「びわ湖バレイ」から眺める日本の水がめの美しさ

「日本の水がめ」と称される巨大な湖、滋賀県琵琶湖。
この湖は貴重な水源としてだけではなく、その大きさが織りなす絶景スポットしても多くの人々に愛されています。
そんな琵琶湖の絶景を堪能できる最良のスポットとして「びわ湖バレイ」なる場所があるようです。
いったいそこはどのようなスポットなのか? 関西専門の観光ライター、賀川奈伸雄が案内致します。
この記事を読んだ後は琵琶湖に行きたくなる?

JR志賀駅でびわ湖へ

97494:JR志賀駅でびわ湖へ

撮影/賀川奈 伸雄

JR京都駅より湖西線に乗り、滋賀県へ。

同じホームから出ている北陸線に間違えて乗ってしまうと大変なことになるので、くれぐれもお気をつけください。

97495:

撮影/賀川奈 伸雄

道中、車窓から琵琶湖の景色を眺めることができます。
97496:

撮影/賀川奈 伸雄

目的の地である志賀駅に到着。

ここが今回のスタート地点となるので、写真を撮っておきましょう。

97497:

撮影/賀川奈 伸雄

琵琶湖はこの駅のすぐそば。
その大きさはなんと670.4平方キロメートル。

兵庫県の淡路島がすっぽり入ってしまうほどです。

びわ湖バレイへ行くためにはロープウェイに乗る必要がありますので、この志賀駅から歩いて45分のところにある乗り場へ行きましょう。

一応この場所からはバスも出ていますが、1時間に1本という間隔なので、到着時刻によっては少々待たなければなりません。

体力に自信がない人はタクシーを使うのもいいですね。

ロープウェイに乗ってびわ湖バレイへ

97498:ロープウェイに乗ってびわ湖バレイへ

撮影/賀川奈 伸雄

この「山麓駅」からロープウェイに搭乗。

料金は大人2200円、タクシーを利用していれば300円割引のチケットがもらえます。

ペットのわんちゃんもカゴに入れていれば搭乗できるので、愛犬家の方はその点もチェックです。

カゴの貸し出しも一応行われてはいますが、自分で持ってきた方がよいでしょう。

97499:

撮影/賀川奈 伸雄

数十人が一気に乗れるこの巨大ロープウェイからの眺めもなかなかのもの。

琵琶湖、そして蓬莱山や比良岳といった周囲の山々を見渡すことができます。

97500:

撮影/賀川奈 伸雄

搭乗してから5分ほどで、びわ湖バレイのある「山頂」駅に到着。

この琵琶湖バレイは高さ1100mもある打見山の頂上に設けられた高原リゾート施設で、冬はスキーなどを楽しむこともできる、滋賀県屈指のレジャースポットなのです。

びわ湖バレイでカレーパンを食べよう

97501:びわ湖バレイでカレーパンを食べよう

撮影/賀川奈 伸雄

お腹が空いてきても大丈夫。

びわ湖バレイにはレストランも用意されています。

そのうちのひとつ「びわ湖テラスカフェ」を今回は利用。
お店の内装は吹き抜けになっているので、コーヒーを飲みながら景色を楽しむといったオシャレなこともできてしまうのです。

97502:

撮影/賀川奈 伸雄

この店おすすめのメニューは「チーズインカレーパン」。

安曇川源流で育てられた宝牧場産牛肉をふんだんに使ったおいしいパンです。

上から胡麻のようにまぶされているパリパリの玄米もうれしいですね。

もうひとつ、ヴァイキング形式のランチが1600円という安さで楽しめるブッフェレストラン「レイクビュー」もありますので、食いしんぼな方は是非お立ち寄りください。

さまざまな場所から眺める琵琶湖の眺め

びわ湖バレイにはいくつもの展望スポットがあり、それぞれ異なる位置から滋賀県琵琶湖の眺めを楽しむことができるのです。

まさに、この近江の地ならではの絶景を楽しむための施設といっても過言ではありません。

97503:

撮影/賀川奈 伸雄

ひとつは「打見展望台」からの眺め。

こちらは琵琶湖とその周辺に広がる水田をまるごと見渡すことができ、この滋賀という場所が「日本の水がめ」である事実を認識させてくれます。

97504:

撮影/賀川奈 伸雄

びわ湖の眺めとツーショット。
97505:

撮影/賀川奈 伸雄

もうひとつは、カフェテラスのそばに設けられた空中庭園「びわ湖テラス」からの眺め。

こちらはその広大な琵琶湖の全景を見ることが可能です。

遮蔽物がなく天候の影響を受けやすいので、日によって異なるさまざまな眺めを楽しめます。

その他にも、さまざまな場所から滋賀県一帯を俯瞰することができるので、あなただけのお気に入り展望スポットを見つけてみるというのも面白いですね。

子どもがよろこぶ遊具がたくさん

また、このびわ湖バレイにはさまざまな遊具も設置されています。
97506:

撮影/賀川奈 伸雄

たとえばこれは横筋のストレッチ器具。

このようにカーブを描いた節の一部を持って身体を曲げることで、簡単かつ効率よくストレッチができてしまうのです。

97507:

撮影/賀川奈 伸雄

この不思議な椅子は腰のストレッチに使うもの。

これらの器具を使って、登山などで疲れた身体を癒すことができるというわけです。

97508:

撮影/賀川奈 伸雄

そしてこれは「タンカンカンステッキ」。

このパイプを鉄棒で叩くと、まるで楽器のような音を奏でてくれます。

それだけでなく、このびわ湖バレイにはまだまだ他にも「ソリ滑り」や「スカイウォーカー」「ジップライン」といったたくさんの施設があるから、一日ではとても廻りきれません。

網で囲われた遊び場なども用意されていますので、子連れのお父さんお母さんも安心して小さな子どもを遊ばせられますよ。

帰りはおみやげ屋でクラフトビールを

帰りももちろんロープウェイに乗るわけなのですが、その下りの速いこと速いこと。

もう少し速度を上げればジェットコースター並みのスリルを味わえそうなぐらいです。

転んでしまわないよう、手すりをしっかり持っておいてください。

行き同様5分程度で到着します。

97509:

撮影/賀川奈 伸雄

これでびわ湖バレイの絶景旅も終わりではありますが、観光で来たからにはやはりその土地の思い出となりそうなおみやげを買っていきたいところ。

そんな時にはロープウェイ乗り場を降りてすぐそばの「びわ湖ストリート」へ行きましょう。

ここでは琵琶湖、そして滋賀県にちなんださまざまなグッズを買うことができます。

滋賀県ご当地Tシャツに、滋賀県名産の食材を使った料理やお菓子、そして子ども向けのおもちゃなど、品ぞろえが非常に豊富なので迷ってしまいますね。

97510:

撮影/賀川奈 伸雄

中でもオススメしたいのは、この「長濱浪漫ビール」。

なんとこれ、滋賀県自慢の名水を使ったクラフトビールなのです。

バイツェンやピルスナーなど種類も豊富なので、コアなビール党の方でも安心。

日本一大きな湖が生み出した、おいしいお酒の味をご堪能あれ。

びわ湖を見るならやっぱりびわ湖バレイから

日本最大の湖であるびわ湖の眺めをもっともよい形で楽しむのであれば、びわ湖バレイへ行くのがおすすめです。

天気のよい日を狙って足を運んでみましょう。

付近には「ペンションレークサイド」「アルヴィラ近江舞子」など宿泊施設もたくさんありますので、有効にご活用ください。