小京都の面影残す町並みと歴史散策 小京都・若狭小浜(後編)

海の玄関として栄えてきた若狭小浜。小浜は、奈良や京の都に通じる最初の出発点でもあります。

「京は遠ても18里」、若狭の海・小浜の港からたくさんの人とモノと文化が、いくつかあった「鯖の道」や「鯖街道」、「周山街道」などを通って、都まで往き来してきました。

前編の「海の小浜」に続き、今回はそんな小浜の「小京都」の面影を残した街並みや歴史の一部を散策しましょう。(前編は、こちらから

始まりは「鯖街道起点」から

97724:始まりは「鯖街道起点」から

撮影:榊

こんにちは。
ご案内するのは20年前に大阪から滋賀県高島市朽木小川に移り住んだ私・榊 始(iti)と妻(ご人)です。

今日は、小浜から始まる「鯖の道」の一つ、「おにゅう峠越え」の道が家の前を通る奥山から、「鯖街道」の国道367号・303号を通って小浜までやってきました。

鯖街道起点の住所・アクセスや営業時間など

名称 鯖街道起点
住所 福井県小浜市小浜広峰14
営業時間・開場時間 鯖街道資料館:9:00−17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.wakasaji-navi.com/sp/attractions_detail.php?xid=278
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ここでアクセスを

阪神方面からは舞鶴若狭道を走り、小浜市内・蘇洞門には小浜インターで下ります。
小浜市田烏の海を先に楽しむのならもう少し走り、若狭上中インターで下りましょう。

京都からは京都縦貫自動車道から綾部JCTで舞鶴若狭道に入り小浜を目指し、名古屋方面からは北陸道から敦賀JCTで舞鶴若狭道に入ります。

公共交通利用の方は、JR湖西線の近江今津駅からJRバスで小浜までが早いようですよ。

いずれも2時間半ほどで到着です。

小浜の観光拠点・まちの駅

JR小浜線の小浜駅から駅前の交差点を左に商店街を通って進むと、「まちの駅」に到着します。

私たちは海岸通りの駐車場(無料)に車を止めて、歩いて「まちの駅」に。

97726:

撮影:榊

ここには明治時代の芝居小屋を復元した「旭座」と観光案内所や特産品売り場、それにレンタサイクルも。

中央には大きな広場があり、いろいろなイベント催されるようです。
今日は「鯖街道」を唄う岩佐美咲ちゃんの歌謡ショーとAKB48チーム8のトークショーなどが。

毎年5月に行われる、我が家前の県道を走る「鯖街道ウルトラマラソン」の集合場所としても利用されるそうですよ。

97727:

撮影:榊

まちの駅の向いの筋にあるのが魚の小売商店が並ぶアーケード街「いずみ町商店街」です。

この中の路面に「鯖街道起点」の標示があります。

小浜市まちの駅・旭座の住所・アクセスや営業時間など

名称 小浜市まちの駅・旭座
住所 福井県小浜市白鬚111−1
営業時間・開場時間 9;00−20:00(冬季は18:00まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.obama-machinoeki.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「小京都」の街並みブラブラ

次は「小京都」の面影を残す三丁町(さんちょうまち)を訪ねて海岸道路を走り、桜で有名な小浜公園駐車場(無料)に車を止めます。
桜は残念、すっかり散っていました。

97728:

撮影:榊

公園から少し歩くとすぐに三丁町。

3丁町一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

お寺や神社が多い。

97729:

撮影:榊

三丁町はかつて茶屋町だったそうで、通りに面して格子を張り巡らした家が軒を並べ、いかにも「小京都」。

明治時代の料亭「蓬嶋楼」では中の見学もできますよ。

三丁町の住所・アクセスや営業時間など

名称 三丁町
住所 福井県小浜市小浜香取
営業時間・開場時間 蓬嶋楼:10:00−16:00(土日祝のみ)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://wakasa-obama.jp/TouristAttract/TouristAttractDetail.php?57
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

常高寺でお初の方のお墓詣り

三丁町から国道27号方面に歩いた先に常高寺があります。

常高院(浅井三姉妹の次女・お初の方)が建てたお寺で、墓所があります。

高島の大溝城主であった京極高次の位牌とお初の方のお墓。
高島市民としては、お参りしなくっちゃ。

97730:

撮影:榊

三丁町から車で行くと、突き当りが別のお寺になっていて入れません。
グルグルと道を探して走り、下のお寺の住職さん?に聞いて、結局国道27号に出てからしか入れないことがわかりました。

ここは歩きに限る。

なんとか常高寺に着きました。
お寺は若狭湾を見下ろす小高い場所にあります。
写真はお寺の門です。

97731:

撮影:榊

お初の方は江戸で亡くなりましたが「若狭に帰りたい」とのことで、塩漬けされて木曽路を通り、小浜まで運ばれて、この地に葬られたそうです。

お寺の書院で、狩野派の絵師による襖絵や壁画などをみてから、裏山にある常高院の墓所へ。

大型連休後半初日ですが、ひっそりと私達のみでした。

常高寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 常高寺
住所 福井県小浜市小浜浅間1
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 拝観料400円
参考サイト https://jyoukouin.jimdo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チョイ早いひるメシタイムは大谷食堂で

97732:チョイ早いひるメシタイムは大谷食堂で

撮影:榊

いずみ町商店街に戻り、大谷食堂に急ぎます。
ここの名物は「焼き鯖定食」。

行くと満席で、外でお待ちくださいとの張り紙が。

暫く待ってから、私たちはお刺身定食を。

みなさん、名物焼き鯖定食を注文されているようですが、鯖の焼きが間に合わないのか、お待ち時間が長そうでした。

97733:

撮影:榊

大谷食堂の正面に「鯖街道起点」の標示があります。

そして、少し歩くと焼き鯖の「朽木屋」が。

ここの焼き鯖も有名ですよ。

97734:

撮影:榊

小浜の街ブラで見つけた、胸像です。
ホテルの外柱に、自販機と並んで置いてありました。

「ダレ?」と思い、ホテルのフロントに聴きに行くと、「アノ、オバマさん」と。
それも「似てないオバマで有名です」と、フロントの女子が教えてくれました。

「主役を下りた」ので自販機の横に、ですかね。

大谷食堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 大谷食堂
住所 福井県小浜市小浜広峰24
営業時間・開場時間 10:00−19:00
利用料金や入場料 焼鯖定食 1,150円
参考サイト https://tabelog.com/fukui/A1803/A180304/18000179/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「若狭のお菓子」といったら「葛まんじゅう」

97735:「若狭のお菓子」といったら「葛まんじゅう」

撮影:榊

海岸線を走り「伊勢屋」に向かいます。

店内に湧き出ている井戸水で冷された「葛まんじゅう」が。

熊川葛でこしあんを包んだほんのり甘い和菓子です。

買う個数を言うと、店員の方がカップからツルンとだして、それを持ち帰り容器に入れて、井戸水を少し入れてから蓋をします。
残念なことに、賞味期限は当日のみ。

店内に喫茶室があり、個数を言うとお皿に盛ってだしてくれますヨ。

伊勢屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊勢屋
住所 福井県小浜市一番町1−6
営業時間・開場時間 8:00−19:00
利用料金や入場料 くずまんじゅう 1個115円
参考サイト https://tabelog.com/fukui/A1803/A180304/18000432/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奈良東大寺の二月堂に水を送る「鵜の瀬」

97736:奈良東大寺の二月堂に水を送る「鵜の瀬」

撮影:榊

小浜の街から国道27号を渡り、「おにゅう峠越え」の「鯖の道」(県道35号)を上根来(かみねごり)に向かってしばらく走ると、「鵜の瀬」の川原に到着。

東大寺二月堂で行われる「お水取り」、それに先がけて、この鵜の瀬で「お水送り」の行事が行われます。

97737:

撮影:榊

ここ鵜の瀬から送られた「お香水」は10日かけて奈良・東大寺二月堂の「若狭井」に届くそうです。

97738:

撮影:榊

鵜の瀬は清らかな流れの遠敷川にあります。

鵜の瀬に通じる道、小入林道でおにゅう峠を超えて上根来から小浜市内に向かうとき、よく通るのですが、鵜の瀬にじっくりと寄るのは初めてですかネ。
河原に下りてデジカメショットを。

鵜の瀬の住所・アクセスや営業時間など

名称 鵜の瀬
住所 福井県小浜市忠野下根来
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://wakasa-obama.jp/TouristAttract/TouristAttractDetail.php?46
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奈良時代初期に創建された「若狭一の宮」

遠敷川沿いに少し下ると、上社(若狭彦神社)と下社(若狭姫神社)があります。

この二つの神社を「若狭一の宮」と総称するそうです。

行ってみると、「祈願は姫神社で伺います。」の案内が。

#1 「若狭のパワースポット」若狭彦神社

97739:「若狭のパワースポット」若狭彦神社

撮影:榊

その若狭彦神社、祭神は彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと・山幸彦)で、「若狭のパワースポット」と言われています。

静まり返った参道に夫婦杉とたくさんの椿が。

97740:

撮影:榊

入り口でまずは手を清めます。

97741:

撮影:榊

荘厳なお宮の森になかに本殿があり、ひんやりとした空気で、まさしく「若狭のパワースポット」ですね。

若狭彦神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 若狭彦神社
住所 福井県小浜市遠敷65−41
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.fuku-e.com/010_spot/index.php?id=570
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 千年杉がそびえる「若狭姫神社」

97742:千年杉がそびえる「若狭姫神社」

撮影:榊

彦神社から車で何分もかからない距離にある、豊玉姫命(とよたまひめみこと・乙姫)を祭る「若狭姫神社」です。

本殿横には千年杉がそびえていて、若狭の歴史を感じさせる神社。

97743:

撮影:榊

入り口付近は赤いつつじの花が満開でした。

若狭姫神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 若狭姫神社
住所 福井県小浜市遠敷65−41
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://wakasa-obama.jp/TouristAttract/TouristAttractDetail.php?49
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国宝を守る明通寺

97744:国宝を守る明通寺

撮影:榊

県道を上根来方面に引き返し、若狭西街道を通って県道23号に出て、国宝の三重塔などがある明通寺(真言宗・御室派)に。

こちらも、前の県道は何回か通ったことがあるのですが、参拝するのは初めて。

山門までの階段は少しキツイ。

97745:

撮影:榊

立派な山門が迎えてくれます。

参拝料金500円を払い、本堂・三重塔の見学へ。

97746:

撮影:榊

本堂と三重塔は鎌倉時代中期の建立で国宝。

97747:

撮影:榊

また、このお寺には本尊の薬師如来坐像をはじめ、4点の国の重要文化財の指定を受けている仏像があります。
本堂で、住職が説明をしてくれますヨ。

明通寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 明通寺
住所 福井県小浜市門前5−2
営業時間・開場時間 9:00−17:00(冬季は16:30まで)
利用料金や入場料 拝観料:大人500円 小学生250円
参考サイト https://myotsuji.jimdo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史の町、若狭小浜は国宝・重文の宝庫

97748:歴史の町、若狭小浜は国宝・重文の宝庫

撮影:榊

いつも何気なく通っていた若狭小浜。

実は神社仏閣が多く、今回はそのうちの数か所しか回れませんでしたが、明通寺の国宝をはじめ、国の重要文化財になっている仏像などがたくさんあります。

また、海と都をつなぐ往来文化遺産群として「御食(みけつ)国若狭と鯖街道」が日本遺産の第1号に指定されました。

そんな小浜の歴史に触れる旅に出ませんか?(前編は、こちらから