、こちらは半島の一番先のアートな島・伊計島にあります。

綺麗に整備された砂浜は、透明度も高く波も穏やか。

場所的に穴場と思われがちですが、実は観光客にも大人気のビーチなので、かなり混雑します。

しかし、マリンスポーツも種類豊富で、バランス感覚が面白い、ジェット噴射された水の勢いで空を飛んでいるかのようなフライボードもできます。

伊計ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 伊計ビーチ
住所 沖縄県うるま市与那城伊計405
営業時間・開場時間 10:00−17:00
利用料金や入場料 大人400円 子供300円
参考サイト http://www.ikei-beach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 女子旅にぴったり、月の形をしたムーンビーチ

女子旅にぴったり、月の形をしたムーンビーチ

image by PIXTA / 7166292

ホテルムーンビーチのプライベートビーチであるムーンビーチ。

こちらは、ホテル宿泊客でなくても、駐車場料金を支払えば利用する事ができます。

ムーンビーチという名前が、なんだか神秘的なので女の子に人気のビーチでもあります。

しかも、海の色も透き通っていて、砂浜の白さに相まって美しいのです。

その為、「美しさ、清らかさ、安らぎ、優しさ、豊かさ」が評価基準となる、環境省が指定した快水浴場百選にも選ばれています。

まさに透明度は海外の秘境ビーチのように高く、眺めるだけでも満足できるビーチです。

天然ビーチですが、監視員もいてしっかり管理されていて安心。

しかも、こんな美しいビーチでマリンアクティビティも楽しめ、沖合7キロにある無人島へ探検へ行く事もできるという、遊びも美しさも兼ね備えたおすすめビーチです。

ムーンビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 ムーンビーチ
住所 沖縄県国頭郡恩納村前兼久1203
営業時間・開場時間 8:30−18:30
利用料金や入場料 大人500円 小人300円 (宿泊者は無料)
参考サイト http://www.moonbeach.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 断崖絶壁の残波岬を見学した後は、美しい残波ビーチへ

断崖絶壁の残波岬を見学した後は、美しい残波ビーチへ

image by PIXTA / 4715402

海と風をダイレクトに感じられる、断崖絶壁の残波岬に行ったことはあるでしょうか。

昼間は空の広さ、海の大きさ、風の壮大さを体で感じ、夕方は美しい夕陽を眺めながら時の流れを優雅に感じる事ができる絶景スポットです。

そんな残波岬を訪れた後におすすめなのが、西側にある残波ビーチ。

残波岬ロイヤルホテルで申し込めば、のんびりとエアーカヌーや水上バイクなどのマリンアクティビティも楽しめます。

アクティブに遊ぶのも海の醍醐味ですが、残波ビーチのキラキラ光るビーチを見ていると、うきわに浮かんでぷかぷかしていたくなります。

自然の強さを感じる残波岬と、自然の穏やかさが見える残波ビーチ。

セットで様々な海の表情を体感してみて下さい。

残波ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 残波ビーチ
住所 沖縄県中頭郡読谷村宇座1933
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.vill.yomitan.okinawa.jp/facilities/post-37.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#12 ビーチだけじゃない!温泉も買い物もグルメも楽しいサンセットビーチ

ビーチだけじゃない!温泉も買い物もグルメも楽しいサンセットビーチ

image by PIXTA / 2155774

サンセットビーチは、北谷町美浜にある周辺施設の充実したビーチです。

もうこの周辺だけで一日が満足して終わってしまうくらい。

近くには、アメリカの街を散策している気分になれるアメリカンビレッジがあり、デポアイランドではカラフルで楽しい服や雑貨のショッピングや、沖縄や多国籍のグルメを堪能できます。

また、ビーチの隣にはテルメヴィラ・ちゅらー湯という温泉とヒーリングプールの施設もあり、とろみある天然温泉を味わえるのでおすすめです。

沖縄で温泉も珍しいですが、ちゅらー湯は入ると本当に元気になれます。

外には無料で足湯なんかもありますよ。

肝心なビーチですが、浜辺を歩いているだけで気分はカリフォルニア!

基地の多い中部らしく、周辺にはアメリカ人も多く住んでいるので、ゴールデンレトリバーを散歩する女性やジョギングする男性など、アメリカの日常のような風景を見る事ができます。

また、ビールやその他お酒も販売しているビーチパーラーや、近くには居酒屋・レストランもあるので、海とグルメの両方が楽しめます。

西海岸なのでサンセットも美しく、ヤシの木、海、夕陽の3点セットはまさしくフォトジェニックです。

サンセットビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 サンセットビーチ
住所 沖縄県中頭郡北谷町美浜2丁目
営業時間・開場時間 9:00−18:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.uminikansya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#13 ひとつの街のようなリゾートホテル内にある、カヌチャビーチ

カヌチャベイリゾートは、80万坪の広大な土地全てが敷地なので、ひとつの街ができあがっているかのようなホテルです。

敷地内はカートやバスで移動し、ゴルフやスパ、種類豊富なレストランにプールやショッピングも利用できます。

ホテルスタッフの方々もプロ意識が高く、とても親切丁寧な接客が気持ちの良いホテルです。

その中にあるカヌチャビーチは、自然のままの姿が美しいビーチ。

カップルでゆったりのんびりと過ごすのも良し、家族でワイワイ過ごすのも良し、遊び方も充実したビーチです。

ジェットスキーやパラセーリング、バナナボートなどの定番アクティビティ。

ウェイクボードやジェットパックなどスポーティーなアクティビティ。

浮かぶようにして設置されたオーシャンパークでは、海の上でトランポリンやジャングルジムが遊べたり、9メートルのビックマウンテンスライダーもスリリングです。

更に、最近話題の大きなサーフボードの上でカヌーの様にパドルで漕ぐSUPもできます。

申込みすればSUPヨガコースも体験できるので、美容と健康の旅にもいいプログラムですね。

カヌチャビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 カヌチャビーチ
住所 沖縄県名護市安部156-2
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 大人1,500円 小人500円 (宿泊者は無料)
参考サイト https://www.kanucha.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#14 静かに海を楽しみたいなら、うるま市の具志川ビーチ

とにかく静かで、落ち着いて、ただ海を楽しみたい方には、うるま市の具志川ビーチをおすすめします。

具志川ビーチにはマリンスポーツの受付場所も、ビールや沖縄そばを売るパーラーも、ビーチサッカーエリアもありません。

ただそこに海があるだけです。

だからこそ、ゆっくりとした時間を過ごす事ができます。

地元の人が各自でテントを建ててビーチパーティーを楽しんだり、海をバックに写真を撮る高校生がいたり、そんな地域密着型のビーチだと感じます。

夏のハイシーズンには、海で遊ぶ観光客や地元の人が入り混じるので、人の多い時期もありますが、他のリゾートビーチと比べると、基本的に落ち着いている静かなビーチです。

もちろん海の色も綺麗。

天気の良い日は透明度も高く美しいので、穴場ビーチをお探しの方は、是非一度具志川ビーチへ行ってみて下さい。

具志川ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 具志川ビーチ
住所 沖縄県うるま市具志川3204-2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.goyah.net/okinawa_beach/tyubu/gusikawabeach.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#15 カップルにおすすめの幸せになれる橋、屋我地ビーチ

カップルにおすすめの幸せになれる橋、屋我地ビーチ

image by PIXTA / 22477375

屋我地ビーチは、ハートロック岩で有名な古宇利島の隣の屋我地島にあります。

島とは言いますが、本島から車ですぐの島です。

最近では縁結びスポットとされるピュアロードが有名になってきました。

干潮の時にしか姿を現さないし砂浜でできた橋が離島へと続いているので、現れた時に歩くと幸せになれるという事ですから、まさにカップルで歩くにはぴったりですね。

海水浴もできますが、浅いので水着になりたくないけど海でチャプチャプしたいという方にもちょうど良いビーチです。

また、バンガローで宿泊できる点も魅力的。

ホテルでゆったりするよりも、ちょっとサバイバルなお泊りビーチ旅行もできるので、学生などにも人気なんですよ。

バンガロー以外にも、キャンプ場や宿泊施設もあり、海を身近に感じられる屋我地ビーチは、いつもと違う海遊びをしたい方におすすめです。

屋我地ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 屋我地ビーチ
住所 沖縄県名護市屋我143
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 大人600円 子供300円
参考サイト http://yagaji-beach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#16 美ら海水族館の帰り道には、エメラルドビーチに寄ってみて

美ら海水族館の帰り道には、エメラルドビーチに寄ってみて

image by PIXTA / 28943018

エメラルドビーチは、美ら海水族館で有名な海洋博公園内にあります。

とにかく美しい色合いが魅力的で、これぞまさに見てみたかった海の色と言わんばかりのエメラルドグリーンが一望に広がります。

いきなり海に行く前に、是非一度、海洋博公園の高台の方から見て下さい。

沖縄に来てよかったという気持ちにさせられますよ。

また、ビーチも3000人も利用できる広さという事で、確かに浜辺に立つとダイレクトにその広さを実感します。

多少空が曇っていても、海の青さは健在なので、あいにくの天気に綺麗な海を見たい時はエメラルドビーチに行ってみてはいかがでしょうか。

更に、ビーチからは美ら海水族館へも行けます。

しかし、水族館の外にも海の生き物と触れ合えるエリアがあるのをご存知でしょうか。

イルカやウミガメ、マナティの館などは無料で見学できるで、水族館まで周る時間はないけど…という方にも充分満足して楽しんでもらえます。

エメラルドビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 エメラルドビーチ
住所 沖縄県国頭郡本部町石川424
営業時間・開場時間 8:30−19:00(夏期) 8:30−17:30(通常期)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/75
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#17 水質の良さが抜群、オクマビーチ

水質の良さが抜群、オクマビーチ

image by PIXTA / 2809535

リゾートホテルのプライベートビーチであるオクマビーチ。

宿泊客以外でも利用できるビーチです。

なんといっても、オクマビーチ最大のポイントは、最高レベルAAを毎年獲得しているという水質。

更に、1㎞に渡る白い砂浜は、まるでテレビでしか見らえない海外の絶景リゾートのようです。

オクマビーチは沖縄県の中でも北部のやんばるという森林に囲まれた土地にあるので、海の美しさも格別。

那覇の街並みや、南部のさとうきび畑とは違った景色をいる事ができます。

高い山のない沖縄で、緑を感じるなら北部がおすすめです。

オクマビーチからは、眺める夕陽もロマンチックなスポットなんですよ。

やんばるの緑、海の青、夕陽のオレンジを体感するなら、是非オクマビーチへ。

オクマビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 オクマビーチ
住所 沖縄県国頭郡国頭村奥間913
営業時間・開場時間 9:00−18:00(冬季は17:00まで)
利用料金や入場料 大人750円 小人520円 (宿泊者は無料)
参考サイト http://okumaresort.com/activity/marine-sports.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#18 リゾートを楽しむならルネッサンスビーチ

ルネッサンスリゾートオキナワのプライべートビーチが、ルネッサンスビーチです。

まさに南国リゾート!という雰囲気が漂います。

ビーチに綺麗に整列したパラソルや透明度の高い海を目にした瞬間からテンションが上がります。

マリンアクティビティもジェットスキーからグラスボートまで30種類以上あり、滞在期間中に様々な体験ができるのも魅力的です。

また、ビーチ隣にはイルカと触れ合えるラグーンもあるので、家族旅行でも特別な経験ができますね。

数々のリゾートホテルが立ち並ぶ恩納村の中でもリゾート感のあるビーチです。

ルネッサンスビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 ルネッサンスビーチ
住所 沖縄県国頭郡恩納村山田3425
営業時間・開場時間 8:00−19:30(夏期,10月は18:30まで) 8:00−17:00(冬期)
利用料金や入場料 大人3,240円 小学生2,160円 (宿泊者は無料)
参考サイト https://renaissance-okinawa.com/archives/facility/renaissance-beach/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#19 海の先に神の島を望む、安座真サンサンビーチ

海の先に神の島を望む、安座真サンサンビーチ

image by PIXTA / 17957197

安座間(あざま)サンサンビーチは南城市にあるビーチです。

同じ南城市の新原ビーチや百名ビーチとは違い、アクティビティも種類あるビーチなので、学生や家族連れにも人気。

人工ビーチとは思えない自然を感じられる美しさがポイントです。

更に、ビーチの先には神の島・久高島を望み、どこか神秘的な空気をまとっています。

すぐ近くの安座間港からフェリーで行けるので、久高島散策をした後に安座間サンサンビーチで海遊びというルートを楽しむ方もいます。

ちなみに、久高島にも自然のビーチや浜がたくさんありますが、神聖な地の為、遊泳禁止や立入禁止の場所があります。

遊べるビーチとしての安座間サンサンビーチとセットで、見るビーチ、感じるビーチとして、久高島もおすすめです。

あざまサンサンビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 あざまサンサンビーチ
住所 沖縄県南城市知念安座真1141−3
営業時間・開場時間 10:00−18:00(7,8月は19:00まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kankou-nanjo.okinawa/tokusyu/view/azama
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#20 ゆったりのんびり過ごすなら、名護の21世紀の森ビーチ

地元の人にも愛される、ゆったりのんびり過ごせるビーチと言えば、21世紀の森ビーチがおすすめです。

名護にあり、穏やかな空気感が優しい雰囲気を醸し出しています。

波がゆったりしているので、小さな子供が波打ち際で遊んでいるのもよく見かけます。

ちょっとのんびりしたい時に、訪れてみると良いと思います。

海水浴やビーチパーティーもできますし、遊歩道も整備されているのでお散歩にもGOOD。

お子様やおじいちゃんおばあちゃんと過ごすにも素敵なビーチです。

21世紀の森ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 21世紀の森ビーチ
住所 沖縄県名護市大南2丁目1-25
営業時間・開場時間 9:00−18:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nago.okinawa.jp/4/3857.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄で見つけたい私だけのお気に入りビーチ

おすすめビーチ20選。

行ってみたいビーチはありましたか?

でも、実は沖縄の人々ってあんまり海水浴をしないんですよね。

海は泳がず、ビーチーパティーなど浜辺でお酒やバーベキューなどを楽しむのが基本です。

その為、今回は海水浴・マリンスポーツ・ビーチパーティー…と多方面から遊べるビーチをご紹介しました。

是非みなさんも、実際行ってみて自分だけのお気に入りビーチを探してみて下さいね。

photo by PIXTA