知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの

念願かなってオーストラリアへの留学をすることになった。ビザも航空券も取り、残るは実際に現地へと飛び立つのみ…。しかしそこで何よりも気になってくるのは、決して切り離せない持ち物のことですよね! 筆者も何度か海外と日本を行き来していますが、毎回この問題が立ちはだかります。年齢を重ねるごとに、また、趣味が変わるごとにスーツケースの中はまるで変わってくるものです。今回はそれを踏まえた上で、あれば必ず役に立つというものをご紹介していきますね。

パッキングは計画的に

パッキングは計画的に

image by iStockphoto

留学が決まり、ビザや航空券など取るものは全て取り終えて、最後の最後で出てくるのが荷詰めの問題。
初留学に臨む人たちにとって、実は意外とこれが中々頭を悩ませることでもあるのです。

留学は旅行と違い、しばらくの間日本には帰って来れませんよね。
慣れている場合は良いですが、海外にすらあまり行ったことがないという人にとってはこれは忌々しき問題です。

まず、チェックインカウンターで預けられる荷物の重さは大体20kg前後~(航空会社のプランにより)、そして飛行機の中に持ち込み可能な荷物が約5kg~7kg。

持ち物は当然渡航期間により変わってくるものかと思いますが、しかしながら、海外渡航に不慣れな場合、前もって「持ち物リスト」を作るなどして準備をしておいた方が良いでしょう。

そうしておいても尚、渡航日が近付いてくるにつれ「これも。
あ、これも!」という物が増えてくるものです。
大体当日から遡り、遅くても3日程前にはパッキングを終わらせておきたいものですね。

日用品を入れる「大きいスーツケース」

この「大きいスーツケース」は、チェックインカウンターで預け、現地に到着後に手元に戻ってくるものです。
重さの規定は航空会社のプランによって様々ですが、大体20kg~30kg。
ただし、LCCなど格安航空会社ではこちらはそもそも付いていないことがほとんどですから、料金を追加で支払って受託手荷物を入れて貰いましょうね。

こちらには現地で必要となってくる日用品を入れておきます。
持ち込み手荷物の中で液体は少量分しか持ち込みを許可されていませんから、もし液体物を持って行きたいという場合にはこちらに入れておいた方が安全でしょう。

また、衣服はスペース節約のため、真空パックに入れておくと良いですよ!

飛行機に持ち込める「小さなスーツケース」or「バックパック」

通常5kg~7kgまでの、飛行機に持ち込む小さなスーツケースです。
もしくはバックパックでも全く問題無いと思います。

こちらは飛行機に持ち込み、座席の上のキャビンに入れてしまいますから、「そこまで突然必要になることはないが、受託荷物の方に入れてしまうと心配」というようなものを入れておきましょう。
ちなみに私はいつも電子機器が多いので、こちらにそれぞれのコードや1日分の着替え、パジャマなどを入れています。
そうすると例え大きな方がロストバゲージなどで行方不明になってしまったとしても、少しの間でしたら乗り切ることが出来るのです。

足元にそっと添えて「手荷物」

ハンドバッグや小さ目のリュック、もしくはパソコンを持って行く人はパソコンもこれに含まれます(航空会社により)。
特にLCCの航空会社を利用する人は、重さも手荷物5kg~7kgの間に含まれてしまうことがありますから、注意して下さいね!

こちらには筆記用具や辞書、携帯電話やパスポートなどと言った、飛行機の中でも使うものを入れておきます。
足元に置いておくものです。

大抵のものは手に入る

大抵のものは手に入る

image by iStockphoto

上記で様々なことを言いましたが、最終的には「大抵のものは手に入る」というような姿勢で考えていた方が良いでしょう。

結局のところ、お金とパスポートさえ持っていればどうにかなることばかりです。
あまり「あれも、これも…」と考えていると、精神的にも経済的にも中々辛いものですよ。

だからと言って、もちろん「何でも揃うんだったら、スーツケースなんて重たいもの持って行く必要無し!」とその身ひとつで日本を飛び出すことは止めて下さいね!

海外にまで連れて行きたいベスト5

海外にまで連れて行きたいベスト5

image by iStockphoto

ここからは、私が経験を元に、海外に持って行って良かったものを具体的にご紹介していきたいと思います。
日本製品は素晴らしいものが多く、海外で手に入るとは言えやはり便利なものです。

5. 機能性もデザインもばっちり「折り畳み傘」

折り畳み傘。

もちろん、日本の外でも手に入るものです。
しかし私の経験上、海外製のものは大きく、そして重量感満載。
日本製で慣れた私には持ち運ぶには少々面倒臭く感じてしまうようなことも多々ありました。

海外では、突然雨が降って突然止む、ということも珍しくはないため、折り畳み傘自体持っていない人も時折見掛けますが、日本製のものは非常に軽量で、サイズ的にも決して邪魔にはならないため、ひとつ持っておくと便利でしょう。

4. 鼻に優しい「ポケットティッシュ」

ポケットティッシュ。

もちろん、海外でも手に入る日用品です。
何故こちらを推すのかと言うと、海外のものは一枚一枚がまるでペーパーナプキンのように大きく、そして分厚く固いため。
かさばるものではありませんから、スーツケースなどの隙間に散らばらせておくと良いかもしれません。

わざわざ購入しなくても、街灯で配られているもので充分です。

3. 土足厳禁も有り得る「スリッパ」

スリッパ。

これに関しては、海外製と日本製で大きな違いが見受けられるわけではありません。
しかし、現地に到着したらすぐに滞在先に向かいますから、もしかしたらいちいち購入している暇は無いかもしれませんよね。

海外の家でも必ずしも土足とは限りません。
安い物で構いませんから、ひとつ持っておくと安心です。

2. 面倒臭がりでも大丈夫「洗濯ネット」

洗濯ネット。

こちらは、私の留学経験の中でも非常に重用したものです。
海外の洗濯機は大型で豪快なものが多く、日本のような繊細な衣服を放り込むとすぐに駄目にしてしまいます。
しかし全てを手洗いしている訳にもいきませんよね。

ホームステイで、現地の家族が纏めて洗濯をしてくれるという場合は特にです。

自分の衣服を失くさないため、また、少しでも長く着られるために、ぜひ1つ2つ、持って行くことをお勧めします。

1. アイディアが詰まった「ハンガー」

ハンガー。

私は数度海外滞在を経験しておりますが、毎回持って行くものがこちら。
日本製のものはタオルを掛けるものや下着などが干せる洗濯バサミが付いたものなど、バラエティーに富んでいて非常に便利です。

シェアハウスやホームステイでもハンガー自体は用意してくれていることも多いですが、細かいものを干せるハンガーを用意していくと良いと思います。

その他:オーストラリアだからこそ

オーストラリアだからこそ特に必要なもの。
もちろんあります。

まずは日焼け止め。
オーストラリアの紫外線は、日本よりも強くなっています。
もちろん現地調達可能ですが、対策していくに越したことはないと思いますよ。

そして紫外線対策に付随してお勧めしたいのが、サングラス。
これはなるべくしっかりとしたものを購入することをお勧めします。
○○円均一などの安いものを使っていると、日光を遮断し切れないというのが事実。
それ程までにオーストラリアの日差しは厳しいのです。

しかしやはりオーストラリアの夏は最高! ということで、ビーチはとても綺麗ですから、スーツケースに余裕があるようでしたら水着やサンダルを持って行くと楽しみが倍になりますね。

あって当然なもの

あって当然なもの

image by iStockphoto

注意書きになりますが、上記はあくまで便利な物で、当然持って行かなければならない物は含まれていません。
「これさえあれば大丈夫!」という物は、下記をご参照下さい。

これがあれば大丈夫「ビザ、パスポート、航空券etc.」

ビザやパスポート、航空券など。

これらは最早、忘れようのないものです。
持っていなければ飛行機に乗り込むことすら出来ませんから、ある意味安心ですね。

ビザは最近ではeVISAなどのオンラインビザが多くありますが、念の為、それを証明出来るものを持参しましょう。
例えば、学校の入学許可書などです。
国によっては入国審査が厳しかったりもしますから、残高証明を持っていた方が便利だったりもします。

何かあっても焦らずに「緊急連絡先」

緊急連絡先。

文明が発達してきた世の中、もしかすると親の連絡先詳細を覚えていない人もいるかもしれませんね。
もちろんそれも控えておいた方が良いのですが、何より、現地に到着した際の「日本大使館」や「警察署」の住所や電話番号、営業時間などを紙で持っておくと安心感が増しますよ。

事故に遭ったときやパスポートを失くしたときなど、何かあればすぐに助けを求めることが出来ます。
不慣れな土地ですから、心配事はひとつでも少なくしていった方が良いですよね。

また、パスポートを失くした際に必要になりますから、パスポート用顔写真(縦45mm×横35mm)も一緒に持って行きましょう。

必要不可欠な「現金、国際キャッシュカード、クレジットカードetc.」

パスポートなどと併せて、必ず持っておかなければならないものがこちら。
現金や国際キャッシュカード、そしてクレジットカードなどです。

私は通常、上記3点全てを持って行きます。
もちろん現金には限りがありますし、大金を持ち運ぶのはいくら治安の良い国に行くとしても不安です。
毎回クレジットカードを使うのも抵抗ある、という方も多いことでしょう。
そういった時に便利なのが、国際キャッシュカード。
日本からお金を預けておくことで、現地到着後、その土地の通貨で現金を引き落とすことが出来ます。

しかしやはり手数料は掛かってしまいますから、到着後は出来るだけ早く現地の銀行口座を作った方が良いと思いますよ。

ただ、私が高校留学をした際は、1ヶ月分のお小遣いを引き出して終わりでしたから、現地の銀行口座は作らずに、ずっと国際キャッシュカードを使用していました。
また、1週間~1ヶ月程度の短期語学留学程度でしたら、当然現地の銀行口座は必要ありません。

自分に合った物が良い「薬類」

海外で必ずお世話になるのが「薬類」。

ひとりでいる時に体調を崩すことほど、不安なことはありません。
精神的にもネガティブになってしまったりするものです。

しかし海外の薬はもちろん現地の人の体に合わせて作られていますから、日本人には少々強過ぎる…ということも。
一概にそうとは決め付けられませんが、薬はやはり使い慣れたものを持って行くのが一番かと思います。
市販の物で充分です。

女性には欠かせない「化粧品」

男性にはあまり関係無いかもしれませんが、女性にとって欠かせないのが「化粧品」。
こちらには実際のメイク道具から、化粧水や乳液などの基礎化粧品も含んでいます。

メイク道具も海外にありますし、海外であれば尚更オーガニックの基礎化粧品などに優れている場合も多くありますから、大量に持って行く必要は無いでしょう。
しかし、最初の1ヶ月分ほどは持っていると、安心した気持ちで海外生活に臨めます。

日本製が一番「電子機器(携帯電話、パソコン、電子辞書、変圧器)」

電子機器、というのがもしかすると一番替えのきかないものかもしれません。
これにはスマートフォンなどの携帯電話やノートパソコン、電子辞書などが含まれます。

ただし、携帯電話はそれに限りません。
お持ちの携帯電話がSIMフリーでない場合現地で購入しなければなりませんから、長期留学の場合は解約しても良い程です。

また、決して忘れてはいけないのは変圧器。
現在販売されているパソコンなどは海外の電圧にも対応していることがほとんどですが、電子機器の中にはそうでないものもあります。
必ずひとつは持っておきましょう。

いよいよ実感が湧いてきましたね!

さて、パッキングが終わりました。
そうなるとついに渡航の実感が湧いてくるものです。
家を出る前に最終チェックをして、希望に満ち溢れた新しい生活に臨んで下さい!
photo by iStock