【三重県・御在所岳】ロープウェイで楽々登山♪非日常の山頂から絶景を眺めよう

三重県菰野町(こものちょう)と滋賀県東近江市の境にある、御在所岳。実は、この山、登山経験のない人や家族連れでも手軽に登山を楽しむことが可能です。その理由は、ロープウェイとリフト。自然大好き!でも体力にはあまり自信がない、滋賀県在住ライターの私hitoyoが、のんびりマイペースで楽しむ登山をご紹介します。

鈴鹿スカイラインを通って御在所岳へ!アクセス方法

97799:鈴鹿スカイラインを通って御在所岳へ!アクセス方法

撮影/hitoyo

車で御在所岳を目指すなら、国道477号線(旧鈴鹿スカイライン)が便利です。
ただし12月中旬から4月中旬までの間は冬期閉鎖されているため、ご注意を。

ひたすら運転して、御在所岳ロープウェイ「湯の山温泉駅」を目指します。

97801:

撮影/hitoyo

「武平トンネル」を越えると、三重県菰野町の看板が見えます。
県境に来ると、なぜかワクワクします(笑)
97802:

撮影/hitoyo

県境の看板を過ぎると右側に駐車場&お手洗いスペースがあります。
ここまで来れば、御在所岳まであと少し!

公共交通機関を使う場合の最寄駅は、近鉄湯の山温泉駅。
バスに乗り換え「三交湯の山温泉」で下車してください。

鈴鹿スカイラインの住所・アクセスや営業時間など

名称 鈴鹿スカイライン
住所 三重県菰野町
営業時間・開場時間 24時間(冬季閉鎖)
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_8374.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

御在所岳ロープウェイ「湯の山温泉駅」に到着

97803:御在所岳ロープウェイ「湯の山温泉駅」に到着

撮影/hitoyo

駐車場に車を停め、早速、ロープウェイ乗り場へ。
チケットは大人(中学生以上)往復2,160円。
小人(4歳以上小学生以下)往復1,080円。

97804:

撮影/hitoyo

御在所ロープウェイの営業時間は4月〜11月は9時〜17時。
12月〜3月は9時〜16時。
頂上と地上では気温が異なるため、御在所ロープウェイHPにて天気や気温をチェックしておくことをおすすめします。

97805:

撮影/hitoyo

約15分の空の旅、スタートです。
ゴンドラは10人乗り。
ただし混み具合によっては、グループごとに乗せてもらうことができます。

97806:

撮影/hitoyo

下を見ると…出発した場所がどんどん小さくなっていきます。
5月の新緑が美しいですね。
高所恐怖症ではありませんが、ちょっとドキドキします(笑)

御在所ロープウェイの住所・アクセスや営業時間など

名称 御在所ロープウェイ
住所 三重県三重郡菰野町 湯の山温泉
営業時間・開場時間 9:00−17:00(冬季は16:00まで)
利用料金や入場料 大人往復 2,160円 小人往復1,080円
参考サイト http://www.gozaisho.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

頂上「山上公園駅」に到着。そしてリフトへ。

97807:頂上「山上公園駅」に到着。そしてリフトへ。

撮影/hitoyo

山上公園駅に到着。
ここから観光リフトに乗り換えます。
リフトの駅は「ロープウェイ駅」「カモシカ駅」「頂上駅」の3つ。
往復600円。
1区間300円。

97808:

撮影/hitoyo

まずはロープウェイ駅から頂上駅へ。
帰りはカモシカ駅で途中下車もできます。
立つ場所、左手でバーを掴むことを教えてもらい、初リフトも無事に乗ることができました。

97809:

撮影/hitoyo

リフトに乗りながら、周りの景色や花をのんびり眺めるひととき。

97842:

撮影/hitoyo

頂上駅でリフトを降りると、もうそこは1212mの御在所岳頂上。
5月の晴れた日でしたが、山の上はやや涼しめ。
非日常空間にいることを実感します。

観光リフトの住所・アクセスや営業時間など

名称 観光リフト
住所 三重県三重郡菰野町菰野
営業時間・開場時間 9:30−17:00(冬季は16:00まで)
利用料金や入場料 ロープウェイ駅~頂上駅 300円
参考サイト http://www.gozaisho.co.jp/open_price/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

頂上付近の探索スポットをご紹介

97812:頂上付近の探索スポットをご紹介

撮影/hitoyo

頂上から歩いて5分程度の場所にある、八大龍王さまのお社。
明治時代、池のほとりで修行を行った矢田甚太郎氏が霊気を授かり、財を成したことから「長者池」と呼ばれているそう。

97813:

撮影/hitoyo

がん封じのご利益があるようで、多くの観光客の方がお参りされていました。

97814:

撮影/hitoyo

長者池からさらに歩くと、御嶽大権現さまのお社に到着。

97815:

撮影/hitoyo

明治17年に、木曽の御嶽神社より分霊を移されてきたとのこと。
一番奥にあるため、より清々しい雰囲気を感じました。

長者池の住所・アクセスや営業時間など

名称 長者池
住所 滋賀県東近江市甲津畑町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_8385.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カモシカ駅付近のスポットを探索

97817:カモシカ駅付近のスポットを探索

撮影/hitoyo

もう一度ロープウェイに乗って、今度はカモシカ駅で下車。
ここには以前カモシカ専門の動物園があり、この駅名がつけられています。
2006年に動物園は閉園していますが、展望台は今も現役。

97818:

撮影/hitoyo

三重県伊勢市や津市の方向を眺めることができます。

97819:

撮影/hitoyo

少しレトロな双眼鏡も完備。
無料です。
ちなみにこの展望台、冬になると人工的に霧状の水を吹き付けて凍らせてできる「氷瀑」が造られています。
冬ならではの絶景も良いですね。

97820:

撮影/hitoyo

食事ができる山頂レストラン「アゼリア」。
その他、休憩スペースや自動販売機もあります。

レストランアゼリアの住所・アクセスや営業時間など

名称 レストランアゼリア
住所 三重県三重郡菰野町菰野8625 御在所山上公園内
営業時間・開場時間 9:30−16:30(冬季は15:30まで)
利用料金や入場料 御在所定食 1,500円
参考サイト http://www.gozaisho.co.jp/menu/azalea.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

御在所名物「御在所カレーうどん」を食べよう

97821:御在所名物「御在所カレーうどん」を食べよう

撮影/hitoyo

お腹が空いてきたので、お昼ごはんを食べることに。
こちらは山上公園駅内の食堂。
食券を買うセルフサービスシステムです。

97822:

撮影/hitoyo

選んだのは、御在所名物「カレーうどん」。
やや太めでもちもちとした伊勢うどんの麺と、地元・菰野町産の豚の角煮が特徴です。

97823:

撮影/hitoyo

とろけるような豚の角煮のやわらかさ。
ロープウェイやリフトを使っているとはいえ、頂上を歩き回るとお腹も空くもの。
山頂で食べるごはんは最高!

食堂売店アルペンの住所・アクセスや営業時間など

名称 食堂売店アルペン
住所 三重県三重郡菰野町菰野8625 山上公園駅
営業時間・開場時間 9:10-17:00(冬季は16:00まで)
利用料金や入場料 御在所カレーうどん 900円
参考サイト http://www.gozaisho.co.jp/menu/alpen.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山上公園駅から東側へ

97824:山上公園駅から東側へ

撮影/hitoyo

山上公園駅すぐの場所にあるのが「朝陽台広場」。
秋から冬のよく晴れた日には富士山が見えることもあるそう。

97825:

撮影/hitoyo

記念撮影スポットを発見。
せっかくなので1枚撮っておきました。

97826:

撮影/hitoyo

朝陽台広場から1分の距離にある「見晴台」。
目の前に見えるのは鎌ヶ岳。

97843:

撮影/hitoyo

視線を右に向けると、ロープウェイの姿を見ることもできます。
大自然の中を登ってきたことを実感。

97827:

撮影/hitoyo

訪れた時期には、ちょうどアカヤシオの花が咲いていました。
青空に映えるピンクが好きです。

朝陽台広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 朝陽台広場
住所 三重県三重郡菰野町菰野
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.gozaisho.co.jp/summit/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

再びロープウェイに乗って地上へ

97828:再びロープウェイに乗って地上へ

撮影/hitoyo

帰りは下りだから…と甘く考えるのは危険です。
御在所岳は本格的な登山コース。
装備や登山経験がない人は、ロープウェイでの往復を。

97829:

撮影/hitoyo

乗車券の裏側に、ロープウェイ記念スタンプを押します。
折角ですからね。

97830:

撮影/hitoyo

運がよければ岩肌に野生のカモシカを見つけることができるそう。
残念ながら出会うことはできませんでしたが、それはまた次回の楽しみに。

97831:

撮影/hitoyo

どんどん下ると、右側に湯の山温泉の町並みが見えてきます。
約15分かけて、地上に無事到着。

御在所岳のお土産を購入

97832:御在所岳のお土産を購入

撮影/hitoyo

ロープウェイ湯の山温泉駅の近くには、おみやげや軽食を購入できるコーナーがあります。
その一部をご紹介。

97833:

撮影/hitoyo

レトロなパッケージが可愛い、湯の花せんべい。
さくさくとした食感とどこか懐かしい味がハマります。

97834:

撮影/hitoyo

こちらは三重県のお酒のお土産コーナー。
伊勢梅酒ウメノミコトや「三重の寒梅」。
お土産にちょうど良いサイズです。

97835:

撮影/hitoyo

御在所岳がある湯の山温泉ならでは、入浴剤のお土産もあります。
登山の後、日帰り入浴をしてから帰るプランも良いですね。

おみやげコーナーの住所・アクセスや営業時間など

名称 おみやげコーナー
住所 三重県三重郡菰野町菰野8526
営業時間・開場時間 9:00−17:40(冬季は16:40まで)
利用料金や入場料 湯の花せんべい 750円
参考サイト http://gozaisho.co.jp/shop/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロープウェイで気軽に登山を楽しもう

新緑や紅葉、雪景色と季節に応じた絶景が満喫できる御在所岳。
非日常感のあるロープウェイに乗るだけでも、旅気分が高まります。
また私のように体力に自信がなくても、登山気分や山頂を楽しむことも可能です。

次の休日には、あなたも御在所岳の絶景を味わってみませんか?