ディズニーリゾートを華やかに彩る花々♪おすすめフラワースポット10選

ディズニーリゾートは国内最大級のフラワースポットという事を皆さんご存知ですか?四季折々の花々や深夜に咲く花、50年に一度しか花を咲かせない植物など、パーク内には多彩な植物たちを楽しむことができますよ。今回はおすすめのフラワースポット10選をランド・シーまとめてご紹介していきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

ディズニーリゾートは花と緑に溢れたフラワーパーク

皆さんパークを歩いていて、ふと花々に目を奪われたことはありませんか?

パーク内には色とりどりの花々が咲き誇り、その存在こそエンターテイメントの一部なのです。

また花壇のそばで、緑の制服を着たキャストを見かけた事がある方も多いのではないでしょうか。

約100人近くいる「緑のキャスト」と呼ばれる人々は、日夜パークの植物たちをお手入れしたり、綺麗に植え替えたりする花壇のエキスパート。

ランド・シーの両パーク合わせてディズニーリゾートには、約6000種・64万本の樹木や花が植えられているのです。

植えられている総面積を合わすと約5500㎡にものぼり、これは国内にある植物園以上の規模。
国内最大級のフラワースポットと言っても良いでしょう。

パークでガーデニングを学ぶこともできちゃう♪

パーク内には多彩な花壇が豊富にあり、ガーデニングを学ぶのには絶好のスポットなのです。

プロのガーデニングの人も驚きのクオリティ。
さすが夢の国、道行く通りの植物たちにも抜かりはありません。

植えられている植物たちはもちろん、プランターのデザインや配置、どんな素材を使用しているかなど、自身のガーデニングに取り入れるポイントが盛りだくさんです。

パーク内で見つけたお気に入りのガーデニングを、自宅のお庭やベランダ、玄関先などに再現してみるのも面白いかもしれませんね♪

ランドのおすすめフラワースポット5選

ディズニーランドにはおよそ200ヵ所に花壇が置かれ、1年間で220種・70万ポットの花々が植えられています。

ここからはランド内で咲き誇るおすすめのフラワースポットを5つご紹介していきます。

1.お花見しながら優雅なティータイム♪【スウィートハート・カフェ前

「ワールドバザール」にあるベーカリーショップ「スウィートハート・カフェ」の前には大きな桜の樹が植えられています。

日本で最も多くみられる「ソメイヨシノ」を楽しむことができますよ。

19世紀のアメリカをモチーフにしたスウィートハート・カフェの素敵な建物をバックに撮影するのも良し。
反対側からシンデレラ城をバックに撮影するのも良し。

絵葉書のような素敵な写真が撮れる事間違いありません。

樹の下にはベンチがありますので、桜を鑑賞しながら美味しい焼きたてパンと一緒に、コーヒーや紅茶をたしなみゆったりとしたひとときを。

2.パステルカラーに包まれるシンデレラ城【クリスタルパレス周辺】

「アドベンチャーランド」にあるレストラン「クリスタルパレス」の周辺には、カラフルで素敵な花壇が広がっています。

ここでは季節によってたくさんの花々が植えられ、オールシーズン楽しむことができるおすすめスポット。

特に一押しは3~4月。
この時期には「リナリア」という可愛らしいお花が咲き誇り、シンデレラ城をバックに撮影すると、ふんわり華やかなショットが撮れますよ。

茎がとても細く、くしゅっとしたパステルカラーの花びらが特徴のリナリアは、儚げな雰囲気が魅力的。

見た目はかよわいですが、強い風などで倒されてしまっても、しっかり成長していくたくましい一面もあります。

シンデレラ城をお花たちで包み込むように撮影してみましょう。

3.深夜にだけ咲く花!?神秘のサボテン【ビッグサンダーマウンテン】

「ウエスタンランド」にある人気アトラクション「ビッグサンダーマウンテン」の付近にある「ハシラサボテン」は、夜中に白い花を咲かせる神秘的なサボテン。

夜が更けてから花が開き、朝日が昇ると共につぼんでしまうため、ゲストがその姿を見ることはありません。

よくお部屋に飾る小さいサボテンとは違い、ハシラサボテンは野性味溢れる壮大なサボテンで、見るものを圧倒させます。

西部開拓時代をテーマにしたウエスタンランドにピッタリの植物ですね。

4.ゴールデンウイークにおすすめ!【チャックワゴン裏】

「ウエスタンランド」にあるフードワゴン「チャックワゴン」の裏側には、綺麗な藤棚があり、毎年5月のゴールデンウイークあたりに「フジ」の花を咲かせています。

ディズニーシーにあるレストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」の近くにも綺麗な藤棚があり、こちらも有名ですよね。

シーにあるフジはよく見かける紫色の花ですが、こちらのフジは白い花を咲かせるシロフジなのです。

スモークターキーレッグを片手に、棚から垂れ下がる白く可憐な花々を鑑賞するのも乙ですね。

5.ピンクローズに囲まれて気分はプリンセス♡【シンデレラ城前】

シンデレラ城前には、ピンク色のバラ「サクラガスミ」が咲き誇り、ランドを飾る人気のフラワースポットとして知られています。

5月~11月に見ごろをむかえ、桜のように淡いピンク色の花びらを付けることから、サクラガスミという素敵なネーミングが付いています。

真っ赤なバラも魅惑的で良いですが、ピンクのバラは柔らかく可憐で華やかな姿がまた違った魅力がありますね、

プリンセスになりきって、シンデレラ城をバックにサクラガスミに囲まれてみましょう。

シーのおすすめフラワースポット5選

ランドに続いてディズニーシーでも、6000本の樹木・100万株の草木が植えられており、四季折々の表情で多くのゲスト達を楽しませています。

ここからはシー内で咲き誇るおすすめのフラワースポットを5つご紹介していきます。

1. 運河沿いでロマンティックな夜を【パラッツォ・カナル】

シーの中でも一際ロマンティックな光景が広がる「パラッツォ・カナル」。
場所は「ベネツィアン・ゴンドラ」の乗り場があるあたりです。

煌くイルミネーション、光に反射する運河、そして華やかに彩る赤い花びらの「ゼラニウム」。
実に甘美なムードが漂います。

ゼラニウムは年中楽しめる花としても知られており、いつの時期に来てもこの景色が堪能できます。

ちなみにこの周辺は5月の母の日が近づくと、カーネーションに植え替えられ、より一層華やかさを増しますよ。

2.トロピカルな香りを放つ魅惑の花【キャラバンカルーセル付近】

「アラビアンコースト」にあるメリーゴーランド「キャラバンカルーセル」の近くでは「スーパースター」と呼ばれる美しいヴァーミリオンカラーのバラが楽しめます。

5~6月に見ごろをむかえ、エキゾチックなムード漂うアラビアンコーストをより一層、魅惑的なテーマポートに。

またフルーティーな香りがすることで別名「トロピカーナ」とも呼ばれています。

3. 50年に一度しか開花しない花【アラビアンコースト】

ディズニーシー開園から11年経った2012年に、初めて花を咲かせた「アオノリュウゼツラン」は、50年に一度しか花を咲かせることがないという珍しい植物。

「アラビアンコースト」の端に植えられており、あまり目立ちませんが、他の植物たちよりも一際背が高く、変わった形をしているのですぐに見つけられます。

茎の長さはなんと5メートルにも及び、さらに花を咲かせた後は親株は枯れてしまうという、儚げな植物なのです。

4.雫きらめく梅雨の花【フランダーのフライングフィッシュコースター付近】

梅雨の花と言えば「アジサイ」ですよね。

6月になると「マーメイドラグーン」にあるアトラクション「フランダーのフライングフィッシュコースター」の周りには、たくさんのアジサイたちが咲き誇ります。

ブルーやピンクの色とりどりのアジサイたちは、まるで光輝く海の世界のようですね♪

またアジサイ越しに見えるアメリカンウォーターフロントの景色が秀逸。

5.いち早く咲き誇る河津桜【ピクニックエリア】

ディズニーシーの園外にあるピクニックエリアでは、毎年2月の初旬~3月まで河津桜が咲き誇り、お花見スポットとして有名です。

桜と言えば4月のイメージですが、こちらの河津桜はまだ寒い冬の時期に満開をむかえ、最も早く花を咲かせる桜として知られています。

ピクニックエリアでは持ち込みのフードやドリンクが頂けるため、お天気の良いこの時期には、お弁当を持ってきてお花見しながらピクニックも素敵ですね♪

ゲストの目に映るもの全てがエンターテイメント!

ディズニーリゾートにある花壇ひとつとっても、素晴らしいアート作品で、鑑賞目的に遊びに来るゲストもたくさんいます。
イベントに合わせて華やかに装飾をした花々、道端の花壇、テーマエリアに合わせて植えられた樹木たち。
これら全てパークを盛り立てるためのエンターテイメントなのです。
ぜひ次の週末はフラワーめぐりを満喫しに、パークへ訪れてみてはいかが?
photo by PIXTA , iStock and so on.